調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 経常収支赤字

「経常収支赤字」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年10月13日国際通貨研究所フィードバック数:0社会/政治海外

金融危機後の米国の縮小する経常収支赤字と対外純負債急膨張のパラドックス~対外投資リターン格差の優位、変調か持続か~

金融危機後の米国の縮小する経常収支赤字と対外純負債急膨張のパラドックス~対外投資リターン格差の優位、変調か持続か~

2014年9月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシア金融市場はファンダメンタルズに回帰

リサーチ TODAY2014 年 9 月 22 日インドネシア金融市場はファンダメンタルズに回帰常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創インドネシアでは、7月9日に大統領選挙が実施され、同月22日に選挙管理委員会はジョコ氏が53%の得票率で勝利したと発表した。対立候補であったプラボウォ氏が同月25日に憲法裁判所に対して異議申し立てを行ったが、8月21日に退けられ、ジョコ氏の当選が確定している。選挙キャンペーン中から政治情勢をテーマに変動してきた市場は、改革派とされるジョコ氏の勝利を好感し、下記

2014年9月18日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:消費者物価(8月)、経常収支赤字(第2四半期)

BTMU Focus USA Diary:消費者物価(8月)、経常収支赤字(第2四半期)

2014年5月16日日本総研フィードバック数:0社会/政治

経常収支赤字転化に伴うマネーフローの変化-米国では、長期金利>名目成長率が常態化するものの、劇的な変化はなし

経常収支赤字転化に伴うマネーフローの変化-米国では、長期金利>名目成長率が常態化するものの、劇的な変化はなし

2014年5月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2014年5月)ウクライナ危機と中国リスクをどう見るか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 新興国マンスリー(2014年5月)ウクライナ危機と中国リスクをどう見るか~新興国の経常収支は中期的に改善の方向~ ◆短期的なアップダウンはさておき、グローバルなリスク許容度は好転の方向にあり、新興国を取り巻く外部環境は改善している。多くの国で見られ始めている経常収支赤字の縮小は、中期的なトレンドとなる可能性が高い。緊縮財政等を背景とする欧米の経常収支黒字化(赤字縮小)の圧力が緩和しつつあるからだ。◆ウ

2014年3月31日日本総研フィードバック数:0社会/政治

経常収支赤字化圧力にどう対処すべきか

経常収支赤字化圧力にどう対処すべきか

2014年3月20日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:経常収支赤字(第4四半期)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報March 19, 2014【米国経済指標】経常収支赤字(第 4 四半期):811.2 億ドル、前月比▲152.5 億ドル、同▲15.8%縮小2013 年第 4 四半期の経常収支赤字は前期比▲経常収支の推移152.5 億ドル、同▲15.8%の 811.2 億ドルと 3 四(億ドル)0半期連続で縮小。事前の市場予想(

2013年12月18日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:消費者物価(11月)、経常収支赤字(第3四半期)

BTMU Focus USA Diary:消費者物価(11月)、経常収支赤字(第3四半期)

2013年6月17日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:生産者物価(5月)、鉱工業生産(5月)、経常収支赤字(2013年第1四半期)

BTMU Focus USA Diary:生産者物価(5月)、鉱工業生産(5月)、経常収支赤字(2013年第1四半期)

2013年5月16日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治海外

インドネシア経済に変調の兆し~背景には投資不足による供給制約の問題~

みずほインサイトアジア2013 年 5 月 16 日インドネシア経済に変調の兆しアジア調査部主任研究員背景には投資不足による供給制約の問題03-3591-1427菊池しのぶshinobu.kikuchi@mizuho-ri.co.jp○ 2007年以降、インドネシア経済は概ね安定成長を維持してきたが、ここ数年は、①輸出の減速による経常収支の赤字、②インフレ率の上昇など、変調の兆しがみられる。○ この背景には、需要と供給の均衡が崩れ始めたこと、すなわち個人消費の加速に、生産能力を増強するための投資

2012年10月1日総務省フィードバック数:10ライフスタイル

公立病院改革プラン実施状況等の調査結果

報道資料公立病院改革プラン実施状況等の調査結果<ポイント>○ 平成23年度は、改革プランのうち、経営の効率化に係る計画は、大半の病院において実質最終年度。○ 5割以上(53.0%)の病院が経常収支の黒字化を達成(特定被災地方公共団体が経営している病院を除くと54.2%(プラン策定前の平成20年度 30.2%))。○ 一方で、9割以上(91.2%)の病院が自ら設定した経常収支比率等の数値目標の全て又はいずれか達成できていない状況。 【概要】1.公立病院改革プランの実施状況等(調査対象:プラン策定8

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ