「総合指数」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

「最近の統計調査結果から -2015年-」 4月分

統計調査報告毎月勤労統計調査 ―1月分結果確報―平成27年1月の現金給与総額は前年同月比0.6%増となった。きまって支給する給与は0.3%増(一般労働者0.5%増、パートタイム労働者0.3%増)で、特別に支払われた給与が7.6%増であった。きまって支給する給与の内訳は、所定内給与0.2%増、所定外給与2.1%増である。実質賃金(総額)は前年同月比2.3%減となった。製造業の所定外労働時間(季調値)は前月比3.2%増となった。毎月勤労統計調査 ―2月分結果速報・平成26年年末賞与―2月分結果につ

2015年5月7日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

農業物価指数(平成27年3月分)-平成22年基準-

平成27年4月28日公表農 業 物 価 指 数 (平成27年3月)ー平成22年基準ー農 産 物 価 格 指 数 ( 総 合 価 格 指 数 ) は 前 年 同 月 に 比 べ 3.8 % 上 昇 農業生産資材価格指数(総合価格指数)は前年同月に比べ2.8%上昇【調査結果の概要】1  農産物価格指数(総合価格指数)は110.6で、野菜(14.4%)、畜産物(10.3%)等 の上昇により前年同月比は3.8%上昇した。  また、前月比は1.2%上昇した。 2  農業生産資材価格指数(総合価格指数)は1

2014年10月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:10月ユーロ圏PMI指数(速報) ~ドイツ不安は後退も、やや出来すぎの感も~

EU Indicators欧州経済指標コメント:10月ユーロ圏PMI指数(速報)発表日:2014年10月24日(金)~ドイツ不安は後退も、やや出来すぎの感も~第一生命経済研究所 経済調査部 主席エコノミスト 田中 理 03-5221-4527・ 23日に発表された10月のユーロ圏のPMI総合指数の速報値は3ヶ月振りに改善し(前月:52.0→今 月:52.2)、16ヶ月連続で好不況の分岐点である 50を上回った。ただ、指数の水準は今年に入っての 最低を記録した前月に次いで低い。10-12月期入り後

2014年10月15日マーサー ジャパン★フィードバック数:0社会/政治

インフォグラフィックもあります。

グローバル年金指数ランキング (2014年度)

マーサー「グローバル年金指数ランキング(2014年度)」を発表 - 日本の年金制度は25ヶ国中23位本ウェブサイトではご利用者のユーザーエクスペリエンス向上のためにクッキーを使用しております。本ウェブサイトご利用によってクッキー使用の同意をいただいたものとみなします。詳細については「個人情報に関する公表事項について」をご参照下さい。 プレスルーム マーサー「グローバル年金指数ランキング(2014年度)」を発表 - 日本の年金制度は25ヶ国中23位「マーサー・メルボルン・グローバル年金指数(

2014年8月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【2014年7月米ISM製造業指数】非常に良好、雇用指数も大幅上昇

【7月米ISM製造業指数】非常に良好、雇用指数も大幅上昇 | ニッセイ基礎研究所 【7月米ISM製造業指数】非常に良好、雇用指数も大幅上昇 研究員 高山 武士8月1日、米サプライマネジメント協会(ISM)は製造業の景況感を示す7月の製造業指数(PMI)を公表した1。結果は57.1となり、前月(55.3)からさらに上昇し寒波前の水準を回復、市場予想の56.0(Bloomberg集計の中央値)も上回った(詳細はPDFを参照)。7月は総合指数だけでなく、項目別の指数も非常に好感できる内容だった。特に

最近の統計調査結果から 2013年4月

統計調査報告被保護者調査(注) ― 1月分概数―1月の生活保護の被保護世帯数は1,572,966世帯、被保護実人員は2,153,642人となった。(注)生活保護法に基づく保護を受けている世帯及び保護を受けていた世帯の保護の受給状況を把握するための調査である。毎月勤労統計調査 ―2月分確報―平成25年2月の現金給与総額(規模5人以上)は前年同月比0.8%減、きまって支給する給与は前年同月比0.9%減となった。また、所定内給与は前年同月比0.7%減、所定外給与は2.7%減となった。特別に支払われた

2012年1月18日内閣府フィードバック数:2社会/政治

消費総合指数の改定について

今週の指標 No.1019 消費総合指数の改定についてポイント2012年1月17日内閣府(経済財政分析担当)では、月例経済報告における個人消費の基調判断の一材料として消費総合指数を作成している(注1)。消費総合指数とは、四半期別GDP速報(QE)の作成方法を参考にしながら、月次で個人消費の動向を総合的に捉えられるよう需要側統計(「家計調査」等)と供給側統計(「鉱工業出荷指数」等)を合成したものである。しかし、以前より閏年等を考慮していない季節調整法や、形態別の要因分解が不可能という問題を指摘され

2011年6月23日MasterCard★フィードバック数:1社会/政治

マスターカードによる調査結果です。

景気動向についての消費者意識調査

ニュース編集室Mastercardの最新ニュースリリースをお届けします。 Mastercard景気動向についての消費者意識調査: アジア/太平洋地域では地震の影響で消費者信頼度が弱まる- 調査対象市場の半数以上で半年前に比べ消費者信頼度が低下し、 日本とニュージーランドが最も低い結果に -平成23年6月23日ペイメント・ソリューションで世界をリードするMastercard Worldwide (本社:ニューヨーク州パーチェス、日本地区プレジデント:ロバート・R・ルートン、以下、Master

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ