「総務省」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年5月22日e-statフィードバック数:0マーケティング

統計ダッシュボード

市区町村一覧あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行 総務省( 法人番号:2000012020001) 統計局統計ダッシュボード

2017年1月30日かみあぷ速報フィードバック数:0モバイル

MVNOへ乗り換える予定ある?

【読者アンケート】MVNOへ乗り換える予定ある?アンケート結果発表ッ2529322017.01.212017-01-21 15:00:00特集記事yumiこんにちは、yumiです。今週は「MVNOへ乗り換える予定ある?」というアンケート実施しました。今回、結果を集計したので発表したいと思います!MVNOへの乗り換え予定は?総務省がスマホ販売に関するガイドラインを策定しキャリアを指導し始めてからというもの、ユーザーの負担は増すばかり…。先日も、今後発売されるスマホの価格が今より高くなるガイドライン

2016年1月12日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

平成25年土地基本調査(確報集計)

平成25年土地基本調査(確報集計)の公表について 平成27年12月25日 国土交通省では、全国の土地・建物の所有・利用状況等に関する実態を明らかにする「土地基本調査」を5年周期で実施しています。平成25年に実施した調査について、平成26年10月31日に速報集計を公表しましたが、このたび、確報集計を取りまとめましたので、その内容について公表します。  「土地基本調査」は、全国の法人における土地・建物及び全国の世帯における土地の所有・利用状況等に関する実態を全国及び地域別に明らかにし、土地の有効

2015年6月18日北海道フィードバック数:0社会/政治

住民基本台帳人口・世帯数及び人口動態(平成26年)他)

最終更新日:2017年7月05日(水)住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数に関する調査 / 総務省自治行政局 住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)の規定に基づき、住民基本台帳の記載事項について市町村長から報告を受け、人口の状態を明らかにし、各種施策の基礎資料を得る。 人口・世帯数及び人口動態/年齢5歳階級別人口 (年報) 総合政策部地域主権・行政局市町村課行政グループ(011-204-5152 内線23-514) 住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)の規定に基づき、市町村に

2015年5月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査(2015年4月) ~前月比は▲5.5%とショッキングな結果~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:家計調査(2015年4月)発表日:2015年5月29日(金)~前月比は▲5.5%とショッキングな結果~担当第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524(単位:%)実質消費支出合計前年比(二人以上世帯)除く住居等(※)実質可処分所得(勤労者世帯)前月比前年比前月比前年比1月1.11.01.12.1▲2月▲ 2.5▲ 0.7▲ 2.2▲ 2.3▲3月7.210.98.69.8▲4月▲ 4

2015年5月19日北海道フィードバック数:0社会/政治

北海道住民基本台帳人口移動報告(平成27年1~3月分)

最終更新日:2017年7月13日(木)住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数に関する調査 / 総務省自治行政局 住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)の規定に基づき、住民基本台帳の記載事項について市町村長から報告を受け、人口の状態を明らかにし、各種施策の基礎資料を得る。 人口・世帯数及び人口動態/年齢5歳階級別人口 (年報) 総合政策部地域主権・行政局市町村課行政グループ(011-204-5152 内線23-514) 住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)の規定に基づき、市町村に

2015年5月6日商工中金★フィードバック数:0キャリアとスキル

女性の就労についてのレポートです。

「女性の活躍」は進んでいるか

情報メモ NO.27-15「女性の活躍」は進んでいるか~増えているのは非正規・中高年・低所得~2015 年 4 月 27 日 調査部担当 鈴木 潤TEL:03-3246-93702013 年 6 月に政府が発表した「日本再興戦略」では、「女性の活躍推進1」が成長戦略における柱の一つとして提唱されている。「女性が活躍できる環境整備を推進する」ため、政府は様々な政策を打ち出し、約 2 年が経過しようとしているが、「女性の活躍」は進んでいるのであろうか。本稿では、女性の雇用を①雇用形態、②企業規模

2015年4月17日北海道フィードバック数:0社会/政治

住民基本台帳人口<住基ネット人口>(平成27年3月末現在)

最終更新日:2017年7月05日(水)住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数に関する調査 / 総務省自治行政局 住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)の規定に基づき、住民基本台帳の記載事項について市町村長から報告を受け、人口の状態を明らかにし、各種施策の基礎資料を得る。 人口・世帯数及び人口動態/年齢5歳階級別人口 (年報) 総合政策部地域主権・行政局市町村課行政グループ(011-204-5152 内線23-514) 住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)の規定に基づき、市町村に

2015年4月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

暮らしが見えるグラフ24(2015年4月号)

統計情報2016 年 4 月 12 日全4頁【統計情報】暮らしが見えるグラフ24(2016 年 4 月号)データバンク課[目次]Ⅰ.仕事のこと1.一般労働者の給与総額と所定内給与2.パートタイムの給与総額と所定内給与3.労働時間と残業時間4.完全失業率と有効求人倍率5.転職者比率6.就業者総数における高齢者の割合7.就業者の女性比率8.年次有給休暇取得率Ⅱ.家庭のこと1.実質消費支出2.消費者物価指数3.光熱費総額と電気代4.教育関係費・医療費5.首都圏マンション販売6.新車販売台数7.金融

ウェブアクセシビリティの全ページ調査【国(府省庁等)】

アライド・ブレインズは技術と人との関係を見つめて、これからのビジネス社会を提案するコンサルティング・ファームです。 【プレスリリース】 報道関係者各位2015年3月12日アライド・ブレインズ株式会社 印刷用リリース(PDF形式、267KB)この度、国(府省庁、国会、裁判所等)のホームページ50サイトの全ページを対象に、高齢者・障害者のホームページ利用への配慮(ウェブアクセシビリティ)に関するJIS規格(JIS X 8341-3:2010)への対応状況について検証プログラムを用いて調査しました。

情報通信白書についての記事です。

「情報通信白書」最新版に見るICTの現在(後編)--地球規模での共通化進む

「情報通信白書」最新版に見るICTの現在(後編)--地球規模での共通化進む 田島逸郎 2014年10月23日 07時30分印刷 クリップした記事をMyページから読むことができます Here's my content現代のICTは生活や仕事をどう変えるのか 総務省が毎年7月に刊行している「情報通信白書」の平成26年版を解説する本記事、後編ではますます社会や生活に浸透するICTの現在について取り扱う。スマートフォンやタブレットの現状 スマートフォン、タブレットなどが普及して久しいが、これらはラ

「情報通信白書」最新版に見るICTの現在(中編)--到来するデータ活用社会

「情報通信白書」最新版に見るICTの現在(中編)--到来するデータ活用社会 田島逸郎 2014年10月15日 07時00分印刷 クリップした記事をMyページから読むことができます Here's my content 総務省が毎年7月に刊行している「情報通信白書」の平成26年版を解説する本記事、中編ではビッグデータ、オープンデータなどの「データ」を取り巻く事情について取り扱う。活用が本格的に始まったビッグデータ ここ数年で急激に活用されているビッグデータ。しかし、その現状や実際の活用方針を検

情報通信白書の読み解きです。

「情報通信白書」最新版に見るICTの現在(前編)--世界で戦うには何が必要か

「情報通信白書」最新版に見るICTの現在(前編)--世界で戦うには何が必要か 田島逸郎 2014年10月03日 07時00分印刷 クリップした記事をMyページから読むことができます Here's my content 総務省が毎年7月に刊行している「情報通信白書」の平成26年版が刊行された。今年も総務省による調査から各委員会、有識者の見解などを通して、日本や世界の情報通信技術(ICT)の最近のトピックや政府の情報通信政策について広くまとめている本白書は、一読に値するだろう。 今年の特集では

米の1世帯1カ月当たり支出金額・購入数量の推移(平成26年8月)

Ⅰ-2 米の1世帯1ヵ月当たり支出金額・購入数量の推移支出金額対前年比0.1▲ 11.8▲ 5.9▲ 0.91.8▲ 2.4▲ 6.2▲ 4.14.8▲ 2.27.16.68.06.74.05.82.5▲ 4.5▲ 1.6▲ 20.0▲ 8.5▲ 12.1▲ 15.0▲ 9.410.2▲ 29.7▲ 17.5▲ 14.8▲ 13.4▲ 8.1購入単価対前年比426▲ 5.3368▲ 13.6364▲ 1.1360▲ 1.1353▲ 2.03581.6345▲ 3.8340▲ 1.33657.13

2014年8月20日北海道フィードバック数:0社会/政治

北海道住民基本台帳人口移動報告(平成26年4~6月分)

最終更新日:2017年7月05日(水)住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数に関する調査 / 総務省自治行政局 住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)の規定に基づき、住民基本台帳の記載事項について市町村長から報告を受け、人口の状態を明らかにし、各種施策の基礎資料を得る。 人口・世帯数及び人口動態/年齢5歳階級別人口 (年報) 総合政策部地域主権・行政局市町村課行政グループ(011-204-5152 内線23-514) 住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)の規定に基づき、市町村に

2014年8月11日北海道フィードバック数:0社会/政治

住民基本台帳人口<住基ネット人口【参考値】(平成26年6月末)

最終更新日:2017年7月05日(水)住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数に関する調査 / 総務省自治行政局 住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)の規定に基づき、住民基本台帳の記載事項について市町村長から報告を受け、人口の状態を明らかにし、各種施策の基礎資料を得る。 人口・世帯数及び人口動態/年齢5歳階級別人口 (年報) 総合政策部地域主権・行政局市町村課行政グループ(011-204-5152 内線23-514) 住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)の規定に基づき、市町村に

2014年7月10日共立総合研究所★フィードバック数:0キャリアとスキル

働く女性の調査です。

データでみる働く女性の実情

データでみる働く女性の実情人的資源のフル活用だ」とし、質の高い保育サービスの  はじめに提供や勤務時間の柔軟性向上などの対策を政府に提案している。アベノミクスの第三の矢の成長戦略には、「女性の活躍」が掲げられ、働く女性の環境整備が進められている。本年都道府県(%)有業率(2014年)は、男女雇用機会均等法が制定されておよそ1福井県53.0(53.4)30年になる。その間に、働く女性の状況はどのように変わっ2東京都52.2(51.8)2石川県52.2(53.3)4富山県51.1(52.5)4長野県

2014年6月16日北海道フィードバック数:0社会/政治

住民基本台帳人口・世帯数及び人口動態(平成25年度)

最終更新日:2017年7月05日(水)住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数に関する調査 / 総務省自治行政局 住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)の規定に基づき、住民基本台帳の記載事項について市町村長から報告を受け、人口の状態を明らかにし、各種施策の基礎資料を得る。 人口・世帯数及び人口動態/年齢5歳階級別人口 (年報) 総合政策部地域主権・行政局市町村課行政グループ(011-204-5152 内線23-514) 住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)の規定に基づき、市町村に

米の1世帯1カ月当たり支出金額・購入数量の推移(平成26年4月)

Ⅰ-2 米の1世帯1ヵ月当たり支出金額・購入数量の推移支出金額対前年比0.1▲ 11.8▲ 5.9▲ 0.91.8▲ 2.4▲ 6.2▲ 4.14.8▲ 2.27.16.68.06.74.05.82.5▲ 4.5▲ 1.6▲ 20.0▲ 8.5▲ 12.1▲ 15.0▲ 9.410.2▲ 29.7購入単価対前年比426▲ 5.3368▲ 13.6364▲ 1.1360▲ 1.1353▲ 2.03581.6345▲ 3.8340▲ 1.33657.13742.54028.03958.63804.1

2014年6月3日日本総研フィードバック数:0社会/政治

消費増税分以上に上昇する消費者物価-増税後の反動減からの需要回復が順調であれば、年後半も高めの伸びが続く可能性

No.2014-0072014年6月2日http://www.jri.co.jp消費増税分以上に上昇する消費者物価~ 増税後の反動減からの需要回復が順調であれば、年後半も高めの伸びが続く可能性 ~(1)4月の消費者物価指数(除く生鮮食品)は、消費税率引き上げの直接的な影響(約+1.7%ポイント(※1))を除いたベースで前年同月比+1.5%と、3月(同+1.3%)に比べ騰勢が加速(図表1)。全体としては、増税分をやや上回る値上げが行われた模様。(2)生鮮食品と非課税品目を除く価格上昇率の変化(3月

米の1世帯1カ月当たり支出金額・購入数量の推移(平成26年3月)

Ⅰ-2 米の1世帯1ヵ月当たり支出金額・購入数量の推移支出金額対前年比0.1▲ 11.8▲ 5.9▲ 0.91.8▲ 2.4▲ 6.2▲ 4.14.8▲ 2.27.16.68.06.74.05.82.5▲ 4.5▲ 1.6▲ 20.0▲ 8.5▲ 12.1▲ 15.0▲ 9.410.2購入単価対前年比426▲ 5.3368▲ 13.6364▲ 1.1360▲ 1.1353▲ 2.03581.6345▲ 3.8340▲ 1.33657.13742.54028.03958.63804.13895.7

2014年5月8日北海道フィードバック数:0社会/政治

住民基本台帳人口・世帯数

最終更新日:2017年6月16日(金)住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数に関する調査 / 総務省自治行政局 住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)の規定に基づき、住民基本台帳の記載事項について市町村長から報告を受け、人口の状態を明らかにし、各種施策の基礎資料を得る。 人口・世帯数及び人口動態/年齢5歳階級別人口 総合政策部地域主権・行政局市町村課行政グループ(内線23-514) 住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)の規定に基づき、市町村に届出のあった事項のデータを取りまとめ

2014年2月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査(2014年1月) ~早めの駆け込みを主因に増加~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:家計調査(2014年1月)発表日:2014年2月28日(金)~早めの駆け込みを主因に増加~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525(単位:%)実質消費支出 (二人以上世帯)実質可処分所得消費性向合計(勤労者世帯)(勤労者世帯)除く住居等(※)前年比20132014前月比前年比前月比前年比前月比季調値1月2月2.40.81.01.82.20.41.30.7▲ 0.1▲ 1.7▲ 0

2014年2月3日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

採用昇任等基本方針に基づく任用の状況の公表について

採用昇任等基本方針に基づく任用の状況の公表について採用昇任等基本方針に基づく任用の状況について ○ 国家公務員法の規定に基づき、職員の採用、昇任、降任及び転任に関する制度の適切かつ効率的な運用を確保するための基本的な方針として、採用昇任等基本方針(以下「基本方針」という。)が平成21年3月3日に閣議決定されています。○ 基本方針においては、能力・実績に基づく人事管理の徹底を図るため、職員の採用年次及び合格した採用試験の種類にとらわれた運用を行ってはならないこと等が定められており、当該基本方針に基

2013年12月8日南都経済研究所フィードバック数:0社会/政治

統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)~総務省「統計トピックス」から~

統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)~総務省「統計トピックス」から~

2013年10月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

男性無業率の高止まりが意味するもの

リサーチ TODAY2013 年 10 月 17 日男性無業率の高止まりが意味するもの常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創15歳~59歳の既卒男性のうち無業者(ふだん仕事をしていないか、臨時的にしかしていない人)の割合をみると、バブル崩壊後に急上昇したのち、高止まりしている。みずほ総合研究所は先月、無業者の実態把握と支援の強化が必要との趣旨のリポートを発表している1。下記の図表から、無業者の人口に占める割合(無業率)は1992年~2002年にかけて顕著に上昇し、2002年以降は高止まりが続

2013年9月1日Yahoo!★フィードバック数:0マーケティング

スポーツについてのまとまった調査です。

スポーツ好きの人の観戦スタイルと購買行動の関係~スポーツ行動と観戦に関する動向調査2013

【業界情報】スポーツ行動と観戦に関する動向調査スポーツを観戦するのは「テレビ」が9割以上更新日:2016.08.16 皆さんは、日ごろ身体を動かしていますか? 総務省の調査(「統計からみたスポーツの今昔」2012年10月7日公開)によると、スポーツをする人の割合は20年間連続で低下しているそうです。一方で、2020年の東京開催に向けて招致活動が盛り上がりを見せている「オリンピック競技大会」の影響もあってか、スポーツ観戦についてはこれまで以上に関心が高まっているようです。また、総務省の調査ではスポ

2013年8月28日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

若年世代の雇用問題 ~雇用を考える2:人口動態を背景に若年雇用環境の改善を促せ!~

Economic Trendsマクロ経済分析レポートテーマ:若年世代の雇用問題発表日:2013年8月26日(月)~雇用を考える②:人口動態を背景に若年雇用環境の改善を促せ!~第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 鈴木将之(03-5221-4547)(要旨)1990 年代後半以降、若年世代(15~24 歳)の雇用環境は決してよい状況とはいえなかった。学卒後の就職が難しくなり、就職できたとしても非正社員としての雇用が増え、生活が不安定化している。しかしながら、労働供給面では長期的な人口の

2013年7月31日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査(2013年6月) ~ヘッドラインほどの悪化ではない~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:家計調査(2013年6月)発表日:2013年7月30日(火)~ヘッドラインほどの悪化ではない~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 星野 卓也TEL:03-5221-4526(単位:%)実質消費支出 (二人以上世帯)合計20121月2月3月4月5月6月7月8月20139月10月11月12月1月2月3月4月5月6月実質可処分所得除く住居等(※)前年比▲ 2.32.33.42.6前月比0.00.60.6▲ 0.5前年比▲

2013年7月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

物価と賃金はどうして連動するの?

よく分かる!経済のツボ物価と賃金はどうして連動するの?経済調査部賃金が上がれば物価は上がる?資料1星野 卓也賃金上昇の好循環賃金が上がれば、物価は上がると考えられます(資料1)。賃金上昇によって、家計の懐に余裕ができるため、企業側が販売価格を上げやすくなり物価が上がる、という流れです。さらに販売価格の上昇が売上高の増加に繋がるため、企業収益は増加、さらに賃金を上げやすくなるといった好循環が生まれることが期待されます。物価が上がれば賃金は上がる?(出所)当社作成資料2労働争議件数と消費者物価上昇率

2013年3月30日日本政策金融公庫★フィードバック数:2マーケティング

シニアの消費についてのコラムです。

シニア世代の消費動向 ~期待される消費市場~

日本政策金融公庫 総合研究所 中小企業研究グループ中小企業動向 トピックス平成2 5 年3月19日NO. 6 0 シニア世代の消費動向~期待される消費市場~ わが国における消費活動の停滞感が拭えないなか、時間やお金に比較的余裕のある、いわゆるシニア世代の消費が注目されています。 以下では、シニア世代の消費動向の近年における特徴を、それをうまくとらえて成功している企業の事例を交えながら紹介していきます。拡大が期待されるシニア世代の消費市場 シニア世代の人口増加、経済的な余裕、時間的なゆとりを背景

2013年2月8日大和総研フィードバック数:3キャリアとスキル

科学技術分野における男女共同参画の動向

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 科学技術分野における男女共同参画の動向-平成24年科学技術研究調査から- 平成15年6月に男女共同参画推進本部が決定した「社会のあらゆる分野において、2020年までに、指導的地位に女性が占める割合が、少なくとも30%程度になるよう期待する」という目標の達成に向けて、さまざまな分野で男女共同参画への取り組みが進められている。科学技術の分野でも、多様な視点や発想を取り入れた研究活動を活性化するために、女性

国のホームページのウェブアクセシビリティに関するJIS規格への対応状況

アライド・ブレインズは技術と人との関係を見つめて、これからのビジネス社会を提案するコンサルティング・ファームです。 【プレスリリース】 報道関係者各位2012年7月3日アライド・ブレインズ株式会社アライド・ブレインズ株式会社(東京都千代田区、代表取締役:大野勝利、以下、アライド・ブレインズ)は、この度、国(府省庁、国会、裁判所等)のホームページ49サイトの全ページを対象に、高齢者・障害者のホームページ利用への配慮(ウェブアクセシビリティ)に関するJIS規格(JIS X 8341-3:2010)

東日本大震災による情報通信の被害状況と最新対応

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング調査レポート発刊のお知らせ 東日本大震災による情報通信の被害状況と最新対応以下の事項について、図表などを用いて整理して掲載しています。・ 東日本大震災における情報通信分野の被害状況、復旧対応動向。・ 総務省における情報通信分野の震災対応の状況。・ 大規模災害における情報通信の見直し動向「総務省 検討会」 の状況。・ NTT、KDDI、ソフトバンク等の被害状況、復旧対応の取組み。・ 情報通信における緊急震災復興施策と予算措置の概要。市場調査・コンサル

2008年11月25日日経BPフィードバック数:0マーケティング

ブログを書かない理由は?

本コンテンツの無断転載、配信、共有利用を禁止します。 ここで1つ問題です。日本人とブログの記事、どっちが多い? 日本の人口は約1億2700万人(総務省8月調査)、ブログの記事は約13億5000万件(総務省1月調査)。1人10本は、記事を書いている計算となる。ところが、月に1回以上更新されるブログは約300万。なので、継続して書いているのは、約40人に1人ぐらい。スパムブログを考えるともう少し少ないのかもしれない。 そこで、1000人のネットユーザーに「ブログを書く」ことについて聞いてみた。現在、

2008年10月7日日経BPフィードバック数:0デジタル家電

この春、パソコンで新しく始めてみたいことは?

本コンテンツの無断転載、配信、共有利用を禁止します。[画像のクリックで拡大表示] 新入社員の影響か、学生時代の習慣か。春になると何か新しいことを始めてみたくなる。そこで、1000人のネットユーザーに「パソコンで新しく始めてみたいこと」を聞いてみた。始めたいことがないと答えた人を除いた内訳が上のグラフだ。 上位の項目に差はないが、回答者の職業内訳を見ると傾向がハッキリ。「ホームページ、ブログの作成」は全体に人気が高いが、中でもビジネスマンに一番人気。もちろん「ネットビジネス」や「金融取引」も視野に

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ