「統計局」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年5月22日e-statフィードバック数:0マーケティング

統計ダッシュボード

市区町村一覧あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行 総務省( 法人番号:2000012020001) 統計局統計ダッシュボード

2016年5月19日総務省フィードバック数:0社会/政治

「統計調査ニュース」(統計局発行の広報紙)平成28年5月号

「統計調査ニュース」(統計局発行の広報紙)平成28年5月号

2015年6月7日総務省フィードバック数:0社会/政治

統計ヘッドライン -統計局月次レポート-(平成27年6月)

統計ヘッドライン -統計局月次レポート-(平成27年6月)

2015年4月22日総務省フィードバック数:0社会/政治

「統計調査ニュース」(統計局発行の広報紙)平成27年4月号

「統計調査ニュース」(統計局発行の広報紙)平成27年4月号

2015年3月17日総務省フィードバック数:0社会/政治

「統計調査ニュース」(統計局発行の広報紙)平成27年3月号

「統計調査ニュース」(統計局発行の広報紙)平成27年3月号

2015年3月11日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

カナダ統計局、牛飼養頭数を公表(カナダ)

カナダ統計局(Statistics Canada)は3月5日、牛飼養動向調査結果を公表した。これによると、2015年1月1日時点の牛飼養頭数は、前年同月比2.5%減の1191万5000頭と2年連続で前年を下回り、1993年以降では、最も少ない頭数となった(図)。  種類別の頭数を見ると、肉用繁殖雌牛頭数は前年同月比2.0%減と減少傾向で推移しており、肉用繁殖雌牛頭数が前年を上回った2005年比では28%減と大幅に減少している。また、牛群再構築に仕向けられる肉用繁殖後継牛の頭数は同1.5%減と減少

2014年12月16日総務省フィードバック数:0社会/政治

「統計調査ニュース」(統計局発行の広報紙)平成26年12月号

「統計調査ニュース」(統計局発行の広報紙)平成26年12月号

求人数

連載米国の経済指標を斬る!<第 6 回>求人数趙 玉亮求人数の定義融危機以前より拡大していると多くの研究者が指摘している。そこで、欠員率(V)米国労働統計局は、求人、採用、離職の動向を把握するため雇用動態調査と失業率(U)との関係を示すベバリッジ(JOLTS)を実施している。このなかで、曲線(UV 曲線)を見てみよう(図表 3)。月の最終営業日において、未充足の職務08∼09 年には、大幅な失業率の上昇との数を求人数(日本の求人数概念と違う欠員率の低下がみられ、UV 曲線は左上方ことに注意する必

2014年5月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:4月英国消費者物価 ~英国紳士もエッグハントがお好き~

EU Indicators欧州経済指標コメント:4月英国消費者物価発表日:2014年5月21日(水)~英国紳士もエッグハントがお好き~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 20日に発表された4月の英国の消費者物価は前年比+1.8%。年明け以降、BOEの物価目標(2%)を下回って推移しているが、過去2ヶ月(2月が同+1.7%、3月が同+1.6%)と比べてやや水準を切り上げた。再加速の主因はコア物価で、前月:同+1.6%→今月:同+2.0%に上昇率が高ま

2014年1月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:12月英国消費者物価 ~祝・物価目標達成~

EU Indicators欧州経済指標コメント:12月英国消費者物価発表日:2014年1月15日(水)~祝・物価目標達成~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 14日に発表された昨年12月の英国の消費者物価は前年比+2.0%と前月(同+2.1%)から上昇率が一段と縮小した。BOEの物価目標(2%)を上回らなかったのは約4年振り。内訳は、エネルギー価格の上昇率が加速(前月:同+1.6%→今月:同+3.3%)した一方、食料品の上昇率が縮小(同+2.8%→

2013年10月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:7-9月期英国GDP(速報値) ~順調な景気回復とバブルの足音~

EU Indicators欧州経済指標コメント:7-9月期英国GDP(速報値)発表日:2013年10月28日(月)~順調な景気回復とバブルの足音~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 25日に発表された7-9月期の英国の実質GDP成長率の速報値は前期比+0.8%(同年率+3.2%)と3四半期連続のプラス成長を記録(左図)。景気は金融危機以前の水準をまだ回復していないが、ここ数四半期は過去の平均成長率(80年代以降で同+0.6%)をやや上回る順調な回復

2012年8月8日日本銀行フィードバック数:1社会/政治

(論文)ビジネスサーベイにおける欠測値補完の検討―短観のケース―

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 ビジネスサーベイにおける欠測値補完の検討—全国企業短期経済観測調査(短観)のケース—2012年8月7日平川貴大*1 鳩貝淳一郎*2要旨ビジネスサーベイにおいて、回答が得られないデータ(欠測値)をどのように処理するかは、統計の精度や信頼性を維持・向上する上で、重要なテーマである。全国企業短期経済観測調査(短観)では、調査先企業のご協力を得て高い回答率を達成しているものの、調査回によって欠測値が相応に存在する。このうち、売

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ