「経済制裁」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年2月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ロシア中銀、予想外の利下げで何処に向かうのか ~先月のS&P社に続いて格下げの動きが広がるリスクも~

1/3World Trendsマクロ経済分析レポートロシア中銀、予想外の利下げで何処に向かうのか~先月のS&P社に続いて格下げの動きが広がるリスクも~発表日:2015年2月2日(月)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) ロシア中銀は先月30日の定例会合で200bpの利下げを決定した。同行は昨年12月にルーブル安によるインフレを阻止すべく『通貨防衛』の観点から大幅利上げに追い込まれた。足下のインフレ率は依然10%超の高水準にあるが、同行

2015年1月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

「ロシアリスク」を意識せざるを得ない状況に ~主要2社が『投資適格』最下限とするなか、局面打開の道のりは一段と険しく~

1/3World Trendsマクロ経済分析レポート「ロシアリスク」を意識せざるを得ない状況に~主要2社が『投資適格』最下限とするなか、局面打開の道のりは一段と険しく~発表日:2015年1月13日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 9日、格付機関のフィッチ社がロシアの長期信用格付の格下げを発表。同国の格付は『投資適格』の最下限となるが、追加格下げに含みを持たせた。原油安と欧米の経済制裁で海外資金へのアクセスが低下するなか、ロシ

2014年12月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ロシア 事実上の「資本規制」でルーブル安阻止へ ~ロシア政府は『長期戦』で国際金融市場と対峙する模様~

1/3World Trendsロシア 事実上の「資本規制」でルーブル安阻止へ~ロシア政府は『長期戦』で国際金融市場と対峙する模様~ (要旨)マクロ経済分析レポート発表日:2014年12月24日(水) 第一生命経済研究所 経済調査部 担当 主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522) 原油安による景気への懸念からルーブル安圧力が高まる傾向が続き、今月中旬には中銀が大幅利上げに踏 み切るもルーブル相場がパニック状態に見舞われるに至った。これは、海外資金の逃避や富裕層による資 金流出の動き

ロシア・ルーブルの下落について

ロシア・ルーブルの下落について<ロシア・ルーブル下落の背景>2014年12月16日ロシア・ルーブルは、ウクライナ情勢に収束の兆しが見えないことや欧米の経済制裁による国内経済への悪影 響が懸念されて年初より軟調な推移が続いてきました。加えて、足元では主要輸出品である原油の価格下落が ロシア・ルーブルの下落に拍車をかけています。 原油価格は、中国の成長鈍化や欧州経済の停滞などの需要の減少に加えて、シェール革命による増産を受 けた供給増加により低下基調となっていました。11月末に行われたOPEC(石油

ロシア:米とEUによる対露経済制裁とその影響

ロシア:米とEUによる対露経済制裁とその影響

2014年8月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 4-6月期の失速は一時的

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 4-6月期の失速は一時的リスクシナリオはロシアとの経済制裁の応酬合戦 ◆ユーロ圏の4-6月期成長率は前期比横ばいで、過去1年続いた景気持ち直しの動きが中断してしまった。加盟国別ではドイツが同-0.2%と予想以上に落ち込んだことが目を引く。輸出が伸び悩み、投資が縮小したことが原因とされる。◆ドイツ経済は7-9月期は持ち直すと予想するが、最近の製造業受注や企業景況感などの景気先行指標は軟調

2014年4月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ロシア、格下げでますます袋小路に追い込まれる ~大量の資金流出が続くなか、格下げは実体経済の下振れを招くことになろう~

1/1World Trendsマクロ経済分析レポートロシア、格下げでますます袋小路に追い込まれる~大量の資金流出が続くなか、格下げは実体経済の下振れを招くことになろう~発表日:2014年4月25日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) ウクライナ情勢の悪化を受けてロシア経済は厳しさを増している。先月には欧米が経済制裁を決定し、25日には米格付機関の格下げにより「投資適格」で最低水準となる。資金流出圧力が強まるなかでの資金調達環境悪

2013年2月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

全解説ミャンマー経済

リサーチ TODAY2013 年 2 月 25 日「全解説ミャンマー経済」常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創「ミャンマーと日本の時差は2時間半だが、ミャンマーに着いたら時計の針を50年前に戻してください。」これは我々の同僚が地場の経営者から聞いた話である。みずほ総合研究所ではミャンマーに関する綿密な現地調査を積み重ね、その成果を盛り込む形で『全解説ミャンマー経済』と題する書籍を今年2月に発表した。タイトルが示す通りミャンマー経済に関する全面的な解説を行ったもので、類書は存在しないだろう。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ