「経済調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年12月14日岩手経済研究所フィードバック数:0社会/政治

岩手県内企業景況調査 ―平成28年10月調査―

平 成 28年 11月 22日一般財団法人岩手経済研究所岩手県内企業景況調査 ~平成28年10月調査~ について一般財団法人岩手経済研究所(理事長:高橋真裕)は、定例の「岩手県内企業景況調査(平成28年10月調査)」を実施しました。本調査の結果は以下のとおりです。業況判断BSI マイナス25.4※ 前回(平成28年7月)調査比2.8ポイント上昇先行きのBSI マイナス27.5本調査の概要は別紙「岩手県内企業景況調査結果 ~平成28年10月調査~ 」のとおりです。また、詳しくは11月30日発行の当

2015年3月11日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済見通し:2015年3月(全体版)

平成 27 年(2015 年)3 月 11 日見通しの概要~世界経済の回復ペースは依然緩やかにとどまる見通し~日本~好循環の回転を原油価格の下落等がサポートし、景気は緩やかな回復が続く見通し~米国~家計需要の拡大を牽引力に、緩やかな回復基調を維持する見通し~西欧~ユーロ圏は原油安・ユーロ安が景気を下支えするも、1%弱の低成長が続く~ア ジ ア~資源安が内需拡大の支えとなるも、輸出の伸び悩みが成長ペースを抑制~オーストラリア~資源価格下落の影響で、景気は減速傾向が続く~中南米~ブラジルはリセッショ

2015年3月10日日本銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

日銀の論文です。

米国の製造業における1980年代~90年代の経営改革

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 米国の製造業における1980年代〜90年代の経営改革2015年3月9日日本銀行調査統計局通傳友浩*1西岡慎一*2要旨1990年代に低下したわが国製造業の収益力は、2000年代以降、回復傾向にあるが、収益率の水準は、米国の製造業などと比べるとなお低位である。一方、米国の製造業は1970年代を中心に収益力の低下に直面したが、1980年代から90年代にかけて、多方面にわたる経営改革を行い、収益力を向上させた。この経営改革の主

2015年3月10日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

九州経済の現状 平成27年 冬版

Summary of Kyushu economy九州経済の現状2015年冬九州経済産業局九州経済の現状・目次Ⅰ.九州経済の概況1.九州の位置・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12.経済規模・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2(1)面積・人口・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2015年2月20日総務省フィードバック数:0社会/政治

個人企業経済調査(動向編)平成26年10~12月期結果(確報)

報道資料個人企業経済調査(動向編)平成26年10〜12月期結果(確報)総務省は、個人企業経済調査(動向編)平成26年10〜12月期結果(確報)を公表しました。 内容は、以下、統計局ホームページをご覧下さい。個人企業経済調査(動向編)平成26年10〜12月期結果(確報) 連絡先総務省統計局統計調査部経済基本構造統計課 個人企業調査係 担当:三神課長補佐、金井係長 電話:03-5273-1168(直通) FAX:03-5273-1494

2015年2月11日総務省フィードバック数:0ビジネス

個人企業経済調査(動向編)平成26年10~12月結果(速報)

報道資料個人企業経済調査(動向編)平成26年10〜12月結果(速報)総務省は、個人企業経済調査(動向編)平成26年10〜12月期結果(速報)を公表しました。 内容は、以下、統計局ホームページをご覧下さい。個人企業経済調査(動向編)平成26年10〜12月期結果(速報) 連絡先総務省統計局統計調査部経済基本構造統計課 個人企業調査係 担当:三神課長補佐、金井係長 電話:03-5273-1168(直通) FAX:03-5273-1494

2015年1月30日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済マンスリー:2015年1月(全体版)

平成 27 年(2015 年)1 月 29 日【経済概況】Ⅰ.日 本~春闘での高めの賃上げ実現は、企業の成長期待の改善度合いが左右~Ⅱ.米 国~家計消費は底堅さを示すも、油価下落の賃金等への波及には注視が必要~Ⅲ.西 欧~デフレリスクが一段と高まるなか、ECB は国債購入含む追加緩和策を発表~Ⅳ.ア ジ ア~資源価格の下落は景気を下支え、一部財政面からの下押しには留意~Ⅴ.中 国~緩やかな減速傾向が続くなか、金融政策は選択的な対応を継続~Ⅵ.オーストラリア~資源価格の下落を受け輸出の減速が続く~

2014年11月23日地方債協会フィードバック数:0社会/政治

経済金融動向(2014年10月)

時の動き2M O V EM E N T経済金融動向(2017年6月)みずほ総合研究所 経済調査部輸出・生産はともに回復基調 5月の輸出数量指数(みずほ総合研究所による季節調整値)は、前月比+0.4%(4月同▲0.2%)と3カ月ぶりのプラスとなった。米国やアジア向けが伸び悩んだ一方、EU向けが好調だった。先行きについては、海外経済が緩やかに回復する中、輸出は緩やかな回復基調が続くだろう。 5月の鉱工業生産指数は、前月比▲3.6%と前月から大幅に低下した。ただし、自動車の新型車効果などによる4月の増

2014年11月21日総務省フィードバック数:0社会/政治

個人企業経済調査(動向編)平成26年7~9月期結果(確報)

報道資料個人企業経済調査(動向編)平成26年7〜9月期結果(確報)総務省は、個人企業経済調査(動向編)平成26年7〜9月期結果(確報)を公表しました。 内容は、以下、統計局ホームページをご覧下さい。個人企業経済調査(動向編)平成26年7〜9月期結果(確報) 連絡先総務省統計局統計調査部経済基本構造統計課 個人企業調査係 担当:三神課長補佐、金井係長 電話:03-5273-1168(直通) FAX:03-5273-1494

2014年11月12日総務省フィードバック数:0社会/政治

個人企業経済調査(動向編)平成26年7~9月期結果(速報)

報道資料個人企業経済調査(動向編)平成26年7〜9月期結果(速報)総務省は、個人企業経済調査(動向編)平成26年7〜9月期結果(速報)を公表しました。連絡先総務省統計局統計調査部経済基本構造統計課 個人企業調査係 担当:三神課長補佐、金井係長 電話:03-5273-1168(直通) FAX:03-5273-1494

2014年10月22日地方債協会フィードバック数:0社会/政治

「経済金融動向」(2014年9月)

時の動き2M O V EM E N T経済金融動向(2017年6月)みずほ総合研究所 経済調査部輸出・生産はともに回復基調 5月の輸出数量指数(みずほ総合研究所による季節調整値)は、前月比+0.4%(4月同▲0.2%)と3カ月ぶりのプラスとなった。米国やアジア向けが伸び悩んだ一方、EU向けが好調だった。先行きについては、海外経済が緩やかに回復する中、輸出は緩やかな回復基調が続くだろう。 5月の鉱工業生産指数は、前月比▲3.6%と前月から大幅に低下した。ただし、自動車の新型車効果などによる4月の増

2014年9月29日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済マンスリー:2014年9月(全体版)

平成 26 年(2014 年)9 月 29 日【経済概況】Ⅰ.日 本~個人消費を中心にもたつきがみられるものの、経済の好循環は途切れず~Ⅱ.米 国~緩やかな景気回復が続くなか、FRB は慎重に出口戦略を模索~Ⅲ.西 欧~デフレ懸念が強まるなか、ECB は追加金融緩和を実施~Ⅳ.ア ジ ア~マレーシアは機動的な金融政策が継続、フィリピンには依然利上げ余地~Ⅴ.中 国~景気の減速感が再び強まるなか、政策対応が焦点に~Ⅵ.オーストラリア~緩やかな景気回復が続くなか、中銀は住宅市場の過熱を警戒~Ⅶ.原

2014年8月22日総務省フィードバック数:0社会/政治

個人企業経済調査(動向編)平成26年4~6月期結果(確報)

報道資料個人企業経済調査(動向編)平成26年4〜6月期結果(確報)総務省は、個人企業経済調査(動向編)平成26年4〜6月期結果(確報)を公表しました。 内容は、以下、統計局ホームページをご覧下さい。個人企業経済調査(動向編)平成26年4〜6月期結果(確報) 連絡先総務省統計局統計調査部経済基本構造統計課 個人企業調査係 担当:高部課長補佐、葛見係長 電話:03-5273-1168(直通) FAX:03-5273-1494

2014年8月11日総務省フィードバック数:0社会/政治

個人企業経済調査(動向編)平成26年4~6月期結果(速報)

報道資料個人企業経済調査(動向編)平成26年4〜6月期結果(速報)総務省は、個人企業経済調査(動向編)平成26年4〜6月期結果(速報)を公表しました。 内容は、以下、統計局ホームページをご覧下さい。個人企業経済調査(動向編)平成26年4〜6月期結果(速報) 連絡先総務省統計局統計調査部経済基本構造統計課 個人企業調査係 担当:高部課長補佐、葛見係長 電話:03-5273-1168(直通) FAX:03-5273-1494

2014年7月14日総務省★フィードバック数:0社会/政治

個人企業調査です。

個人企業経済調査(構造編)平成25年結果

報道資料個人企業経済調査(構造編)平成25年結果総務省は、個人企業経済調査(構造編)平成25年結果を公表しました。 内容は、以下、統計局ホームページをご覧ください。個人企業経済調査(構造編)平成25年結果 連絡先総務省統計局統計調査部経済基本構造統計課 個人企業調査係 担当:高部課長補佐、葛見係長 電話:03-5273-1168(直通) FAX:03-5273-1494

2014年5月30日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

九州経済の現状「平成26年春版」

Summary of Kyushu economy2014年春九州経済産業局九九州州経経済済のの現現状状目次Ⅰ.九州経済の概況1.九州の位置 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12.経済規模 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2(1)面積・人口 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2014年5月25日総務省フィードバック数:0社会/政治

個人企業経済調査(動向編)平成26年1~3月期結果(確報)及び平成25年度結果

報道資料個人企業経済調査(動向編)平成26年1〜3月期結果(確報)及び平成25年度結果総務省は、個人企業経済調査(動向編)平成26年1〜3月期結果(確報)及び平成25年度結果を公表しました。 内容は、以下、統計局ホームページをご覧ください。 連絡先総務省統計局統計調査部経済基本構造統計課 個人企業調査係 担当:高部課長補佐、葛見係長 電話:03-5273-1168(直通) FAX:03-5273-1494

2014年5月14日総務省フィードバック数:0社会/政治

個人企業経済調査(動向編)平成26年1~3月期結果(速報)

報道資料個人企業経済調査(動向編)平成26年1〜3月期結果(速報)総務省は、個人企業経済調査(動向編)平成26年1〜3月期結果(速報)を公表しました。内容は、以下、統計局ホームページをご覧下さい。個人企業経済調査(動向編)平成26年1〜3月期結果(速報) 連絡先総務省統計局統計調査部経済基本構造統計課 個人企業調査係 担当:高部課長補佐、葛見係長 電話:03-5273-1168(直通) FAX:03-5273-1494

2014年4月16日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

海外経済フラッシュ:中国:2014年1-3月期GDPについて~実質成長率は前年比+7.4%へ減速

海外経済フラッシュNo.2014-22014 年 4 月 16 日中国:2014 年 1-3 月期 GDP について~実質成長率は前年比+7.4%へ減速経済調査室<ポイント>— 1-3 月期の実質 GDP 成長率は前年比+7.4%となり、昨年 10-12 月期の同+7.7%から低下。2012 年 7-9 月期(同+7.4%)以来の低成長に終わった。— 1-3 月の月次指標は、消費、投資、輸出が揃って軟化したことを示す結果。— 景気減速の背景は、①不安定な金融面からの景気抑制的な動き、②地方政府の

2014年3月28日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済マンスリー 2014年3月(全体版)

平成 26 年(2014 年)3 月 28 日【経済概況】Ⅰ.日 本~消費税率引き上げを前にアベノミクス効果が家計部門に波及~Ⅱ.米 国~回復基調が続く中、FRB の金融政策は定性的ガイダンスに移行~Ⅲ.西 欧~景気は緩やかな持ち直しが続くも、不良債権などの構造問題が重石に~Ⅳ.ア ジ ア~内需抑制策等により懸案の経常赤字は一旦改善~Ⅴ. 中 国~金融問題が相次ぎ表面化するなか、直近の経済指標は顕著に軟化~Ⅵ.オーストラリア~景気は緩やかに回復も、消費の持続性などに疑問~Ⅶ.原 油~ウクライナ情

2014年3月5日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済マンスリー 2014年2月(日本)

平成 26 年(2014 年)2 月 28 日~好循環が強化されることで、消費増税を乗り越え回復基調継続~1.日本経済の概況企業収益の大幅増日本経済は国内民間需要の拡大を支えに着実な回復を続けている。昨年加を背景に、日本経 10-12 月期の実質 GDP(1 次速報値)は前期比年率+1.0%と、伸び率は前済は着実に回復中期に比べて小幅に低下したが、4 四半期連続でプラス成長となった(第 1図)。需要項目別にみると、輸出はやや伸び悩んだものの、消費税率引き上げ前の駆け込み需要もあって、個人消費や住

2014年3月5日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済マンスリー 2014年2月(中国)

平成 26 年(2014 年)2 月 28 日~景気は持ち直すも、アジア全体の成長ペースは力強さを欠く展開~1.アジア経済全般(1)景気の現状先進国向け輸出のアジア経済は 2012 年終盤以降、輸出の伸び悩みを背景に足踏みが続い回復を背景に景気 ていたが、足元では米国を中心とした先進国向け輸出の回復を受け持ち直は持ち直ししている。もっとも、先進国の回復ペースが緩やかに止まるなか、安定成長への移行を目指す中国が中期的な減速局面に入っていることに加え、供各国固有の課題を 給制約(インド)や政局の混迷

2014年2月28日総務省フィードバック数:0社会/政治

個人企業経済調査(動向編)平成25年10~12月期結果(確報)

報道資料個人企業経済調査(動向編)平成25年10〜12月期結果(確報)総務省は、個人企業経済調査(動向編)平成25年10〜12月期結果(確報)を公表しました。 内容は、以下、統計局ホームページをご覧ください。個人企業経済調査(動向編)平成25年10〜12月期結果(確報) 連絡先総務省統計局統計調査部経済基本構造統計課 個人企業調査係 担当:��部課長補佐、葛見係長 電話:03−5273−1168(直通) FAX:03−5273−1494

2014年2月13日総務省フィードバック数:0社会/政治

個人企業経済調査(動向編)平成25年10~12月期結果(速報)

報道資料個人企業経済調査(動向編)平成25年10〜12月期結果(速報)総務省は、個人企業経済調査(動向編)平成25年10〜12月期結果(速報)を公表しました。 内容は、以下、統計局ホームページをご覧ください。個人企業経済調査(動向編)平成25年10〜12月期結果(速報) 連絡先総務省統計局統計調査部経済基本構造統計課 個人企業調査係 担当:��部課長補佐、葛見係長 電話:03−5273−1168(直通) FAX:03−5273−1494

2014年2月12日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

ASEAN・インド月報(2014年2月)

2014 年 2 月 10 日ASEAN・インド月報(2014 年 2 月)【目次】■インドネシア1.マクロ経済動向・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12.政治・経済・産業トピックス・・・・・・・・・23.市場動向(為替・金利)・・・・・・・・・・・・・3■タイ1.マクロ経済動向・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・132.政治・経済・産業トピックス・・・・・・・・・143.市場動向(為替・金利)・・・・・・・・・・・・・15■マレーシア1.マクロ経済動向・・・・・・・・・・・・・・

2014年1月19日総務省フィードバック数:0社会/政治

統計調査ニュース 2014年1月号

総務省統計局統計調査ニュース326No.平成 26 年(2014)1 月統計行政の課題 −平成26年−総務省統計局長  須江 雅彦皆様には,平素から公的統計について,御支援,御協力を賜り,誠にありがとうございます。我が国の近代統計が整備されて140年余になりますが,私たち総務省統計局は,中央統計機関として長年にわたり,国家社会の情報基盤たる統計の作成・提供を通じて,政策の形成や社会経済の発展に貢献してまいりました。統計局が毎月公表する消費者物価指数(CPI)や完全失業率等は,経済財政運営上の重要

千葉県での調査です。

アベノミクス・消費増税への影響WEBアンケート調査

調査研究情報アベノミクス・消費増税への影響WEBアンケート調査(株)ちばぎん総合研究所経済調査部 研究員森 康棋 のついている記事はPDF形式です。PDFファイルをご覧になるためには、 Adobe Reader が必要となります。下のアイコンをクリックすると入手(無料)できます。

2014年1月10日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

ASEAN・インド月報(2014年1月)

2014 年 1 月 10 日ASEAN・インド月報(2014 年 1 月)【目次】■インドネシア1.マクロ経済動向・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12.政治・経済・産業トピック・・・・・・・・・・・23.市場動向(為替・金利)・・・・・・・・・・・・・3■タイ1.マクロ経済動向・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・132.政治・経済・産業トピック・・・・・・・・・・・143.市場動向(為替・金利)・・・・・・・・・・・・・15■マレーシア1.マクロ経済動向・・・・・・・・・・・・

2014年1月7日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary(2014年1月6日):非製造業ISM指数(12月)、製造業受注(11月)

Economic ResearchBTMU FOCUS USA DiaryUra Satoko 浦 賢子sura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報January 6, 2014【米国経済指標】非製造業 ISM 指数(12 月):前月比▲0.9%ポイントの 53.0%12 月の非製造業 ISM 指数は前月比▲0.9%ポイントの 53.0%と、事前の市場予想(Bloomberg 調(%)65査)である 54.7%を下回り 11 月に続き低下。昨60年 6 月以来

2013年12月27日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

2013年12月(全体版)

平成 25 年(2013 年)12 月 27 日【経済概況】Ⅰ.日 本~多くの期待を集める経済の好循環実現、その起点はより明確に~Ⅱ.米 国~景気下振れリスクが後退する中、FRB の出口戦略が遂にスタート~Ⅲ.西 欧~低成長とディスインフレが継続~Ⅳ.ア ジ ア~アジア全体の景気は持ち直すなか、タイ、インドネシアは減速が持続~Ⅴ. 中 国~足元は 7-9 月期並の回復基調を維持するも、金融環境は再び悪化~Ⅵ.オーストラリア~景気減速を背景に、政府は財政赤字の拡大を容認~Ⅶ.原 油~米シェールオイ

2013年12月27日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

2013年12月(日本)

平成 25 年(2013 年)12 月 27 日多くの期待を集める経済の好循環実現、その起点はより明確に1.実体経済の動向政府は今月 21 日、新たな経済見通しを閣議了解した。それによれば、2014 年度の実質 GDP 成長率は前年度比+1.4%(第 1 図)。今年度の同+2.6%(着地見込み)からは減速となるが、日本経済の近年の平均的な成長ペースが同+0.6%(リーマン・ショック以降=2009 年度~2012 年度の平均値)~同+0.8%(2000 年度以後 13 年間の平均値)程度であったこ

2013年12月27日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報(関西):回復基調が続く

平成 25 年(2013 年)12 月 26 日NO.2013-36関西経済の現状と見通し~回復基調が続く~【要旨】— 関西経済は、緩やかに回復しつつある。生産、輸出の回復ピッチはやや鈍いものの、雇用や消費は堅調に推移している。— 日銀短観の 12 月調査によると、近畿地区の全産業ベース・業況判断 DI は前回調査比+4%ポイントの 2%ポイントと 6 年振りにプラスに転じた。牽引したのは大企業・製造業で、中小企業も製造業を中心に改善はしたものの、水準も含め全国との対比で出遅れ感は否めない。また

2013年12月2日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

平成25年11月(西欧経済の見通し)

平成 25 年(2013 年)11 月 29 日~脆弱ながらも持ち直し、今後の成長ペースは緩慢に~1.総論(1)景気の現状2 期連続のプラス成長も、前期から減速個人消費の持ち直しにマインドの改善が寄与欧州経済は持ち直しつつあるが、そのペースは鈍い。ユーロ圏第 3 四半期の実質 GDP 成長率は前期比+0.1%と、2 期連続のプラス成長を確保したが、前期の同+0.3%からは失速した(第 1 図)。国別にみると、ドイツが同+0.3%と減速した一方で、イタリアは同▲0.1%とマイナス幅が縮小。また、ス

2013年11月22日総務省フィードバック数:0社会/政治

個人企業経済調査(動向編)平成25年7~9月期結果(確報)

報道資料個人企業経済調査(動向編)平成25年7〜9月期結果(確報) 総務省は、個人企業経済調査(動向編)平成25年7〜9月期結果(確報)を公表しました。 内容は、以下、統計局ホームページをご覧ください。個人企業経済調査(動向編)平成25年7〜9月期結果(確報) 連絡先総務省統計局統計調査部経済基本構造統計課 個人企業調査係 担当:��部課長補佐、葛見係長 電話:03−5273−1168(直通) FAX:03−5273−1494

2013年11月14日総務省フィードバック数:0社会/政治

個人企業経済調査(動向編)平成25年7~9月期結果(速報)

報道資料個人企業経済調査(動向編)平成25年7〜9月期結果(速報)総務省は、個人企業経済調査(動向編)平成25年7〜9月期結果(速報)を公表しました。 内容は、以下、統計局ホームページをご覧ください。個人企業経済調査(動向編)平成25年7〜9月期結果(速報) 連絡先総務省統計局統計調査部経済基本構造統計課 個人企業調査係 担当:��部課長補佐、葛見係長 電話:03−5273−1168(直通) FAX:03−5273−1494

2013年10月23日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済マンスリー 2013年10月(オーストラリア)

平成 25 年(2013 年)10 月 22 日中銀は弱い内需と低調な雇用動向を注視豪州経済は潜在成長率を下回る成長が続いている。弱い雇用を背景に、個人消費に勢いがない。9 月の失業率は 5.6%と 8 月から 0.2%ポイント低下したものの、これは労働参加率の低下が主因であり、雇用者数の伸びは鈍化しており雇用の基調は弱い(第 1 図)。また、9 月の政権交代を受けて企業や消費者のマインドは改善傾向を維持しているが、構成項目の一つである消費者の失業懸念は依然として強く、労働市場が早期に改善する兆

2013年9月20日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

2013年9月(日本)

平成 25 年(2013 年)9 月 20 日景気回復の足取りが強まるなか、政府は消費増税を決断へ1.実体経済の動向今月 9 日に発表された 4-6 月期の GDP 統計 2 次速報値では、同期の実質成長率が前期比年率+3.8%と 1 次速報値の同+2.6%から大きく上方修正された。1-3 月期の同+4.1%に続いて高めの成長率を確保した格好だ。特に目を引いたのが、民間企業設備投資が 6 四半期ぶりの前期比増加(同+5.1%)、公共投資が 2 四半期ぶりの前期比年率二桁増(同+12.7%)へ上方

2013年9月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

経済予測の上方修正からアベノミクスの効果を探る

経済予測の上方修正からアベノミクスの効果を探る | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 経済予測の上方修正からアベノミクスの効果を探る経済予測の上方修正からアベノミクスの効果を探る 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら アベノミクスの効果を定量的に捉えることは難しいが、エコノミストの経済予測が安倍政権発足前

2013年8月28日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

平成25年8月(内外経済の見通し/全文)

平成 25 年(2013 年)8 月 27 日世界経済見通し概要~世界経済は次第に持ち直しに向うものの、成長ペースはごく緩やかにとどまる見通し~日本~政策効果に支えられた景気回復の後、企業・家計が主体の自律的な成長局面へ~米国~住宅・労働市場の改善が進むなか、内需を中心に回復持続~西欧~景気は持ち直しの兆しをみせるが、持続的な回復はまだ遠い~ア ジ ア~輸出の軟調が続き景気は伸び悩み~オーストラリア~資源部門への過度な依存からの脱却を探る~中南米~低成長下のインフレに苦しむブラジル、減速続くメキ

2013年8月28日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

平成25年8月(日本経済の見通し)

平成 25 年(2013 年)8 月 27 日~政策効果に支えられた景気回復の後、企業・家計が主体の自律的な成長局面へ~1.日本経済の概況日本経済は、昨年末からの回復基調をしっかりと維持している。直近安倍政権による経済政策が金融市場、 4-6 月期の実質 GDP 成長率は 1 次速報値で前期比年率+2.6%(第 1 図)。マインド、実体経済 3 四半期連続でプラス成長を確保し、成長ペースも 1-3 月期の同+3.8%にを順に刺激中続いて高めとなった。最終需要項目別には、個人消費が同+3.1%、輸

2013年8月28日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

平成25年8月(西欧経済の見通し)

平成 25 年(2013 年)8 月 27 日~景気は持ち直しの兆しをみせるが、持続的な回復はまだ遠い~1.総論(1)景気の現状欧州経済は持ち直しの兆しをみせている。ユーロ圏の実質 GDP 成長率第 2 四半期に 7 期は第 2 四半期に+0.3%と、7 期ぶりにプラス成長を記録した。需要項目のぶりのプラス成長動きは明らかになっていないが、個人消費が持ち直した模様である。国別にみると、ドイツが同+0.7%、フランスが同+0.5%となり、域内全体の成長を牽引した。一方、イタリアは同▲0.2%と 8

千葉県内では、7月上旬から続く猛暑により夏物商品の消費や観光地の集客が盛況

調査研究情報千葉県内では、7月上旬から続く猛暑により夏物商品の消費や観光地の集客が盛況(株)ちばぎん総合研究所経済調査部 研究員岡山 幸穂 のついている記事はPDF形式です。PDFファイルをご覧になるためには、 Adobe Reader が必要となります。下のアイコンをクリックすると入手(無料)できます。

2013年8月23日総務省フィードバック数:0社会/政治

個人企業経済調査(動向編)平成25年4~6月期結果(確報)

報道資料個人企業経済調査(動向編)平成25年4〜6月期結果(確報)総務省は、個人企業経済調査(動向編)平成25年4〜6月期結果(確報)を公表しました。 内容は、以下、統計局ホームページをご覧ください。個人企業経済調査(動向編)平成25年4〜6月期結果(確報) 連絡先総務省統計局統計調査部経済基本構造統計課 個人企業調査係 担当:��部課長補佐、葛見係長 電話:03−5273−1168(直通) FAX:03−5273−1494

2013年8月12日総務省フィードバック数:0社会/政治

個人企業経済調査(動向編)平成25年4~6月期結果(速報)

報道資料個人企業経済調査(動向編)平成25年4〜6月期結果(速報) 総務省は、個人企業経済調査(動向編)平成25年4〜6月期結果(速報)を公表しました。 内容は、以下、統計局ホームページをご覧ください。個人企業経済調査(動向編)平成25年4〜6月期結果(速報) 連絡先総務省統計局統計調査部経済基本構造統計課 個人企業調査係 担当:��部課長補佐、葛見係長 電話:03−5273−1168(直通) FAX:03−5273−1494

2013年8月11日国土交通省★フィードバック数:0大型消費/投資

観光と地域経済についての調査です。

観光地域経済調査【平成24年(平成23年値):速報】

地域の観光経済の状況を明らかにする調査結果を初めて公表します!~観光地域経済調査【平成24年(平成23年値):速報】の概要~ 最終更新日:2013年8月9日■観光地域経済調査は、従来の統計では把握することが出来なかった、観光が地域の各産業にもたらす経済的な効果や、観光関連の事業所の実態を明らかにする調査です。■この度、第1回目の調査結果の速報がまとまりましたので結果を以下の通り初めて公表いたします。【概要】 ◆全国の「観光地域」における観光関連の事業所(観光産業事業所)の概況 ・事業所数 116

2013年7月28日総務省フィードバック数:1社会/政治

経済調査における売上高の欠測値補定方法について ~多重代入法による精度の評価~

ここから本文です。統計研究彙報 第70号 No.2概要タイトル 経済調査における売上高の欠測値補定方法について〜多重代入法による精度の評価〜著者 高橋 将宜、伊藤 孝之刊行年月 2013年3月要旨 企業の売上高といった経理項目を対象とする経済調査では、回答ユニットの形態が多岐にわたること もあり、データの広がりが大きく、かつ、記入漏れや記入誤りが生じやすい。その結果、調査から得られる情報だけでは、経済の実態を正しく反映できないものとなるおそれがある。そこで、独立行政 法人統計センター(以下、「統

2013年7月22日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済マンスリー:2013年7月(中国)

平成 25 年(2013 年)7 月 19 日輸出不振の表面化により景気減速第 2 四半期の実質 GDP 成長率は前年比+7.5%と前期(同+7.7%)から低下した(第 1 図)。GDP 統計に先行して発表された貿易統計において、輸出が前期の同+18.4% から同+3.8%へと大幅減速していたため、市場ではすでに予想された結果であった。 前期の輸出を押し上げていたのは香港向けの急増であったが(第 2 図)、そこには投 機資金による水増し疑惑が高まっていた。実際、5 月初旬に 6 月実施の規制導入

2013年7月22日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済マンスリー:2013年7月(日本)

平成 25 年(2013 年)7 月 19 日回復が遅れていた民間設備投資にもようやく動意1.実体経済の動向家計の住宅投資、政府部門からの公共投資に続いて、民間企業の設備投資にも回復の兆しが見え始めてきた。それぞれの先行指標とされる新設住宅着工床面積、公共工事請負額、機械受注の動きを確認すると、直近値は順に前年比+13.0%(5 月)、同+21.7%(6 月)、同+16.5%(5 月、船舶・電力を除く民需。第 1 図)。うち、新設住宅着工床面積は 9 ヵ月連続、公共工事請負額は 3 ヵ月連続の増

2013年7月22日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済レビュー:先進国における量的金融緩和政策の新興国への影響

平成 25 年(2013 年)7 月 19 日NO.2013-11先進国における量的金融緩和政策の新興国への影響【要旨】— 6 月にバーナンキ FRB 議長が資産買入策の年内縮小の可能性に言及して以降、新興国において株価や通貨の下落が目立っている。— 新興国への資金流入は 2008 年の金融危機以降も継続。金融危機以前に比べ証券投資の増加に特徴。— 米国の対外証券投資は、3 回の量的緩和政策導入後に増加。量的緩和政策導入後に増加が目立つ相手国は、韓国、ブラジル、メキシコなど。— 新興国へのクロス

2013年7月15日総務省フィードバック数:1社会/政治

個人企業経済調査(構造編)平成24年結果

ここから本文です。個人企業経済調査(構造編)平成28年結果 一部のグラフに誤りがあったため、結果の概要を訂正しました。訂正箇所については、正誤情報をご覧下さい。(平成29年7月14日)平成29年7月11日(火曜日)公表PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。 〒162-8668 東京都新宿区若松町19番1号 電話03-5273-2020(代表)© 1996

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ