「約束期間」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月23日国立環境研究★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2013年度のデータです。

わが国の2013年度(平成25年度)の温室効果ガス排出量について

2015年6月号 [Vol.26 No.3] 通巻第295号 201506_295001わが国の2013年度(平成25年度)の温室効果ガス排出量について 〜京都議定書の第二約束期間における最初の排出量の報告〜地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス 高度技能専門員 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス 連携研究グループ長 はじめにわが国は国連気候変動枠組条約(以下、UNFCCC)のもと、国際的な責務として日本国の温室効果ガスの排出吸収量の算定を行っています。国立環

2013年11月26日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「京都議定書」が終わり、新たな「攻めの地球温暖化外交戦略」が始まる

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 「京都議定書」が終わり、新たな「攻めの地球温暖化外交戦略」が始まる 第19回気候変動枠組条約締約国会議(COP19、ポーランド・ワルシャワ)が開かれている最中、環境省は、日本の2012年度の温室効果ガス(GHG)の総排出量(速報値)が13億4,100万トン(二酸化炭素換算、以下同じ)になったことを発表した(2013年11月19日)。これにより、京都議定書第一約束期間(2008~12年度)の5カ年平均の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ