「肉牛生産」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年3月7日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

インドネシアの牛肉生産をめぐる最近の状況

インドネシアの牛肉生産をめぐる最近の状況2014年1月29日独立行政法人農畜産業振興機構調査情報部 国際調査グループ伊藤 久美(参考) 100ルピア=1円(2013年12月末日TTSレート100ルピア=0.98円)1インドネシアの基本情報大小13,000以上の島々2億5116万人の人口(世界第4位)人口の大半がイスラム教徒赤道直下熱帯性気候日本との2012年度輸出入総額41,951億円(第9位・シェア3.1%)インドネシアからの農林水産物輸入は天然ゴム(1位)、かつお・まぐろ(3位)、えび(2位

2013年7月7日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

ニュージーランドの牛肉生産事情

最終更新日:2013年7月2日はじめに ニュージーランドは世界第5位(シェア6.4%)の牛肉輸出国です。牛肉生産量は世界の1%を占めるに過ぎませんが、人口が少ないため、生産される牛肉の8割がアメリカや韓国、日本など海外に輸出されています。日本の牛肉輸入をみると、ニュージーランド産が全体にしめる割合は6%ほどで、オーストラリア(同 62 %)、アメリカ(同 26 %)に続いて、第3位となっています。 畜産はニュージーランドの基幹産業 ニュージーランドは、日本の7割ほどの国土面積ですが、温暖な気候に

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ