調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 総合研究所予想

「総合研究所予想」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年3月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

ようやく持ち直しが確認できた国内景気~一旦は上昇した長期金利も足元では沈静化へ~

情勢判断国内経済金融ようやく持 ち直 しが確 認 できた国 内 景 気∼一 旦 は上 昇 した長 期 金 利 も足 元 では沈 静 化 へ∼南 武志要旨2014 年 10∼12 月期の実質成長率は、事前予想を下振れたものの、3 四半期ぶりにプラスとなり、消費税増税後の持ち直しが始まっていることが確認された。年度内は増税の影響が残るとみられるが、すでに円安効果の浸透によって輸出の増加傾向が明確化していることに加え、15 年度入り後は賃上げ継続や原油安メリットなどによって家計の所得環境が大きく改善し

本格回復が遅れる消費税増税後の国内景気~先行き景気懸念が残る中、円安・株高傾向が強まる~

情勢判断国内経済金融本 格 回 復 が遅 れる消 費 税 増 税 後 の国 内 景 気∼先 行 き景 気 懸 念 が残 る中 、円 安 ・株 高 傾 向 が強 まる∼南 武志要旨消費税増税前の駆け込み需要からの反動減が想定以上に大きかったが、実質所得の目減りなどもあり、持ち直しの動きは相変わらず鈍い。頼みの綱である設備投資についても、消費などの低調さに加え、輸出の伸び悩みが継続すれば、景気の下支え役としての期待ができなくなる恐れもある。年度下期にかけて国内景気の足踏み感が意識される展開が続くと予

2014年6月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

反動減からのリバウンドとその持続性へ注目集まる~政府・日本銀行は、反動減は想定内と評価~

情勢判断国内経済金融反 動 減 からのリバウンドとその持 続 性 へ注 目 集 まる∼政 府 ・日 本 銀 行 は、反 動 減 は想 定 内 と評 価 ∼南 武志要旨2014 年 1∼3 月期の経済成長率は前期比年率 5.9%と、消費税増税を前にした駆け込み需要が想定以上に強かったことが確認できた。4 月に入り、その反動減の動きが出ているが、政府・日本銀行では需要の落ち込みは想定内との認識を示している。とはいえ、増税による所得減を穴埋めするほどの賃上げが実現できたわけではなく、輸出の緩慢さや公共

国内景気は消費税増税後の反動減で減速~影響は一時的なのか、それとも長引くのか~

情勢判断国内経済金融国 内 景 気 は消 費 税 増 税 後 の反 動 減 で減 速~影 響 は一 時 的 なのか、それとも長 引 くのか~南 武志要旨14 年 4 月に消費税が 17 年ぶりに増税された。それを控え、3 月まで民間需要は大いに盛り上がったが、4 月に入って反動減が出ている。政府・日本銀行ではそうした需要の落ち込みは想定の範囲内との認識を示しているが、春季賃上げ交渉が不十分な結果に終わったこと、経済対策に盛り込まれた公共事業の執行後ずれ、輸出の緩慢さなどもあり、需要が元の水準に回

海外経済の不透明感漂う中、緩やかな景気回復が継続~7~9月期は一時的に成長率が減速した可能性も~

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断国内経済金融海 外 経 済 の不 透 明 感 漂 う中 、緩 やかな景 気 回 復 が継 続~7~9 月 期 は一 時 的 に成 長 率 が減 速 した可 能 性 も~南 武志要旨アベノミクスへの期待感などによって、企業の景況感は大きく改善するなど、国内景気の回復が続いている。こうした動きを受けて、安倍首相は 14 年 4 月に予定通り消費税増税を実施することを決断、同時に年末までに 5 兆円規模の経済対策を策定することを決定した。ただし

回復傾向を強める国内景気~注目を集める消費税増税の最終判断~

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断国内経済金融回 復 傾 向 を強 める国 内 景 気~注 目 を集 める消 費 税 増 税 の最 終 判 断 ~南 武志要旨2013 年上期は年率 3%超の経済成長率となるなど、国内景気は着実に回復している。企業設備投資はまだ軟調だが、先行き持ち直しに転じる可能性を示す動きも散見される。新興国経済への懸念は燻っているものの、13 年度内は内外需の両輪揃った経済成長が実現するだろう。また、物価についても、円安効果や需給改善などによって下落圧

内需主導で緩やかながらも回復基調をたどる国内景気~一方で新興国リスクへの懸念が高まる~

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断国内経済金融内 需 主 導 で緩 やかながらも回 復 基 調 をたどる国 内 景 気~一 方 で新 興 国 リスクへの懸 念 が高 まる~南 武志要旨国内景気は主として底堅さを増しつつある内需に牽引されて、緩やかながらも着実な回復基調をたどっている。輸出についても増加しているものの勢いは鈍く、新興国経済の先行き懸念が高まるなど、増勢が強まる様子は窺えない。なお、先行きについては強力な金融緩和策や大型補正編成の効果、さらには 14 年 4

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ