調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 経済学研究科

「経済学研究科」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年3月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

史上最低金利と債券の期待リターンを考える

史上最低金利と債券の期待リターンを考える | ニッセイ基礎研究所 史上最低金利と債券の期待リターンを考える 名古屋市立大学大学院 経済学研究科 臼杵 政治基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 債券金利が史上最低の水準にある中、債券の期待リターンをどう設定するか。ここではLeibowitzらの論考を参考に、現在の金利水準をスタートポイントとして、金利上昇の程度、投資期

2014年9月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

「水からワイン」:リバランスボーナスを理解する

「水からワイン」:リバランスボーナスを理解する | ニッセイ基礎研究所 「水からワイン」:リバランスボーナスを理解する 名古屋市立大学大学院 経済学研究科 臼杵 政治基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 資産のリバランスには、リスクとリターンを最適な状況に保つだけでなく、リバランスボーナスを獲得し、平均リターンを高める効果がある。昨今注目を浴びている、株式のスマート

2013年9月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

株式投資とインフレ

株式投資とインフレ 名古屋市立大学大学院 経済学研究科 臼杵 政治基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 政府の掲げる2%、あるいはそれ以上のインフレが起こった際、株式投資はインフレリスクをヘッジできるのか。日米のデータをみると、それは難しい。株式投資のメリットは長期的にインフレ率以上のリターンを上げ、購買力を維持する点にあると考えるべきであろう。 名古屋市立大学

2013年6月9日内閣府フィードバック数:4社会/政治

予期された所得変化に消費は反応するか?-公的年金の支給開始を事例とする分析-

現在のページ: »»» ESRI Discussion Paper Series No.298 予期された所得変化に消費は反応するか?-公的年金の支給開始を事例とする分析- 予期された所得変化に消費は反応するか?-公的年金の支給開始を事例とする分析-濱秋 純哉一橋大学大学院経済学研究科講師、内閣府経済社会総合研究所客員研究員要旨本稿では,公的年金の支給開始による世帯所得の増加に消費が反応しているかを分析する。公的年金の支給開始のタイミングは年金の受給者に正確に予想されていると考えられるため,世

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ