「経済産業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年6月12日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

「平成28年経済センサス‐活動調査」の結果(速報)

「平成28年経済センサス‐活動調査」の結果(速報)を取りまとめました~我が国の経済活動を把握する「経済の国勢調査」を実施しました~ 経済産業省及び総務省は、我が国の全産業分野の売上(収入)金額や費用等の経理事項を同一時点で網羅的に把握する統計調査として、平成28年6月に実施した「平成28年経済センサス‐活動調査」の速報結果を取りまとめました。本調査は、平成24年経済センサス‐活動調査(*)との比較によって東日本大震災からの復興、平成28年熊本地震の影響等も含めた日本経済の現状を明らかにするとと

2015年6月9日経済産業省フィードバック数:0キャリアとスキル

経済産業行政における組織マネジメントに関する調査

経済産業行政における組織マネジメントに関する調査

2015年4月1日経済産業省フィードバック数:0キャリアとスキル

平成26年度「女性起業家応援プロジェクト」調査報告書

平成26年度「女性起業家応援プロジェクト」調査報告書最終更新日:平成27年4月2日 近畿経済産業局では、多くの女性起業家が活躍し成長することで地域の活性化に貢献することを目的に、関係機関との連携の下に、全国の経済産業局で初めて、女性起業家の成長支援に特化した事業「女性起業家応援プロジェクト」を平成26年度より開始しました。 26年度の取組としては、有識者で構成する調査研究会を設置し、アクションプラン策定(平成27年3月18日公表)に向けた議論を進めるととともに、支援機関アンケート・ヒアリング調査

2015年3月8日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度中小企業等産業公害防止対策調査「廃鉛バッテリー等有害廃棄物の効果的な国内処理方策に関する調査」

平成26年度中小企業等産業公害防止対策調査「廃鉛バッテリー等有害廃棄物の効果的な国内処理方策に関する調査」  九州経済産業局では、廃鉛バッテリーの回収から最終処分とリサイクルの実態の解明を進めるとともに、不法投棄等による鉛等の有害物質の漏えいリスクを低減するための流通プロセスの構築、廃鉛バッテリーの最終処分の方法等の検討を目的として本調査を行いました。今般、その調査報告書を取りまとめましたので、公表します。調査概要 文献調査(鉛バッテリーの市場規模、法規制、コスト調査)アンケート・ヒアリング調査

2015年3月4日国立国会図書館フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

経済産業分野の諸課題―近年の動向と論点―

経済産業分野の諸課題―近年の動向と論点―

2015年2月22日七十七銀行フィードバック数:0社会/政治

白石市の経済産業の現状と今後の成長の方向性

白石市の経済産業の現状と今後の成長の方向性

2014年12月28日経済産業省★フィードバック数:0社会/政治

中部経済産業局のまとめです。

中部経済のポイント2014

「中部経済のポイント2014」 最終更新日:平成26年12月25日概要当局管内5県(富山、石川、岐阜、愛知および三重の5県)の経済の現状、構造、特色等について、各種の統計データを中心に、グラフや図表、簡単なコメントにてわかりやすくまとめたものです。製本版をそのまま印刷していただくほか、素材版の一部を抜き取ってご利用いただくなど、幅広くご活用いただければ幸いです。公表資料中部経済のポイント2014 (平成26年12月25日更新) 次回の公表は、平成27年12月頃の予定です。なお、公表予定は、予告

2014年10月15日経済産業省★フィードバック数:0社会/政治

震災復興についての企業アンケートです。

第4回グループ補助金交付先アンケート調査(平成26年6月実施)

トップページ > 東日本大震災関連情報 > 第4回グループ補助金(中小企業等グループ施設等復旧整備補助金)交付先アンケート調査(平成26年6月実施)の結果について第4回グループ補助金(中小企業等グループ施設等復旧整備補助金)交付先アンケート調査(平成26年6月実施)の結果について2014.10.14 東北経済産業局東北経済産業局では、平成23年度、平成24年度及び平成25年度グループ補助金の東北地域の交付先7,927に対し平成26年6月にアンケートを実施し、5,809(73.3%)から回答があり

2014年8月31日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

平成25年度政策評価調査事業経済産業行政における政策評価及び政策広報手法に関する調査報告書

平成25年度政策評価調査事業経済産業行政における政策評価及び政策広報手法に関する調査報告書

2014年7月1日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済マンスリー 2014年6月(関西)

平成 26 年 6 月 27 日関西経済レポート(6 月)企画部経済調査室(大阪)~想定の範囲内にとどまった消費増税の影響~【足元の経済情勢と当面の見通し】◎関西経済は、「駆け込み需要の反動がみられているが、基調としては緩やかに回復している」(日銀大阪支店)。各種指標は消費増税の影響を受けながらも底堅く推移しており、景気腰折れ懸念は後退しつつあるとみられる。● 生産は、4 月の鉱工業生産指数が前月比+0.7%と 2 ヵ月連続で上昇、前年比では+6.9%となった。在庫率は上昇したが、駆け込み需要の

2014年4月30日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済マンスリー 2014年4月(東海)

平成 26 年(2014 年)4 月 21 日NO.2014-5東海経済の現状と見通し~消費増税を乗り越え、2014 年度も着実に成長~【要旨】(現状)— 東海地域の景気は、基調としては緩やかな回復を続けている。— 輸出は、高水準ながら頭打ち傾向にある。また、生産指数は横ばい圏内で推移していたが、1 月には消費増税前の駆け込み需要などに対応し大幅に上昇。— 個人消費は、駆け込み需要も加わり、3 月までは概ね好調に推移。住宅投資は、2013 年 12 月以降、駆け込み需要の反動減が顕在化。— こう

2014年3月30日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年 (1~12月期) 四国地域工場立地動向調査結果 (速報)

平成25年 (1月〜12月期) 工場立地動向調査結果 (速報) 〜 前年に比べて件数、面積ともに大幅な増加 〜四国経済産業局では、平成25年 (1月〜12月期) に工場を建設する目的で1,000m2以上の用地を取得した製造業、電気業、ガス業、熱供給業の事業者を対象に「工場立地動向調査」を実施し、結果をとりまとめた。平成25年1月から12月における四国地域の工場立地件数は96件 (前年比118.2%増) 、工場立地面積は441.9ha (同334.4%増) とともに大幅な増加となった。これは、件数

2014年3月28日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済マンスリー 2014年3月(関西)

平成 26 年 3 月 25 日関西経済レポート(3 月)企画部経済調査室(大阪)~内需中心に堅調な推移~【足元の経済情勢と当面の見通し】◎関西経済は、「緩やかに回復している」(日銀大阪支店)。4 月以降は駆け込み需要の反動減を乗り越え好循環を維持できるかが注目される。● 生産は、1 月の季節調整済指数が前月比+2.4%と 2 ヵ月連続で上昇、前年同月比でも+5.7%となった。素材業種では、鉄鋼が前年比+13.2%と 2 桁の伸びを維持し、窯業・土石製品も同+6.8%と堅調である。加工業種では、

2014年2月26日総務省★フィードバック数:0社会/政治

経済センサスの今回分最終発表です。

平成24年経済センサス‐活動調査(確報)

報道資料平成24年経済センサス‐活動調査(確報)結果(産業横断的集計(存続・新設・廃業別集計編)産業別集計(業態別統計編(小売業)、建設業、医療・福祉、学校教育及びサービス業に関する集計))平成24年2月に総務省及び経済産業省が初めて実施した「経済センサス‐活動調査」の集計結果については、これまで平成25年8月及び11月に産業横断的集計及び産業別集計の各編の確報結果を公表してきたところですが、今般、標記の確報結果を公表いたします。今回、新たに集計した事項は、事業所の新設及び廃業の状況、小売業の業

2014年1月31日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済マンスリー 2014年1月(日本)

平成 26 年(2014 年)1 月 30 日安倍政権の経済政策運営は、一年目の成果と課題を踏まえて二年目に1.実体経済の動向第 2 次安倍内閣の発足から一年が経過し、経済指標の上でも同政権による経済政策“アベノミクス”の一年目の成果を確認できるようになってきた。逸早くポジティブな反応を示した金融市場から順に見ると、貿易相手国・地域の 43 通貨の対円相場を消費者物価上昇率の差分を調整した上で加重平均した「円の実質実効為替レート」が2013 年 10-12 月期の平均値で前年比▲20%(円安)、

2014年1月31日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済マンスリー 2014年1月(関西)

平成 26 年 1 月 30 日関西経済レポート(1 月)企画部経済調査室(大阪)~堅調さを増す~【足元の経済情勢と当面の見通し】◎関西経済は、「緩やかに回復している」(日銀大阪支店)。生産・輸出活動は持ち直し基調を維持しており、個人消費もマインドの改善を受け堅調に推移している。● 生産は、11 月の季節調整済指数が前月比▲1.3%と 2 ヵ月振りに低下したものの、前年同月比では+0.9%とプラス圏を維持した。素材業種では、鉄鋼が前年比+18.2%と伸び率を拡大、化学も同+1.6%と小幅ながら

2013年12月25日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報(東海):消費増税を克服し、2014年度も着実に成長

平成 25 年(2013 年)12 月 25 日NO.2013-35東海経済の現状と見通し~消費増税を克服し、2014 年度も着実に成長~【要旨】(現状)— 東海地域の景気は、緩やかな回復を続けている。— 安倍政権による経済政策と、日銀が新たに導入した「量的・質的金融緩和」政策から円安・株高が顕著となり、家計と企業のマインドは大きく改善。— 米国経済の堅調を背景に、輸出は 2012 年 9 月を底に増加傾向となっている。また、生産指数は輸出の増加と政府の経済対策を受け、2012 年 9 月を底に

2013年12月13日経済産業省★フィードバック数:0社会/政治

九州経済についてのレポートです。

九州経済国際化データ2013

九州経済産業局は、2012年の九州の国際的な経済活動に関するデータを、これまで当局ホームページで公表したものも含め、「九州経済国際化データ 2013」として取りまとめましたので、公表します。 この「九州経済国際化データ」の2013年版では、本年8月に実施した「九州企業の海外展開実態調査」の結果を巻頭特集として掲載しているほか、九州とアジア各国・地域との貿易動向や九州の主要産業別の貿易動向等を示しています。 海外展開等を検討する際の参考としてお役立て下さい。九州経済国際化データ2013 全体版九州

2013年11月17日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年上期(1月~6月期)工場立地動向調査結果(速報) 四国版

平成25年上期 (1月〜6月期) 工場立地動向調査結果 (速報) 〜 前年同期に比べて件数、面積ともに大幅な増加 〜四国経済産業局では、平成25年上期 (1月〜6月期) に工場を建設する目的で1,000�u以上の用地を取得した製造業、電気業、ガス業、熱供給業の事業者を対象に「工場立地動向調査」を実施し、結果をとりまとめた。平成25年1月から6月における四国地域の工場立地件数は42件 (前年同期比121.1%増) 、工場立地面積は132.2ha (同158.4%増) とともに大幅な増加となった。こ

2013年10月4日経済産業省★フィードバック数:0社会/政治

東北の経済、産業についてのまとめです。

平成25年版「東北経済のポイント」

トップページ > 統計情報 > 平成28年版「東北経済のポイント」発行のお知らせ平成28年版「東北経済のポイント」発行のお知らせ東北経済産業局このたび、平成28年版東北経済のポイントを発行いたしました。東北地域の産業・経済の実態や変化について、最新の統計データをもとに、全国における東北の位置づけや課題などを解説し、東北経済の知りたい情報がひと目でわかるよう編集しています。なお、書店での販売はしておりませんので、ご入り用の際にはメールにて必要事項を記入の上、下記までご連絡ください。(無料配布してお

2013年9月12日信金中央金庫フィードバック数:0社会/政治

地域別にみた日本経済の景況判断-アベノミクス効果もあって景気は総じて持直し-

SCBSHINKINCENTRALBANK内外経済・金融動向No.25−1(2013.9.11)地域・中小企業研究所〒103-0028 東京都中央区八重洲 1-3-7TEL.03-5202-7671 FAX.03-3278-7048URL http://www.scbri.jp地域別にみた日本経済の景況判断∼アベノミクス効果もあって景気は総じて持直し∼< 要旨 >日本経済は、復興需要による内需の底上げと輸出の下げ止まりで、12 年 10∼12 月に底入れし、年明け後はアベノミクス効果もあって景気

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度経済産業統計政策調査等(震災後の生産回復に関する調査研究)

平成23年度経済産業統計政策調査等(震災後の生産回復に関する調査研究)

2013年6月14日経済産業省フィードバック数:2ビジネス

平成24年度近畿経済産業局補助金等活用企業における海外展開実態把握調査

平成24年度近畿経済産業局補助金等活用企業における海外展開実態把握調査

台湾の経済と投資についてのレポートです。

台湾における中小・ベンチャー企業向けリスクマネー供給の実態に関する調査

ISSN1884-0868中小機構調査研究報告書第 5 巻 第 5 号(通号 24 号)台湾における中小・ベンチャー企業向けリスクマネー供給の実態に関する調査2013 年 3 月独立行政法人 中小企業基盤整備機構経営支援情報センター目次要約 ················································································································· 1調査概要 ·········

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ