調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 経済犯罪実態調査

「経済犯罪実態調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

経済犯罪についてのレポートです。

経済犯罪実態調査 2014 業界別分析版

経済犯罪実態調査 2014(業界別分析版)PwCが実施した「経済犯罪実態調査 2014」を通して、業界・地域ごとに経済犯罪の傾向・特徴が見られることが分かりました。例えば業界ごとの視点であれば、不正行為者の特徴について、ほとんどの業界では組織内の人物による不正行為の割合の方が組織外の人物による不正行為の割合よりも高くなっている一方で、金融業界では組織外の人物が不正行為者であるケースが半数以上と正反対の傾向が見られました。また、贈収賄・賄賂、競争法・独占禁止法違反、マネーローンダリングといった特に

経済犯罪実態調査 2014 日本分析版

経済犯罪実態調査 2014(日本分析版)日本における経済犯罪‐現状と対策‐PwCが実施した「経済犯罪実態調査 2014」を基に日本企業の回答結果(75社)を分析した「経済犯罪実態調査 2014 日本分析版」の結果、経済犯罪の被害にあった日本企業の割合が世界全体(37%)の半分以下の15%であることが分かりました。しかし、この結果だけを見て、日本で起こる経済犯罪が少ないと結論付けるのは早計であり、日本での不正発見率が低い可能性を念頭に置く必要があります。調査回答を分析した結果、日本企業は企業内で起

経済犯罪実態調査 2014(グローバル翻訳版)

経済犯罪実態調査 2014(グローバル翻訳版)経済犯罪‐ビジネスへの脅威‐会計不正、汚職、知的財産の侵害、サイバー犯罪などの経済犯罪は、依然としてあらゆる産業、地域、規模の企業にとって主要な懸念事項であり続けています。このことは、全回答企業の3分の1以上が経済犯罪の被害にあったと報告したことからも明白です。しかし、経済犯罪はそれ自体が脅威というだけでなく、それがもたらす企業への悪影響、つまりあらゆる業務プロセスの中断、従業員のモラルの低下、企業の評判の失墜などが本当の脅威なのです。PwCが行った

経済犯罪実態調査2014日本分析版

プライスウォーターハウスクーパース、企業の不正・汚職などに関する「経済犯罪実態調査 2014 日本分析版」を発表過去2年に犯罪被害ありと回答した日本企業は15%で、世界全体の半分以下しかし、日本企業1社あたりの被害件数・損害額は世界全体を上回る結果にサイバー犯罪発生への日本の警戒意識は世界全体・アジアを凌いで高い2014年03月27日プライスウォーターハウスクーパース株式会社プライスウォーターハウスクーパース株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:椎名 茂)は本日、世界最大級のプロフェッシ

PwCの調査です。

経済犯罪実態調査 2014

PwC、「経済犯罪実態調査 2014」を発表-企業犯罪が世界的に増加し、すべての業種・地域に被害の影響及ぶ調査回答企業の約40%が不正行為の被害に遭い、25%がサイバー犯罪を報告2014年02月24日PwC Japan本プレスリリースは、2014年2月19日にPwCが発表したプレスリリースの翻訳です。2014年2月19日 ニューヨーク - 企業およびその他の組織に対する経済犯罪が世界中で増加しています。PwCが発表した「経済犯罪実態調査 2014」によると、経済犯罪の被害に遭ったと回答した企業・

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ