「経常収支」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

為替市場における「購買力平価」の磁力はなぜ減衰しているのか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 為替市場における「購買力平価」の磁力はなぜ減衰しているのか 2015年5月11日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 小林 俊介為替レートの見通しを立てる際に参照される一つの指標として、「購買力平価」が挙げられる。購買力平価説とは、各国通貨の購買力が同一となるよう物価と為替レートが並行して変化するという考え方であり、為替レートの長期的な収斂水準を考える上で多くの金融市場関係者に利用され

2015年3月22日経済産業研究所★フィードバック数:0社会/政治

セミナー資料です。

輸出・経常収支の動向と日本経済の将来

2014年度 第3回一橋大学政策フォーラム 輸出・経常収支の動向と日本経済の将来開催案内我が国のマクロ政策論議では、為替レートと輸出の動向が国内景気に与える影響に、常に大きな関心が寄せられてきた。しかし、アベノミクス開始後の急速な円安の進行にも関わらず、輸出の伸びは鈍いままで、企業の海外への生産拠点の移動も進んでいる。最近の日本の輸出や貿易・経常収支の動向をどのように理解すべきなのか、それは今後の我が国のマクロ経済パフォ-マンスにどのような意味を持つかについて議論する。 イベント概要日時:201

ベトナム経済の現状と今後の展望~ 高成長よりも不均衡・非効率の解消が必要なベトナム経済 ~

ベトナム経済の現状と今後の展望~ 高成長よりも不均衡・非効率の解消が必要なベトナム経済 ~ ○ベトナム経済は、中国経済と並んで、アジアでも群を抜く高成長と安定性を示してきた。これを可能にした政策面の要因として、外資導入による工業化を軸とした成長路線と、短期資本移動・為替取引の規制によって海外金融市場から国内経済への直接的な影響を遮断したという2点が重要であった。○近年のベトナムの経済成長率は、WTO加盟(2007年)直後のブーム期よりも低下している。これは、ベトナム政府が2010年以降、不動産バ

2015年2月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

マイナス貯蓄率の時代

マイナス貯蓄率の時代 | ニッセイ基礎研究所 マイナス貯蓄率の時代 経済研究部 専務理事 櫨(はじ) 浩一内閣府が発表した2013年度の国民経済計算確報によると、低下傾向にあった日本の家計貯蓄率はついにマイナス1.3%となった。日本の家計貯蓄率は1970年代半ばには20%以上もあったが、2000年代に入る頃には5%程度に低下していた。日本の家計貯蓄率が低下してきたのは、人口の高齢化によるところが大きい。日本の高齢者は年金をもらっても貯蓄してしまうという誤解があるが、引退して仕事をしなくなった高

2015年2月6日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(2015年2月9日~2月13日)

経済指標解説2015 年 2 月 6 日経済調査部主要な経済指標の発表予定と予測(2/9~2/13)藤 貴伸03-3591-1340【来週の注目材料】※( )内はみずほ総研予想9日 :12月の経常収支(2,837億円の黒字):1月の景気ウォッチャー調査:1月の消費動向調査10日 :1月のマネーストック:12月の第3次産業活動指数(前月比▲0.2%、前年比▲0.6%)12日 :12月の機械受注(船舶・電力を除く民需)(前月比+0.5%、前年比+3.4%):1月の国内企業物価指数(前月比▲0.7%、

マイナス貯蓄率の時代

マイナス貯蓄率の時代 | ニッセイ基礎研究所 マイナス貯蓄率の時代 経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 内閣府が発表した2013年度の国民経済計算確報によると、低下傾向にあった日本の家計貯蓄率はついにマイナス1.3%となった。日本の家計貯蓄率は1970年代半ばには20%以上もあったが、2000年代に入

2014年12月23日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

アベノミクス2年 円安、需要不足解消に必要

アベノミクス2年 円安、需要不足解消に必要円ドルレートは、2012年の1ドル/=約80円から最近では約120円へと、第2次安倍晋三政権の下で5割円安になった。米国以外の主要貿易相手国も対象として物価変動による競争力変化を考慮した実質実効為替レート(国際決済銀行作成)で見ると、円は現行の変動レート制に移行した1973年2月以降、最も安い水準にある。歴史的円安と、これに寄与したアベノミクスをどのように評価すべきだろうか。 ◆◆◆円安は日本で生産された財(サービスを含む)を割安にし、内外の需要を外国財

2014年12月5日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(2014年12月8日~12月12日)

経済指標解説2014 年 12 月 5 日経済調査部主要な経済指標の発表予定と予測(12/8~12/12)【来週の注目材料】※(8日藤 貴伸03-3591-1340)内はみずほ総研予想:7~9月期の実質GDP成長率2次速報(前期比▲0.0%、年率▲0.2%):10月の経常収支(4,799億円の黒字):11月の景気ウォッチャー調査9日 :11月のマネーストック10日 :10~12月期の法人企業景気予測調査:11月の国内企業物価指数(前月比±0.0%、前年比+2.9%):11月の消費動向調査11日

2014年12月5日日本貿易会★フィードバック数:0社会/政治

日本貿易会のまとめです。

2015年度わが国貿易収支、経常収支の見通し

2017年度わが国貿易収支、経常収支の見通しについて *PDF画面を開くためには、「Adobe Acrobat Reader」のソフトが必要ですので、あらかじめソフトをダウンロードしてからご利用ください。 Copyright © 2003-2017, 一般社団法人 日本貿易会 (Japan Foreign Trade Council,Inc.). All Rights Reserved. 掲載記事・写真の無断転載・複製禁止

2014年11月7日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(2014年11月10日~11月14日)

経済指標解説2014 年 11 月 7 日経済調査部主要な経済指標の発表予定と予測松浦大将(11/10~11/14)hiromasa.matsuura@mizuho-ri.co.jp【来週の注目材料】※(03-3591-1435)内はみずほ総研予想11日 :9月の経常収支(4,985億円の黒字):10月の消費動向調査:10月の景気ウォッチャー調査12日 :9月の第3次産業活動指数(前月比+0.8%、前年比▲1.3%):10月のマネーストック13日 :9月の機械受注(船舶・電力を除く民需)(前月比

2014年10月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

経常収支・もうひとつの構造変化 ~「第一次所得収支」も増えにくくなっている~

経常収支・もうひとつの構造変化 ~「第一次所得収支」も増えにくくなっている~

2014年10月3日土地総合研究所フィードバック数:0社会/政治

国際収支表について

リサーチ・メモ国際収支表について2014 年 10 月 2 日財務省が 7 月 24 日に公表した 1 月~6 月までの貿易統計速報(通関ベース)によると、貿易収支は 7兆 5983 億円の赤字で、赤字額は前年同期比 57.9%増となった。ここで今後、為替レートや発行国債の消化等の問題を巡り、これからも繰り返し議論になるであろう貿易収支を含む国際収支について、その統計の構造をここで正確に理解できるようここで確認しておこう。なお、国際収支統計は、2014 年 1 月分より、新しい基準に基づいて発表

2014年8月14日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

軍政下で底打ちするタイ経済~中期的な見通しは楽観できず~

みずほインサイトアジア2014 年 8 月 13 日軍政下で底打ちするタイ経済みずほ総合研究所アジア調査部中期的な見通しは楽観できず03-3591-1379○ 軍事クーデターにより政治対立が小康化したタイでは、マインドの改善などにより経済が底打ちしつつある。2014年後半は、政策運営の正常化などにより景気のV字回復が見込まれる○ しかし、その勢いは持続せず、2015年の景気の実勢は力強さを欠くだろう。中期的な輸出や消費の伸び悩み、軍事政権の堅実な予算運営などが見込まれるためだ○ 2015年末頃に

2014年8月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

国際収支(2014年6月) ~経常収支(季調値)は小幅黒字に留まる~

国際収支(2014年6月) ~経常収支(季調値)は小幅黒字に留まる~

2014年8月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

経常黒字の消滅-日本はギリシャの二の舞か?

経常黒字の消滅-日本はギリシャの二の舞か? | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 経常黒字の消滅-日本はギリシャの二の舞か?経常黒字の消滅-日本はギリシャの二の舞か? 経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年度の日本の経常収支は、かろうじて黒字を維持したものの、その金額

2014年7月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

経常収支はこのまま赤字化するのか ~ここ2年間の縮小は円安と景気要因の影響が大~

経常収支はこのまま赤字化するのか ~ここ2年間の縮小は円安と景気要因の影響が大~

経常黒字の消滅~日本はギリシャの二の舞か?

経常黒字の消滅~日本はギリシャの二の舞か? | ニッセイ基礎研究所 経常黒字の消滅~日本はギリシャの二の舞か? 経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年度の日本の経常収支は、かろうじて黒字を維持したものの、その金額は約7900億円に縮小した。2007年度には24.3兆円もの黒字があったが、その3

2014年6月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2年前を振り返り、欧州問題の本質はなんだったのか

リサーチ TODAY2014 年 6 月 23 日2年前を振り返り、欧州問題の本質はなんだったのか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創次の図表は今から2年以上前、欧州債務危機の真只中の時期にTODAY1で用いてきたユーロ圏の経常収支の不均衡からの改善を示す概念図である。ユーロ圏では大きな不均衡が存在するなか、その正常化を行うには、理屈上図表①で均衡に向かうべくマクロ策を行うか、図表②であくまでも不均衡を所与にしながらも黒字国から赤字国への財政平衡(再配分)制度を作るかのどちらかとなると考え

所得収支からみた英国の資金循環~好調な経済の裏で強まる対外脆弱性~

○本レポートは、近年赤字幅が拡大している所得収支に注目して、英国の資金循環構造の変化を検討するものである。英国の経常収支は足元で不均衡が拡大しているが、それは主に所得収支赤字の増加によってもたらされている。直接投資黒字の減少と債券投資赤字の増加が、所得収支の赤字幅が拡がっている大きな理由である。○直接投資黒字が減少している主な背景には、世界経済の成長力の弱さがある。そのなかでも、英国にとって最大の投資対象である欧州経済の不調が、直接投資の黒字幅の縮小に大きな影響を与えている。先行き、世界経済の成

2014年6月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

国際収支(2014年4月) ~輸入の大幅減少を背景に、経常収支(季節調整値)は4ヶ月ぶりの黒字に~

国際収支(2014年4月) ~輸入の大幅減少を背景に、経常収支(季節調整値)は4ヶ月ぶりの黒字に~

最近のインドネシア・ルピアの動き

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年5月27日インドネシアの通貨ルピアは、今年2月を底に4月上旬にかけて急速に持ち直しに転じた後、足元では方向感に乏しいながらも比較的落ち着いた動きとなっています。この背景には、同国の経常収支の改善が挙げられます。経常収支は2013年7-9月期の▲86億米ドルから、10-12月期には▲43億米ドルと赤字幅が半減し、2014年1-3月期の赤字幅も前期比でほぼ横ばいとなりました。昨年半ばから燃料補助金の削減や連続利上げなどによって財政・金

2014年5月25日三井住友信託銀行フィードバック数:0社会/政治

調査月報 2014年6月号 No.26

2014.6№26調査月報時論アジア新興国を見る多様な視点・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1経済の動き2014・2015年度の内外経済見通し~賃金上昇で日銀物価目標は達成できるか~・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3経常収支が映す政情不安下のタイ懸念・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・13三井住友信託銀行 調査月報 2014 年 6 月号時論 ~ アジア新興国を見る多様な視

Weekly金融市場 2014年5月16日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2014 年 5 月 16 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫日銀金融政策決定会合開催:現状維持との見方が大勢を占める20∼21 日に日銀金融政策決定会合が開催される。12 日発表の 4 月の景気ウォッチャー調査では景気の現状判断 DI は 41.6(前月差▲16.3)、15 日発表の 4 月の消費者態度指数では 37.0(前月差▲0.5)と、消費税増税後の消費冷え込みに対する懸念は残るものの、消費税増税の反動減は一時的で

最近の経常収支の動向について

1.今月のグラフ ~消費税率引き上げ後の消費者物価(東京都区部)2.景気概況 ~景気は一時的に悪化へ3.今月のトピック:最近の経常収支の動向について (1)経常収支の動向(2)通関収支の赤字拡大要因~構造的な要因(3)通関収支の赤字拡大要因~短期的な要因(4)経常収支の赤字は一時的となる見込み

2014年5月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(5月19日~5月23日)

経済指標解説2014 年 5 月 16 日経済調査部エコノミスト主要な経済指標の発表予定と予測齋藤 周(5/19~5/23)amane.saito@mizuho-ri.co.jp【来週の注目材料】※(03-3591-1283)内はみずほ総研予想19日 :3月の機械受注(船舶・電力を除く民需)(前月比+5.7%、前年比+0.1%)20日 :3月の全産業活動指数(前月比+1.6%、前年比+3.6%)21日 :日銀金融政策決定会合(20・21日)、日銀総裁定例記者会見:4月の貿易統計(貿易収支▲5,3

2014年5月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

経常収支問題の行方 ~一時的ではない経常赤字リスクへの警戒~

経常収支問題の行方 ~一時的ではない経常赤字リスクへの警戒~

2014年4月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日本の経常収支は赤字になるか

日本の経常収支は赤字になるか

2014年4月14日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

アジアは回復、耐性もあるが中国に不安残存

リサーチ TODAY2014 年 4 月 14 日アジアは回復、耐性もあるが中国に不安残存常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創先月、みずほ総合研究所は『みずほアジア・オセアニア経済情報』(2014年4月)1を発表した。2013年10~12月期のアジア経済は、先進国経済の回復が続く中で輸出が好調であったことから、概ね堅調であった。その結果、NIEs、ASEAN5の成長率は総じて上昇し、中国は減速したものの+7%台半ばの成長を続けた。■図表:みずほ総合研究所のアジア経済予測総括表(単位:%)ア

2014年4月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

国際収支(2014年2月) ~経常収支は赤字幅縮小。1-3月期は赤字の見込み~

国際収支(2014年2月) ~経常収支は赤字幅縮小。1-3月期は赤字の見込み~

2014年3月31日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

貿易収支・経常収支の短期見通し~経常赤字は定着するか~

貿易収支・経常収支の短期見通し~経常赤字は定着するか~

貿易統計14年2月~高水準の貿易赤字が続く

貿易統計14年2月~高水準の貿易赤字が続く | ニッセイ基礎研究所 貿易統計14年2月~高水準の貿易赤字が続く 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・輸入の伸びが急低下・アジア新興国向けの輸出が低調・2月の経常収支(季節調整値)は赤字継続の公算財務省が3月19日に公表した貿易統計によると、14年2月の貿易収支は▲8,003億円の

2014年3月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【アジア新興経済レビュー】輸出主導経済の改善も足踏みか

【アジア新興経済レビュー】輸出主導経済の改善も足踏みか | ニッセイ基礎研究所 【アジア新興経済レビュー】輸出主導経済の改善も足踏みか 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (実体経済)前月は輸出主導経済に回復の兆しが見られたが、今月はそれほど良好な指標は見あたらず、足踏み状況にあると考えられる。また、ASEANの一部やインドでGDPが発表された。

2014年2月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

今度こそ日本国債は大丈夫?経常収支に注目

今度こそ日本国債は大丈夫?経常収支に注目

2014年2月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国の課題-インドネシアの場合

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 過去に金融・通貨危機を経験した新興国は、短期の外貨建て債務比率を低下させ、外貨準備残高を増加させることでショックに対する一定の抵抗力を持つことに努めてきた。また一部の新興国は自国通貨建ての国債発行で海外から資金調達することが可能となり、通貨のミスマッチ問題はある程度緩和されている。そうしたことから何らかの理由によって国際金融市場が不安定化し、資金フローに逆流が生じたとしても、新興国がそのショックに簡単

昨今の貿易収支の分析です。

貿易収支赤字拡大はなぜ生じているのか?

2014/02/26経済・社会政策部 片岡剛士今年の2月20日に財務省から発表された2014年1月分の貿易統計(速報値)は、季節調整を行わない原数値で、輸出額は5兆2,528億円、輸入額は8兆428億円となり、差額である貿易収支は2兆7,900億円の赤字となった。輸出額・輸入額ともに前年比でそれぞれ9.5%増、25%増であるものの、貿易収支の赤字となったのは19カ月連続。かつ1カ月の貿易赤字として初めて2兆円を超える状況となっている。貿易収支赤字の拡大は、貿易収支、サービス収支、所得収支、経常移

2014年2月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

ASEANの最低賃金引き上げがもたらす不安

リサーチ TODAY2014 年 2 月 18 日ASEANの最低賃金引き上げがもたらす不安常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創近年、日本企業の進出・投資が増加しているASEANのなかで、タイ、インドネシア、ベトナムの3カ国では、労働コスト上昇が日本企業の経営問題として重みを増している。その背景には、選挙戦における低所得者票の取り込みや労働組合による政治的圧力の強まりなどのなかで、各国政府が最低賃金の大幅な引き上げに踏み切っていることがある。みずほ総合研究所は最低賃金引き上げについて、「A

2014年2月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

国際収支(2013年12月) ~13年度は貿易赤字による下押し継続。14年度以降の推移に注目~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:国際収支(2013年12月)発表日2014年2月10日(月)~13年度は貿易赤字による下押し継続。14年度以降の推移に注目~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524原数値季調値経常収支経常収支(億円)(億円)貿易・サービス収支所得収支貿易収支2013サービス収支1月▲ 3,4844,356▲ 7,805▲ 6,062▲ 1,74311,9232月3月6,49712,831▲ 20

2014年1月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシアの経常収支悪化に歯止めはかかったのか

インドネシアの経常収支悪化に歯止めはかかったのか

Market eyes No.118【オーストラリア『LNG』輸出拡大~『経常収支』黒字転換へ~】

Market eyes No.118【オーストラリア『LNG』輸出拡大~『経常収支』黒字転換へ~】

2014年1月20日内閣府フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシア:通貨安の背景

今週の指標 No.1087 インドネシア:通貨安の背景 ポイント2014年1月20日インドネシアでは、2013年7~9月期の実質経済成長率は前年比5.6%と、2期連続6%の水準を下回っており、景気の拡大テンポは緩やかなものとなっている(図1)。その中、5月下旬にFRBの金融緩和縮小観測が生じて以来、新興国をめぐる国際金融資本市場は大きく変動し、中でもインド及びインドネシアの通貨の下落幅は比較的大きいものとなった(図2)。インドは輸出の回復や金の輸入規制策等が奏功し、通貨安に歯止めがかかり戻す一方

2014年1月14日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

新興国経済を見るうえでどうして政治が重要なのか

リサーチ TODAY2014 年 1 月 14 日新興国経済を見るうえでどうして政治が重要なのか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表は世界の経常収支の推移である。一般的に国家の信用状況を分析するソブリン格付けでは経常収支が重視される。2012年、2013年と新興国経済の減速不安が生じたのは、下記の図表に示されるように新興国では経常収支が大幅黒字から赤字に転じ、その結果、国内を緊縮気味に運営する必要が生じた面が大きい。実際、2013年半ばにかけて新興国でトリプル安になった国々の多く

2014年1月14日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(1月14日~1月17日)

経済指標解説2014 年 1 月 10 日経済調査部エコノミスト主要な経済指標の発表予定と予測中村 拓真(1/14~1/17)takuma.nakamura@mizuho-ri.co.jp【来週の注目材料】※(03-3591-1414)内はみずほ総研予想14日 :11月の経常収支(2,871億円の赤字):12月の景気ウォッチャー調査15日 :12月のマネーストック16日 :11月の機械受注統計(船舶・電力を除く民需)(前月比+3.4%、前年比+10.4%):12月の国内企業物価指数(前月比+0.

2014年1月9日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

昨年の懺悔、最大の見通し違いはユーロだった

リサーチ TODAY2014 年 1 月 9 日昨年の懺悔、最大の見通し違いはユーロだった常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創年初よりTODAYでは、昨年を振り返った上で2014年の展望を行ってきた。本日もその延長線上の第3弾であるが、本日は、この1年で最も見誤ってしまったことへの懺悔である。筆者が1年を振り返り、市場予想で最も見通しを外したのは明らかにユーロであった。ユーロ圏経済は2012年、2013年と年通期での2年連続のマイナス成長にある。2014年はプラスに転じることが展望されるが

経常収支から見たユーロ圏主要国の経済情勢~外需に依存した経済回復には限界~

経常収支から見たユーロ圏主要国の経済情勢~外需に依存した経済回復には限界~

2013年12月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

経常赤字に接近、産業空洞化リスク ~わが国の生産水準はまだピーク比▲15%減~

Economic Trends経常赤字に接近、産業空洞化リスク~ わが国の生産水準はまだピーク比▲15%減~経済関連レポート発表日:2013年12月11日(水)第一生命経済研究所 経済調査部 担当 熊野英生(℡:03-5221-5223) 経常収支が 2 か月連続で赤字になったのは初めてである。経常収支には、円安によって輸出数量が増 える J カーブ効果が鈍く、経常黒字に戻りにくくなっている。背景は、原油・LNG の燃料輸入増がある が、電気機械、一般機械では産業空洞化が進み、製品供給を海外に依

2013年12月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

国際収支(2013年10月) ~季節調整済経常収支が2ヶ月連続の赤字に~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:国際収支(2013年10月)発表日2013年12月9日(月)~季節調整済経常収支が2ヶ月連続の赤字に~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 星野 卓也TEL:03-5221-4526原数値季調値経常収支(億円)経常収支(億円)貿易・サービス収支所得収支貿易収支20122013サービス収支7月8月6,6254,4483,6026,559▲ 7,558▲ 4,984▲ 4,936▲ 2,590▲ 2,622▲ 2,3941

2013年11月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

国際収支(2013年9月) ~季節調整済経常収支が赤字に~

国際収支(2013年9月) ~季節調整済経常収支が赤字に~

観光業に目を向けよう ~財政危機緩和の一翼を担うかも?

観光業に目を向けよう ~財政危機緩和の一翼を担うかも? | ニッセイ基礎研究所 観光業に目を向けよう ~財政危機緩和の一翼を担うかも? 谷本 忠和基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014年度税制改正要望に、国土交通省から「外国旅行者向け消費税免税制度に係る対象品目の拡大等及び手続きの簡素化」が盛り込まれました。免税品を増やし世界の観光需要を取り込むことにより、

国際収支(1)

http://www.nochuri.co.jp/連載新興国ウォッチ! <第 17 回>国 際 収 支 (1)多田国際収支から新興国をみる忠義終的にファイナンスされるため、経常赤字であることをもって、ファンダメンタ国際収支(Balance of Payments; BoP)ルズが弱いと評価するのは早計である。は、ある一定期間(例えば年単位)、自国の居住者(個人や企業、政府)が外国の中国の経済成長が高成長から中成長へ居住者との間で行われた様々な取引のうシフトしたことによりモノやお金のフロち、モノや

2013年10月4日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

アジアに停滞感、QE3縮小の資金不安残存

リサーチ TODAY2013 年 10 月 4 日アジアに停滞感、QE3縮小の資金不安残存常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創先月、みずほ総合研究所は『みずほアジア・オセアニア経済情報』(2013年10月号)1を発表した。今回、中国を中心にアジア地域全般に6月の見通しからの下方改訂を行った。2013年4~6月期のアジア経済を振り返ると、成長率はみずほ総合研究所が見込んでいたほどの水準には達せず、全体に停滞感が強かった。その背景には、中国で在庫調整が発生したことに伴い対中輸出が伸び悩んだこと

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ