調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 耐久消費財

「耐久消費財」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年3月13日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

全国小企業月次動向調査(2018年1月実績、2月見通し)

ニュースリリース2 0 1 8 年 2 月 2 0 日株式会社日本政策金融公庫総合研究所全国小企業月次動向調査(2018年1月実績、2月見通し)[概況] 小企業の売上 DI は、マイナス幅が拡大~2 月は上昇する見通し~」1 売 上2018 年 1 月の売上 DI は、2017 年 12 月(▲2.7)からマイナス幅が 8.0 ポイント拡大し、▲10.7 となった。2 月は、0.4 と上昇する見通しとなっている。業種別にみると、製造 業(▲4.2→▲10.3)、非製造業(▲2.7→▲11.1)と

2018年1月29日日本政策金融公庫フィードバック数:0ビジネス

全国小企業月次動向調査(2017年12月実績、2018年1月見通し)

ニュースリリース2 0 1 8 年 1 月 2 4 日株式会社日本政策金融公庫総合研究所全国小企業月次動向調査(2017年12月実績、2018年1月見通し)[概況] 小企業の売上 DI は、マイナス幅が縮小~1 月も上昇する見通し~」1 売 上2017 年 12 月の売上 DI は、11 月(▲7.9)からマイナス幅が 5.2 ポイント縮小し、▲2.7 となった。2018 年 1 月は、0.2 と上昇する見通しとなっている。業種別にみると、製造業(▲6.9→▲4.2)、非製造業(▲6.7→▲2.

2018年1月26日内閣府フィードバック数:0社会/政治

統計表一覧:消費動向調査

統計表一覧:消費動向調査消費動向調査の公表早期化について(平成29年11月2日)統計改革の一環として、平成30年1月調査以降、公表日を原則従来より早期化することとします。それに伴い、公表予定の一部を変更いたします。 消費動向調査の公表予定の一部変更について(PDF形式:217KB)「消費動向調査」の標本改正について(平成29年8月2日)平成27年国勢調査結果をふまえ、標本改正を行いました。 最新の結果最新の調査結果と要点(基調判断等)を掲載世帯別・属性別統計表及び長期時系列表世帯別・属性別の時

2017年7月9日ネオマーケティングフィードバック数:0ライフスタイル

第3回ライフスタイルに関する調査

総合マーケティング支援事業でお客様の仕事を“もっと”面白くする会社 独自で調査した市場調査・マーケティングリサーチのレポート 第3回ライフスタイルに関する調査全国の20歳~69歳の男女2000人に聞いた「第3回ライフスタイルに関する調査」60代は「食生活」、「衣生活」、「住生活」、 「自動車、電気製品、家具などの耐久消費財」 「レジャー・余暇生活」に満足している割合が高い結果に 2016年から「スマートフォン」の利用者が10.2ポイント増加! 総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケテ

2016年10月5日アドビ システムズフィードバック数:0社会/政治

アドビのDigital Price Index、8月のレポートでEU離脱決定以降の英国における耐久消費財の売上高減少を示唆

Blog Post:8月のオンライン価格データによると英米でのデフレ傾向継続が判明/アドビは英国家統計局(ONS)と協力 ※以下は、2016年9月23日に弊社米国本社から発表されたリリースの抄訳です。 【2016年9月28日】 米国カリフォルニア州サンノゼ発:アドビは、8月のDigital Price Index(DPI)を発表しました。今回のレポートでは、初めて英国におけるテレビ、パソコン、食料品のオンライン売上高と価格データも発表しました。カテゴリー全般での価格が下落し、パソコンやテレビなど

2015年5月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年3月消費統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 3月消費統計1-3月期のGDPベースの個人消費は小幅の増加を予想 2015年5月1日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2015年3月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比+2.4%と増加した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても同+2.8%と増加し、このところの弱さを払しょくする良好な結果であった。◆供給側から個人消費動

2015年3月2日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2015年3月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

NEWS博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・3月](消費意欲指数・デフレ生活指数) 2015年03月02日●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●3月は [消費意欲指数= 46.3点][デフレ生活指数= 59.9点]生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【3月の消費動向】(消費意欲・デフレ生活志向)に関す

2015年1月22日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

全国小企業月次動向調査(2014年12月実績、2015年1月見通し)

ニュースリリース2 0 1 5 年 1 月 2 2 日株式会社日本政策金融公庫総合研究所全国小企業月次動向調査(2014年12月実績、2015年1月見通し)[概況] 小企業の売上 DI は、マイナス幅が縮小~製造業はマイナス幅が拡大、非製造業はマイナス幅が縮小 ~」1 売 上2014 年 12 月の売上 DI は、11 月(▲18.8)からマイナス幅が 5.8 ポイント縮小し、▲13.0 となった。2015 年 1 月は、▲11.3 とマイナス幅がさらに縮小する見通しとなっている。業種別にみると

2014年11月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年9月消費統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 9月消費統計需要側・供給側共に良好な結果 2014年10月31日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2014年9月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比+1.5%と増加した。ただし、振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ると、同▲1.1%の減少であった。◆供給側から個人消費動向を捉えた商業販売統計を見ると、9月の名目小売販売額は

2014年9月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年8月消費統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 8月消費統計個人消費の回復ペースは依然緩やか 2014年9月30日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2014年8月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比▲0.3%と減少した。ただし、振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ると、同+2.1%の増加であった。◆供給側から個人消費動向を捉えた商業販売統計を見ると、8月の名目小売販売額

企業物価指数(2014年8月)~原油高一服を背景に2ヵ月連続の上昇幅縮小

企業物価指数(2014年8月)~原油高一服を背景に2ヵ月連続の上昇幅縮小 | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2014年8月)~原油高一服を背景に2ヵ月連続の上昇幅縮小 岡 圭佑基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・原油高一服を背景に2ヵ月連続の上昇幅縮小・輸入物価は緩やかな上昇が続く・最終財価格は緩やかな上昇が続く9月10日に日本銀行から発表された企業物価指数

2014年8月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年7月消費統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年8月29日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2014年7月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比▲0.2%と減少した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても、同▲0.8%の減少であった。◆供給側から個人消費動向を捉えた商業販売統計を見ると、7月の名目小売販売額は、季節調整済み前月比▲0.5%と3ヶ月ぶりに減少した

2014年7月31日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年4-6月期GDP一次速報予測~前期比年率▲9.3%を予測

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年4-6月期GDP一次速報予測~前期比年率▲9.3%を予測回復の鈍い個人消費が全体を下押し 2014年7月30日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2014年4-6月期のGDP一次速報(2014年8月13日公表予定)では、実質GDPが前期比年率▲9.3%(前期比▲2.4%)と、7四半期ぶりのマイナス成長を予測する。2014年4月の消費税率引き上げに伴い生じた駆け

2014年6月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

増税後の在庫調整は回避できるか~1997年増税時との比較~

みずほインサイト日本経済2014 年 6 月 20 日増税後の在庫調整は回避できるか経済調査部エコノミスト1997 年増税時との比較03-3591-1242坂中弥生yayoi.sakanaka@mizuho-ri.co.jp○ 1997年の増税後は、建設財から在庫調整局面入り。その後、強気の生産が続いていた耐久消費財で夏場にかけて在庫が増加。秋頃には生産財にも生産調整の影響が波及○ 今回の増税後は、経済対策などが下支えとなり、建設財の在庫調整圧力は軽微。耐久消費財・生産財は、生産計画が97年と比

2014年5月27日内閣府フィードバック数:0社会/政治

消費税率引上げ後の消費者物価(東京都区部)の動向

今週の指標 No.1097 消費税率引上げ後の消費者物価(東京都区部)の動向 ポイント2014年5月26日4月の消費者物価(東京都区部)を「生鮮食品、石油製品及びその他特殊要因を除く総合」で見ると、消費税率引上げによる直接の影響(付図1)を除くベースで、その他工業製品や繊維製品などは上昇したものの、耐久消費財や外食は下落し、前月比で横ばいとなった。(図1)。また、前年比で上昇している品目の割合から下落している割合を引いて求めた「物価DI」を見ると、耐久消費財では3月からマイナスに転じ、外食ではプ

2014年5月15日内閣府フィードバック数:0社会/政治

消費動向調査(平成26年4月実施分)

統計表一覧:消費動向調査「消費動向調査」の標本改正について(平成29年8月2日)平成27年国勢調査結果をふまえ、標本改正を行いました。 最新の結果最新の調査結果と要点(基調判断等)を掲載世帯別・属性別統計表世帯別・属性別の時系列及び月次統計表長期時系列表消費者態度指数や物価の見通しなどの推移(Excel表)主要耐久消費財の時系列表二人以上の世帯の主要耐久消費財の普及率推移など(Excel表)調査終了項目等のデータ過去に調査していた項目の調査結果(Excel表)問い合わせ先消費動向調査へのお問い

2013年度の沖縄県経済の動向

2013年度の沖縄県経済の動向(1)概況 2013年度の県内経済は、年度初めに拡大域に入り、年度終盤には消費税増税前の駆け込み需要の盛り上がりなどから拡大の動きがさらに強まった。消費関連は、沖縄振興予算の増加や政府・日銀の金融緩和政策を背景に、小売が前年度を上回り、耐久消費財が特に年度後半にかけて消費税増税前の駆け込み需要などから前年度を大幅に上回ったことから、好調な動きとなった。観光関連は、入域観光客数が過去最高となり、ホテルの稼働状況も前年度を上回ったことから、好調に推移した。建設関連は、住

2014年5月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年1-3月期GDP一次速報予測~前期比年率+5.5%を予測

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年1-3月期GDP一次速報予測~前期比年率+5.5%を予測駆け込みによる個人消費の増加が成長を後押し ◆2014年1-3月期のGDP一次速報(2014年5月15日公表予定)では、実質GDPが前期比年率+5.5%(前期比+1.3%)と、6四半期連続のプラス成長を予測する。2014年4月の消費税率引き上げを前に駆け込み需要が本格化したことで、個人消費が大幅に増加した。加えて、設備投資が大きく伸びた

2014年4月1日第一生命保険フィードバック数:0ビジネス

消費税が厳しい分野、ましな分野 ~脅威は耐久消費財のストック調整が長期化すること~

消費税が厳しい分野、ましな分野 ~脅威は耐久消費財のストック調整が長期化すること~

2014年2月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年1月消費者物価

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 1月消費者物価前年比+1.3%と1%台前半の推移が続く。耐久財では白物家電も上昇 ◆2014年1月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+1.3%と、市場コンセンサス(同+1.3%)通りの結果となり、上昇幅も前月と変わらなかった。市況要因を除いた物価動向を表すCPI(食料(除く酒類)及びエネルギーを除く総合、以下コアコアCPI)は前年比+0.7%と、こちらも前月と同じ上昇幅であった。◆2

サイトイメージとアクセス後購入率

Web Equity調査結果分析2013第4回:サイトイメージとアクセス後購入率アドテクノロジーの隆盛とともに、より効率よく広告ターゲットにインターネット広告配信ができるようになっている。だからといって、コンテンツの重要性が低下するということは決してない。アクセスを呼び込み、購入にまで至らしめるためには、ユーザーを迎える企業サイトにおいて良質なコンテンツを提供し続けることが重要である。グラフは耐久消費財において、ユーザーが接触後にどのような印象を抱いたかを把握し、いくつかあるイメージ項目の中から

2013年12月11日内閣府フィードバック数:0社会/政治

消費動向調査(平成25年11月実施分)

統計表一覧:消費動向調査平成30年10月調査以降の調査方法等の変更について(平成30年6月29日)統計改革の一環として、平成30年10月調査以降、調査方法及び調査事項の変更を行います。 「消費動向調査」における調査方法等の変更について(PDF形式:69KB) 消費動向調査(月次)結果※毎月の世帯別・属性別の統計表及び長期時系列表は全てe-statへ掲載しております。※主要耐久消費財等に関する世帯別・属性別統計表及び長期時系列表は、e-statの最新の3月調査をご覧ください。過去の調査結果の要点

2013年10月11日内閣府フィードバック数:0社会/政治

消費動向調査(平成25年9月実施分)

統計表一覧:消費動向調査平成30年10月調査以降の調査方法等の変更について(平成30年6月29日)統計改革の一環として、平成30年10月調査以降、調査方法及び調査事項の変更を行います。 「消費動向調査」における調査方法等の変更について(PDF形式:69KB)総世帯算出のためのウェイト変更(平成30年5月2日)「消費動向調査」の標本改正に伴い、平成30年4月調査結果より総世帯算出のための二人以上の世帯と単身世帯のウェイトを変更しました。 消費動向調査(月次)結果※毎月の世帯別・属性別の統計表及び

10万円以上の商品購入についての調査です。

高額商品の購入をめぐる意識調査

プレスリリース「高額商品の購入をめぐる意識調査」 | リサーチ・市場調査・マーケティング 高額商品の購入をめぐる意識調査 報道関係各位平成25年8月5日株式会社クロス・マーケティング 直近2年以内に購入した高額商品は? 購入上位は「自家用車」「パソコン」「白物家電」「テレビ」と耐久消費財が多く、 購入理由は「日常生活の中でどうしても必要だったから」「消費税増税は家計に影響」という声も7割弱と生活者はアベノミクスに懐疑的-高額商品の購入をめぐる意識調査-株式会社クロス・マーケティング(本社:東京

2013年5月15日内閣府フィードバック数:52社会/政治

消費動向調査(平成25年4月実施分)

統計表一覧:消費動向調査総世帯算出のためのウェイト変更(平成30年5月2日)「消費動向調査」の標本改正に伴い、平成30年4月調査結果より総世帯算出のための二人以上の世帯と単身世帯のウェイトを変更しました。遡及改訂のお知らせ(平成30年4月9日)平成30年3月調査公表時に、季節調整値の遡及改訂を行いました。平成25年4月調査分以降の季節調整値が遡及改訂されています。 消費動向調査(月次)結果※毎月の世帯別・属性別の統計表及び長期時系列表は全てe-statへ掲載しております。※主要耐久消費財等に関

2012年11月12日内閣府フィードバック数:52社会/政治

消費動向調査(全国、平成24年10月実施分)

統計表一覧:消費動向調査消費動向調査の公表早期化について(平成29年11月2日)統計改革の一環として、平成30年1月調査以降、公表日を原則従来より早期化することとします。それに伴い、公表予定の一部を変更いたします。 消費動向調査の公表予定の一部変更について(PDF形式:217KB)「消費動向調査」の標本改正について(平成29年8月2日)平成27年国勢調査結果をふまえ、標本改正を行いました。 最新の結果最新の調査結果と要点(基調判断等)を掲載世帯別・属性別統計表及び長期時系列表世帯別・属性別の時

2012年10月23日内閣府フィードバック数:4社会/政治

最近の消費者物価の動向

今週の指標 No.1046 最近の消費者物価の動向ポイント2012年10月22日消費者物価指数(以下、CPI)の緩やかな下落傾向が続くなど、日本経済は緩やかなデフレ状況にある。CPIの基調を見るには、生鮮食品などの短期変動や、診療代などの制度要因を除いた指標を参照することが有用である。そこで、「生鮮食品、石油製品及びその他特殊要因を除く総合」(いわゆるコアコア)(備考1)を見ると、2010年以降は、前年比の下落幅は縮小傾向で推移してきたが、ここ数カ月については、概ね横ばいとなっている(図1(1)

2012年10月12日内閣府フィードバック数:53社会/政治

消費動向調査(全国、平成24年9月実施分)

統計表一覧:消費動向調査平成30年10月調査以降の調査方法等の変更について(平成30年6月29日)統計改革の一環として、平成30年10月調査以降、調査方法及び調査事項の変更を行います。 「消費動向調査」における調査方法等の変更について(PDF形式:69KB)総世帯算出のためのウェイト変更(平成30年5月2日)「消費動向調査」の標本改正に伴い、平成30年4月調査結果より総世帯算出のための二人以上の世帯と単身世帯のウェイトを変更しました。 消費動向調査(月次)結果※毎月の世帯別・属性別の統計表及び

2012年9月11日内閣府フィードバック数:52社会/政治

消費動向調査(全国、平成24年8月実施分)

統計表一覧:消費動向調査「消費動向調査」の標本改正について(平成29年8月2日)平成27年国勢調査結果をふまえ、標本改正を行いました。 最新の結果最新の調査結果と要点(基調判断等)を掲載世帯別・属性別統計表及び長期時系列表世帯別・属性別の時系列、月次統計表及び長期時系列表調査終了項目等のデータ過去に調査していた項目の調査結果(Excel表)問い合わせ先消費動向調査へのお問い合わせはこちらまでお願いします※消費動向調査では、消費者の意識と物価の見通し(毎月調査)や耐久消費財等の保有・普及状況(毎

2012年8月10日内閣府フィードバック数:53社会/政治

消費動向調査(全国、平成24年7月実施分)

統計表一覧:消費動向調査消費動向調査の公表早期化について(平成29年11月2日)統計改革の一環として、平成30年1月調査以降、公表日を原則従来より早期化することとします。それに伴い、公表予定の一部を変更いたします。 消費動向調査の公表予定の一部変更について(PDF形式:217KB)「消費動向調査」の標本改正について(平成29年8月2日)平成27年国勢調査結果をふまえ、標本改正を行いました。 最新の結果最新の調査結果と要点(基調判断等)を掲載世帯別・属性別統計表及び長期時系列表世帯別・属性別の時

2012年7月11日内閣府フィードバック数:52社会/政治

消費動向調査(全国、平成24年6月実施分)

統計表一覧:消費動向調査「消費動向調査」の標本改正について(平成29年8月2日)平成27年国勢調査結果をふまえ、標本改正を行いました。 最新の結果最新の調査結果と要点(基調判断等)を掲載世帯別・属性別統計表及び長期時系列表世帯別・属性別の時系列、月次統計表及び長期時系列表調査終了項目等のデータ過去に調査していた項目の調査結果(Excel表)問い合わせ先消費動向調査へのお問い合わせはこちらまでお願いします※消費動向調査では、消費者の意識と物価の見通し(毎月調査)や耐久消費財等の保有・普及状況(毎

2012年3月13日内閣府フィードバック数:52社会/政治

消費動向調査(全国、平成24年2月実施分)

統計表一覧:消費動向調査平成30年10月調査以降の調査方法等の変更について(平成30年6月29日)統計改革の一環として、平成30年10月調査以降、調査方法及び調査事項の変更を行います。 「消費動向調査」における調査方法等の変更について(PDF形式:69KB)総世帯算出のためのウェイト変更(平成30年5月2日)「消費動向調査」の標本改正に伴い、平成30年4月調査結果より総世帯算出のための二人以上の世帯と単身世帯のウェイトを変更しました。 消費動向調査(月次)結果※毎月の世帯別・属性別の統計表及び

2012年1月17日内閣府フィードバック数:52社会/政治

消費動向調査(全国、平成23年12月実施分)

統計表一覧:消費動向調査平成30年10月調査以降の調査方法等の変更について(平成30年6月29日)統計改革の一環として、平成30年10月調査以降、調査方法及び調査事項の変更を行います。 「消費動向調査」における調査方法等の変更について(PDF形式:69KB) 消費動向調査(月次)結果※毎月の世帯別・属性別の統計表及び長期時系列表は全てe-statへ掲載しております。※主要耐久消費財等に関する世帯別・属性別統計表及び長期時系列表は、e-statの最新の3月調査をご覧ください。過去の調査結果の要点

2011年8月10日内閣府フィードバック数:52社会/政治

消費動向調査

統計表一覧:消費動向調査遡及改訂のお知らせ(平成29年4月6日)平成29年3月調査公表時に、季節調整値の遡及改訂を行いました。平成25年4月調査分以降の季節調整値が遡及改訂されています。 最新の結果最新の調査結果と要点(基調判断等)を掲載世帯別・属性別統計表世帯別・属性別の時系列及び月次統計表長期時系列表消費者態度指数や物価の見通しなどの推移(Excel表)主要耐久消費財の時系列表二人以上の世帯の主要耐久消費財の普及率推移など(Excel表)調査終了項目等のデータ過去に調査していた項目の調査結

2009年4月27日内閣府フィードバック数:52社会/政治

0903消費動向調査

統計表一覧:消費動向調査「消費動向調査」の標本改正について(平成29年8月2日)平成27年国勢調査結果をふまえ、標本改正を行いました。 最新の結果最新の調査結果と要点(基調判断等)を掲載世帯別・属性別統計表世帯別・属性別の時系列及び月次統計表長期時系列表消費者態度指数や物価の見通しなどの推移(Excel表)主要耐久消費財の時系列表二人以上の世帯の主要耐久消費財の普及率推移など(Excel表)調査終了項目等のデータ過去に調査していた項目の調査結果(Excel表)問い合わせ先消費動向調査へのお問い

2009年4月6日価格.com★フィードバック数:0大型消費/投資

カカクコムが定額給付金に関するアンケートの結果を発表しました。

定額給付金 -あなたの使い道は?-

景気対策のための施策として3月に可決された「第二次補正予算」に組み込まれた「定額給付金」。その成立に至るまでには実にさまざまな意見があり、世論調査でも「7割が反対」というような報道がなされていたが、実際に交付が始まった今、一般消費者はこの給付金についてどのように感じており、どのような用途で使用するのかをリサーチした。まず、給付金を1人分として使うか、家族全員で合算して使うかは、およそ半々に分かれた。1人分、あるいは家族の合算分を合計した消費可能な定額給付金の額は、平均で38,261円。家族合算分

エコに関する買い替え行動調査

2008年10月15日株式会社ブランド総合研究所〜エコ商品の消費促進効果くっきり〜「エコを意識して買い替え」が57% 耐久消費財の「エコに関する買い替え行動調査」より 耐久消費財の買い替えのうち18%が消費行動を促進させ、半数以上の57.2%の人が耐久消費財の買い替えでエコを意識した商品を購入している。このような調査結果が、ブランド総合研究所が行った「エコに関する買い替え行動調査」から明らかになりました。この調査は、家電や車などの耐久消費財を実際に買い替えた1,248人(男女、および20代〜50

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ