「組織内部」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年3月8日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「内部不正による情報セキュリティインシデント実態調査」報告書

プレス発表 「内部不正による情報セキュリティインシデント実態調査」報告書の公開~情報持ち出し手段の最多はUSBメモリ、効果的な抑止策は罰則規定・監視体制の強化~2016年3月3日独立行政法人情報処理推進機構 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:富田 達夫)は、内部不正の発生、およびその対策の実施状況等を把握し、内部不正の防止に向けた環境整備を促すため、「内部不正による情報セキュリティインシデント実態調査」を実施し、その報告書を2016年3月3日(木)に公開しました。  近年、組織内部

2012年7月17日IPA★フィードバック数:28セキュリティ/ネットワーク

組織内部での不正行為にフォーカスしたセキュリティについての調査レポートです。

組織内部者の不正行為によるインシデント調査

「組織内部者の不正行為によるインシデント調査」報告書の公開 最終更新日:2012年7月17日 独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 セキュリティセンター 昨今、企業や組織では、情報漏洩やウイルス感染等の情報セキュリティインシデント(*1)が相次いでいます。その目的もこれまでの愉快犯的なものから経済的な利得へと移行しており、その被害もますます深刻化しています。情報セキュリティインシデントは、発生原因として、組織外部からの攻撃と組織内部の不正行為の大きく2つに分けることができます。海外の調査(*2

Winny、Share等の利用状況です。

ファイル共有ソフトの利用に関する調査

不正コピー発覚の機械メーカーとACCS会員が約4,100万円で和解平成24年4月16日ACCS会員企業によると、機械メーカーの従業員が業務遂行にあたり、会員企業が著作権を持つソフトウェア324本を不正にインストール(不正コピー)していたとして、機械メーカーとの間で和解交渉を続けていたところ、損害賠償金約4,100万円を支払うことなどを内容とする和解が3月27日に成立したとの報告がありました。 この問題は、ACCS不正コピー情報窓口に寄せられた情報に基づき、会員企業が代理人弁護士を通じて対応したと

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ