「経常利益」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年7月8日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

「この5年でガッツリ稼いだ会社」ランキング

「この5年でガッツリ稼いだ会社」ランキングトップ3はNTT、NTTドコモ、JR東海 渡辺 拓未1991年生まれ、2010年京都大学経済学部入学。2014年に東洋経済新報社へ入社。2016年4月から証券部で投資雑誌『四季報プロ500』の編集に。精密機械・電子部品担当を経て、現在はゲーム業界を担当 NTTグループ中核のドコモは毎年巨額のキャッシュを稼いでいる(撮影:梅谷秀司) 「稼ぐ力」を測る指標はさまざまなものがある。その中でも会社が「自由に使える現金をどれだけ稼いだか」を表したものがフリー

同友会景況調査「DOR」111号

【15.04.30】同友会景況調査「DOR」111号を発行しました DORは1990年1~3月期に第1号発行以来22年を経て、2012年4~6月期で100号を迎えました。この調査は、中小企業家自身による自主的な独自調査として、会内、マスコミ、官庁、研究機関から高く評価されています。また会員企業の景気見通しなど、経営戦略に活用しているとの声も多く聞かれます。このたびDOR111号(2015年1~3月期)を発行しました。調査概要は下記の通りです。4期連続マイナスで景気停滞、二極化さらに鮮明に 201

2015年3月29日中小企業庁フィードバック数:0社会/政治

平成26年中小企業実態基本調査(平成25年度決算実績)速報

平成26年中小企業実態基本調査(平成25年度決算実績)速報を公表します中小企業庁は、「平成26年中小企業実態基本調査(平成25年度決算実績)」を取りまとめましたので公表します。 速報のポイント中小企業の従業者数は2,782万人(対前年調査比▲5.4%減)、売上高は504兆円(同9.9%増)、経常利益は17兆8,293億円(同18.2%増)。従業者数の産業大分類別対前年調査比は、すべての産業で減少、小売業(▲0.8%減)、生活関連サービス業,娯楽業(▲1.9%減)、製造業(▲2.5%減)などで減

2015年2月4日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

コーポレートガバナンス強化の要と捉える役員報酬改革

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティングインサイト 人事・健保・退職給付 コーポレートガバナンス強化の要と捉える役員報酬改革 2015年2月4日コンサルティング・ソリューション第三部 主任コンサルタント 小針 真一本レポートは、2014年8月20日に筆者が執筆したレポート「有価証券報告書から読み解く役員報酬制度の今後の方向性」の続編であり、上場企業が有価証券報告書で公開した役員報酬の内訳に関する独自の調査結果を用いながら、

2014年12月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

消費の回復は期待できるのか~消費停滞を脱するカギは低所得者対策と原油安~

みずほインサイト日本経済2014 年 12 月 19 日消費の回復は期待できるのかみずほ総合研究所消費停滞から脱するカギは低所得者対策と原油安調査本部経済調査部03-3591-1418○ 消費増税後の個人消費は、低所得者ほど回復の動きが弱い。この理由として、物価の上昇に対し、賃金の上昇ペースが鈍いことが挙げられる○ 労働者の約4割が働く中小企業は、円安に伴うコスト増もあって、人件費の増加に対し慎重なスタンスを崩していないとみられる○ 個人消費本格回復に向けた当面の課題として、即効性を重視した低所

企業業績についてのレポートです。

消費税率引き上げ後の企業業績~現状と今後の展望

1.今月のグラフ ~インフレ期待は高まっているのか?2.景気概況 ~景気は弱含んでいる3.今月のトピック:消費税率引き上げ後の企業業績~現状と今後の展望 (1)悪化した企業業績~経常利益は減少へ(2)企業を取り巻く環境(3)企業業績の先行き~今年度中は弱い動きが続く

2014年3月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

法人企業統計季報(2013年10-12月期) ~期待に応えた経常利益・期待外れの設備投資

法人企業統計季報(2013年10-12月期) ~期待に応えた経常利益・期待外れの設備投資

2013年7月15日東洋経済新報社★フィードバック数:17ビジネス

ガンホーがトップです。

「今期経常増益率ランキング」トップ200

「今期経常増益率ランキング」トップ200今期大きく利益成長が見込まれるのはどこ? 山内 哲夫SI・ソフトウエア開発、タイヤなどの業界を担当 増益率トップとなったソフトバンクグループのガンホー、パズドラが大ヒット中だ(撮影:今井康一) 6月13日に終値ベースで1万2500円を割り込んだ日経平均株価は、その後、持ち直し1万4000円を回復している。急落時にはがはやされたが、今後は好業績が期待される銘柄にも注目が集まりそうだ。そこで、今回は今期の増益が見込まれる銘柄から、経常増益率の高い順にランキ

2013年6月14日内閣府フィードバック数:8社会/政治

企業収益の動向と設備投資の行方

*2012 年秋以降、為替レート(ドル円)は円安基調で推移し、企業マインドも改善している(図1)。こうした動きは、実体経済面にも波及し始めており、2013 年1−3月期の実質GDPは、個人消費の改善や輸出が増加に転じたことなどを背景として年率 4.1%の成長となっている。こうしたなか、経常利益は、昨年末以降増加に転じ、長らく低迷していた製造業を中心に改善している(図2)。本稿では、最近の企業収益の改善について、その要因や業種による違いを分析する。また、企業収益との関係が深い設備投資の行方について

2012年4月11日東京商工リサーチフィードバック数:8ビジネス

「3期連続財務データ全国16万社 都道府県別分析」調査 ~赤字企業率 全国9地区のうち5地区で平均を上回る~

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ 「3期連続財務データ全国16万社 都道府県別分析」調査 ~赤字企業率 全国9地区のうち5地区で平均を上回る~ 都道府県別で全国の企業財務内容は、リーマン・ショック後に緩やかな持ち直しがみられた。しかし、赤字企業率は全国平均29.3%で、全国9地区のうち5地区が平均を上回り、回復ぶりは「まだら模様」となった。最新決算で赤字企業率ワーストは静岡県の41.5%だったが、25%未満に九州は6県入り、地域間の収益格差が広がっていることがわかっ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ