「義務教育」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

「LGBTが関わる社会の仕組み」に対する非当事者の考え方調査

「LGBTに関わる社会の仕組み」に対する非当事者の意識調査 2017年2月20日 ————————————————————————————————————————●調査テーマ :「LGBTが関わる社会の仕組み」についての調査●調査対象: 全国10代〜60代までの性的少数者には該当しない男女322名●調査期間:2017年1月16日〜1月19日●調査方法:調査会社を利用してのインターネット調査———————————————————————————————————————— LGBTをとりまく日本

2016年11月22日東京都★★フィードバック数:0社会/政治

平成28年度「児童・生徒の学力向上を図るための調査」

ここから本文です。平成28年度「児童・生徒の学力向上を図るための調査」の結果について東京都教育委員会は、「児童・生徒の学力向上を図るための調査」を毎年実施しています。このたび、平成28年度の調査結果をまとめましたので、お知らせします。1 目的「学習指導要領に示されている目標及び内容」の実現状況及び「読み解く力に関する内容」の定着状況を把握し、指導方法の改善に結び付けることにより、児童・生徒一人一人の「確かな学力」の定着と伸長を図る。2 実施日平成28年7月7日(木曜日)3 対象(悉皆調査)小学校

2016年3月7日ソニー生命保険フィードバック数:0社会/政治

子どもの教育資金と学資保険に関する調査2016

ニュースリリース(平成27年度)子どもの教育資金と学資保険に関する調査 20162016年3月2日このたび、ソニー生命保険株式会社(代表取締役社長 萩本 友男)は、2016年1月30日~2月3日の5日間、大学生以下の子ども(複数いる場合は長子)がいる20~59歳の男女に対し、2014年1月、2015年3月に発表した調査(※)に続き3回目となる「子どもの教育資金と学資保険に関する調査」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効サンプルの集計結果を公開しました。(調査協力会社:ネットエイジ

2015年11月17日東京都フィードバック数:0社会/政治

平成27年度「児童・生徒の学力向上を図るための調査」

平成27年度「児童・生徒の学力向上を図るための調査」の結果について平成27年11月12日教育庁 東京都教育委員会は、「学習指導要領に示されている目標及び内容」の実現状況及び「読み解く力に関する内容」の定着状況を把握し、指導方法の改善に結び付けることにより、児童・生徒一人一人の「確かな学力」の定着と伸長を目的として、平成27年7月2日に「児童・生徒の学力向上を図るための調査」を実施しました。このたび結果をまとめましたので、別添のとおり、お知らせします。平成27年度「児童・生徒の学力向上を図るための

2015年8月6日文部科学省★★フィードバック数:0社会/政治

小・中学校に通っていない義務教育段階の子供が通う民間の団体・施設に関する調査

現在位置トップ > 教育 > 小学校、中学校、高等学校 > 小・中学校に通っていない義務教育段階の子供が通う民間の団体・施設に関する調査 小・中学校に通っていない義務教育段階の子供が通う民間の団体・施設に関する調査 小・中学校に通っていない義務教育段階の子供が通う民間の団体・施設に関する調査について(平成27年8月) 文部科学省では、このたび、「小・中学校に通っていない義務教育段階の子供が通う民間の団体・施設に関する調査」の結果をとりまとめましたので、公表します。1.調査の概要(1)調査の目的

働いて納税していても選挙権のない人々―若年層への選挙権拡大に国民的議論を!―

働いて納税していても選挙権のない人々―若年層への選挙権拡大に国民的議論を!― | ニッセイ基礎研究所 働いて納税していても選挙権のない人々―若年層への選挙権拡大に国民的議論を!― 保険研究部 専務取締役 部長 中村 昭基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 衆議院は11月21日の本会議で解散され、12月14日の投開票に向けて、日本列島は選挙ムード一色です。しかしながら

2013年5月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:4大型消費/投資

クルマ離れと義務教育の関係―中学校技術科教育の学習内容の変遷―

クルマ離れと義務教育の関係―中学校技術科教育の学習内容の変遷― | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > クルマ離れと義務教育の関係―中学校技術科教育の学習内容の変遷―クルマ離れと義務教育の関係―中学校技術科教育の学習内容の変遷― 保険研究部 専務取締役 部長 中村 昭基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 先日、『三世代の男旅』と称して、私と9

2013年3月18日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:10大型消費/投資

クルマ離れと義務教育の関係 ―中学校技術科教育の学習内容の変遷―

クルマ離れと義務教育の関係 ―中学校技術科教育の学習内容の変遷― | ニッセイ基礎研究所 クルマ離れと義務教育の関係 ―中学校技術科教育の学習内容の変遷― 保険研究部 専務取締役 部長 中村 昭基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 先日、『三世代の男旅』と称して、私と90歳になる父親、26歳の長男、23歳の次男の家族4人で湯河原の旅館に一泊ドライブ旅行に行きました。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ