調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 経済的事情

「経済的事情」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

熟年離婚についてのレポートです。

定着する中高年の離婚~多様化するライフコースの選択~

○離婚件数は1990年代終わりに急増した後、2002年に年28万9836組でピークとなった。その後は減少傾向が続いており、2014年の離婚件数は年22万2000組(推計数)だった。○1990年代後半に離婚が急速に広まった際には、人々の意識にも変化がみられた。離婚に対する抵抗感が和らぎ、離婚が受け入れられやすい環境となる中で、それまでなかなか決断できなかった人が一気に踏み切ったこともあって、離婚がブームのようになった。○2000年代以降、婚姻期間10年未満の夫妻の離婚が減少しているのに対し、いわゆ

ナシ婚についての調査です。

「ナシ婚」に関する調査 2015

プレスリリース株式会社みんなのウェディング2015年3月12日 みんなのウェディング「ナシ婚」に関する調査 2015 「ナシ婚」の三大理由は4年連続「経済的事情」「さずかり婚」「セレモニー的行為が嫌」 「ナシ婚」層、今後の結婚式の予定 「将来的にあるかもしれない」が4年連続約4割 「ナシ婚」層が結婚を機に行ったことトップ2 「結婚指輪の購入」「身内だけの食事会」 結婚式場選びの口コミサイトを運営する株式会社みんなのウェディング(本社:東京都中央区、代表取締役:内田陽介)は、2012年から行って

「ナシ婚」の三大理由は3年連続「経済的事情」「授かり婚」「セレモニー的行為が嫌」

プレスリリース株式会社みんなのウェディング2014年4月3日 「ナシ婚」の三大理由は3年連続「経済的事情」「授かり婚」「セレモニー的行為が嫌」 「ナシ婚」層、今後の結婚式の予定 「将来的にあるかもしれない」が3年連続約4割 国内最大級の結婚式情報サイトを運営する株式会社みんなのウェディング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:飯尾慶介)は、入籍はしたが結婚式はしない、いわゆる「ナシ婚層」の2014年の傾向把握を目的としたアンケート調査結果を公開いたします。■総括入籍はしたが結婚式はしない「ナシ

2013年6月14日リクルート★フィードバック数:2大型消費/投資

「待ちの姿勢」とのことです。

30代の独身男性エンジニア400人に聞いた「恋愛と結婚に対する意識調査」

30代の未婚率が増えている。仕事が忙しく、職場に異性が少ないといわれるエンジニアだが、恋愛・結婚感はどうなっているのか。Tech総研では、30代独身エンジニアにアンケートを行い、その胸中を聞いてみた。  結婚に対する価値観が変化し、“結婚を急がない若者”が増えていると言われている。事実、平成22年の国勢調査によると、男女ともにどの年齢階級でも未婚率は上昇しており、特に男性の30~34歳や女性の25~34歳で未婚率は増加している。女性の未婚率の増加については、社会進出による結婚への意

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ