「育児休暇」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月22日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

2018年卒マイナビ大学生のライフスタイル調査

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 「2018年卒マイナビ大学生のライフスタイル調査」を発表「育休を取らない」理由として「職場復帰に不安がある」と回答した女子が、前年比5.5pt増の44.3%。女子の方が男子より、多岐に渡る動画メディアに接触=================================================================================【TOPICS】

女性の働き方・働きがいに関するアンケート調査

[ショップジャパン] ,人事制度 ワーキングマザー 働き方 育児休暇 ショップジャパン オークローンマーケティング ダイバーシティ 女性管理職 女性活躍 Shop Japan

2016年4月8日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「勤務スタイルが柔軟」と社員が回答した企業ランキング

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース1億総活躍社会実現のカギ、働き方改革が進んでいるのは? 「勤務スタイルが柔軟」と社員が回答した企業ランキング発表! 1億総活躍社会実現のカギ、働き方改革が進んでいるのは?「勤務スタイルが柔軟」と社員が回答した企業ランキング発表! 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する企業クチコミ情報サイト『カイシャの評判』( ht

2016年3月11日マッチアラームフィードバック数:0大型消費/投資

将来、育児休暇をとりたい?20代独身男性の7割以上が「はい」と回答

[マッチアラーム株式会社] ,恋愛 結婚 婚活 育児休暇 恋活

2016年3月7日IKU LOVEフィードバック数:0社会/政治

「男性の育児」に関するアンケート

【全国イクメン調査!】パパ・ママ200人に聞いた「男性の育児」に関するアンケート結果 「イクメン」や「男性の育休」についてメディアでも頻繁に取り上げられるようになった今日、多くの方が「男は仕事、女は家事・育児」というこれまでの考え方が変化し始めていることを感じているのではないでしょうか。ところが、一方では「子育ての孤立化」や「育児ストレス」などママたちが抱える問題も大きくなっているという話もよく聞きますよね。そこで、今回「IKU♡LOVE」では0~6歳までのお子さまがいるパパ100名・ママ10

2016年2月12日マイナビフィードバック数:0マーケティング

2017年卒マイナビ大学生のライフスタイル調査

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 「2017年卒マイナビ大学生のライフスタイル調査」を発表SNSに疲れたと感じているのは男子約4割、女子が5割以上と女子の方が高い結果に。男子の育児休暇を取って子育てしたい理由は、「当然の権利だと思う」が大きく増加し約3割株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2017年卒業予定の大学生・大学院生を対象とした「2017年卒マイナビ大学生のライフスタイル調

2015年8月28日もしも★フィードバック数:0大型消費/投資

”出産後の働き方に備えあり”と女性の3割が回答

フリーキャリア総研 menu”出産後の働き方に備えあり”と女性の3割が回答女性の働き方が注目される中、特に出産後の働き方について様々な意見が交わされています。出産前・結婚前から、出産後の働き方の備えをしている女性がいることが見えてきました。1年の中で最も出生数が多いのは8月。これは厚生労働省の人口動態調査で発表されている過去4年の統計に基づき算出した結果です。女性はキャリアプランとライフプランの2つを持ち合わせていく上で出産は人生の岐路の1つとも言えるでしょう。そこで今回は出産未経験女性たちは、

2015年5月8日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

育児休暇・介護休暇取得に対する意識

2015. 5.8育児休暇・介護休暇取得に対する意識- 求められる「フォロー」と「コミュニケーション」 -第一生命経済研究所 ライフデザイン研究本部 研究開発室宮木 由貴子2014年9月に、全国の企業勤務者1,440人(中小企業・大企業それぞれ720人)を対象に「職場のコミュニケーションに関する調査」を実施した。本稿はその中から、育児休暇・介護休暇の取得に対する考え方と、取得した人に対する意識についてたずねたものを紹介する。<女性で高い利用意識>「会社における『育児休暇』や『介護休暇』について、

2015年2月3日マイナビ★フィードバック数:0キャリアとスキル

大学生のライフスタイルです。

2016年卒マイナビ大学生のライフスタイル調査

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 『2016年卒マイナビ大学生のライフスタイル調査』結果を発表「自分たちの世代は『安定した生活を求める』」との回答が65.7%と大きく増加。理想の将来像は「愛する人と結婚して子供ができ幸せに暮らす」が男女共に1位株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2016年卒業予定のマイナビ全会員を対象とした「2016年卒マイナビ大学生のライフスタイル調査」の結果を

2014年12月23日日本生産性本部★フィードバック数:0キャリアとスキル

半年経った新入社員調査です。

2014年度 新入社員 秋の意識調査

<主なポイント> 1. 【新設問】女性新入社員「あなたは管理職になりたいですか」という設問に対し、72.8%が「なりたくない」と回答 2. 【新設問】管理職になりたくない理由を問う設問において、男女共に最も多い回答は「自分の自由な時間を持ちたい」 3. 【男性新入社員の7 割】男性新入社員「子供が生まれたときには、育児休暇を取得したい」という設問に対し、「そう思う」とする回答(70.0%) 4. 【直近10 年間で最高】「条件の良い会社があれば、さっさと移るほうが得だ」という設問に対し、「そう思

2014年12月1日楽天リサーチ★フィードバック数:0キャリアとスキル

女性の働き方についてのまとまった調査です。

女性の働き方に関する調査

『女性にとって働きやすい労働環境への「変化」、感じているのはわずか約2割』女性の働き方に関する調査 2014年12月1日楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下「楽天リサーチ」)は、女性の働き方に関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、2014年11月13日(木)から14日(金)の2日間、楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国の20代~60代の男女1,000人を対象に行いました。■日本が将来女性にとって働きやすい環境になって

2014年6月17日ユーキャン★フィードバック数:0キャリアとスキル

ユーキャンの調査です。

男性の育児休暇取得に関する意識調査

2013年4月に発表された安倍政権の成長戦略では「女性の活躍推進」を柱の一つとして掲げており、結婚・出産後の女性の復職を推進するためにも2020年までに男性の育休取得率を13%にすることを目標としています。しかし男性の育休取得率は現状1.89%※1に留まっており、目標と大きくかい離。そこで全国の男性ビジネスマン497名を対象に男性の育休取得促進を目的とした「男性の育児休暇取得に関するアンケート」を実施しました。 ※1:厚生労働省「雇用均等基本調査」(平成 24 年度)より ■調査方法 :インター

2014年1月29日マイナビ★フィードバック数:0キャリアとスキル

スマートフォンやソーシャルメディアの利用についても聞いています。

2015年卒 マイナビ大学生のライフスタイル調査

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 『2015年卒 マイナビ大学生のライフスタイル調査』を発表~ 15年卒の就活生‐「自分たちは『安定した生活を求める』世代」との回答多数。 文系男子も子育て参加に積極的で、4割強が「育児休暇を取り積極的に子育てしたい」と回答 ~株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2015年卒業予定のマイナビ全会員を対象とした「2015年卒 マイナビ大学生のライフスタ

2013年6月16日マインドシェアフィードバック数:1ライフスタイル

パパは育児休暇をとった?

【話題のおでかけスポット】ママこえ編集部おすすめ!東京おでかけ施設3選【ママの口コミで紹介】おすすめおでかけ施設14選_おでかけMAP口コミで大人気 子どもと行きたい都内おすすめおでかけ施設10選雨が降ったらおでかけしよう!関東の屋内で遊べるおでかけ施設5選雨の日もガッカリしない!親子で楽しめる東京の室内遊園地4選【全国】子どもを連れて行きたくなる!大満足の乗りものが見れる・乗れるスポットおすすめ8選©2016EPARKママこえAllRightsReserved.

2011年12月19日アイオイクスフィードバック数:120社会/政治

日本の少子化問題を考えるインフォグラフィック

Release: 2011/12/19日本の少子化問題を考えるインフォグラフィック深刻化が懸念される少子化問題。年金や経済への影響など、ニュースで取り上げられる機会も増えてきました。先進国の出生率から日本の将来の人口予測、子供を産まない理由や女性が妊娠・出産時に退職した理由などのアンケート結果、そして男性の育児休暇取得率や家事・育児にかける時間が極めて少ない現状など、日本の少子化問題のデータを分かりやすくまとめ、インフォグラフィックにしました。

保育園・幼稚園に関する調査

万が一に備える 病気ケガ備える がんに備える 就業不能状態に備えるはじめての方はこちら入りたい保険が決まっている方入りたい保険が決まっていない方 お申し込みプランが決まっている方はこちらご契約の流れを確認するマイプラン番号から申し込む ここから本文ですニュースリリース 2009年~ライフネット生命、「保育園・幼稚園に関する調査」~ 2009年3月24日「共働きの意欲」上昇 理由は「不況による収入減」急がれる「病児保育施設」や「病児保育サービス」の普及男性も「育児休暇を取得したい」 86.2%イ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ