「経済関係」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年5月12日日本総研フィードバック数:0社会/政治

グローバル化で変化する日韓経済関係-自動車、電子産業を例に

グローバル化で変化する日韓経済関係-自動車、電子産業を例に

2014年5月12日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

【特集 新局面に入る日中韓経済と経済関係の現状】韓国のイノベーション政策と戦略の方向性

【特集 新局面に入る日中韓経済と経済関係の現状】韓国のイノベーション政策と戦略の方向性

2014年4月28日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

【特集 新局面に入る日中韓経済と経済関係の現状】底上げがみられる中国の消費需要、変わる消費構造

【特集 新局面に入る日中韓経済と経済関係の現状】底上げがみられる中国の消費需要、変わる消費構造

2014年2月5日日本総研フィードバック数:0社会/政治

日韓関係が揺らぐなかで懸念される経済関係への影響-今求められるものはなにか

日韓関係が揺らぐなかで懸念される経済関係への影響―今求められるものはなにか―調査部 上席主任研究員 向山 英彦   要 旨1.現在、日本と韓国との政治・外交関係は「最悪」に近い状態にある。関係改善に向けての修復力が働かないばかりでなく、糸口がみえないからである。関係の冷え込みには、歴史認識にかかわる問題が直接的に影響しているが、両国を取り巻く環境(冷戦体制の崩壊、中国の台頭など)と韓国の政治社会の変化も影響していると考えられる。2.今日の両国関係を考える上で、2000年代に生じた経済面の変化にも

2013年11月12日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【新局面の日中韓経済シリーズNo.2】冷え込む日韓関係を考える3つの視点-グローバル化、「円安・ウォン高」、韓国司法の動き

Research Focushttp://www.jri.co.jp《新局面の日中韓経済シリーズ No.2》2013 年 11 月 11 日No.2013-031冷え込む日韓関係を考える3つの視点― グローバル化、「円安・ウォン高」、韓国司法の動き―調査部 上席主任研究員 向山英彦《要 点》 日本と韓国の新政権誕生を契機に関係改善が進むと期待されたが、現在のところ首脳会談の実現に目途が立っていない。歴史認識に関わる問題がネックになっていると思われるが、今日の日韓関係を理解する上で次の3点が重要

2013年5月30日日本総研フィードバック数:1社会/政治海外

【アジアの視点】ASEANとの経済関係が再び強まる韓国

【アジアの視点】ASEANとの経済関係が再び強まる韓国

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ