「職業訓練」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年5月31日経済協力開発機構★フィードバック数:0キャリアとスキル

OECDのレポートです。

OECD技能アウトルック2015

OECDによると、各国政府は若者の失業に取り組むべく一層の努力をすべき2015年5月27日16~29歳のニート(就学、就労、職業訓練のいずれも行っていない者)は、OECD諸国全体で3500万人を超えています。概して若者は、働き盛りの世代とくらべて2倍失業しやすいことがわかっています。OECDの最新レポートは、各国政府は若者がワークライフの良いスタートをきれるように、就職において支援すべきであると述べています。OECD技能アウトルック2015によると、OECD各国におけるニート人口の約半数は就学も

2014年5月28日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

データで語る雇用『日本の職業能力開発』

データで語る雇用『日本の職業能力開発』本記事では、日本を取り巻く雇用環境や日本の課題をデータとともにお伝えする。今回のテーマは日本の「職業能力開発」。機関誌「HITO」vol.03『ミドルの未来』ではインタビュー記事などで、学び直しや継続的な職業能力開発の必要性はお伝えしているが、実際にどれくらいの層が学習をしており、それは年代や業界によって差があるのか? データをもとに日本の現状を確認したい。職業訓練・自己啓発は25~34歳をピークにに下落の一途平成19年就業構造基本調査(※1)によると、「直

2013年5月31日第一生命保険フィードバック数:5キャリアとスキル

労働需給のミスマッチはどこで生じているか? ~雇用を考える1:職業訓練・紹介の拡充等の優先度が高い~

労働需給のミスマッチはどこで生じているか? ~雇用を考える1:職業訓練・紹介の拡充等の優先度が高い~

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ