「老化対策」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

「アンチエイジング」に関するアンケート

● アンチエイジングの目的1位は・・・・・男性「脳の老化予防」/女性「トラブルのない肌」● アンチエイジングの基本は「バランスのよい食事」。「規則正しい生活」「運動」などもインターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、「アンチエイジング」について アンケートを行い、行っているアンチエイジングの目的や対策方法などについてまとめました。調査は2016年7月12日〜7月29日にかけて実施し、DIMSDRIVEモニター4,130人から回答を得ています。 Tweet ● 4人

2016年9月7日プラネットフィードバック数:0ライフスタイル

アンチエイジングに関する意識調査

男性は知力・体力キープが目的、女性は“マイナス5歳”に見られたい〜「変わらないね」の言葉が原動力!? アンチエイジング“今後も続ける”が9割超〜 国内1,200社超が利用する日用品流通の情報基盤を運営する株式会社プラネット(所在地:東京都港区、代表取締役 社長:田上正勝)は、日用品にまつわるトピックスをお届けする『Fromプラネット』の第44号として、アンチエイジングに関する意識調査の結果をご紹介します。 アンチエイジング「している」が4人に1人、女性では4割近くが「している」年はとっても、で

2012年6月1日エバーライフフィードバック数:36ライフスタイル

年齢と老化に関する意識調査

年齢研究所は2012年5月、30代〜60代の男女2000人を対象に、「年齢と老化に関する意識調査」を実施しました。本調査は、「年齢研究所」が行う「年齢リスク」に関する調査研究および啓発活動の一環として実施したものです。調査結果の主なトピックは以下の通りです。老化の自覚症状は、30代は疲れ、40代は白髪、50代は老眼、60代はもの忘れがトップ。もの忘れは30代でも4割が自覚。老化の自覚症状トップ10の中で、30代以下で感じ始めた老化の症状は、「疲れ」に関するもの。自分の夫や妻に感じる4大老化症状は

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ