「経済予測」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

ミャンマーとカンボジアにおけるCQM構築の可能性調査(2014年度)

この研究成果の研究プロジェクト研究プロジェクト日米の超短期経済予測 [ 2014年度/アジア太平洋地域の経済成長と発展形態 ]Abstract/Keywords景気転換点、超短期予測、数値、トレンドリサーチリーダー 主席研究員 熊坂侑三 ITeconomy CEO 研究目的 日米の超短期予測の精度をより高め、今四半期・次四半期の経済動向を他のエコノミストができない「数値」と「トレンド」で常に語ることを目的とする。 研究内容 日米の超短期予測を週次ベースで実施する。超短期予測による簡潔でタイムリー

スイス中銀の通貨・金融政策を擁護する―為替相場の上限設定・撤廃はスイスに適切な判断―

経済百葉箱 第80号日本経済研究センター経済予測班では、経済予測・分析の中で見えたトピックスに焦点を絞ったリポート、「経済百葉箱」を創刊します。経済はしばしば気象にたとえられますが、「百葉箱」はご存知のように、気温や湿度を正確に測定するための箱であり、「観測」の原点となる存在です。本リポートは随時掲載します。スイス中銀の通貨・金融政策を擁護する ―為替相場の上限設定・撤廃はスイスに適切な判断―赤尾朋子 、<監修>短期予測班主査:竹内 淳 ▼ ポイント ▼ ●2010年春以降、欧州通貨危機が深刻

株式市場の分析です。

手放しで評価できないアベノミクス下の株高―2000年代半ばの上昇局面から、リスク許容度は高まらず―

経済百葉箱 第76号日本経済研究センター経済予測班では、経済予測・分析の中で見えたトピックスに焦点を絞ったリポート、「経済百葉箱」を創刊します。経済はしばしば気象にたとえられますが、「百葉箱」はご存知のように、気温や湿度を正確に測定するための箱であり、「観測」の原点となる存在です。本リポートは随時掲載します。手放しで評価できないアベノミクス下の株高 ―2000年代半ばの上昇局面から、リスク許容度は高まらず―大森浩史 、<監修>短期予測班主査:竹内 淳、副主任研究員:松岡 秀明 ▼ ポイント ▼

賃金についての分析です。

実質賃金伸び悩みの背景に日本特有の要因―米独と比較、著しい交易条件の悪化―

経済百葉箱 第77号日本経済研究センター経済予測班では、経済予測・分析の中で見えたトピックスに焦点を絞ったリポート、「経済百葉箱」を創刊します。経済はしばしば気象にたとえられますが、「百葉箱」はご存知のように、気温や湿度を正確に測定するための箱であり、「観測」の原点となる存在です。本リポートは随時掲載します。実質賃金伸び悩みの背景に日本特有の要因 ―米独と比較、著しい交易条件の悪化―宮嶋宏臣 、井上里菜 、<監修>短期予測班主査:竹内 淳、副主任研究員:松岡 秀明 ▼ ポイント ▼ ●日米独で

景気回復下、失業率の低下余地はあるか―事務職のミスマッチ解消が不可欠に―

経済百葉箱 第79号日本経済研究センター経済予測班では、経済予測・分析の中で見えたトピックスに焦点を絞ったリポート、「経済百葉箱」を創刊します。経済はしばしば気象にたとえられますが、「百葉箱」はご存知のように、気温や湿度を正確に測定するための箱であり、「観測」の原点となる存在です。本リポートは随時掲載します。景気回復下、失業率の低下余地はあるか ―事務職のミスマッチ解消が不可欠に―小川健太郎 、齋藤愛美 、<監修>短期予測班主査:竹内 淳、副主任研究員:松岡 秀明 ▼ ポイント ▼ ●完全失業

日韓の比較です。

韓国輸出産業の強さの源泉を探る―日本は貿易領土競争で出遅れ、交易条件も不利―

経済百葉箱 第78号日本経済研究センター経済予測班では、経済予測・分析の中で見えたトピックスに焦点を絞ったリポート、「経済百葉箱」を創刊します。経済はしばしば気象にたとえられますが、「百葉箱」はご存知のように、気温や湿度を正確に測定するための箱であり、「観測」の原点となる存在です。本リポートは随時掲載します。韓国輸出産業の強さの源泉を探る ―日本は貿易領土競争で出遅れ、交易条件も不利―箕輪智一 、中原悠希 、<監修>短期予測班主査:竹内 淳、副主任研究員:松岡 秀明 ▼ ポイント ▼ ●200

2015年3月10日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[内外経済見通し]2014・15・16年度 内外経済見通し~世界経済の回復は勢いを欠くも、日米の成長ペース拡大~(2014年10~12月期GDP2次速報後改訂)

2014年10-12月期GDP2次速報後改 訂2014・15・16年度 内外経済見通し~ 世界経済の回復は勢いを欠くも、日米の成長ペース拡大 ~2015.3.9Copyright Mizuho Research Institute Ltd. All Rights Reserved.日本経済 ~ 「トリプルメリット」の追い風、景気は拡大へ○ 2014年10~12月期の実質経済成長率は2次速報で下方修正されたが、在庫投資が大幅に下方修正される一方、個人消費が上方修正されており、中身としては悪くない結

ユーロ圏にとっての原油安、ユーロ安の効果~欧州委員会15年冬季予測の見方~

ユーロ圏にとっての原油安、ユーロ安の効果~欧州委員会15年冬季予測の見方~ | ニッセイ基礎研究所 ユーロ圏にとっての原油安、ユーロ安の効果~欧州委員会15年冬季予測の見方~ 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら EUの欧州委員会は、2月5日に公表した「2015年冬季経済予測」で、15年の実質GDPを前回(11月時点)予測からユー

物価動向です。

価格上昇品目数は増加も、『2%』までは距離―品目別動向から見る消費者物価の行方

経済百葉箱 第74号日本経済研究センター経済予測班では、経済予測・分析の中で見えたトピックスに焦点を絞ったリポート、「経済百葉箱」を創刊します。経済はしばしば気象にたとえられますが、「百葉箱」はご存知のように、気温や湿度を正確に測定するための箱であり、「観測」の原点となる存在です。本リポートは随時掲載します。価格上昇品目数は増加も、「2%」までは距離 ― 品目別動向から見る消費者物価の行方―菊池紘平 、<監修>短期予測班主査:竹内 淳、副主任研究員:田原 健吾 日本銀行が2013年1月に2%の

2014年10月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

内外経済の中期見通しと人口・地域の課題~みずほ総研が描く2020年の世界~

【 緊急リポート 】内外経済の中期見通しと人口・地域の課題∼ みずほ総研が描く2020年の世界 ∼2014.10.2Copyright Mizuho Research Institute Ltd. All Rights Reserved.《構 成》Ⅰ.世界経済(全体概要)P2Ⅱ.日本経済P 15Ⅲ.米国経済P 27Ⅳ.欧州経済P 39Ⅴ.中国経済P 48Ⅵ.新興国・その他P 57Ⅶ.金融市場P 66〔トピックス〕人口・地域の現状・展望・課題P 761Ⅰ.世界経済(全体概要)∼成長率は高まるも、牽

2014年8月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

見通し改訂、年前半は期待外れ、我慢の期間が続く

リサーチ TODAY2014 年 8 月 18 日見通し改訂、年前半は期待外れ、我慢の期間が続く常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創8月15日にみずほ総合研究所は四半期毎に改訂している『内外経済見通し』を発表した1。今年の見通しの変遷を年初から振り返ると昨年より米国のバランスシート調整が終盤に向かったとの認識を、今年2月に更に上方修正した。同時に、ユーロ圏では2年連続の異例なマイナス成長から2014年には前年比で1%のプラス成長に回復するとし、日本は今年4月の消費税引き上げに伴う一時的な景

電気機器に見る日本の貿易構造の変化―円高修正でも輸入超過が常態化

経済百葉箱 第71号日本経済研究センター経済予測班では、経済予測・分析の中で見えたトピックスに焦点を絞ったリポート、「経済百葉箱」を創刊します。経済はしばしば気象にたとえられますが、「百葉箱」はご存知のように、気温や湿度を正確に測定するための箱であり、「観測」の原点となる存在です。本リポートは随時掲載します。電気機器に見る日本の貿易構造の変化 ― 円高修正でも輸入超過が常態化 ―小泉俊一郎 、森脇敬介 、高橋えり子 、<監修>短期予測班主査:愛宕 伸康、主任研究員:小野寺 敬 2008年9月の

2013年11月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2013・14年度 内外経済見通し

2013・14年度内外経済見通し2013年11月15日[海外経済]◆米国経済:政府支出の減少が下押し圧力となるが、家計のバランスシート調整が進展し、民間需要は堅調。雇用も順調に拡大2013年:+1.7%(9月予測+1.5%)2014年:+2.3%(9月予測+2.2%)◆欧州経済:財政面からの下押し圧力が緩和してプラス成長に。ただし、南欧諸国の低迷が続き、成長率は2014年も1%を下回る見通し2013年:▲0.4%(9月予測▲0.3%)2014年:+0.9%(9月予測+0.8%)◆アジア経済:緩や

2013年10月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[内外経済見通し]2013~20年度 中期経済見通し

2013~20年度中期経済見通し2013年10月25日【日本経済中期見通しの概要】<2014年度まで>○消費税率引き上げを前にした駆け込み需要が発生する2013年度の実質GDPは+2.9%の高成長。消費税率引き上げの影響で2014年度成長率は+0.9%に低下。コアCPI(生鮮食品を除く総合消費者物価指数)前年比は2013年度+0.6%、2014年度+2.5%(消費税率引き上げの影響を除くと+0.4%)にとどまる見通し。<2015~2020年度>○金融緩和と成長戦略が相乗効果を上げ、設備投資の活性

2013年10月16日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)GDPのナウキャスティング(足もと予測)のための新たな月次推計手法

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 GDPのナウキャスティング(足もと予測)のための新たな月次推計手法:日本への応用例2013年10月15日原尚子*1山根渉太郎*2全文掲載は、英語のみとなっております。要旨本稿では、GDP成長率のナウキャスティング(Nowcasting、足もと予測)に関する新たな手法を提案する。ナウキャスティングとは、速報性に優れるデータを用いて、足もと未公表の指標の動きを予測する手法のことを指す。GDPは、経済情勢を把握するうえで極め

2013年10月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度日米経済見通し 日本 ~13年度は高成長。14年度も景気後退は避けられる~

経済トレンド2013~2015 年度日米経済見通しⅠ.日本経済見通し ~13 年度は高成長。14 年度も景気後退は避けられる~経済調査部 新家 義貴(要旨)○実質GDP成長率の見通しは、2013 年度が+2.9%(6月時点予測:+2.9%)、2014 年度が+0.9%(同:+0.4%)、2015 年度が+1.1%である(同:+1.2%)。今回予測から、14 年、15 年にそれぞれ5兆円規模(うち公共投資3兆円)の補正予算が策定されるとの想定を置いたことから、14 年度の成長率を上方修正した。○1

2013年8月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

入門 欧州経済 第7回

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 EUの行政執行機関である欧州委員会は、定期的に“European Economic Forecast”という経済予測を発表しています。これは、欧州委員会の経済・金融総局(Economic and Financial Affairs; ECFIN)が主にEU、ユーロ圏、EU加盟各国について、実質GDP成長率、インフレ率、失業率などの見通しを示したもので、非常に注目度の高い経済予測となっています。 この記

2013年6月6日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治海外

米国 2013年、2014年、2015年経済予測 ~緩和的な金融政策に支えられGDP成長率は徐々に加速~

米国 2013年、2014年、2015年経済予測 ~緩和的な金融政策に支えられGDP成長率は徐々に加速~

2013年5月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

四半期見通し改訂、日米上方・新興国下方修正

リサーチ TODAY2013 年 5 月 20 日四半期見通し改訂、日米上方・新興国下方修正常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創先週、17日にみずほ総合研究所は定例の四半期毎の『内外経済見通し』を発表した1。今回の見通しは、米国や日本経済を中心に前回3月に行った上方修正に沿ったものである。前回はみずほ総合研究所として、ここ数年来のシナリオを大きく転換した。そのポイントとなったのは米国のバランスシート調整が終盤に向かったとの認識だった。今回も、米国についてはその後の改善を受けて更なる上方修正

2013年5月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2013・14年度 内外経済見通し

2013・14年度内外経済見通し2013年5月17日2013年1~3月期GDP統計1次速報の公表などを受け、みずほ総合研究所は2013・14年度の内外経済見通しを作成しました。各国・地域の成長率予測の概要は以下の通りです。[海外経済]◆米国経済:政府支出の減少が下押し圧力となるが、住宅市場の回復とともに家計のバランスシート調整が進展し、民間需要は堅調2013年:+1.6%(3月予測+1.4%)2014年:+2.2%(3月予測+2.0%)◆欧州経済:景気回復が遅れ、2013年の成長率見通しは下振れ

米国経済(週次)予測(2013年3月8日)

No. 38CQM(超短期経済予測モデル)米国経済(週次)予測(2013 年 3 月 8 日)熊坂侑三(APIR リサーチリーダー,ITエコノミーCEO)内容に関するお問い合わせは下記までe-mail:kumasaka@iteconomy.comポイント実質アグリゲート指標成長率2013Q1 (%,前期比年率換算)平均(GDP)4.0支出サイド所得サイド3.02.502.242.01.981.00.010/2911/211/911/1511/2311/3012/712/1412/211/41/1

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ