「経営幹部」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年10月22日Honeywell★フィードバック数:0企業情報システム

ビックデータ分析に関する調査

ハネウェル、製造業経営幹部を対象にビックデータ分析に関する調査を実施、厳しいビジネス環境を生き抜く重要な手段であると認識

2016年3月9日アバナードフィードバック数:0ビジネス

Global Study on Smart Technologies and Digital Ethics in the Workplace

グローバル調査:「スマートテクノロジー」が収益、カスタマーエ...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース TOP > プレスリリース一覧 > グローバル調査:「スマートテクノロジー」が収益、カスタマーエクスペリエンス、...グローバル調査:「スマートテクノロジー」が収益、カスタマーエクスペリエンス、従業員満足度の向上に大きく貢献ビジネスのデジタル化に伴い、新たな役割や役職の設置、研修の機会が発生する。経営幹部は「スマートテクノロジー」のさらなる活用に伴い、新たな倫理課題へ

2015年1月5日アバナードフィードバック数:0企業情報システム

ハイブリッドクラウドへの移行に関する意識調査

グローバル調査:ハイブリッドクラウドがより現実的な選択肢に、...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース TOP > プレスリリース一覧 > グローバル調査:ハイブリッドクラウドがより現実的な選択肢に、 3年以内に導入へ...グローバル調査:ハイブリッドクラウドがより現実的な選択肢に、 3年以内に導入への転換期が到来ハイブリッドクラウドに関する理解はまだ浅いものの導入における障害を克服しようという意志は経営幹部層において非常に強いことが判明 ビジネス・テクノロジー・ソリュ

2014年10月17日タワーズワトソン★フィードバック数:0キャリアとスキル

企業買収時の社員の離脱防止についての調査です。

2014グローバルM&Aリテンションサーベイ

M&Aにおけるキー人材のリテンションに、キャッシュボーナスは重要であるが、唯一の手段とは限らないリテンションに成功している企業の特徴的な取り組みが、タワーズワトソンの調査で明らかに2014年10月16日 インドネシア, オーストラリア, オランダ カナダシンガポールドイツブラジルベルギーマレーシアメキシコ日本米国英国韓国 (大韓民国) 【東京】 2014年10月16日(木) - グローバルにコンサルティングサービスを展開するタワーズワトソン(NYSE, NASDAQ:TW)による最新の20

2014年9月16日アクセンチュア★フィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュアの調査です。

「ビッグデータの活用成功事例」調査

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア最新調査――企業は、ビッグデータがもたらす効果に満足しているとともに、デジタルを梃子にした変革に向けた重要性を認識しているセキュリティ、予算、専門家不足がビッグデータを活用するにあたっての最重要課題であることが明らかに【ニューヨーク発:2014年9月10日】アクセンチュア(NYSE: ACN)の最新調査によると、ビッグデータをビジネスに活用している企業の経営幹部のうち、92%がその効果に満足していると回答しました

2014年7月9日LiB★フィードバック数:0キャリアとスキル

Piktochartを使用してまとめています。

アベノミクス「女性社会進出」調査企画 過去到達年収400万超ハイキャリア女性限定調査

アベノミクス「女性社会進出」調査企画 過去到達年収400万超ハイキャリア女性限定調査約50%の女性が、将来的に経営幹部・管理職になりたい! 一方で、女性が活躍するためには、福利厚生・制度の充実が必須条件 特に結婚・出産後は、在宅・時短勤務制度を利用したい女性が80%超 2014年7月9日キャリア女性に特化した会員制の転職サイト「リブズキャリア」を運営する株式会社LiB(所在地:東京都渋谷区 代表取締役:松本 洋介)は、当サイトの20代から50代の会員116人に、今後の自身のキャリアについてアンケ

2012年7月21日日本生産性本部★フィードバック数:4キャリアとスキル

企業の幹部育成についての調査です。

第6回「将来の経営幹部育成に向けた『選抜人材教育』に関する調査」

(財)日本生産性本部(理事長:松川昌義)は、この度、「将来の経営幹部育成に向けた『選抜人材教育』に関する調査」結果を発表した。この調査は2004年から計6回実施しており、幹部育成に向けた選抜人材教育の現状と課題を明らかにすることを目的としている。今回の調査では、これまでの調査内容に加え、グローバルリーダー教育に関する項目を加え、日本企業における実態についても調査を実施した。主な調査結果は以下のとおり。------------------------------------------------

2012年3月12日産労総合研究所フィードバック数:3ビジネス

2012年 選抜型の経営幹部育成に関する実態調査

人事・賃金・労務管理・人材開発に関する調査・研究・出版news & topicsCopyright © 2016 SANRO Research Institute,Inc. All rights reserved.

2011年8月23日ビズリーチフィードバック数:0キャリアとスキル

平均年収1000万円強のビジネスパーソンの約8割が「社長・役員になりたい」

転職サイト ビズリーチ > 平均年収1000万円強のビジネスパーソンの約8割が「社長・役員になりたい」 平均年収1000万円強のビジネスパーソンの約8割が「社長・役員になりたい」 平均年収1000万円強のビジネスパーソン調査飽くなき出世欲! 約8割が「社長・役員になりたい」 63%が「社長公募に賛成」~経営のプロの手本ベスト3~1位 孫正義氏、2位 松下幸之助氏、3位 カルロス・ゴーン氏 日本最大級 の年収1000万円以上の転職サイト「ビズリーチ」()を運営し、「社長・経営幹部登用サービス」(

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ