調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 統合報告書

「統合報告書」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年5月24日KPMGフィードバック数:0ビジネス

第24回 日本企業の統合報告書に関する調査2016

第24回 日本企業の統合報告書に関する調査2016 第24回 日本企業の統合報告書に関する調査2016 企業と投資家との建設的な対話の必要性が高まる中、コミュニケーションツールの1つとして「統合報告書」が注目され、発行企業は年々増加の一途をたどっています。 企業が競争力を高め、社会に対する責任を果たし、中長期的に価値を向上させていくための取組みの1つとして、KPMGジャパンはコーポレートコミュニケーションの重要性を提起し、そのためのツールである統合報告書の現状調査を2014年から継続してまい

2015年4月15日日本IR協議会★フィードバック数:0マーケティング

IRについての調査です。

第22回「IR活動の実態調査」

4/14/20152015 年度「IR 活動の実態調査」 結果まとまる―IR 活動の目標は「株主・投資家との信頼関係の構築」「企業・事業内容の理解促進」が上位―一般社団法人 日本 IR 協議会(会長:隅 修三 東京海上ホールディングス代表取締役会長)はこの度、第 22 回「IR 活動の実態調査」の結果をまとめました。調査は全上場会社(3,585 社)を対象に2015 年 1 月 29 日から 3 月 6 日まで実施し、997 社から回答を得ました(回収率 27.8%)。調査結果の要約■【IR 活

「統合思考」による発想の転換を!-「統合報告」に向けた非財務情報の重視と企業価値の創造-

「統合思考」による発想の転換を!-「統合報告」に向けた非財務情報の重視と企業価値の創造- | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 「統合思考」による発想の転換を!-「統合報告」に向けた非財務情報の重視と企業価値の創造-「統合思考」による発想の転換を!-「統合報告」に向けた非財務情報の重視と企業価値の創造- 川村 雅彦基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ