「耕地面積」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年7月8日埼玉県フィードバック数:0ビジネス

統計ア・ラ・カルト第106号「2015年農林業センサス農林業経営体調査の結果について」

ここから本文です。統計ア・ラ・カルト第106号「2015年農林業センサス農林業経営体調査の結果について」 農林業センサスは、農林業及び農山村の基本構造の実態とその動向を総合的に把握し、各種農林業施策の検討、各種農林統計調査の母集団整備のためのデータを得ることを目的とした調査で、昭和25年から5年ごとに実施されています。 1 農林業経営体数は減少農林業経営体数(平成27年2月1日現在)は37,602経営体で、5年前に比べて17.1%減少しました。このうち、農業経営体数は37,484経営体、林業経営

担い手の給源としての小規模農家

寄 稿担い手の給源としての小規模農家茨城大学 農学部 准教授 西川邦夫1  見直される小規模農家の役割した担い手の規模拡大であり、それに続く階(注2)2014年は、国際連合が定めた国際家族農業層は枯渇化している。今後担い手となるよう年である。その目的・背景等について詳しくな小規模農家がいないのである。そのような(注1)は他に譲るが、国際的に小規模な経営が営む状況の下で今後の地域農業の持続可能性を確農業に対する見直しが進んでいる。保していくためには、「担い手予備軍」とでも一方で我が国は、周知の通り

2013年10月11日秋田経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

秋田県内集落営農組織の現状と課題

機関誌「あきた経済」県内集落営農組織の現状と課題我が国のTPP(環太平洋経済連携協定)参加には、賛否両論が高まっている。特に、国内農業は壊滅的な影響を受けるとの試算もなされているが、影響を最小限に食い止めるためには、大規模・集約化を進めることで生産性を高め、攻めの農業への転換が不可欠との認識で、識者の意見はほぼ一致している。しかしながら、これはここにきて初めて言われたことではなく、じり貧状態にある我が国農業の再生のため、早期に解決すべき課題として、以前から訴えられてきたことである。政府の成長戦略

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ