調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 総合政策研究部

「総合政策研究部」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

未婚化・晩婚化はどこまで進む?-国勢調査からみる未婚率の状況

未婚化・晩婚化はどこまで進む?-国勢調査からみる未婚率の状況 | ニッセイ基礎研究所 未婚化・晩婚化はどこまで進む?-国勢調査からみる未婚率の状況 生活研究部 主任研究員・総合政策研究部兼任 井上 智紀基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 少子化の要因の一つとして、未婚化・晩婚化の進展が叫ばれるようになって久しい。国立社会保障・人口問題研究所の「第14回出生動向基

鉱工業生産15年3月~2四半期連続の増産も在庫調整圧力は残存

鉱工業生産15年3月~2四半期連続の増産も在庫調整圧力は残存 | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産15年3月~2四半期連続の増産も在庫調整圧力は残存 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・1-3月期の生産は前期比1.7%と増産ペースが加速・在庫調整圧力が残り、生産の回復ペースは緩やかにとどまる経済産業省が4月3

マイナス成長下でも企業収益が好調を維持する理由

マイナス成長下でも企業収益が好調を維持する理由 | ニッセイ基礎研究所 マイナス成長下でも企業収益が好調を維持する理由 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日本経済は消費税率引き上げをきっかけとして大きく落ち込み、2014年度の実質GDPはマイナス成長が確実となっている。一方、企業収益は増加を続けており、20

貿易統計15年1月~貿易赤字はいったん解消へ

貿易統計15年1月~貿易赤字はいったん解消へ | ニッセイ基礎研究所 貿易統計15年1月~貿易赤字はいったん解消へ 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易赤字の縮小が続く・輸出は回復基調を強める・貿易赤字はいったん解消へ財務省が2月19日に公表した貿易統計によると、15年1月の貿易収支は▲11,775億円

2015・2016年度経済見通し(15年2月)

2015・2016年度経済見通し(15年2月) | ニッセイ基礎研究所 2015・2016年度経済見通し(15年2月) 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2014年度▲0.9%、2015年度1.8%、2016年度1.9%を予想> 2014年10-12月期の実質GDPは前期比年率2.2%と3四半

QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比0.6%(年率2.2%)~3四半期ぶりのプラス成長も力強さに欠ける

QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比0.6%(年率2.2%)~3四半期ぶりのプラス成長も力強さに欠ける | ニッセイ基礎研究所 QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比0.6%(年率2.2%)~3四半期ぶりのプラス成長も力強さに欠ける 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014年10-12月期の

法人企業統計14年7-9月期~消費増税後も底堅さを維持する企業部門

法人企業統計14年7-9月期~消費増税後も底堅さを維持する企業部門 | ニッセイ基礎研究所 法人企業統計14年7-9月期~消費増税後も底堅さを維持する企業部門 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・製造業が大幅増益・設備投資は堅調を維持・7-9月期・GDP2次速報は上方修正を予想財務省が12月1日に公表した法

家計調査14年6月~駆け込み需要の反動の影響が和らぐ

家計調査14年6月~駆け込み需要の反動の影響が和らぐ | ニッセイ基礎研究所 家計調査14年6月~駆け込み需要の反動の影響が和らぐ 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・実質消費支出の減少幅が縮小・実質所得の改善が個人消費回復の鍵総務省が7月29日に公表した家計調査によると、14年6月の実質消費支出は前年比▲

鉱工業生産14年3月~5四半期連続の増産も、4-6月期は減産が不可避

鉱工業生産14年3月~5四半期連続の増産も、4-6月期は減産が不可避 | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産14年3月~5四半期連続の増産も、4-6月期は減産が不可避 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・5四半期連続の増産・消費税率引き上げ後の在庫動向に注目経済産業省が4月30日に公表した鉱工業指数によると、1

消費者物価(全国14年3月、東京14年4月)~消費税率引き上げ分はほぼフル転嫁

消費者物価(全国14年3月、東京14年4月)~消費税率引き上げ分はほぼフル転嫁 | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国14年3月、東京14年4月)~消費税率引き上げ分はほぼフル転嫁 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPIは4ヵ月連続で前年比1.3%・4月の東京都区部では消費税率引き上げ分がほぼフル

2014・2015年度経済見通し~13年10-12月期GDP2次速報後改定

2014・2015年度経済見通し~13年10-12月期GDP2次速報後改定 | ニッセイ基礎研究所 2014・2015年度経済見通し~13年10-12月期GDP2次速報後改定 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2013年度2.3%、2014年度0.5%、2015年度1.1%を予想> 2013年

2014年3月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

家計が直面する物価上昇率は2%、消費税率引き上げ後には4%台へ

家計が直面する物価上昇率は2%、消費税率引き上げ後には4%台へ | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 家計が直面する物価上昇率は2%、消費税率引き上げ後には4%台へ家計が直面する物価上昇率は2%、消費税率引き上げ後には4%台へ 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年12月の消

消費者物価(全国14年1月)~コアCPIは1%台前半の伸びが続く

消費者物価(全国14年1月)~コアCPIは1%台前半の伸びが続く | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国14年1月)~コアCPIは1%台前半の伸びが続く 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPIは3ヵ月連続で1%台の伸び・物価上昇の裾野がさらに広がる・消費税率引き上げ後のコアCPI上昇率は3%台前半

2013~2015年度経済見通し~13年7-9月期GDP2次速報後改定

2013~2015年度経済見通し~13年7-9月期GDP2次速報後改定 | ニッセイ基礎研究所 2013~2015年度経済見通し~13年7-9月期GDP2次速報後改定 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2013年度2.5%、2014年度0.2%、2015年度0.9%を予想> 2013年7-9月

2013~2015年度経済見通し~2013年度中は高成長も、消費増税後に試練

2013~2015年度経済見通し~2013年度中は高成長も、消費増税後に試練 | ニッセイ基礎研究所 2013~2015年度経済見通し~2013年度中は高成長も、消費増税後に試練 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2013年度2.6%、2014年度0.2%、2015年度0.9%を予想> 201

QE速報:7-9月期の実質GDPは前期比0.5%(年率1.9%)~減速は一時的の公算

QE速報:7-9月期の実質GDPは前期比0.5%(年率1.9%)~減速は一時的の公算 | ニッセイ基礎研究所 QE速報:7-9月期の実質GDPは前期比0.5%(年率1.9%)~減速は一時的の公算 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年7-9月期の実質GDP成長率は、前期比0.5%(前期比年率1.9%)

消費者物価(全国13年9月)~ 総合指数では物価上昇品目数が下落品目数を上回る

消費者物価(全国13年9月)~ 総合指数では物価上昇品目数が下落品目数を上回る | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国13年9月)~ 総合指数では物価上昇品目数が下落品目数を上回る 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPI上昇率は0.1ポイント縮小・物価上昇の裾野が広がる・コアCPI上昇率は1%程度

貿易統計13年9月~7-9月期の外需寄与度は前期比▲0.3%程度のマイナスに

貿易統計13年9月~7-9月期の外需寄与度は前期比▲0.3%程度のマイナスに | ニッセイ基礎研究所 貿易統計13年9月~7-9月期の外需寄与度は前期比▲0.3%程度のマイナスに 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・大幅な貿易赤字が続く・輸出の伸び悩みが続く・7-9月期の外需寄与度は前期比▲0.3%程度のマ

2013~2015年度経済見通し-高成長持続後に正念場を迎える日本経済

2013~2015年度経済見通し-高成長持続後に正念場を迎える日本経済 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 2013~2015年度経済見通し-高成長持続後に正念場を迎える日本経済2013~2015年度経済見通し-高成長持続後に正念場を迎える日本経済 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら

雇用関連統計13年8月 ~失業率は急上昇も雇用情勢の改善基調は維持

雇用関連統計13年8月 ~失業率は急上昇も雇用情勢の改善基調は維持 | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計13年8月 ~失業率は急上昇も雇用情勢の改善基調は維持 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・失業率は0.3ポイント上昇の4.1%・製造業の求人増が続総務省が10月1日に公表した労働力調査によると、13年8

鉱工業生産13年8月 ~生産の回復ペースは依然緩やかだが、年度末にかけて伸びが高まる公算

鉱工業生産13年8月 ~生産の回復ペースは依然緩やかだが、年度末にかけて伸びが高まる公算 | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産13年8月 ~生産の回復ペースは依然緩やかだが、年度末にかけて伸びが高まる公算 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・生産の回復ペースは引き続き緩やか・年度末にかけて生産の伸びは高まる公

消費者物価(全国13年8月)~物価上昇の裾野が徐々に広がる

消費者物価(全国13年8月)~物価上昇の裾野が徐々に広がる | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国13年8月)~物価上昇の裾野が徐々に広がる 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPIは3ヵ月連続のプラス・物価上昇品目数が4ヵ月連続で増加・コアCPI上昇率は年末にかけて1%程度まで拡大へ総務省が9月2

家計の金融資産についてのデータです。

世帯の金融資産保有の状況と貯蓄・投資先の動向

世帯の金融資産保有の状況と貯蓄・投資先の動向 | ニッセイ基礎研究所 世帯の金融資産保有の状況と貯蓄・投資先の動向 生活研究部 シニアマーケティングリサーチャー・総合政策研究部兼任 井上 智紀基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査」によれば、金融資産を保有している世帯の割合は9割前後を示していた20年前に比べ15ポ

2013年9月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度経済見通し~13年4-6月期GDP2次速報後改定

2013~2015年度経済見通し~13年4-6月期GDP2次速報後改定 | ニッセイ基礎研究所 2013~2015年度経済見通し~13年4-6月期GDP2次速報後改定 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2013年度2.8%、2014年度0.0%、2015年度0.8%を予想> 2013年4-6月

2013年9月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

経済予測の上方修正からアベノミクスの効果を探る

経済予測の上方修正からアベノミクスの効果を探る | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 経済予測の上方修正からアベノミクスの効果を探る経済予測の上方修正からアベノミクスの効果を探る 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら アベノミクスの効果を定量的に捉えることは難しいが、エコノミストの経済

2013年9月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

法人企業統計13年4-6月期 ~企業収益の急回復に伴い設備投資も持ち直し、4-6月期の成長率は大幅上方修正へ

法人企業統計13年4-6月期 ~企業収益の急回復に伴い設備投資も持ち直し、4-6月期の成長率は大幅上方修正へ | ニッセイ基礎研究所 法人企業統計13年4-6月期 ~企業収益の急回復に伴い設備投資も持ち直し、4-6月期の成長率は大幅上方修正へ 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・6四半期連続の増益・企業の設

消費者物価(全国13年7月)~コアCPIは年末にかけて1%程度まで上昇へ

消費者物価(全国13年7月)~コアCPIは年末にかけて1%程度まで上昇へ | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国13年7月)~コアCPIは年末にかけて1%程度まで上昇へ 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPIは2ヵ月連続のプラス・物価上昇品目数が3ヵ月連続で増加・コアCPI上昇率は年末にかけて1%

鉱工業生産13年7月 ~生産の回復ペースは引き続き緩やか

鉱工業生産13年7月 ~生産の回復ペースは引き続き緩やか | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産13年7月 ~生産の回復ペースは引き続き緩やか 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・生産の回復ペースは引き続き緩やか・輸送機械の増産が一巡経済産業省が8月30日に公表した鉱工業指数によると、13年7月の鉱工業生産指数

雇用関連統計13年7月 ~製造業の雇用者数が増加に転じる

雇用関連統計13年7月 ~製造業の雇用者数が増加に転じる | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計13年7月 ~製造業の雇用者数が増加に転じる 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・製造業の雇用者数が増加に転じる・需要不足失業はほぼ解消総務省が8月30日に公表した労働力調査によると、13年7月の完全失業率は前月か

地方財政の健全化は進んだのか?-その2:健全化判断比率の読み方と地方公共団体の動向

地方財政の健全化は進んだのか?-その2:健全化判断比率の読み方と地方公共団体の動向 | ニッセイ基礎研究所 地方財政の健全化は進んだのか?-その2:健全化判断比率の読み方と地方公共団体の動向 経済研究部 主任研究員・総合政策研究部兼任 石川 達哉基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2007~2011年度における 4種類の健全化判断比率の動向を分析すると、市町村につ

貿易統計13年7月 ~貿易赤字が再び拡大

貿易統計13年7月 ~貿易赤字が再び拡大 | ニッセイ基礎研究所 貿易統計13年7月 ~貿易赤字が再び拡大 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易赤字(季節調整値)が再び拡大・EU向け輸出が持ち直し財務省が8月19日に公表した貿易統計によると、13年7月の貿易収支は▲10,024億円と13ヵ月連続の赤字と

2013~2015年度経済見通し ~ 高成長持続後に正念場を迎える日本経済

2013~2015年度経済見通し ~ 高成長持続後に正念場を迎える日本経済 | ニッセイ基礎研究所 2013~2015年度経済見通し ~ 高成長持続後に正念場を迎える日本経済 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2013年度2.5%、2014年度0.0%、2015年度0.8%を予想> 2013年

QE速報:4-6月期の実質GDPは前期比0.6%(年率2.6%)~2四半期続けて内外需揃った高成長

QE速報:4-6月期の実質GDPは前期比0.6%(年率2.6%)~2四半期続けて内外需揃った高成長 | ニッセイ基礎研究所 QE速報:4-6月期の実質GDPは前期比0.6%(年率2.6%)~2四半期続けて内外需揃った高成長 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年4-6月期の実質GDP成長率は、前期比0

2013年8月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2013年4-6月期の実質GDP ~前期比0.9%(年率3.6%)を予測

2013年4-6月期の実質GDP ~前期比0.9%(年率3.6%)を予測 | ニッセイ基礎研究所 2013年4-6月期の実質GDP ~前期比0.9%(年率3.6%)を予測 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 8/12に内閣府から公表される2013年4-6月期の実質GDPは、前期比0.9%(前期比年率3.6%)

雇用関連統計13年6月 ~失業率は4年8カ月ぶりの3%台

雇用関連統計13年6月 ~失業率は4年8カ月ぶりの3%台 | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計13年6月 ~失業率は4年8カ月ぶりの3%台 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・失業率は4年8ヵ月ぶりの3%台・製造業の新規求人数が13ヵ月ぶりの増加総務省が7月30日に公表した労働力調査によると、13年6月の完

鉱工業生産13年6月 ~輸出の伸び悩みを背景に生産の回復ペースは依然緩やか

鉱工業生産13年6月 ~輸出の伸び悩みを背景に生産の回復ペースは依然緩やか | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産13年6月 ~輸出の伸び悩みを背景に生産の回復ペースは依然緩やか 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・市場予想を大きく下回る大幅な低下・輸出の下振れがリスク要因経済産業省が7月30日に公表した鉱工業

消費者物価(全国13年6月)~コアCPI上昇率は年末にかけて1%近くまで拡大へ

消費者物価(全国13年6月)~コアCPI上昇率は年末にかけて1%近くまで拡大へ | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国13年6月)~コアCPI上昇率は年末にかけて1%近くまで拡大へ 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPIは1年2ヵ月ぶりのプラス・物価上昇品目数が2ヵ月連続で増加も、引き続き下落品目

良い物価上昇と悪い物価上昇

良い物価上昇と悪い物価上昇 | ニッセイ基礎研究所 良い物価上昇と悪い物価上昇 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 消費者物価(生鮮食品を除く総合)は2013年6月に1年2ヵ月ぶりに前年同月比でプラスに転じた後、上昇ペースが徐々に高まっていくことが予想されるが、ここにきて悪い物価上昇への懸念が高まっている。悪

貿易統計13年6月 ~4-6月期の外需寄与度は前期比0.2%程度のプラスに

貿易統計13年6月 ~4-6月期の外需寄与度は前期比0.2%程度のプラスに | ニッセイ基礎研究所 貿易統計13年6月 ~4-6月期の外需寄与度は前期比0.2%程度のプラスに 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易赤字(季節調整値)は縮小傾向・米国向けが輸出を牽引・4-6月期の外需寄与度は前期比0.2%程

アベノミクスについてのレポートです。

経済予測の上方修正からアベノミクスの効果を探る

経済予測の上方修正からアベノミクスの効果を探る | ニッセイ基礎研究所 経済予測の上方修正からアベノミクスの効果を探る 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら アベノミクスの効果を定量的に捉えることは難しいが、エコノミストの経済予測が安倍政権発足前後でどれだけ変化したかを見ることにより、その効果を探ってみた。ES

2013年7月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度経済見通し-2%の物価目標達成の可能性を探る

2013~2015年度経済見通し-2%の物価目標達成の可能性を探る | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 2013~2015年度経済見通し-2%の物価目標達成の可能性を探る2013~2015年度経済見通し-2%の物価目標達成の可能性を探る 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013

2013年7月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用関連統計13年5月 ~改善が続く雇用情勢

雇用関連統計13年5月 ~改善が続く雇用情勢 | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計13年5月 ~改善が続く雇用情勢 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・改善が続く雇用情勢・製造業の新規求人数は減少が続く総務省が6月28日に公表した労働力調査によると、13年5月の完全失業率は前月から横ばいの4.1%となった(

消費者物価(全国13年5月)~コアCPI上昇率は6月以降プラスへ

消費者物価(全国13年5月)~コアCPI上昇率は6月以降プラスへ | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国13年5月)~コアCPI上昇率は6月以降プラスへ 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPIは7ヵ月ぶりにマイナス圏を脱す・物価下落品目数の割合は11ヵ月連続で50%を上回る・コアCPI上昇率は6月

鉱工業生産13年5月 ~市場予想を上回る高い伸びも、生産計画はやや慎重

鉱工業生産13年5月 ~市場予想を上回る高い伸びも、生産計画はやや慎重 | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産13年5月 ~市場予想を上回る高い伸びも、生産計画はやや慎重 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・生産の伸びは市場予想を大きく上回る・生産計画はやや慎重経済産業省が6月28日に公表した鉱工業指数によると

インフレ予想、インフレ体験の世代間格差~インフレを知らない人達が増えている

インフレ予想、インフレ体験の世代間格差~インフレを知らない人達が増えている | ニッセイ基礎研究所 インフレ予想、インフレ体験の世代間格差~インフレを知らない人達が増えている 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 世代によってものの見方、考え方が大きく違うことを痛感することは少なくないが、その典型例のひとつが物

貿易統計13年5月 ~円安の影響で輸出入ともに高い伸びに

貿易統計13年5月 ~円安の影響で輸出入ともに高い伸びに | ニッセイ基礎研究所 貿易統計13年5月 ~円安の影響で輸出入ともに高い伸びに 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・輸出が1年ぶりに前年比で二桁の伸びに・輸出の持ち直しが継続財務省が6月19日に公表した貿易統計によると、13年5月の貿易収支は▲9,

脚光を浴びる国民総所得(GNI)

脚光を浴びる国民総所得(GNI) | ニッセイ基礎研究所 脚光を浴びる国民総所得(GNI) 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 安倍首相が成長戦略第3弾のスピーチで、1人当たりの国民総所得(GNI)を重視することを表明したことをきっかけに、「国民総所得」がにわかに脚光を浴びている。国民総所得(GNI)は家計の

鉱工業指数の基準改定~基準改定による景気の局面判断への影響は軽微か

鉱工業指数の基準改定~基準改定による景気の局面判断への影響は軽微か | ニッセイ基礎研究所 鉱工業指数の基準改定~基準改定による景気の局面判断への影響は軽微か 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・鉱工業指数は2005年基準から2010年基準へ・基準改定による景気の局面判断への影響は軽微か・今回の公表方法には

2013~2015年度経済見通し~13年1-3月期GDP2次速報後改定

2013~2015年度経済見通し~13年1-3月期GDP2次速報後改定 | ニッセイ基礎研究所 2013~2015年度経済見通し~13年1-3月期GDP2次速報後改定 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2013年度2.6%、2014年度0.0%、2015年度0.8%を予想> 2013年1-3月

2013年6月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

家計のインフレ期待をどうみるか

家計のインフレ期待をどうみるか | ニッセイ基礎研究所 家計のインフレ期待をどうみるか 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら アベノミクスへの期待、金融緩和姿勢の強化に伴う円安、株高を背景として、このところ消費者心理は大幅に改善しており、家計のインフレ期待にも変化の兆しが見られる。「消費動向調査」、「生活意識に

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ