「経済成長」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年7月30日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

東アジア化粧品市場に関する調査結果 2015

2015年07月30日 東アジア化粧品市場に関する調査結果2015 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて東アジア4ヶ国・地域(韓国、台湾、中国、香港)の化粧品市場の調査を実施した。1.調査期間:2015年2月~6月2.調査対象:化粧品メーカー、小売店、政府関連部門等3.調査方法:当社専門研究員による直接面接調査、電話および店頭調査資料調査結果サマリー◆2014年の東アジア化粧品市場は前年比106.2%の4兆126億3,000万円東アジア4ヶ国・地域(韓国、台湾、中国、香港)の化粧品市場

2015年6月18日大和総研★フィードバック数:0キャリアとスキル

今後の労働力についてのレポートです。

経済成長に必要な労働力の増加とは

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 経済成長に必要な労働力の増加とは人口減少の中で求められる生産性向上 第1回 ◆少子高齢化が進展し、人口が減少する中で、労働力人口の減少と労働力不足は、依然、同じように議論されている傾向がみられる。◆日本の経済成長(あるいは潜在経済成長率)の低下は、主に労働投入量(就業者数×就業時間)が減少してきた(していく)からと考えられている。政府は更なる高齢者の活躍、女性の労働市場への参加等を促すことで、労働力人

2015年6月18日経済協力開発機構★フィードバック数:0社会/政治

OECDのレポートです。

金融とインクルーシブな成長(Finance and Inclusive Growth)

金融セクターはインクルーシブな成長を推進すべき2015年6月17日最新のOECD研究によると、現代経済でキーとなる要素は金融ですが、金融活動が多すぎても経済成長を阻み所得格差を悪化させます。最新のOECDレポート「金融とインクルーシブな成長(Finance and Inclusive Growth)」は、異なる種類の金融が今後一層の拡大を続けた場合に経済活動や不平等に与える様々な影響を、過去50年のデータを基に分析したものです。キャサリン・マンOECDチーフ・エコノミストは、ロンドンで本研究を発

2015年6月9日ニッセイ基礎研究所★フィードバック数:0社会/政治

人口と経済成長の関連です。

人口減少未来における成長視点-世界の高齢者市場を射程に入れたイノベーション-

人口減少未来における成長視点-世界の高齢者市場を射程に入れたイノベーション- | ニッセイ基礎研究所 人口減少未来における成長視点-世界の高齢者市場を射程に入れたイノベーション- 生活研究部 主任研究員 前田 展弘基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日本の人口は2008年(1億2808万人)をピークに減少局面に入った。市場を支える産業界(企業)の立場からこの局面を

2015年6月9日経済産業省★フィードバック数:0社会/政治

経済や社会環境についての課題調査です。

平成26年度総合調査研究(経済・金融・社会環境等の中長期的な世界的潮流と我が国が直面する課題)報告書

経済産業省委託調査平成26年度総合調査研究(経済・金融・社会環境等の中長期的な世界的潮流と我が国が直面する課題)報告書2015 年 3 月目次1. 本業務の目的と方法 ........................................................................................................... 11.1 本業務の目的 ..............................................

2015年5月21日日本総研★フィードバック数:0社会/政治

東京と地方についてのレポートです。

【特集 地方と東京の創生に向けて-これからの「まち・ひと・しごと」を考える】東京一極集中と経済成長

【特集 地方と東京の創生に向けて-これからの「まち・ひと・しごと」を考える】東京一極集中と経済成長

最近のインド株式市場の動向と今後の見通し

最近のインド株式市場の動向と今後の見通し2015年5月1日<市場動向〜モディ政権への期待をいったん織り込み>インド株式市場は、2014年5月の総選挙を前にモディ政権発足への期待から上昇局面に入りました。総選挙後も、モディ新首相が期待通りに成長重視の経済政策を打ち出したこと、原油価格の低下による貿易収支の改善とインフレ沈静化、それを受けたRBI(インド準備銀行)による緩和的な金融政策への期待などにより2014年末までは上昇を継続しました。しかし、2015年に入るとインド株式市場は横ばい状態になり、

2015年4月7日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

プロダクト・イノベーションと経済成長 PartⅣ:高齢化社会における需要の変化

ノンテクニカルサマリー プロダクト・イノベーションと経済成長 PartⅣ:高齢化社会における需要の変化吉川 洋 (ファカルティフェロー) 安藤 浩一 (中央大学) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 新

2015年4月5日自治総合センターフィードバック数:0社会/政治

地方分権に関する基本問題についての調査研究会報告書(座長:神野直彦)

はしがき第1次・第2次地方分権改革では、国と地方の関係を対等・協力の関係に変えるという理念の下、国の制度改革の結果として地方の自主自立性が高まるなど、地方分権の基盤が構築されてきた。地方公共団体に対する義務付け・枠付け等の見直しについては、平成25年6月に「第3次一括法」が成立し、国から地方への事務・権限の移譲等についても、平成26年5月に「第4次一括法」が成立した。また、平成26年6月には、地方分権改革有識者会議において、地方分権改革の具体的な改革の目指すべき方向等について、「個性を活かし自立

2015年3月31日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

プロダクト・イノベーションと経済成長 PartⅣ:高齢化社会における需要の変化

プロダクト・イノベーションと経済成長 PartⅣ:高齢化社会における需要の変化吉川 洋(ファカルティフェロー) /安藤 浩一(中央大学) 概要プロダクト・イノベーションこそが先進国の経済成長を生み出す究極の要因である、というわれわれの基本命題をさまざまな面から検討する。出発点となるのは、既存のモノ・サービスに対する需要は必ず飽和するという事実である。第1に、このことを実証した従来の研究をサーベイする。第2に、内生的経済成長理論がプロダクト・イノベーションをモデル化しているにもかかわらず、全

2015年3月31日EY Japanフィードバック数:0社会/政治

シリーズ:個人消費の論点(10) (最終回)~消費主導の経済成長の実現を

シリーズ:個人消費の論点⑩ (最終回)~消費主導の経済成長の実現を ※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。 消費税率引き上げ後に低迷した個人消費を回復させることは、日本経済の成長力を高める要件の一つだ。実質賃金の上昇を伴う購買力の回復が、個人消費の回復につながる。そのための賃上げを広げるためには、企業の将来見通しの改善が欠かせず、潜在成長率の向上がその前提条件だ。もちろん、財政政策や金融政策に比べれば、成長戦略の成果が出るま

2015年3月28日経済協力開発機構フィードバック数:0社会/政治海外

OECDインドネシア経済審査

Tokyo Centre › ニュースルーム › OECDによると、持続可能で包括的な成長を確保すべく、インドネシアは改革加速化と人材への投資をすべきOECDによると、持続可能で包括的な成長を確保すべく、インドネシアは改革加速化と人材への投資をすべき2015年3月25日, パリインドネシア経済は、過去15年間ほど、強く安定した成長を遂げました。その結果、大幅な貧困削減や生活水準の向上につながりました。しかし、最新のOECDインドネシア経済審査によると、より高所得な経済に移行するには、多くの課題が

消費市場の拡大により更なる経済成長が期待できるアジア

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年3月18日消費市場の拡大により更なる経済成長が期待できるアジア  高い経済成長を続けるアジア(日本を除く、以下同様)では、全体的な所得水準の向上などに伴ない、中間所得層や富裕層が拡大しています。アジア主要国*の中間所得層および富裕層の推移を見ると、2000年から2030年にかけて、中間所得層は約7.7億人から約3.4倍の約25.8億人に、富裕層は約6,700万人から約7.5倍の約5.0億人に増加すると予想されています。 一般的に

2015年3月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

移民とユーロ圏の経済・政治情勢~経済成長の底上げ期待の一方で政治面では懸念材料に~

移民とユーロ圏の経済・政治情勢~経済成長の底上げ期待の一方で政治面では懸念材料に~

ベトナム経済の現状と今後の展望~ 高成長よりも不均衡・非効率の解消が必要なベトナム経済 ~

ベトナム経済の現状と今後の展望~ 高成長よりも不均衡・非効率の解消が必要なベトナム経済 ~ ○ベトナム経済は、中国経済と並んで、アジアでも群を抜く高成長と安定性を示してきた。これを可能にした政策面の要因として、外資導入による工業化を軸とした成長路線と、短期資本移動・為替取引の規制によって海外金融市場から国内経済への直接的な影響を遮断したという2点が重要であった。○近年のベトナムの経済成長率は、WTO加盟(2007年)直後のブーム期よりも低下している。これは、ベトナム政府が2010年以降、不動産バ

炬燵と床暖房で考える法人実効税率-日本全体を暖める方法は何か?

炬燵と床暖房で考える法人実効税率-日本全体を暖める方法は何か? | ニッセイ基礎研究所 炬燵と床暖房で考える法人実効税率-日本全体を暖める方法は何か? 新美 隆宏基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 朝夕の冷え込みは続いているが、寒さは峠を越えたのではないだろうか。街を歩けば、花粉症と思しきマスク姿が増えてきている(筆者もその一人である)。関東地方にも雪が舞った今月

2015年2月11日経済協力開発機構★フィードバック数:0社会/政治

OECDのレポートです。

成長へ向けて 2015年版

OECDによると、野心的な改革が強固かつ包括的な成長への道を創りだす2015年2月9日, イスタンブール最新のOECD報告書「成長へ向けて 2015年版」によると、広範な政策分野を網羅する包括的な改革政策を実施できる明確かつ計画的な行動こそが、脆弱な需要を活性化する機会を政府に提供し、健全な経済成長を回復させ、雇用を生み出し、その利益が社会全体に分配されることを確実にできます。本報告書は、各国の2013年以降の改革ペースを審査・比較し、より包括的な成長を回復するために必要な新たな優先事項を特定し

2015年1月20日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

日本の名目GDPとマネーサプライから見えること

新春特別コラム:2015年の日本経済を読む 日本の名目GDPとマネーサプライから見えること乖離が大きい日本の名目GDPとマネーサプライ2012年央以降の日本経済は、アベノミクスもあって回復してきた。足元、景気は減速しているが、追加金融経済対策、円安株高に加えて原油価格安もあり、ふたたび景気は上向きになると見込まれる。ここで注目されるのが日銀の量的金融緩和策である。物価目標2%達成に向けて、年間の国債購入額80兆円を目途とする量的金融緩和が実施されており、長期金利が過去最低の0.2%台を記録する動

2014年12月9日経済協力開発機構フィードバック数:0社会/政治

所得格差は経済成長を損なう

OECDによると、所得格差は経済成長を損なう2014年12月9日最新のOECD分析によると、所得格差を是正すれば、経済成長は活性化されるでしょう。所得格差の縮小している国は所得格差が拡大している国より速く成長すると分析しています。成長にとって最大の問題は、下位中間層及び貧困世帯とそれ以外の社会層との格差が拡大していることです。重要なのは教育で、格差が成長を損なう主な要因は貧困層の教育投資不足です。アンヘル・グリアOECD事務総長は「この説得力あるデータは、大きく、さらに拡大しつつある格差問題に取

2014年12月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気はようやく上向くのか ~政策選択の楽観にはご注意~

Economic Trends経済関連レポート景気はようやく上向くのか発表日:2014年11月28日(金)~政策選択の楽観にはご注意~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)10 月の鉱工業生産指数が 2 か月連続で上昇した。生産予測指数に基づくと、11・12 月も生産拡大は続く公算である。仮に、2014 年 2~8 月が景気後退局面になっていたとしても、2014 年 9 月以降は後退局面を抜け出すという展開になると期待できる。一方、7~9 月の実質 GDP

2014年11月20日JETROフィードバック数:0社会/政治海外

【トルコ】新政権下で成長は鈍化

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 【トルコ】新政権下で

2014年11月12日経済協力開発機構★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

OECDのレポートです。

東南アジアのグリーン成長

OECDによると、東南アジアはより環境に配慮した成長モデルへの転換が必要2014年11月11日、OECDインドネシア・ジョグジャカルタ 発東南アジアでは、経済成長の実現のために石油、ガス、鉱物、木材などの天然資源に過度に依存しています。この度OECDが発表した「東南アジアのグリーン成長」によると、こうした状況は環境破壊を引き起こしているだけでなく、将来的に見ても持続不可能であり、適切な対策が打たれない限り、今後の成長に悪影響を及ぼすことになります。本報告書によると、東南アジアでは天然資源からもた

【台湾7-9月期GDP】前年同期比+3.8%~輸出主導の経済成長が継続~

【台湾7-9月期GDP】前年同期比+3.8%~輸出主導の経済成長が継続~ | ニッセイ基礎研究所 【台湾7-9月期GDP】前年同期比+3.8%~輸出主導の経済成長が継続~ 経済研究部 研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 台湾の行政院主計総処(DGBAS)は10月31日、2014年7-9月期の実質域内総生産(GDP)の速報値を公表した。成長率は前年同

2014年10月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国 意外な輸入の伸びとその実態 ~内需の弱さは変わらず、外需が景気を押し上げる姿は変わらず~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート中国 意外な輸入の伸びとその実態~内需の弱さは変わらず、外需が景気を押し上げる姿は変わらず~発表日:2014年10月14日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 足下の米国を中心とする世界経済の底入れは外需を通じ、中国景気にプラスの効果を与えている。他方、中国国内では金融市場のリスクを抱えるなか、共産党・政府による構造改革推進への取り組みや綱紀粛正策などは内需の足かせとなっている。

2014年9月18日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

大和総研のレポートです。

我が国の対外資産・負債残高からみえる現状と課題

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 我が国の対外資産・負債残高からみえる現状と課題直接投資の動向は我が国の将来の経済成長を見極める上で重要な鍵 ◆我が国は世界第一位の純資産国(債権国)といわれている。しかし、その対外資産・負債の現状をみると、必ずしも前向きに評価することはできない。本稿では、我が国の対外資産・負債の現状と、そこからみえる主な課題について取り上げることとする。◆2013年末時点の対外純資産は、外貨建て資産が円安により円評価

2014年8月22日経済産業研究所★フィードバック数:0社会/政治

通商白書についてのセミナー資料です。

2014年版通商白書について

2014年版通商白書について清水 幹治 (経済産業省通商政策局企画調査室長) 本白書では、経済の安定的な成長のためには構造改革や成長戦略の重要性が増しているとの認識のもと、各国の政策動向について分析を行うとともに、我が国の成長戦略としての国際展開戦略の重要性を指摘しています。 議事録はじめに通商白書は、我が国の対外経済政策に関する年次報告書として昭和24年から毎年発行しており、本年で66回目となります。「いまだ占領下にあった昭和24年。焼け野原を前に、戦後最初の通商白書はこう訴えました。

2014年8月17日東洋経済新報社★フィードバック数:0ビジネス

港区と千代田区がトップ2です。

外資系企業・本社所在地ランキング

外資が好きな都市、見捨てた都市は?最新版「外資系企業・本社所在地ランキング」 東京・港区の中で、外資系企業に一番人気のビルは、結局は六本木ヒルズ。アップルやゴールドマン・サックスなどが名を連ねる(撮影:梅谷秀司) 外資の立地は25年前と比べ、どう変わったのか日本の経済成長にとって、かかせない存在である外資系企業。政府の成長戦略にも、現在20兆円を下回ったままの対内直接投資残高を、2020年までに35兆円に拡大する目標が盛り込まれている。なぜ経済成長に外資が必要なのか。国家戦略としては、生産性

2014年7月2日日本総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済の局面変化と経済政策運営の課題-低下した経済成長の天井の下で求められる政策目標見直しと重点施策

日本経済の局面変化と経済政策運営の課題-低下した経済成長の天井の下で求められる政策目標見直しと重点施策

2014年4月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

外需主導で景気回復を遂げるマレーシアの死角 ~「中所得国の罠」のリスク回避に向け、外資開放など大胆な取り組みが不可欠~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート外需主導で景気回復を遂げるマレーシアの死角~「中所得国の罠」のリスク回避に向け、外資開放など大胆な取り組みが不可欠~ 発表日:2014年4月25日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) ASEANへの注目が集まるなか、インドネシアやタイが躓きをみせる一方、外需依存度が高いマレーシアは先進国の景気回復や通貨安も追い風に回復感を強めている。近年は中国依存を高めており、その景気減速の影響

2014年4月9日土地総合研究所フィードバック数:0社会/政治

中所得国の罠

リサーチ・メモ中所得国の罠2014 年 4 月 3 日■ 中所得国の罠とは 東アジア諸国は今後の世界の経済成長の中心をなす地域であり、 「アジアの世紀」とも呼ばれる中心 的な存在として次第にプレゼンスを高め、各方面からさまざまな期待が寄せられているが、最近、 「中 所得国の罠」 というテーマがしばしば話題になるので、これについて簡単に紹介する。 「中所得国の罠」 とは、世界銀行が 2007 年の「東アジアのルネサンス」という報告書の中で警鐘を鳴らしたことが嚆矢 となって話題にされている経済発展に

2014年4月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

新しい酒は新しい皮袋に-経済成長に求められる変革

新しい酒は新しい皮袋に-経済成長に求められる変革 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 新しい酒は新しい皮袋に-経済成長に求められる変革新しい酒は新しい皮袋に-経済成長に求められる変革 経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日本経済は、失われた20年とも言われる長期低迷を続けて

ラオス経済の現状と今後の展望~ 発展のビッグ・チャンスを迎える内陸国ラオス ~

○インドシナ半島の内陸国ラオスは、国民の大半が自給自足的な農業に従事しており、アジアで最も貧しい国のひとつである。ラオスは、国連から後発開発途上国(LDC)に指定されており、一人当たり名目GDPは1400ドルとASEAN最低レベルである。○ただ、近年のラオスの経済成長はめざましく、足元の経済成長率は8%と、中国にも匹敵する高い伸びである。経済成長の主要な牽引役は鉱山開発や水力発電といった資源関連部門である。また、外国人観光客増加によって、ホテル、飲食、運輸といったサービス部門が拡大したことも、経

2014年3月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済成長は貧困削減に役立つか?(2)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 経済成長は貧困削減に役立つか?(2)-理論と実際- ◆本レポートでは、長らく開発援助の現場およびアカデミクスで議論されてきた、経済成長は貧困削減に役立つのか、成長が所得分配に与える影響をどう考えるのか、そもそも所得格差の是正や貧困削減に資する経済成長とはどのように考えるべきなのかといった問題について、これまでの議論をサーベイ・整理するとともに、特に中国のケースに焦点を充てつつ、実際に経済成長の過程で貧

新しい酒は新しい皮袋に~経済成長に求められる変革~

新しい酒は新しい皮袋に~経済成長に求められる変革~ | ニッセイ基礎研究所 新しい酒は新しい皮袋に~経済成長に求められる変革~ 経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日本経済は、失われた20年とも言われる長期低迷を続けてきたが、状況が大きく変わる兆しも見える。消費者物価は2013年12月には前年同月比1

2014年2月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済成長は貧困削減に役立つか?(1)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 経済成長は貧困削減に役立つか?(1)-理論と実際- ◆本レポートでは、長らく開発援助の現場およびアカデミクスで議論されてきた、経済成長は貧困削減に役立つのか、成長が所得分配に与える影響をどう考えるのか、そもそも所得格差の是正や貧困削減に資する経済成長とはどのように考えるべきなのかといった問題について、これまでの議論をサーベイ・整理するとともに、特に中国のケースに焦点を充てつつ、実際に経済成長の過程で貧

2014年2月2日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

社会構造の変化とユーロ圏のマクロ経済~力強さに乏しい中長期的な経済成長力~

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断海外経済金融社 会 構 造 の変 化 とユーロ圏 のマクロ経 済∼力 強 さに乏 しい中 長 期 的 な経 済 成 長 力 ∼山口 勝義要旨ユーロ圏では生産年齢人口の減少等の社会構造の変化が現れており、これらが経済成長に及ぼす負の影響が懸念される。しかしながら、それを緩和する生産性の改善は十分ではなく、今後中長期的に経済成長力は力強さに乏しい状況にとどまる可能性が考えられる。はじめに図表1 所得の格差(最高所得層20%/最低所得層20%)

2014年1月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、政府の成長率目標達成も景気は「一進一退」 ~世界経済のリスク要因となるなか、成長の「質」重視に向け構造転換は急務~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート中国、政府の成長率目標達成も景気は「一進一退」~世界経済のリスク要因となるなか、成長の「質」重視に向け構造転換は急務~発表日:2014年1月20日(月)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 昨年半ばを底に景気回復の動きが出た中国だが、依然として「一進一退」の状況が続いている。昨年1012月期の実質GDP成長率は前年比+7.7%と前期(同+7.8%)からやや減速し、前期比年率ベースでも減

2014年1月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

2013~2015年度日米経済見通し 米国 ~財政緊縮と緩和的な金融政策により緩やかな経済成長が持続~

2013~2015年度日米経済見通し 米国 ~財政緊縮と緩和的な金融政策により緩やかな経済成長が持続~

2013年12月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 大幅上方改定もQE3縮小を促すほど経済成長は強まっていない(13年7~9月期実質GDP:改定) ~弱い個人消費により実質国内最終需要は前期比年率+1.8%と低成長~

米国 大幅上方改定もQE3縮小を促すほど経済成長は強まっていない(13年7~9月期実質GDP:改定) ~弱い個人消費により実質国内最終需要は前期比年率+1.8%と低成長~

2013年11月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

アベノミクス発進から1年。変わったか ~期待から実績。金融から実体。緩和から増税~

Economic Trends経済関連レポートアベノミクス発進から1年。変わったか発表日:2013年11月14日(木)~期待から実績。金融から実体。緩和から増税~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)筆者の理解では、アベノミクスは 2012 年 11 月 14 日の野田首相の解散発言から始まったとみる。当初は期待先行による円安・株高の影響力に依存していた。2013 年 10 月 1 日以降、アベノミクスの中核は、消費増税のハードルを乗り越えるための政策動員に

2013年11月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、成長モデルの転換が進まない中での三中全会 ~資金動向に新たな疑惑も出る中、透明性向上に金融市場改革は進むか~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート中国、成長モデルの転換が進まない中での三中全会~資金動向に新たな疑惑も出る中、透明性向上に金融市場改革は進むか~発表日:2013年11月11日(月)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 中国景気の底入れ期待が高まっているが、景気拡大の原動力は未だ外需や投資の回復に留まる。米国景気の回復期待や国際金融市場の動揺一服は外需を押し上げる中、固定資本投資も拡大が続く。なお、10月単月では不動産

2013年11月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 在庫の押し上げが大きくヘッドラインの数字ほど経済成長は強まっていない(13年7-9月期実質GDP:速報) ~個人消費、設備投資の鈍化により実質国内最終需要は前期比年率+1.7%にとどまった~

米国 在庫の押し上げが大きくヘッドラインの数字ほど経済成長は強まっていない(13年7-9月期実質GDP:速報) ~個人消費、設備投資の鈍化により実質国内最終需要は前期比年率+1.7%にとどまった~

2013年10月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

東南アジアの行方と日本の関わり方 ~混乱再燃の可能性は残るが、中長期を見据えた関係構築の重要性は不変~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート東南アジアの行方と日本の関わり方~混乱再燃の可能性は残るが、中長期を見据えた関係構築の重要性は不変~発表日:2013年10月24日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 米国のQE3継続を受けて国際金融市場は落ち着きを取り戻し、アジア新興国では混乱が一服している。近年の高成長は海外資金の流入も一因になってきたが、市場の混乱によって資金は流出に転じたことで、景気などへの悪影響が警戒さ

グローバルでの飢餓や栄養失調についてのレポートです。

世界の食料不安の現状 2012年報告

『世界の食料不安の現状 2012年報告:経済成長は飢餓と栄養失調の削減を加速するために必要である―しかしそれだけでは十分ではない』FAOが、国際農業開発基金(IFAD)、世界食糧計画(WFP)と共同で発行した世界の飢餓に関する年次報告書「The State of Food Insecurity in the World (SOFI) 2012」の日本語版。本年度版では、改訂されて改善された方法に基づいて算出された栄養不足の新しい推定値を提示しています。また、「経済成長の役割と栄養」に焦点を当て、

2013年10月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費増税と経済成長両立の処方箋 ~GDP影響度をシミュレーション~

消費増税と経済成長両立の処方箋 ~GDP影響度をシミュレーション~

2013年9月9日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

経済成長の鍵を握る女性の労働力 ~雇用を考える3:育児に加えて介護拡充と働き方の見直しを~

経済成長の鍵を握る女性の労働力 ~雇用を考える3:育児に加えて介護拡充と働き方の見直しを~

2013年9月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

新興国・資源国を取り巻く環境変化 ~世界的なマネーの変化が与える影響と今後の展望~

経済トレンド新興国・資源国を取り巻く環境変化~世界的なマネーの変化が与える影響と今後の展望~経済調査部西濵 徹(要旨)○国際金融市場において米国の量的金融緩和の縮小が意識されて以降、世界的なマネーの動きは大きく変化して新興国経済に悪影響が出る懸念が高まっている。緩和マネーが新興国の景気を押し上げる構図が終わりを迎えつつあるなか、中国経済の減速も重なり、世界経済を取り巻く環境は変化している。特に、新興国や資源国の中には経常赤字を抱える国が少なくなく、近年の景気刺激策によって財政状態が悪化している国

2013年8月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国の構造転換の動向を貿易統計から考察する ~消費主導型経済への転換への道のりは未だ不十分と判断出来る~

1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポート中国の構造転換の動向を貿易統計から考察する~消費主導型経済への転換への道のりは未だ不十分と判断出来る~発表日:2013年8月8日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 7月の貿易統計は予想以上の改善をみせたが、内容は必ずしも楽観視出来るものとはなっていない。輸出の改善は過去数ヶ月に亘り減少基調にあった反動が影響していると思われる。昨年秋からの急増で疑念が高まった香港向けは改善したが

2013年8月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

「資源ブーム後」に挑む豪政府及び準備銀 ~「経済成長のリバランス」へさらなる豪ドル安を目指す可能性が高まる~

「資源ブーム後」に挑む豪政府及び準備銀 ~「経済成長のリバランス」へさらなる豪ドル安を目指す可能性が高まる~

中国保険市場の最新動向(2)32の地域別でみる中国保険マーケット-成長スピードは「西高東低」-

中国保険市場の最新動向(2)32の地域別でみる中国保険マーケット-成長スピードは「西高東低」- | ニッセイ基礎研究所 中国保険市場の最新動向(2)32の地域別でみる中国保険マーケット-成長スピードは「西高東低」- 保険研究部 准主任研究員 片山 ゆき基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国の生保市場は緩やかではあるが、成長のスピードを取り戻しつつある。2011年

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ