「総合指数」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

「最近の統計調査結果から -2015年-」 4月分

統計調査報告毎月勤労統計調査 ―1月分結果確報―平成27年1月の現金給与総額は前年同月比0.6%増となった。きまって支給する給与は0.3%増(一般労働者0.5%増、パートタイム労働者0.3%増)で、特別に支払われた給与が7.6%増であった。きまって支給する給与の内訳は、所定内給与0.2%増、所定外給与2.1%増である。実質賃金(総額)は前年同月比2.3%減となった。製造業の所定外労働時間(季調値)は前月比3.2%増となった。毎月勤労統計調査 ―2月分結果速報・平成26年年末賞与―2月分結果につ

2015年1月14日商工中金フィードバック数:0社会/政治

月間経済情勢 2015年1月号

2015 年 1 月 7 日発行情報メモ NO.26-122調査部月間経済情勢1 月号目次<最近の経済情勢のポイント><本編>1.国内経済P12.国際経済P9(米国、中国、欧州)3.金融(金利・為替・株価・国際商品市況の動き) P224.『中小企業月次景況観測』抜粋P29<主要経済・金融指標等>P30物価の伸び悩み4≪消費者物価の変化要因≫(前年比、%)その他3消費税2食料賃金1輸入物価0円安需給要因-1コアCPI-210:110:311:111:312:112:313:113:314:1(注)

2014年10月15日マーサー ジャパン★フィードバック数:0社会/政治

インフォグラフィックもあります。

グローバル年金指数ランキング (2014年度)

マーサー「グローバル年金指数ランキング(2014年度)」を発表 - 日本の年金制度は25ヶ国中23位本ウェブサイトではご利用者のユーザーエクスペリエンス向上のためにクッキーを使用しております。本ウェブサイトご利用によってクッキー使用の同意をいただいたものとみなします。詳細については「個人情報に関する公表事項について」をご参照下さい。 プレスルーム マーサー「グローバル年金指数ランキング(2014年度)」を発表 - 日本の年金制度は25ヶ国中23位「マーサー・メルボルン・グローバル年金指数(

2014年9月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 FOMCのインフレ見通しを下回る動き(14年8月消費者物価) ~物価の安定感が強まる~

U.S.Indicatorsマクロ経済指標レポート米国 FOMCのインフレ見通しFOMCのインフレ見通しを下見通しを下回を下回る動き(1動き(14(14年8月消費者物価)消費者物価)発表日:20142014年9月19日(金)~物価の物価の安定感安定感が強まる~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-5001消費者物価(Consumer Price Index)消費者物価総合コア食品住宅アパレル運輸医療商品コアサービスコアエネルギー13/11 +0.

2014年8月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【2014年7月米ISM製造業指数】非常に良好、雇用指数も大幅上昇

【7月米ISM製造業指数】非常に良好、雇用指数も大幅上昇 | ニッセイ基礎研究所 【7月米ISM製造業指数】非常に良好、雇用指数も大幅上昇 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 8月1日、米サプライマネジメント協会(ISM)は製造業の景況感を示す7月の製造業指数(PMI)を公表した1。結果は57.1となり、前月(55.3)からさらに上昇し寒波前の水

2014年1月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:1月ユーロ圏PMI指数(速報) ~追加緩和よ、今はさようなら~

EU Indicators欧州経済指標コメント:1月ユーロ圏PMI指数(速報)発表日:2014年1月23日(木)~追加緩和よ、今はさようなら~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 1月のユーロ圏のPMI総合指数(速報値)は53.2と(前月は52.1)、7ヶ月連続で好不況の分岐点を超過。2ヶ月連続で改善モメンタムが加速し、2011年6月以来の水準を記録した。国別・業種別の内訳をみると、ドイツで製造業が2011年5月以来の水準に上昇し、サービス業も前月並

2013年12月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:12月ユーロ圏PMI指数(速報) ~ドイツの好調と南欧諸国の復活の影で埋没するフランス~

EU Indicators欧州経済指標コメント:12月ユーロ圏PMI指数(速報)発表日:2013年12月17日(火)~ドイツの好調と南欧諸国の復活の影で埋没するフランス~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 12月のユーロ圏のPMI総合指数(速報値)は52.1と3ヶ月振りに改善モメンタムが加速し、9月の直近ピークに接近した。内訳は、ドイツで製造業が新規受注の拡大に牽引され2011年6月以来の水準に上昇した一方、サービス業が高水準を維持しているものの、

2013年11月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:10月英国PMI ~10-12月期も高成長が続いている~

EU Indicators欧州経済指標コメント:10月英国PMI発表日:2013年11月6日(水)~10-12月期も高成長が続いている~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 5日に出揃った10月の英国のPMI指数は、製造業が2ヶ月連続で改善モメンタムが鈍化したものの、約2年半振りの高水準を記録した8月の今次サイクルのピークに近い水準を維持したうえ、建設業とサービス業で改善モメンタムが加速(各々2007年9月、1997年5月以来の水準を回復)し、今次サ

2013年10月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:10月ユーロ圏PMI指数(速報) ~モメンタム改善が一服、さらなる回復加速の条件は整わず~

EU Indicators欧州経済指標コメント:10月ユーロ圏PMI指数(速報)発表日:2013年10月24日(木)~モメンタム改善が一服、さらなる回復加速の条件は整わず~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 10月のユーロ圏のPMI総合指数(速報値)は51.5と前月(52.2)から低下。4ヶ月連続で好不況の分岐点である50を上回ったが、7ヶ月振りに改善が一服した。内訳は製造業が小幅に改善した一方で、サービス業の改善一服が全体の足を引っ張った。国別・

2013年6月25日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治海外

欧州経済指標コメント:6月ユーロ圏PMI指数(速報) ~景気の悪化ペースに歯止め~

EU Indicators欧州経済指標コメント:6月ユーロ圏PMI指数(速報)発表日:2013年6月21日(金)~景気の悪化ペースに歯止め~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 20日に発表された6月のユーロ圏のPMI総合指数(速報値)は48.9と前月(47.7)から落ち込みが縮小。17ヶ月連続で好不況の分岐点である50を下回っているが、昨年3月以来の水準に復帰し、経済活動の悪化ペースに歯止めが掛かってきた。発表元のMarkitによれば、同指数の水準

最近の統計調査結果から 2013年4月

統計調査報告被保護者調査(注) ― 1月分概数―1月の生活保護の被保護世帯数は1,572,966世帯、被保護実人員は2,153,642人となった。(注)生活保護法に基づく保護を受けている世帯及び保護を受けていた世帯の保護の受給状況を把握するための調査である。毎月勤労統計調査 ―2月分確報―平成25年2月の現金給与総額(規模5人以上)は前年同月比0.8%減、きまって支給する給与は前年同月比0.9%減となった。また、所定内給与は前年同月比0.7%減、所定外給与は2.7%減となった。特別に支払われた

2013年4月25日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治海外

欧州経済指標コメント:4月ユーロ圏PMI指数(速報) ~ドイツ景気の失速が心配~

EU Indicators欧州経済指標コメント:4月ユーロ圏PMI指数(速報)発表日:2013年4月23日(火)~ドイツ景気の失速が心配~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 4月のユーロ圏のPMI総合指数(速報値)は46.5と前月から横ばい、15ヶ月連続で好不況の分岐点である50を下回った。同指数は昨年11月以来、4ヶ月連続で前月から悪化ペースが緩和してきたが、今年の1月を境にモメンタムの改善(悪化ペースの緩和)が止まっている。発表元のMarkit

2012年1月18日内閣府フィードバック数:2社会/政治

消費総合指数の改定について

今週の指標 No.1019 消費総合指数の改定についてポイント2012年1月17日内閣府(経済財政分析担当)では、月例経済報告における個人消費の基調判断の一材料として消費総合指数を作成している(注1)。消費総合指数とは、四半期別GDP速報(QE)の作成方法を参考にしながら、月次で個人消費の動向を総合的に捉えられるよう需要側統計(「家計調査」等)と供給側統計(「鉱工業出荷指数」等)を合成したものである。しかし、以前より閏年等を考慮していない季節調整法や、形態別の要因分解が不可能という問題を指摘され

2011年6月23日MasterCard★フィードバック数:1社会/政治

マスターカードによる調査結果です。

景気動向についての消費者意識調査

ニュース編集室Mastercardの最新ニュースリリースをお届けします。 Mastercard景気動向についての消費者意識調査: アジア/太平洋地域では地震の影響で消費者信頼度が弱まる- 調査対象市場の半数以上で半年前に比べ消費者信頼度が低下し、 日本とニュージーランドが最も低い結果に -平成23年6月23日ペイメント・ソリューションで世界をリードするMastercard Worldwide (本社:ニューヨーク州パーチェス、日本地区プレジデント:ロバート・R・ルートン、以下、Master

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ