「統計予測」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年12月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【QE予測シリーズ No.2014-6】2014年7~9月期法人企業統計の評価と2次QE予測

No.2014-0292014年12月1日http://www.jri.co.jp≪QE予測シリーズ No.2014-6≫2014年7~9月期法人企業統計の評価と2次QE予測(1)法人企業統計季報によると、2014年7~9月期の売上高および経常利益(全産業・季調値)は、それぞれ前期比+1.5%、+1.0%と、増税後の落ち込みから緩やかな持ち直し(図表1)。内訳をみると、円安に伴う海外収益の嵩上げなどを受けて製造業では増収増益(売上高:同+1.1%、経常利益:同+11.1%)となった一方、非製造業

2013年11月3日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【QE予測シリーズ No.2013-5】2013年7~9月期GDP統計予測

No.2013-0202013年10月30日http://www.jri.co.jp≪QE予測シリーズ No.2013-5≫2013年7~9月期GDP統計予測(1)2013年7~9月期の実質GDP成長率は、前期比年率+1.6%(前期比+0.4%)と4四半期連続のプラス成長となった見込み(図表1)。もっとも、内需が政策効果により引き続き景気を押し上げた一方、外需は輸出の減少により、GDP寄与度が3四半期ぶりのマイナスに。その結果、成長率は前期(前期比年率+3.8%、前期比+0.9%)から大幅に鈍化

2013年5月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【QE予測シリーズ No.2013-1】2013年1~3月期GDP統計予測

No.2013-0042013年4月30日http://www.jri.co.jp≪QE予測シリーズ No.2013-1≫2013年1~3月期GDP統計予測(1)2013年1~3月期の実質GDP成長率は、前期比年率+3.2%(前期比+0.8%)と成長率が加   速し、4四半期ぶりの高成長となった見込み(図表1)。個人消費が前期に続き高い伸びと   なったほか、外需も4四半期ぶりにGDPに対する寄与度がプラスに転換し、内外需ともに景   気を押し上げ。    ①個人消費(前期比年率+3.3%、前期

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ