「経営課題」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年5月23日Bizコンパスフィードバック数:0ビジネス

健康経営とは?アンケート調査結果から実態を探る

日本の転換期に訪れた「健康経営」の波!(第1回)健康経営とは?アンケート調査結果から実態を探る 2017.04.28 Fri 従業員の健康管理や健康増進を重要な経営課題として捉える、「健康経営」という考え方に注目が集まっています。大手企業を中心に取り組み事例が増えており、今後は事業規模に関わらず多くの企業で導入が進むことが予想されます。 健康経営が、いま日本の企業にどの程度浸透しているのか、企業はどのような意識を持って取り組んでいるのか、Bizコンパスで独自に実施したアンケート調査の結果をもとに

2017年5月15日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内エンタープライズインフラ市場 ユーザー動向調査

~ ITのケイパビリティに対する認識ギャップがDXを阻害 ~国内エンタープライズインフラ市場 ユーザー動向調査結果を発表 成熟市場である国内においてデジタルトランスフォーメーション(DX)による変革を目指す必要があるとの認識が広まっている 経営課題の解決手段として、経営層と情報システム部門の間にITのケイパビリティに対する認識ギャップが存在 延命してきた基幹業務システムを、業務プロセスやビジネスロジックを見直した上で、 ITインフラの更新時、抜本的に見直したいとの意向が強い

2017年3月14日東京商工会議所フィードバック数:0ビジネス

中小企業の経営課題に関するアンケート

「中小企業の経営課題に関するアンケート結果」について 平成29年3月7日東京商工会議所中小企業部 東京商工会議所(三村明夫会頭)は、中小企業委員会(大久保秀夫副会頭、フォーバル会長)において、標記調査結果を取りまとめましたのでお知らせします。本調査は、中小企業が抱える経営課題を、「売上」「事業コスト」「経営資源」の視点から検証したものです。また、中小企業経営者の高齢化に伴い「事業承継」が喫緊の課題となっていることから、事業承継の現状と課題について併せて調査しました。 【調査結果の主なポイント】

2016年3月15日東京商工会議所★フィードバック数:0ビジネス

中小企業の経営課題に関するアンケート

「中小企業の経営課題に関するアンケート結果」について 平成28年3月10日東京商工会議所中小企業部 東京商工会議所(三村明夫会頭)は、中小企業委員会(石井卓爾委員長、三和電気工業株式会社社長)において、標記調査結果を取りまとめましたのでお知らせします。本調査は、中小企業の経営状況や課題、設備投資の動向などに加え、「TPPへの期待」や「軽減税率導入への課題」などを調査したものです。【調査結果の主なポイント】【収益状況】 (報告書P8)・「黒字」「収支トントン」で併せて8割が採算を確保しているが、

2015年3月1日農林中金総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

震災復興についてのレポートです。

宮城県の津波被災地における農業復旧・復興の現状と課題

宮城県の津波被災地における農業復旧・復興の現状と課題主席研究員 内田多喜生〔要   旨〕宮城県の津波被災地では,被害甚大な一部の地域を除き農地及び農業用施設の復旧と担い手の確保が進み,多くの地域で営農が再開されている。ただし,営農再開に伴う課題も生じており,とくに,土壌改良の実施や販売環境変化への対応は,早急に取組みが必要となっている。農協及びJAグループ,さらに普及センター等農業関連機関が各地域で対応を開始しているが,今後は,より広域的な課題への対応も必要になろう。また2015年度までの「集中

2015年2月26日経済産業省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

経産省のレポートです。

平成25年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(我が国電機電子産業を巡る構造的環境変化、経営課題及び政策課題に関する調査研究)報告書

平成25年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(我が国電機電子産業を巡る構造的環境変化、経営課題及び政策課題に関する調査研究)報告書

土地利用型のJA出資型法人の設立状況と経営課題

土地利用型のJA出資型法人の設立状況と経営課題

2015年1月4日財務省フィードバック数:0ビジネス

地域金融機関を取り巻く事業環境(各地域の産業構造)、企業の抱える経営課題及び地域金融機関の取組み

地域金融機関を取り巻く事業環境(各地域の産業構造)、企業の抱える経営課題及び地域金融機関の取組み

社会的課題のビジネス・インパクトに気付き始めた日本企業-グローバル時代のCSRリスクとチャンス

社会的課題のビジネス・インパクトに気付き始めた日本企業-グローバル時代のCSRリスクとチャンス | ニッセイ基礎研究所 社会的課題のビジネス・インパクトに気付き始めた日本企業-グローバル時代のCSRリスクとチャンス 川村 雅彦基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら はじめに(背景と問題意識)1――新興国・途上国の人権・労働問題1│ 人権・労働問題の背景2│ 人権・労働

2014年9月17日デジタルアーツ★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業の情報漏洩とその対策についての調査です。

企業における情報漏洩対策の実態と意識調査

HOME> デジタルアーツについて> プレスリリース> 2014年> 調査≪企業における情報漏洩対策の実態と意識調査≫勤務先の資料・データの持ち出し経験は39.6%。17.6%の企業が情報漏洩被害にあっており内部からのメール誤送信や持ち出しが約40%に及ぶ2014年09月17日 デジタルアーツ株式会社≪企業における情報漏洩対策の実態と意識調査≫~全国の経営者層・情報システム管理者・従業員を対象に調査~勤務先の資料・データの持ち出し経験は39.6%17.6%の企業が情報漏洩被害にあっており内部から

病院経営についての調査です。

第10回 病院の経営課題等に関する調査結果報告

ヘルスケア研究部ニュース&トピックス【第10回】 病院の経営課題等に関する調査結果報告2004年度より年度より毎年実施している「第10回 病院の経営課題等に関する調査」の結果を掲載いたします。本調査は病院を取り巻く社会経済環境の変化に対して、病院が抱えている経営課題を把握するとともに、BSCをはじめとするマネジメント手法の活用状況などの実態を把握するためのアンケート調査です。調査対象は全国4,096病院(回収数379病院)です。以下のリンクをクリックしてください。報告書のダウンロードができます。

2014年5月6日大阪商工会議所フィードバック数:0ビジネス

中小企業の経営課題と雇用に関するアンケート調査

中小企業の経営課題と雇用に関するアンケート調査

2014年3月25日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

日本企業がデジタル活用でスピード経営を実現するには――「グローバルCEO調査 2014」の結果から導く3つの提言

Skip to main content Skip to Footer企業がデジタル活用でスピード経営を実現するには――「CEO調査 2014」から導く3つの提言アクセンチュアが全世界で実施した、大企業の経営幹部に対する意識調査の結果をベースに、デジタル時代の経営課題やその解決策についてのアクセンチュアの提言を紹介しています。 アクセンチュア戦略コンサルティング本部統括本部長ジェフリー・ベッグ(Jeffrey Beg)アクセンチュア戦略コンサルティング本部マネジング・ディレクター清水 新

2014年3月19日ITRフィードバック数:0企業情報システム

企業IT利活用動向調査

経営課題としてコミュニケーションや組織改革の重要度が上昇標的型サイバー攻撃への懸念も前年に引き続き高止まり ― JIPDECとITRが「企業IT利活用動向調査」の速報結果を発表 ―2014年3月19日 一般財団法人日本情報経済社会推進協会 株式会社アイ・ティ・アール一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC、会長 牧野 力)と株式会社アイ・ティ・アール(ITR、代表取締役 内山悟志)は本日、国内企業600社以上のIT/情報セキュリティ責任者を対象に共同で実施した「企業IT利活用動向調査」

2014年2月26日東京商工会議所★フィードバック数:0ビジネス

中小企業の経営課題です。

中小企業の経営課題に関するアンケート調査

「中小企業の経営課題に関するアンケート調査結果」について 平成26年2月25日東京商工会議所中小企業部 東京商工会議所(三村明夫会頭)は、中小企業委員会(石井卓爾委員長、三和電気工業株式会社社長)において、標記調査結果を取りまとめましたのでお知らせします。本調査は、中小企業が抱える経営課題を、「売上」、「事業コスト」、「経営資源」の視点から検証し、また「消費税率の引き上げ」の対応状況を調査したものです。【調査結果のポイント】1.中小企業の約4割で売上増加の一方、価格競争の激化、人材不足、事業コ

2014年1月9日日本農業研究所フィードバック数:0ライフスタイル

農業研究 第26号(2013年12月)

2 調査研究(1) 農業および農村の進歩発達に関する各種の調査研究本部の研究室においては、農業および農村に関する研究を、各研究員が独自にテーマを定めて行うとともに、他の大学、研究団体のメンバーを含めた研究委員会により特定重要テーマを定め学際的な方法で行っている。また、農林水産省などからの委託事業も一部受けている。調査研究の課題を採り上げるに当たっては、各時点における農業上の重要問題とし、調査研究の方法は研究会方式と現地調査を重視する手法をとっている。調査研究の成果の発表は、刊行物によるほか、当所

2013年12月27日北海道IT推進協会★フィードバック数:0企業情報システム

北海道のIT産業についてのまとめです。

北海道ITレポート 2013

〜北海道IT産業実態調査の概要〜一般社団法人北海道IT推進協会(会長:森 正人)は、この度、平成24年度における北海道内の情報産業の実績等について取りまとめました。詳細については2014年1月に「北海道ITレポート2013」として発行いたします。本レポートは、昭和57年度以来、経済産業省北海道経済産業局が道内のIT産業の実態を定量的に把握するため実施されていた「北海道情報処理産業実態調査」(後に北海道IT産業実態調査)の内容を、平成18年度から一般社団法人北海道IT推進協会が引き継ぎ、独自調査と

経営、人材マネジメントの課題についての調査です。

人材マネジメント実態調査2013

将来の組織や人材への展望について見えたモノ 最新調査報告 これからの人材マネジメントへのヒント 弊社組織行動研究所では、「RMS Research 人材マネジメント実態調査2013」として、主に大手企業を対象に人材マネジメントに関する調査を実施しました。今回は、現在の経営課題や人材マネジメント課題に関する経年比較に加えて、将来の組織や人材への展望についての調査を行いました。今月の特集では、最新の調査結果から見えてきた今後の人材マネジメントへのヒントについてご報告します。 現在と未来を重ね合わせる

2013年9月25日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

IT資産戦略白書2013-2015

IT資産管理に関連した最重要リスクは「個人情報/機密情報を保存したUSBメモリの紛失」。ウイルスメールでの信用失墜や障害も重要課題 「IT資産戦略白書2013-2015」より2013年09月25日株式会社日経BPコンサルティング(東京都港区)はこのほど、IT資産管理とIT活用に関する調査を実施し、その結果を「IT資産戦略白書2013-2015」にまとめた。IT資産管理に関連した経営課題について調査したところ、個人/機密情報を保存したUSBメモリ紛失が最も重要であり、次いでウイルスメールによる信用

2013年6月7日経済産業省★フィードバック数:1ビジネス

ITについても大きく取り上げられています。

平成24年度中小企業の経営課題に関する調査報告書

平成24年度中小企業の経営課題に関する調査報告書

2013年2月13日日本政策金融公庫フィードバック数:3ライフスタイル

企業の農業参入に関する調査

ニュースリリース平成25年2月13日株式会社日本政策金融公庫参入前の確実な技術習得、利益がでる単価での販売や本業の経営安定などが参入成功のポイント- 日本公庫・企業の農業参入に関する調査 -日本政策金融公庫(日本公庫)農林水産事業では、他産業から農業参入した企業 27 社を対象に農業参入における成功のポイントをヒアリングしました。その結果、「参入前にしっかりと生産技術を習得している」「作物に適した農地を確保している」「販路開拓に自ら取組み、利益が確保できる単価で販売している」といった点がポイント

2012年1月24日翔泳社★フィードバック数:8企業情報システム

情報化白書 2012です。

今後3年間の経営課題と基盤技術の導入

11月に翔泳社より刊行された『情報化白書 2012』(一般財団法人日本情報経済社会推進協会編)は、IT業界の現状を俯瞰することを目的として、最新トピックスからITに関連した法制度などに至る広範な記事を掲載している。このコーナーでは、『情報化白書 2012』の編纂に合わせて行われた調査報告などからまとめたレポートを紹介していく。第1弾として、『情報化白書 2012』の記事から『「企業IT利活用動向調査」にみるIT化の現状』を4回にわたって掲載する。今後3年間で重視する経営課題 当初本調査は、企業の

2011年11月29日アクセンチュア★フィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュアによる財務部門の意識調査です。

アクセンチュア調査結果:財務・経理部門は成長機会よりもコスト管理を重視

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア調査結果:財務・経理部門は成長機会よりもコスト管理を重視 難局を乗り切るにも、財務・経理部門に対する経営資源不足に懸念の声 アクセンチュア(NYSE:ACN)が行った調査によれば、財務・経理部門は、企業の成長機会を見据えた大局的な視点を持つことよりも、財務・経理部門の本来の職務であるコスト管理をより重視していることが明らかとなりました。財務責任者の大半は、財務・経理部門が自社に新たな価値をもたらす先進的な業

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ