「老朽化」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年7月21日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

高効率熱交換器市場に関する調査を実施(2017年)

2017年07月11日 高効率熱交換器市場に関する調査を実施(2017年) ~水素関連や未利用熱活用などの新たな用途開発が持続的な事業展開のカギに~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の高効率熱交換器市場の調査を実施した。1.調査期間:2017年4月~6月2.調査対象:国内の熱交換器メーカー、エンジニアリング会社、材料メーカー、金属加工メーカーなど3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査併用<高効率熱交換器市場とは>本調査

2017年3月7日長野県フィードバック数:0ライフスタイル

水道モニターアンケート調査

ここから本文です。更新日:2017年3月1日水道モニターアンケート調査を行いました県営水道利用者の皆様のご意見を今後の事業運営に反映させるため、今年度委嘱した水道モニター(40名)の皆様を対象にアンケート調査(調査期間:平成28年12月1日から12月20日まで、回収率87.5%)を行いました。主なアンケート結果について、ご紹介します。※端数処理のため、合計が100%にならない場合があります。水道水に対する全体の満足度について水道水に対する全体の満足度については、概ね8割の方に満足、やや満足との回

2015年2月15日日本政策投資銀行★フィードバック数:0社会/政治

日本政策投資銀行の調査です。

公共施設に関する住民意識調査(平成26年度版)

2015年2月株式会社日本政策投資銀行 地域企画部株式会社日本経済研究所 社会インフラ本部「公共施設に関する住民意識調査(平成26年度版)」~ 9割の住民が公共施設の再編成に賛成。不便になっても許容できるとの回答も9割 ~本調査は、昨年度「公共施設に関する住民意識調査」(2014年2月リリース)の続編となっている。日本の公共施設は高度経済成長期に建てられたものが多く、老朽化が進んでおり、近い将来、建替えの時期を迎えるが、自治体の財政は厳しく、すべての公共施設を更新することは困難となっている。公共

2014年9月29日NTTレゾナントフィードバック数:0エンタテインメント

スゴすぎる!TOKIOが「ザ!鉄腕!DASH!!」で作った驚きのものランキング

2014年08月12日 00:00 スゴすぎる!TOKIOが「ザ!鉄腕!DASH!!」で作った驚きのものランキング 「ザ!鉄腕!DASH!!」は、1998年から日本テレビ系列で放送されているTOKIOのバラエティ番組。DASH村など、さまざまな企画にTOKIOのメンバーが挑戦する人気の長寿番組です。2012年からはDASH島に舞台を移し、次々と新しいものを生み出しています。今回は、そんな「ザ!鉄腕!DASH!!」でTOKIOが作ったもので驚くのはどれか、みなさんに聞いてみました。1位に

2014年4月18日商工中金フィードバック数:0ビジネス

中小企業の保有設備状況と投資判断に関する調査[2014年1月調査]

FAX 送信票情報メモ No.26-2014 年 4 月 17 日商工中金 調査部中小企業の保有設備状況と投資判断に関する調査 [2014 年1月調査]【 調査要旨 】1 現存設備の老朽化・陳腐化についての自己評価 「一部で老朽化・陳腐化が進み、事業推進上にやや問題がある」「老朽化・陳腐化が相当程度進み、事業推進上かなり問題がある」の合計が 27.9%と、設備の老朽化・陳腐化が事業推進上問題となっている企業が 3 割近い。 製造業、特に素材産業で設備の老朽化・陳腐化が深刻である。 現存設備

2014年2月7日日本政策投資銀行★フィードバック数:0社会/政治

住民から見た公共施設です。

公共施設に関する住民意識調査

2014年2月株式会社日本政策投資銀行 地域企画部株式会社日本経済研究所 社会インフラ本部「公共施設に関する住民意識調査」~ 住民8割が老朽化に伴う総量見直しに賛成。特に60代が積極的 ~2012年12月の中央自動車道笹子トンネル(山梨県)の天井板落下事故は記憶に新しいところである。日本の学校や橋などの公共施設は、1960年代以降に集中整備されてきたため、多くの施設で老朽化が進んでおり、2020年代以降に建替えのピークを迎える見込みである。一方、少子・高齢化社会の本格的な到来に伴い、社会保障費は

2013年4月12日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

水を取り巻く状況の変化についてのレポートです。

静かに広がる水のリスク 第5回 水と時の流れ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 環境・社会・ガバナンス(ESG) 静かに広がる水のリスク 静かに広がる水のリスク 第5回水と時の流れ 水道の蛇口から清浄な水を潤沢に得られる地域が多い現在の日本では、日常生活で水や水関連のインフラについてのリスクを感じる機会は少ないかもしれない。しかし、高度成長期を中心に、急速に整備が進められた水関連のインフラは、次第に老朽化が進む時期に差しかかり、維持・更新に多額の費用を要する可能性がある。また、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ