「約定金利」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2013年8月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日本の貸出回復、でも運用難で債券積み増し圧力も

リサーチ TODAY2013 年 8 月 30 日日本の貸出回復、でも運用難で債券積み増し圧力も常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表は日本の銀行貸出の推移である。2011年以降、着実に改善の傾向が続いている。貸出増加の大層は大企業が中心であったが、足元、漸く中小企業もプラスに転ずる兆しがある。株価は上昇し、企業のマインドに先行きへの明るさが生じたが、企業がキャッシュを潤沢に保有する状況下、外部資金を積極的に取り込むまでには至っていない。企業マインドは着実に変化を示すが、資金需要が

2013年5月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日本の長期金利は今年も1%以上に

リサーチ TODAY2013 年 5 月 30 日日本の長期金利は今年も1%以上に常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創本論は今年1月15日のTODAYの議論を改めて繰り返すものだ。今日、日本の長期金利に大きな変動が生じ、政治問題化した面がある。ここでの認識は、最近の長期金利の上昇が過度な金利低下になったことからのゆり戻しであり、年初来の振り出しに戻る動きとするものである。同時に、現在は日銀の金利上昇の抑制姿勢も含めて、長期金利が安定した水準を模索する段階と考えている。図表は日米の10年国債

2013年4月18日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

「おコメ」の味は薄すぎる、もう「自炊」するしかない

リサーチ TODAY2013 年 4 月 18 日「おコメ」の味は薄すぎる、もう「自炊」するしかない常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創国債を中心とした債券は多くの金融機関にとって運用の「おコメ」、「主食」として筆者は過去10年以上にわたって重視してきた。「おコメ」の味は、キャリーとして長短金利差で決まるが、昨今の長期金利の大幅低下の環境下、「おコメ」の味は随分と薄くなってしまった。4月5日に10年国債金利は一時0.315%まで低下した。このような極端な水準では、O/N金利との長短金利差は

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ