「系列分析」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

日本の大学システムのインプット構造-「科学技術研究調査(2002~2015)」の詳細分析-

トップ » 報道発表 » 日本の大学システムのインプット構造-「科学技術研究調査(2002~2015)」の詳細分析-[調査資料-257]の公表について 日本の大学システムのインプット構造-「科学技術研究調査(2002~2015)」の詳細分析-[調査資料-257]の公表について科学技術・学術政策研究所(所長 川上 伸昭)では、総務省の「科学技術研究調査(2002-2015)」の「大学等」の個票データを用いて、日本の大学システムのインプット構造についての網羅的かつ詳細な時系列分析を初めて行いました。

2016年8月4日ウォークインサイトフィードバック数:0モバイル

ウォークインサイトでポケモンGOの影響を分析

2016.7.27 ウォークインサイトでポケモンGOの影響を分析(part1)ウォークインサイトでは、「ポケモンGO」のリリースが店舗前通行量および入店者に与えた影響を数値的に可視化すべく分析を行いました。(※本分析は東京23区内のポケストップになっているショップAの 6月1日(水)から7月24日(日)の間に収集されたデータを対象としています。)■店舗前を通ったことのない通行者が70%増加< ショップAの通行者(新規)の変化 >※弊社の分析サービスにて使用している「ベイズ構造時系列モデル」を用い

「メディア定点調査2016」時系列分析

博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所「メディア定点調査2016」時系列分析より 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2016年6月20日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:吉川昌孝)は、生活者のメディア接触の現状を調査・分析する「メディア定点調査」を2006年から行っています。調査開始10年を迎えた本年は、時系列分析を実施し、メディア環境の10年間の変化を振り返りました。① メディア総接触時間は過去最大の393.8分。「携帯・スマ

「メディア定点調査2015」時系列分析

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2015年7月7日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:三神正樹)は、生活者のメディア接触の現状を調査・分析する「メディア定点調査」を2006年より現在の調査設計で行っており、本年は時系列分析を実施しました。分析から見えてきた生活者のメディア接触の変化をご紹介致します。① メディア総接触時間は383.7分。「携帯・スマホ」「タブレット」でメディア総接触時間の1/4以上へ・1日あたりのメディア総接触時間は383.

厚労省調査の分析です。

脳血管疾患発症者の医療機関受診状況の変化~公的統計による時系列分析

脳血管疾患発症者の医療機関受診状況の変化~公的統計による時系列分析 | ニッセイ基礎研究所 脳血管疾患発症者の医療機関受診状況の変化~公的統計による時系列分析 保険研究部 研究員 村松 容子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 脳血管疾患は、生活習慣をきっかけとして発症する生活習慣病の1つであり、中高年以降で発症することが多い。死亡することもあるほか、死亡するほど悪

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ