調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 総合研究所

「総合研究所」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

1万人を対象に「仕事を通じた成長」に関する実態調査 ~「成長実感」は「成長志向」の3倍、組織のパフォーマンスに影響~

HOMEニュース 1万人を対象に「仕事を通じた成長」に関する実態調査を実施 ~「成長実感」は「成長志向」の3倍、組織のパフォーマンスに影響~1万人を対象に「仕事を通じた成長」に関する実態調査を実施~「成長実感」は「成長志向」の3倍、組織のパフォーマンスに影響~総合人材サービス、パーソルグループの総合研究機関である株式会社パーソル総合研究所(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:渋谷和久、以下パーソル総合研究所)は、1万人を対象とした「仕事を通じた成長」に関する実態調査を実施いたしましたので、結果を

2017年10月22日産業能率大学フィードバック数:0キャリアとスキル

日本企業の社員の働き方に関する実態調査

産業能率大学&HR総研:「日本企業の社員の働き方に関する実態調査」調査結果の発表 「日本企業の社員の働き方に関する実態調査」調査結果の発表 政府主導で始まった日本企業の「働き方改革」。多くの企業がその取り組みを進めているものと思われます。とはいえ、長時間労働の背景にある要因にメスを入れることなく、単に時間外労働を制限する、有休取得を促進するなどの表面的な取り組みだけでは、“隠れ残業”や“優秀な人への仕事の偏り”といった問題を引き起こし、思うような効果が得られない可能性があります。この度、ProF

2017年4月26日東京企画フィードバック数:0マーケティング

2016年度 企業別CM好感度ランキング

CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。 2016年度 企業別CM好感度ランキングCM総合研究所(東京都港区 代表・関根心太郎)は、2016年度(2016年4月度~2017年3月度)のCM好感度No.1企業として『ベスト・アドバタイザー』を発表するとともに、企業別CM好感度ランキング上位の顔ぶれをレポートいたします。合わせて、前年度から飛躍的にCM好感度の順位を伸ばした「躍進企業」、産業分野別カテゴリートップの「業類No.1企業」を発表いた

2017年2月17日日本政策金融公庫★フィードバック数:0社会/政治

輸出への取り組みに関するアンケート

ニュースリリース平 成 29 年 2 月 1 日株式会社日本政策金融公庫総合研究所企業規模にかかわらず、中小企業は輸出に前向き~「輸出への取り組みに関するアンケート」結 果の概要~日本政策金融公庫(略称:日本公庫)総合研究所は、輸出に取り組む中小企業の実態を探るために「輸出への取り組みに関するアンケート」を実施しました。主な調査結果と調査の要領は以下のとおりです。<主 な調 査結 果 >1 中小企業が輸出に取り組むための環境は整っている(本文4ページ)現在の輸 出環 境について、輸出開 始時に比

2016年12月15日東京企画★フィードバック数:0マーケティング

2016年度「消費者を動かしたCM展開」全74銘柄

CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。 2016年度「消費者を動かしたCM展開」全74銘柄2016年度「消費者を動かしたCM展開」は74銘柄に決定CM総合研究所(東京都港区 代表・関根心太郎)は、2015年11月度から2016年10月度までにCMをオンエアした商品・サービス全7470銘柄を対象に、優れたCM展開で業績の向上に貢献した「消費者を動かしたCM展開」74銘柄を発表いたしました。【「消費者を動かしたCM展開 特別賞」はAmazon

2016年12月15日東京企画フィードバック数:0マーケティング

2016年度 ヒットCM動向

CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。 2016年度 ヒットCM動向 CM総合研究所(東京都港区 代表・関根心太郎)は、2016年度(2015年11月度〜 2016年10月度)のCM好感度ナンバーワンのブランドを発表するとともに、CM好感度ランキング上位の顔ぶれをレポートいたします。2016年度にCMをオンエアした全7470銘柄のうち、CM好感度ナンバーワンは2年連続でKDDIの『au』となった。本年度は「三太郎」シリーズを中心に56作品

2016年4月26日オークネットフィードバック数:0モバイル

携帯電話に関する意識調査

TOPオークネット総合研究所 消費者アンケート結果 ~携帯電話に関する意識調査~ ニュース・トピックス 詳細オークネット総合研究所 消費者アンケート結果 ~携帯電話に関する意識調査~ 情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都港区/社長:藤崎清孝/URL:)は、携帯電話に関するアンケート調査を実施致しました。以下、その回答結果を本日付でご報告致します。1.実施概要調査方法:インターネット上から回答 調査期間:2016年1月28日(木)~2016年2月10日 回答数 :1,329人

2016年3月17日オークネットフィードバック数:0ライフスタイル

花の購入に関するアンケート調査

TOPオークネット総合研究所 消費者アンケート結果 ~花の購入について~ ニュース・トピックス 詳細オークネット総合研究所 消費者アンケート結果 ~花の購入について~ 情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都港区/社長:藤崎清孝/URL:)は、花の購入に関するアンケート調査を実施致しました。以下、その回答結果についてご報告致します。1.実施概要調査方法:インターネット上から回答調査期間:2015年12月24日(木)~2016年1月6日(水) 回答数:1,279人 調査企画:オーク

2015年12月14日東京企画フィードバック数:0マーケティング

2015年11月度 銘柄別CM好感度TOP10

CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。 2017年7月度 銘柄別CM好感度TOP10全オンエア:銘柄調査期間:2017年6月20日〜2017年7月19日、東京キー5局調査対象:関東1都6県 3,000人(4日実査:1,500人+19日実査:1,500人) <各指標の読み方>オンエア作品数:対象期間にオンエアしたCMの作品数放送回数:対象期間にオンエアしたCMの放送回数CM好感度: 3000人(月2回実施の1500人調査の合計)のモニターが

2015年12月14日東京企画フィードバック数:0マーケティング

消費者を動かしたCM展開 特別賞

CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。 「消費者を動かしたCM展開 特別賞」「消費者を動かしたCM展開 特別賞」『ライザップ』など、今年を象徴する8銘柄が受賞CM総合研究所(東京都港区 代表・関根心太郎)は、2015年度にCMをオンエアした商品・サービス全7591銘柄を対象に、優れたCM展開で業績の向上に貢献した「消費者を動かしたCM展開」65銘柄を発表いたしました。そのうち、「今年らしさ」や「影響力」が顕著であった8銘柄が「消費者を動か

2015年12月14日東京企画★★フィードバック数:0マーケティング

2015年度 ヒットCM動向

CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。 2015年度 ヒットCM動向2015年度 ヒットCM動向CM総合研究所(東京都港区 代表・関根心太郎)は、2015年度(2014年11月度~ 2015年10月度)のCM好感度No.1ブランドを発表するとともに、CM好感度ランキング上位の顔ぶれをレポートいたします。【史上最高のCM好感度! KDDI/auが年間総合No.1】2015年度にCMをオンエアした全7591銘柄のうち、CM好感度No.1はKD

地方創生、どの分野で戦うか

わたしの意見 ― 水野 創地方創生、どの分野で戦うか(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」2015年6月25日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 地方創生の動きが本格化し、各地で人口ビジョンや地方版総合戦略の作成が始まっている。「消滅可能性自治体」が発端だったため、「人口減少・高齢化にどう対処するか」に目が向きがちだが、課題はそれだけではない。デフレ、リーマンショック後の超円高、東日本大震災などにより苦境に陥った地域経済についての、関係者が共感・連携できる将来像を描

期待通り、個人消費の回復傾向

わたしの意見 ― 水野 創期待通り、個人消費の回復傾向(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」2015年6月18日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 2015年度第一四半期がまもなく終了する。個人消費は所得の増加、原油価格下落・消費税引き上げの影響一巡から4月以降回復が明確になると考えていたが、天候にも恵まれ期待通りの展開になっているようだ。発表されている4月分以降の統計をみると(表1)、全国の雇用、賃金が前年比で伸び率を高め、消費者物価指数の大幅伸び率低下から実質所

今年度の消費に弾みをつける消費性向の回復

わたしの意見 ― 水野 創今年度の消費に弾みをつける消費性向の回復(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」2015年5月28日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 2015年度の消費は、所得(雇用者所得:賃金×雇用者)の増加、原油価格低下・消費税引き上げの影響一巡による物価の落ち着きにより回復するはずだ。第一四半期(4〜6月)が残り1ヶ月となったが出だしの状況はどうだろう。実質GDPの消費は20日に1〜3月分が発表になったばかりだが(表1)、4月の景気ウォッチャー調査(

続く1都3県への人口流入 千葉県の3月中人口は4年ぶりの増加

わたしの意見 ― 水野 創続く1都3県への人口流入 千葉県の3月中人口は4年ぶりの増加(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」2015年5月8日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 1都3県の人口増加が続いている(図表1)。3月、4月は就職、進学など1年で最も人の動きが激しい時期だが、相次いで発表された3月中の状況を見ると各都県で自然動態(出生−死亡)の減少を社会動態(転入−転出)の増加が大きく上回っている。東日本大震災以降3月中の減少が続いていた千葉県も、社会動態の大

間近に迫った期待のGW

わたしの意見 ― 水野 創間近に迫った期待のGW(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」2015年4月23日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] いよいよGWが始まる。北陸新幹線の金沢延伸、後半5連休の日並びの良さ(前半はいまひとつだが)、家計の所得環境改善・消費税引き上げの影響一巡による実質所得増加など、今回は全国的に期待が大きい。首都圏、千葉県でも成田空港第3ターミナル、上野東京ラインの開業、圏央道神崎IC〜大栄JCT間の開通、道の駅「発酵の里こうざき」、海の駅「九

スーパーのデフレ脱却、2度目の挑戦

わたしの意見 ― 水野 創スーパーのデフレ脱却、2度目の挑戦(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」2015年4月16日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 4月入り後のスーパーでは多くの商品が値上げされている。「価格」が上がっていたり、「容量」が少なくなっていたり様々な手法が工夫されている。デフレ脱却に向け、一年前に続く2度目の挑戦だ。スーパーでは、昨年も、消費税引き上げと同時に多くの商品の価格が引き上げられたが、その後夏場までに全体としては下落基調に転じてしまった(

2015年3月8日ちばぎん総合研究所フィードバック数:0社会/政治

自然減、社会増が拡大する千葉県人口動態

わたしの意見 ― 水野 創自然減、社会増が拡大する千葉県人口動態(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」3月5日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 千葉県の2月1日現在の人口、1月の人口動態が発表された(2月27日)。6197千人、前年比+0.1%、前月比▲1024人(前年▲952人)で、グラフの通り、最近の動きは東日本大震災前の2010年の動きと似た動きになっている(2010年2月比では約11千人の増加)。もっとも1月中の人口動態は、2015年と2010年で大きな差

2015年2月26日産労総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年 人事のあり方に関する調査 ~HRMのIn-Diモデル~

2014年 人事のあり方に関する調査 ~HRMのIn-Diモデル~ 人事労務分野の情報機関である産労総合研究所(代表・平盛之)は、JSHRMリサーチプロジェクト(日本人材マネジメント協会)との共同調査「2014年 人事のあり方に関する調査」を実施しました。 本調査は、実務家および研究者からなるJSHRMリサーチプロジェクトのメンバーが、「人事部とは何か」を議論するなかで開発した「HRMのIn-Diモデル」をもとに調査票を設計し、産労総合研究所と共同で実施したもので、193社から回答を得た(調査

2015年2月8日ちばぎん総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2014年の千葉県人口は4年ぶりの増加

わたしの意見 ― 水野 創2014年の千葉県人口は4年ぶりの増加(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」2月5日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長]千葉県の1月1日現在の人口が発表された(1月30日)。県合計で2013年4月から前年比増加に復し、概ね東日本大震災前の2010年に似た動きを辿って来たが、2014年年間でも4年ぶりの増加となった(図表1,2。なお、図表1の2010年10月は国勢調査の結果を反映した調整で増加)。増加の内容をみると、自然増減(出生-死亡)は20

2015年経済の夢

わたしの意見 ― 水野 創2015年経済の夢(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」12月25日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] あと数日で2015年を迎えます。本年のビジネスレターは今回で最後の予定です。この一年の皆様のご支援に改めてお礼申し上げます。今年の最後は、2015年経済の夢です。2014年は消費税再引き上げの決断が出来ず残念な年となりましたが、2015年はより元気な年になると信じています。(海外経済)・米国経済が力強く回復し、日本からの輸出増加を含め世界

12月短観から見る2014年度経済の特徴

わたしの意見 ― 水野 創12月短観から見る2014年度経済の特徴(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」12月18日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 12月調査の短観が公表された(15日)。今回の特徴は以下の通りである。(1) 業況判断(最近全産業・全規模)は9月調査に比べ小幅改善(+4→+5)。先行きは+1と慎重。(2) 2014年度上期は売上、経常利益とも上方修正され増収、増益(同、前年同期比各+2.8%、+4.9%)。(3) 設備投資は増加傾向にあり、大企業

期待される企業から家計への好循環

わたしの意見 ― 水野 創期待される企業から家計への好循環(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」12月4日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 月末を挟むこの一週間で多くの経済指標が発表された。法人企業統計(1日)では、売上、経常利益、設備投資、在庫投資等主要項目で企業の元気の良さが確認された(表1)。これを織り込む7〜9月の実質GDP2次速報(8日予定)も上方修正される見込みだ。1次速報のマイナス成長が消費税再引き上げ延期の決め手にされたが、設備投資のほか、大幅な成

2014年12月4日東京企画フィードバック数:0マーケティング

2014年11月度 銘柄別CM好感度TOP10

CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。 2017年8月度 銘柄別CM好感度TOP10全オンエア:銘柄 ソニー・インタラクティブエンタテインメント/ドラゴンクエストXI過ぎ去りし時を求めて 調査期間:2017年7月20日〜2017年8月19日、東京キー5局調査対象:関東1都6県 3,000人(4日実査:1,500人+19日実査:1,500人) <各指標の読み方>オンエア作品数:対象期間にオンエアしたCMの作品数放送回数:対象期間にオンエアし

強弱両面を持つ7~9月GDP一次速報

わたしの意見 ― 水野 創強弱両面を持つ7〜9月GDP一次速報(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」11月20日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 7〜9月実質GDP 1次速報は事前の予想に反し2期連続のマイナスだった(17日)。所得の伸びが物価上昇に追いつかず天候の影響を受けた家計部門の回復が鈍かっただけでなく、業績好調のはずの企業部門が在庫投資のほか設備投資もマイナスだった。景気回復への期待が裏切られた印象が強い。「季節調整済み前期比」で見た評価は上記の通りだが

2014年11月5日EY Japanフィードバック数:0ビジネス

シリーズ:成長戦略としてのコーポレートガバナンス 機関投資家の動向(1)~議決権行使の状況

シリーズ:成長戦略としてのコーポレートガバナンス機関投資家の動向①~議決権行使の状況 ※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。 安倍政権は日本経済の再生に向け、金融・財政政策に続く第三の矢として成長戦略を掲げており、その中でコーポレートガバナンス改革を打ち出している。これは日本企業のグローバル競争力強化に資本市場の力を生かそうとする同政権の意図を反映しており、企業(経営者)に資本市場との良好な関係の構築を促すものと考えられる。

2014年10月28日日本政策金融公庫★フィードバック数:0社会/政治

小企業の決算データです。

小企業の経営指標 2014

※調査結果に関するお問い合わせは、日本政策金融公庫総合研究所小企業研究グループ(03-3270-1687)までお願いします。※調査結果に関するお問い合わせは、日本政策金融公庫総合研究所中小企業研究グループ(03-3270-1269)までお願いします。本調査は、決算データをもとに小企業の収益性や生産性などの指標値を集計したものです。業種ごとに隔年で実施しています。情報通信業、運輸業、卸売・小売業 飲食店・宿泊業、医療・福祉教育・学習支援業、サービス業 ※無断転載を禁じます。※調査結果に関するお

2014年10月26日EY Japanフィードバック数:0ビジネス

2014年株主総会の議決権行使結果 ~TOPIX 100採用銘柄の分析を中心に~

シリーズ:成長戦略としてのコーポレートガバナンス2014年株主総会の議決権行使結果 ~TOPIX 100採用銘柄の分析を中心に~ ※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。 安倍政権は日本経済の再生に向け、金融・財政政策に続く第三の矢として成長戦略を掲げており、その中でコーポレートガバナンス改革を打ち出している。これは日本企業のグローバル競争力強化に資本市場の力を生かそうとする同政権の意図を反映しており、企業(経営者)に資本市場と

2014年9月7日ちばぎん総合研究所フィードバック数:0社会/政治

回復を示す最新の県内各指標

わたしの意見 ― 水野 創回復を示す最新の県内各指標(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」9月4日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 先週末から今週にかけて8月1日現在の千葉県人口や多くの経済指標が発表された。8月13日の4〜6月GDP速報発表時には消費税引き上げ前後の振れの大きさに驚かされたが、今回は千葉県経済の回復が着実に進んでいることを示す内容だった。(1)最も目立つのが雇用の増加で、千葉県・全産業は3月前年比プラスに転じた後、月毎に伸びを高め、6月は前年比+

2014年8月20日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

「スマートフォン」における携帯ショップに関する共同調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > MMD研究所、OKWave総合研究所との共同調査を開始 MMD研究所、OKWave総合研究所との共同調査を開始 MMDLabo株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:吉本 浩司)が運営するスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を公開する「MMD研究所」()は、株式会社オウケイウェイヴ(所在地:東京都渋谷区、代表取締

2014年8月1日オークネットフィードバック数:0モバイル

格安スマホに関する意識調査

TOPオークネット総合研究所消費者アンケート結果~格安スマホに関する意識調査~ ニュース・トピックス 詳細オークネット総合研究所消費者アンケート結果~格安スマホに関する意識調査~ 情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都港区/社長:藤崎清孝/URL:)は、「格安スマホに関する意識調査」と題したアンケート調査を実施致しました。以下、その回答結果について報告致します。1.実施概要調査方法:インターネット上から回答調査期間:2014年6月19日(木)~2014年7月2日(水)回答数:1

マネーストック統計に見るデフレ脱却

わたしの意見 ― 水野 創マネーストック統計に見るデフレ脱却(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」6月19日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 4月以降、消費者物価の前年比上昇率が加速している。消費税抜きで前年比2%を達成できるかはともかく、アベノミクス効果による需給改善や来年の消費税再引き上げを展望すれば、当分マイナスに戻ることはないと考えるのが普通だろう。さて、マネーストック統計は、世の中に出回っているお金の量を示す統計で、現金通貨(日銀券、補助貨<コイ

差が目立ったGW中の実績

わたしの意見 ― 水野 創差が目立ったGW中の実績(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」5月15日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長]消費税引き上げ、羽田空港国際線発着枠拡大の影響は?注目のGW期間中の交通関係各社の利用結果が出た。JR各社は予約時点に比べ減少幅縮小、航空会社は予約時点に比べ横ばいか増加幅圧縮だった(表)。前半が昨年と異なり飛び石連休だったことを考えればまずまずの結果だと思う。自動車、家電製品、高額商品では駆け込み需要の反動が出ているが、消費全体として

千葉県の人口が前年比プラスに!

わたしの意見 ― 水野 創千葉県の人口が前年比プラスに!(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」5月8日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長]4月1日現在の千葉県人口が前年比プラスになった(図1)。消費税増税前の駆け込みの影響があるかもしれないのでもう一ヶ月確認する必要はあるが、とりあえずホッとしている。県内の人口は圏央道を境に増加地域と減少地域に分かれるが、東日本大震災以降の人口増減を、大震災後の底となった2013年4月1日までの増減を横軸に、その後1年の増減を縦軸にと

2014年4月1日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

最近の物価動向について

最近の物価動向について一般社団法人 JA共済総合研究所調査研究部 上席研究員ふるかねよしひろ古 金 義 洋アブストラクトデフレ脱却を最優先課題に掲げた安倍政権の登場を機に、下落していた消費者物価は予想以上に上昇した。ただ、この先も物価上昇が持続するのか、また、物価上昇によって日本経済が再生するのかについては必ずしもはっきりしない。以下では、まず、最近の物価上昇の特徴について分析し、物価がこのまま上昇していくのかどうかについて考えてみる。次に、物価と実体経済との関係について、物価下落が日本経済停滞

ベネッセの調査です。

第2回 学校外教育活動に関する調査 2013

調査・研究データ※内容をご確認いただくためにはAdobe Readerが必要です。 調査の概要調査テーマ◆保護者(母親)の教育観と子どもの学校外教育活動の実態調査対象■3歳~18歳(高校3年生)の第1子を持つ母親 16,480名。■16,480=515名×2(男子・女子)×16学年約113万人のモニター母集団のうち、子どもをもつ既婚者(20~59歳)28万人に対して予備調査を実施。このうち、1994年度~2009年度生まれの子どもを持つ母親にアンケートの協力を依頼。各年度生まれの男の子、女の子を

2014年2月19日オークネットフィードバック数:0大型消費/投資

クルマへの愛着に関する意識調査

TOPオークネット総合研究所消費者アンケート結果 ~クルマへの愛着に関する意識調査~ ニュース・トピックス 詳細オークネット総合研究所消費者アンケート結果 ~クルマへの愛着に関する意識調査~2014年2月19日情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都港区/社長:藤崎清孝/URL /)は、「クルマへの愛着に関する意識調査」と題したアンケート調査を実施致しました。以下、その回答結果について報告致します。1.実施概要調査方法インターネット上から回答調査機関2014年1月17日~2014

2013年12月19日オークネット★フィードバック数:0大型消費/投資

維持費についての調査です。

自動車と携帯電話の維持費に関する意識調査

TOPオークネット総合研究所消費者アンケート結果~自動車と携帯電話の維持費に関する意識調査~ ニュース・トピックス 詳細オークネット総合研究所消費者アンケート結果~自動車と携帯電話の維持費に関する意識調査~ 情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都港区/社長:藤崎清孝/URL )は、インターネット上で「自動車と携帯電話の維持費に関する意識調査」のアンケートを実施しました。1.実施概要【実施方法】インターネット上から回答【実施期間】2013年10月31日~2013年11月18日【モ

地域差が目立つ千葉県内人口、主要都市の地価動向

わたしの意見 ― 水野 創 地域差が目立つ県内人口、主要都市の地価動向(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」12月5日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長]千葉県の10月中の人口動態は1,594人の増加だった(11月29日)。自然動態のマイナスを社会動態の増加が補い、県人口が前年を上回るところまであと一歩という状況を続けている。もっとも、市町村別の増減状況をみると、増加している地域と減少する地域との差は明確であり、その差を埋めるためにも交通インフラの早期充実が求められる

千葉県人口、上期は復調。地域差は一段と顕著

わたしの意見 ― 水野 創 千葉県人口、上期は復調。地域差は一段と顕著(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」11月7日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長]1日公表された千葉県の最新の人口調査によれば、13年度上期中の県人口は8,454人の増加となった(表1)。社会増減(転入―転出)の増加で復調が明確だ。これで上期増加率が東京都、神奈川県、埼玉県並みとなり、前年同月比でも増加に転じれば(表2、図1。10月1日現在で前年比▲2,569人、▲0.04%)、復活を確信できるだ

2013年11月2日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

小企業の経営指標 2013

※調査結果に関するお問い合わせは、日本政策金融公庫総合研究所小企業研究グループ(03-3270-1687)までお願いします。※調査結果に関するお問い合わせは、日本政策金融公庫総合研究所中小企業研究グループ(03-3270-1269)までお願いします。本調査は、決算データをもとに小企業の収益性や生産性などの指標値を集計したものです。業種ごとに隔年で実施しています。情報通信業、運輸業、卸売・小売業 飲食店・宿泊業、医療・福祉教育・学習支援業、サービス業 ※無断転載を禁じます。※調査結果に関するお

東京と北海道の20~40代未婚女性489名に聞いた婚活・交際・結婚に関するアンケート調査

[株式会社パートナーエージェント] ,比較 アンケート調査 婚活 恋愛 結婚 東京 北海道 札幌 パートナーエージェント QOM総合研究所

2013年9月24日オークネット★フィードバック数:0ライフスタイル

花(切花)の購入についての調査です。

花の購買に関する意識調査

TOPオークネット総合研究所消費者アンケート結果~花の購買に関する意識調査~ ニュース・トピックス 詳細オークネット総合研究所消費者アンケート結果~花の購買に関する意識調査~情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都千代田区/社長:藤崎清孝/URL )は、インターネット上で「花の購買に関する意識調査」のアンケートを実施しました。1.実施概要【実施方法】インターネット上から回答【実施期間】2013年8月21日~2013年9月9日【モニター数】1,744名<モニター内訳>2.アンケート

2020年、お客様に備える

わたしの意見 ― 水野 創2020年、お客様に備える(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」9月19日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長]2020年東京オリンピックで、千葉県は内外から多くのお客様をお迎えすることとなる。今回は、「宿泊旅行統計」で千葉県の受け入れの現状と課題を確認しておきたい。千葉県の2012年の延べ宿泊者数は1,771万人で、全国第4位の交流拠点である。――国体のあった2010年に過去最高の1,836万人(前年1,552万人)となったが、2011年は東

2013年2月5日東京企画フィードバック数:11マーケティング

2013年1月度 銘柄別CM好感度TOP10

CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。 吉岡里帆さんが"声で魅せる"演技に挑戦『DIC』新CMCM総合研究所の「月例CM好感度調査」をもとにしたCM好感度ランキングほか、話題のCMや 海外CM、SNSで注目のWEB動画を公開!テレビCMの枠を越え、さまざまな情報をお届けします。 CM総研セミナー 受付中「好かれるブランド、好かれるCM」 〜ヒトの心とモノを動かす広告づくり〜 講師:篠原 誠氏(株式会社 電通 エグゼクティブ・クリエ

2012年11月5日オークネット★フィードバック数:0大型消費/投資

ブランド品の購入や売却についての調査です。

ブランド品の購入・処分について

TOPオークネット総合研究所 消費者アンケート結果 ~ブランド品の購入・処分について~ ニュース・トピックス 詳細オークネット総合研究所 消費者アンケート結果 ~ブランド品の購入・処分について~ 情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都千代田区/社長:藤崎清孝/URL )は、インターネット上で「ブランド品の購入・処分について」のアンケートを実施しました。今回は、ブランド品に対する興味・関心、購入意欲について調査し、まとめました。1.実施概要【実施方法】インターネット上から回答【実

2012年8月9日オークネット★フィードバック数:1ライフスタイル

花の購買についてのまとまった調査です。

花の購入について

TOPオークネット総合研究所 消費者アンケート結果~花の購入について~ ニュース・トピックス 詳細オークネット総合研究所 消費者アンケート結果~花の購入について~情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都千代田区/社長:藤崎清孝/URL )は、インターネット上で「花の購入について」のアンケートを実施しました。今回は、花に対する興味・関心、購入意欲について調査し、まとめました。1.実施概要【実施方法】インターネット上から回答【実施期間】2012年7月2日~2012年7月23日【モニタ

2010年8月24日LEXICOMフィードバック数:0企業情報システム

2010年3月期「内部統制報告書」分析レポート

2010年3月期「内部統制報告書」分析レポートリリースのお知らせレキシコム総合研究所は、7月1日に公表した内部統制報告書の分析速報に引続き、2010年3月期の内部統制報告書の記載内容を分析し、調査レポートとしてリリースいたします。内部統制報告制度の適用2年目を迎え、前年の経験を踏まえた対応が進められました。その結果として公表された内部統制報告書ですが、概括的な検討を加えることによって全体としての動向を把握することは、各企業の制度対応に関する意思決定情報として有用な情報になると考えております。 な

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ