「経営戦略」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年10月6日KDDIフィードバック数:0マーケティング

日本人の音声操作に対する意識調査2017

カテゴリを絞り込むスマートフォン・携帯電話(新機種・料金など)固定・インターネットサービスコンテンツサービスネットワーク全般(サービスエリア、新技術など)法人向けソリューションサービスグローバルソリューションサービス企業情報(経営・人事・組織など)CSR(環境、社会、国際貢献)その他・ご案内 関連ページ投資家情報(IR)決算情報・経営戦略・事業データなどをお伝えします。

2017年7月11日アイ・キュー★フィードバック数:0キャリアとスキル

日本の人事部 人事白書2017

『日本の人事部 人事白書2017』全国4,061社の人事実態...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 『日本の人事部 人事白書2017』 全国4,061社の人事実態調査戦略人事、採用活動の成果、育成の効果検証、評価結果の活用、ダイバーシティ、 労働時間短縮施策、AIの活用、「いい人事部とは」…… 今注目されているHR関連のテーマを徹底調査今春、株式会社アイ・キューでは、日本最大のHRネットワーク『日本の人事部』会員100,000人(企業の人事・経営者)に向け、大規模な

2017年3月24日P&Gフィードバック数:0キャリアとスキル

ダイバーシティ時代の“管理職1000人の本音”調査

デジタルPRとプレスリリース配信03-4570-3196受付 10:00〜18:00(土日祝日を除く) P&Gが「ダイバーシティ時代の“管理職1000人の本音”調査」を実施“ダイバーシティ推進の目的”を明確に示せていない企業側の実態が明らかに約6割の管理職が“人材の多様化”と“自分の役割の変化の必要性”を実感も、「企業側からのサポート」があるのはわずか24.4%一方、管理職自身が望むサポートは「管理職向け研修」がトップ P&G(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社、本社:神戸市)の啓

2015年6月24日大和総研フィードバック数:0ビジネス

取締役会の役割・実効性に係る8つの視点(体系図)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 取締役会の役割・実効性に係る8つの視点(体系図) 2015年6月24日コンサルティング・ソリューション第一部 主任コンサルタント 元秋 京子2015年6月より「コーポレートガバナンス・コード」(以下、CGコード)が適用開始され、さらに定時総会の開催時期も重なり、コーポレートガバナンス体制の整備・取組状況を開示・公表するケースが増えてきている。本年のCGコード対応は、基本的には現状のガバナンスシステムに

ものづくり人材についての調査です。

ものづくり企業の経営戦略と人材育成に関する調査

ものづくり企業の経営戦略と人材育成に関する調査

2015年6月8日大和総研フィードバック数:0ライフスタイル

経営戦略としての「社員の健康」

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティング重点テーマレポート <実践>ヒューマンリソース 経営戦略としての「社員の健康」健康戦略推進の重要性と労働損失コスト可視化の意義 2015年6月8日コンサルティング・ソリューション第一部 主任コンサルタント 宮内 久美◆「健康経営」の注目度が高まっている。企業の健康戦略とは、社員の健康に対する取り組みをコストではなく企業成長のための投資としてとらえる考え方である。その関心の高まりの背景

世界の「旅行・観光」産業に関する最新の調査結果(2014年までの実績データと将来予測、および各種レポート)

[ユーロモニターインターナショナル] ,市場予測 市場調査 海外進出 経営戦略 インバウンド オンライントラベル 海外旅行 マーケットリサーチ 中国人旅行客 旅行ランキング

2014年4月29日大阪府フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

中小企業における情報開示と知的資産の認識・活用に関する調査報告書

平成26年度第1回2014.4.24大阪府・大阪市経済動向報告会第2部 『中小企業における情報開示と知的資産の認識・活用に関する調査報告書』大阪府商工労働部大阪産業経済リサーチセンター主任研究員 田中 宏昌第1章 「知的資産」「知的資産経営」とは1.「知的資産」「知的資産経営」とは知的財産(特許、ブランド等)、人材、技術、技能、組織力、経営理念、顧客等とのネットワークなど、 財務諸表には表れてこない目に見えにくい経営資源の総称。「人的資産」「構造資産」「関係資産」に大別される。「知的資産」は企業

「統合思考」による発想の転換を!-「統合報告」に向けた非財務情報の重視と企業価値の創造-

「統合思考」による発想の転換を!-「統合報告」に向けた非財務情報の重視と企業価値の創造- | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 「統合思考」による発想の転換を!-「統合報告」に向けた非財務情報の重視と企業価値の創造-「統合思考」による発想の転換を!-「統合報告」に向けた非財務情報の重視と企業価値の創造- 川村 雅彦基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこ

2013年12月8日南都経済研究所フィードバック数:0社会/政治

人口推計から未来を予測する(2013年12月)

政府の政策や企業の経営戦略を中長期的な視点で立案する場合、不可欠なのが未来の予測だ。未来予測に関する書物や記事、レポート等は、いつの時代も人々の大きな関心を集めている。では未来予測の最も基本となるデータは何だろうか。それは「人口推計」である。戦争や疾病などよほど大きな不安定要因が生起しない限り、人口推計にはあまりブレが発生しないため、未来を見通す最も基本的で確度の高いデータだとされている。下図は日本の人口推移等をまとめたものだが、世界でも稀に見る速さで進行する少子高齢化に伴い、15~64歳の生産

2013年3月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ポスト金融危機における欧米大手行の経営戦略~「精査と組み合わせ」を通じた経営戦略の分化~

ポスト金融危機における欧米大手行の経営戦略~「精査と組み合わせ」を通じた経営戦略の分化~

2013年3月7日ニッセイ基礎研究所★フィードバック数:5ビジネス

企業の経営戦略についての調査です。

人口減少下における経営戦略と企業業績 -ニッセイ景況アンケート 2013年1月調査より-

人口減少下における経営戦略と企業業績 -ニッセイ景況アンケート 2013年1月調査より- | ニッセイ基礎研究所 人口減少下における経営戦略と企業業績 -ニッセイ景況アンケート 2013年1月調査より- 生活研究部 シニアマーケティングリサーチャー 井上 智紀基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日本生命保険(相)とニッセイ・リース(株)は、36回目となる「ニッセイ

企業対象のアンケート調査です。

ニッセイ景況アンケート調査結果-2012年度下期調査

ニッセイ景況アンケート調査結果-2012年度下期調査 | ニッセイ基礎研究所 ニッセイ景況アンケート調査結果-2012年度下期調査 生活研究部 シニアマーケティングリサーチャー 井上 智紀押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ◆安倍政権の景気刺激策への期待感から企業の景況感の先行きは小幅改善◆今後の経営戦略として、7割の企業が国内外における顧客層の拡大を

2012年3月27日国土交通省フィードバック数:6製造業/エレクトロニクス

建設関連業の経営分析

平成24年3月26日「建設関連業検討会(座長:小澤一雅 東京大学大学院教授)」では、平成20年12月~平成22年3月にかけて建設関連業のあり方と、企業、業界、国、発注者といった関係者それぞれの果たすべき役割について、一定の方向をとりまとめました。(平成22年4月 「建設関連業の課題と展望」 )その中で、建設関連業の企業は経営戦略づくりが必要であり、そのため、国は建設関連業界の経営状況の分析などを積極的に提供することが求められるとされていました。これを踏まえ、平成22年度に決算期を迎えた企業の経営

2011年2月9日野村総合研究所★★フィードバック数:9企業情報システム

NRIによる経営とITに関する調査です。

経営戦略におけるITの位置づけに関する実態調査(第3回)

「経営戦略におけるITの位置づけに関する実態調査(第3回)」を実施 ~グローバル化にともなう戦略的IT活用への期待の高まり~2011年2月3日株式会社野村総合研究所株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:嶋本 正、以下「NRI」)は、2010年9月6日から10月15日にかけて、日本国内に本社を持つ大手企業の経営企画部門を対象に、「経営戦略におけるIT(情報技術)の位置づけに関する実態調査」を実施しました。この調査は、2008年から継続して行っており、第3回となります。今回の

2010年1月26日野村総合研究所★フィードバック数:0企業情報システム

NRIによる経営とITに関する調査結果です。

経営戦略におけるITの位置づけに関する実態調査(第2回)

「経営戦略におけるITの位置づけに関する 実態調査(第2回)」を実施 ~構造変化を見据えて、高まる戦略的IT投資意欲~2010年1月18日株式会社野村総合研究所株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、会長兼社長:藤沼彰久、以下「NRI」)は、2008年に引き続き、2009年9月11日から30日にかけて、日本国内に本社を持つ大手企業の経営企画部門を対象に、「経営戦略におけるIT(情報技術)の位置づけに関する実態調査」を実施しました。今回の特徴として、産業や業界の構造変化に対する意識の高まりか

2009年2月2日野村総合研究所★フィードバック数:0企業情報システム

NRIが企業におけるITに関する調査結果を出しています。

経営戦略におけるITの位置づけに関する実態調査

今こそ自社の変革や成長に向けて、積極的なIT活用を考えるべき ~ 「経営戦略におけるITの位置づけに関する実態調査」で、課題が鮮明に ~株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、会長兼社長:藤沼彰久、以下「NRI」)は、2008年9月2日から19日にかけて、日本国内に本社を持つ大手企業の経営企画部門を対象に、「経営戦略におけるIT(情報技術)の位置づけに関する実態調査」を実施しました。その結果、企業は経営管理の高度化や効率化目的においては、ITをある程度活用できているが、新商品・事業開発、海

2008年3月31日日経BP★フィードバック数:0企業情報システム

SaaSの利用状況がわかります。

SaaS利用率は現状6%,連結会計や内部統合が約9%,刷新後は経営戦略への採用も有望

SaaS利用率は現状6%,連結会計や内部統合が約9%,刷新後は経営戦略への採用も有望

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ