調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 総合研究所実質GDP

「総合研究所実質GDP」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年3月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2014~16年度改訂経済見通し

(株)農林中金総合研究所2015 年 2 月 19 日15 年度入り後は賃上げ継続や原油安メリット等で好循環始まる~2014 年度:▲0.8%、15 年度:1.9%、16 年度:2.0%~2014 年 4 月の消費税率 8%への引上げ後、日本経済は 2 四半期連続のマイナス成長に陥った。その結果、デフレ脱却や成長促進に加え、財政健全化さえも目指そうとしたアベノミクスは仕切り直しを余儀なくされた。政府は消費税の再増税時期を 1 年半先送りし、3 兆円規模の経済対策を策定するなど、経済立て直しを最優

2014~15年度改訂経済見通し

(株)農林中金総合研究所2014 年 8 月 18 日2014 ~ 1 5 年 度 改 訂 経 済 見 通 し反動減からの戻りは鈍く、年度下期には景気足踏み感も~2014 年度:0.4%、15 年度:1.0%~2014 年 4 月に消費税率が 8%へ引き上げられた。それに先立つ 1~3 月期は駆け込み需要が本格化、成長率は大きく加速したが、その分増税後の反動減も大きかった。非耐久財・サービス消費などではすでに持ち直しも始まったが、耐久財消費は当面低調に推移するとみられるほか、増税による実質所得の

2014年6月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2014~15年度改訂経済見通し

(株)農林中金総合研究所2014 年 5 月 19 日2014 ~ 1 5 年 度 改 訂 経 済 見 通 し景気の足取りを鈍らせる実質所得の目減り~2014 年度:1.0%、15 年度:1.4%~「社会保障と税の一体改革」に基づき、2014 年 4 月に消費税率が 8%へ引き上げられた。それを控え、13 年度末にかけて駆け込み需要が発生、成長率は大きく加速したが、増税後には反動減が出ている。時間経過とともに持ち直しも始まったとの指摘もあるが、耐久財消費は当面低調に推移するとみられるほか、増税に

2014~15年度改訂経済見通し

(株)農林中金総合研究所2014 年 5 月 19 日2014 ~ 1 5 年 度 改 訂 経 済 見 通 し景気の足取りを鈍らせる実質所得の目減り~2014 年度:1.0%、15 年度:1.4%~「社会保障と税の一体改革」に基づき、2014 年 4 月に消費税率が 8%へ引き上げられた。それを控え、13 年度末にかけて駆け込み需要が発生、成長率は大きく加速したが、増税後には反動減が出ている。時間経過とともに持ち直しも始まったとの指摘もあるが、耐久財消費は当面低調に推移するとみられるほか、増税に

2013~15年度経済見通し

(株)農林中金総合研究所2013 年 11 月 18 日2013~15 年 度 経 済 見 通 し2013 年度下期は高めの成長だが、14 年度は停滞気味に~2013 年度:2.6%、14 年度:1.1%(いずれも下方修正)~デフレ脱却や成長促進を目指すアベノミクス始動によって、円安・株高傾向が強まったほか、企業・家計の景況感が好転し、国内需要が堅調に推移してきたが、7~9 月期にかけては成長率が鈍化した。ただし、その減速は一時的であり、年度末にかけては消費税増税を前にした駆け込み需要の本格化や

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ