「職員課程」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年2月16日総務省フィードバック数:0社会/政治

統計調査ニュース 2014年2月号

総務省統計局統計調査ニュース327No.平成 26 年(2014)2 月平成26年全国消費実態調査の実施に向けて公益財団法人総合研究開発機構(NIRA) 研究調査部長  神田 玲子「おもてなし」「あまちゃん」・・ているのか。毎月,いくら貯蓄にりに育児休業所得の有無や取得期といえば2013年の流行語大賞です回しているのか。収入の分布はど間について聞いています。が,候補の中には「SNEP」というなっているのか。こうした基本さらに,最近は東日本大震災をう言葉も入っていました。その意的な情報を一つひとつ

2013年10月16日総務省フィードバック数:0社会/政治

統計調査ニュース 平成25年10月号

総務省統計局総務省統計局統計調査ニュース323No.平成 25 年(2013)10 月「統計の日(10月18日)」∼統計データは社会の重要な基盤∼総務省政策統括官(統計基準担当)  平山国民の皆様が統計の重要性に対する関心と理解を深め,統計調査へより一層協力いただくことを目的に毎年10月18日を「統計の日」(昭和48年7月3日閣議了解)と定めています。10月18日が「統計の日」となったのは,我が国の最初の近代的統計である「府県物産表」の作成を命じる太政官布告が出された太陰暦明治3年9月24日が,

2013年2月21日総務省フィードバック数:0社会/政治

統計調査ニュース 平成25年2月号

平成25年(2013)2月No.315統計研修所への高まる期待総務省統計研修所長  福井 武弘総務省統計研修所は,国・地方 の全ての職員を対象とした統計専 門の研修機関で,職員の統計知識 の向上及び公的統計を支える人材 の育成を担っています。具体的な 役割は,3点挙げられます。1点 目は,統計リテラシーの向上で す。統計の有用性の理解,統計 データを利活用する能力など,公 務員が備えるべき統計的素養を習 得する場を提供することです。2 点目は,統計調査の企画・実施・ 集計を担う人材の育成,3点目

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ