「給付水準」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年2月3日厚生労働省フィードバック数:0社会/政治

平成26年度の年金額は0.7%の引下げ

平成26年1月31日【照会先】厚生労働省年金局年金課(代表電話) 03(5253)1111(内線) 3336、3337  総務省から、本日(1月31日)発表された「平成25年平均の全国消費者物価指数」(生鮮食品を含む総合指数)の対前年比変動率は、0.4となりました。また、平成26年度の年金額改定に用いる「名目手取り賃金変動率※」は となりました。 この結果、平成26年度の年金額は、法律の規定に基づき、特例水準の段階的な解消(平成26年4月以降は▲1.0%)と合わせて、 の引下げとなります

2013年11月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

年金額の特例水準の解消開始~将来の給付減に備えた対策が課題~

みずほインサイト政 策2013 年 11 月 26 日年金額の特例水準の解消開始政策調査部上席主任研究員将来の給付減に備えた対策が課題03-3591-1308堀江奈保子naoko.horie@mizuho-ri.co.jp○ 年金額の特例水準の解消が開始される。2013年10月に1%、2014年4月に1%、2015年4月に0.5%の給付引き下げが行われ、特例水準2.5%が解消される予定である○ 特例水準解消後にマクロ経済スライドが実施されれば、将来の年金額は厚生年金世帯で2割減、国民年金世帯で3

2012年8月29日厚生労働省★フィードバック数:27社会/政治

社会保障についての意識調査です。

社会保障に関する国民意識調査

平成24年8月28日(火)政策統括官付政策評価官室アフターサーヒ゛ス推進官 宮本 直樹室長補佐 三村 国雄(代表電話) 03-5253-1111(内線7777)(直通電話) 03-3591-3902 報道関係者各位「社会保障に関する国民意識調査」の結果を公表 厚生労働省では、「社会保障に関する国民意識調査」を実施し、このほどその結果がまとまりましたので、公表します。本調査は、現在の社会一般や社会保障に対する国民の意識や世代ごとの意識の違いなどを検証し、「平成24年版厚生労働白書」の作成等に

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ