「育児休業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年6月28日ウェルクスフィードバック数:0社会/政治

保育士の半数以上「産休・育休取りにくい」~保育現場の声~

保育士の半数以上「産休・育休取りにくい」~保育現場の声~女性が仕事と子育てとを両立し、生き生きと働くために必要な産休・育休制度。その制度は労働基準法や育児・介護休業法で定められた労働者の権利ではありますが、保育士さんの場合「人手不足で取りにくい」「妊娠したら退職するケースが多い」など、取得することが難しいイメージを持たれがちです。今回は読者である保育士さんを対象に、産休・育休制度利用の実態を調査しました。保育士は「産休・育休がとりにくい職業」52%まず保育士という職業全体について、産前・産後休業

2016年12月10日日経BP★フィードバック数:0ビジネス

共働き子育てしやすい企業2016

仕事:日経DUALでは「待ったなしの少子化問題」と、内閣府も推進する「ワーク・ライフ・バランスを保ちながら生産性高く働くための働き方改革」という2つの視点で優秀な企業を応援する取り組みとして、「共働き子育てしやすい企業グランプリ 2016」調査を初めて実施しました。12月2日(金)に東京都港区の会場にて開催される表彰式では、「共働き子育てしやすい企業&自治体」の表彰と共に、シンポジウムも行います。参加費は無料です。ぜひご参加ください! 【共働き子育てしやすい企業ランキング特集】第1回となるこの記

2016年8月18日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

企業の育児休業実態調査2016

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパンメニュー 企業の育児休業実態調査2016女性の育児休業取得実績がある企業は84%。男性は15%。企業は育休を取得する社員の代替要員の確保とコストに課題感。―人事担当者向け 中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』アンケート― 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が 運営する人事担当者向け中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』( https://partners.en-

2016年7月5日アイ・キューフィードバック数:0ビジネス

日本の人事部 人事白書2016

全国4,036社の人事実態調査『日本の人事部 人事白書2016』発刊今春、株式会社アイ・キューでは、『日本の人事部』会員90,000人(企業の人事・経営者)に向け、大規模なアンケートを実施しました。全12テーマ、164問のアンケートにのべ4,036社、4,130人が回答。調査結果から、企業が抱える人・組織に関する課題やそれに対する戦略、施策がわかりました。このたび、その結果をまとめた『日本の人事部 人事白書2016』を発刊いたしましたので、お知らせいたします。また、調査結果の中から、一部を抜粋し

2015年12月11日エン・ジャパン★フィードバック数:0キャリアとスキル

「派遣社員の育休取得」の調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパンメニュー 「派遣社員の育休取得」義務付けは、46%の派遣会社が「対応可能」と回答。一番の課題は「派遣先企業の理解が得られない」こと。 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)は、日本最大級の派遣のお仕事まとめサイト『エン派遣』( https://haken.en-japan.com/ )を利用する派遣会社を対象に「派遣社員の育休取得」の調査を行ない、183社から回答を得まし

2015年8月20日トレンド総研フィードバック数:0社会/政治

「介護と生活」に関するレポート トレンダーズ

2015年8月20日 「介護と生活」に関するレポート 2015/8/20トレンド総研介護費用の“想定”と“貯金額”にギャップあり 「介護貧乏」予備軍が大多数!? 介護費用「貯金なし」が約9割 「介護は結婚をためらう要因」が7割…介護問題は晩婚化にも影響か 一方、「介護は他人事」の傾向アリ…20代で顕著 「介護休業」の事例も2割台 新しい介護の形『介護ロボット』・『介護移住』への賛否は生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研(東京都渋谷区、URL:)では、このたび、20~60代の男

2015年3月29日東京都★フィードバック数:0キャリアとスキル

東京都の調査です。

平成26年度 東京都男女雇用平等参画状況調査

平成26年度 東京都男女雇用平等参画状況調査 結果報告 職場のハラスメントへの取組等 企業における男女雇用管理に関する調査平成27年3月25日産業労働局 東京都では、昭和56年度より、職場における男女平等の推進に関する実情と課題を把握するための調査を実施しております。今年度は、男女雇用機会均等法、改正育児・介護休業法への対応等に関する経年調査事項に加え、職場のハラスメントに関する意識について調査しました。このほど調査結果がまとまりましたので、お知らせします。調査対象 事業所調査:都内全域(島しょ

2015年3月23日厚生労働省フィードバック数:0社会/政治

保育所入所待機児童数(平成26年10月)

平成28年3月28日【照会先】雇用均等・児童家庭局 保育課課長補佐川岸 直樹 (内線7923)待機児童対策係長 久保 拓也 (内線7929)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)2542 平成27年4月の保育園等の待機児童数とその後 厚生労働省ではこの度、平成27年4月1日の待機児童に関する年度途中(10月1日)時点での状況を取りまとめましたので公表します。 ○例年、4月以降も、年度途中に育児休業明け等による保育の申込みが行われるが、保育の受け皿拡大はその

2015年2月12日日本銀行★フィードバック数:0キャリアとスキル

鹿児島県の雇用動向です。

長期的な視点からみた鹿児島県の雇用情勢~若い世代の繋ぎ留めに向けて~

この公表資料は当店ホームページに掲載しています。ホームページアドレスhttp://www3.boj.or.jp/kagoshima/2015 年 2 月 10 日日本銀行鹿児島支店長期的な視点からみた鹿児島県の雇用情勢~若い世代の繋ぎ留めに向けて~<概要>【長期的に見た雇用情勢】鹿児島県の有効求人倍率は昨年 11 月に 0.80 倍まで上昇し、1992 年4月以来22 年7か月ぶりとなる高水準に達している(12 月も同水準)。こうした中、常用労働者数は 15 か月連続で前年割れが続いてお

2014年8月13日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

産後の女性の就労継続を阻むもの

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 産後の女性の就労継続を阻むもの男女間の賃金格差是正と柔軟な労働環境の整備が求められる ◆少子高齢化が急速に進むわが国では、労働力不足が懸念されており、労働力人口減少の対応策としてのみならず、潜在成長率の底上げを目指すための重要課題として女性の活躍推進が掲げられているが、課題は多い。1985年に男女雇用機会均等法が制定されてから30年近くが経過し、就業者全体に占める女性の割合が上昇しているものの、出産・

2014年4月30日新潟県フィードバック数:0キャリアとスキル

新潟県賃金労働時間等実態調査結果(平成25年度)

新潟県賃金労働時間等実態調査結果(平成25年度) ◎ 平成25年7月の賃金支給総額は、270,145円(前年に比べ1.2%減少) ◎ 平成25年7月の総実労働時間は、178.6時間(前年に比べ1.0%増加) ◎ 男性の育児休業取得率は1.3%2014年11月25日 「結果の概況(報道発表資料)」: 調査結果のポイント内「育児休業の取得状況」及び別添概況第10表(4ページ)、「Ⅲ 調査結果の分析(本文)」:第35表(38ページ)をそれぞれ訂正しました。PDFファイルをご覧いただくためには、Adob

2013年12月24日ビズリーチフィードバック数:0キャリアとスキル

平均年収1060万円のビジネスウーマンに、安倍内閣「女性活躍」政策についてアンケート

転職サイト ビズリーチ > 平均年収1060万円のビジネスウーマンに、安倍内閣「女性活躍」政策についてアンケート 平均年収1060万円のビジネスウーマンに、安倍内閣「女性活躍」政策についてアンケート平均年収1060万円のビジネスウーマンに、安倍内閣「女性活躍」政策についてアンケート 女性の8割が「女性役員登用」に賛成 「育児休業3年」には6割が反対会員制の転職サイト「ビズリーチ」などインターネット事業を企画・運営する株式会社ビズリーチ(所在地:東京都 渋谷区 代表取締役:南 壮一郎)は、ビズリ

2013年8月7日ライフメディア★フィードバック数:0ライフスタイル

イクメン調査です。

妻に聞いた夫の育児に関する調査

自主アンケート・調査結果のレポートサイト妻に聞いた夫の育児に関する調査。64%が夫は「イクメン」だと思う。 妻に聞いた夫の育児に関する調査。64%が夫は「イクメン」だと思う。2013年8月 7日■テーマ:妻に聞いた夫の育児に関する調査■有効回答:1500件■調査期間:2013年7月24日から7月31日■対象者:20代から40代の未就学児がいる女性■キーワード:イクメン,夫の育児,育児休業,子育てイクメンとは、子育てを楽しみ、自分自身も成長する男性のこと。または、将来そんな人生を送ろうと考えている

男女合わせた意識調査です。

育児休業に関する意識調査

万が一に備える がん病気ケガ備える がん病気ケガ備える 就業不能状態に備えるはじめての方はこちらまずはカンタン10秒見積り!迷ったときはおすすめプランから選ぶ お申し込みプランが決まっている方はこちらご契約の流れを確認するマイプラン番号から申し込む ここから本文ですニュースリリース 2013年2013年8月5日 インターネットを活用して新しい生命保険サービスを提供するライフネット生命保険株式会社(URL: 本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼COO 岩瀬大輔)は2012年12月27日〜201

2013年7月19日日本総研フィードバック数:0キャリアとスキル

【税・社会保障改革シリーズ No.12】安倍政権の女性活躍支援の評価と課題-男性の育児支援が今後の鍵

Research Focushttp://www.jri.co.jp≪税・社会保障改革シリーズ No.12≫2013 年 7 月 19 日No.2013-013安倍政権の女性活躍支援の評価と課題-男性の育児支援が今後の鍵-調査部 主任研究員 池本 美香《要 点》 安倍政権は「女性の活躍」を成長戦略の中核と位置付け、そのための手法として「待機児童解消加速化プラン」、「3 年育休」の推進、「子育て後の再就職・起業支援」を挙げた。2013 年の参院選の公約では、「女性が輝く日本へ」として、「2020

「育休3年」の是非を問う前に?

「育休3年」の是非を問う前に? | ニッセイ基礎研究所 「育休3年」の是非を問う前に? 生活研究部 主任研究員 久我 尚子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 5月に成長戦略の第一弾として女性の活躍が位置づけられた。現在、女性の活躍を推進するためのいくつかの施策について議論が進められている。その中でも特に「育児休業期間の3年への延長」については注目度が高い印象がある

2013年5月6日マインドシェアフィードバック数:4ライフスタイル

安倍首相が示した「育児休業3年」の方針。ズバリ、賛成?反対?

【ママの口コミで紹介】おすすめおでかけ施設14選_おでかけMAP【今すぐ夏イベントへ!】子連れで楽しむ2017年6月~7月関東のイベント5選口コミで大人気 子どもと行きたい都内おすすめおでかけ施設10選雨が降ったらおでかけしよう!関東の屋内で遊べるおでかけ施設5選雨の日もガッカリしない!親子で楽しめる東京の室内遊園地4選【全国】子どもを連れて行きたくなる!大満足の乗りものが見れる・乗れるスポットおすすめ8選©2016EPARKママこえAllRightsReserved.

2012年8月20日エン・ジャパン★フィードバック数:9キャリアとスキル

育児休業についての企業を対象とした調査です。

企業の育児休業の状況について

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパンメニュー 「改正 育児・介護休業法」施行にあたって各社の状況を調査!過去3年間の育児休業の取得実績は、女性65% 男性7% エン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二、以下「エン・ジャパン」)は、企業の育児休業の状況について調査しましたので、その結果をご報告いたします。育児休業の取得実績は、男女ともに企業規模によってその比率が大きく異なる結果となりました。 「少人数でやっているため一人抜けると他の社

2011年11月9日マイボイスコムフィードバック数:0社会/政治

育児(第2回) 子供に習い事をさせている人は、11歳以下の子供がいる人の7割弱

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ11歳以下の子供の世話の経験は「買い物に行く」「会話をする」「屋内で遊ぶ」などさまざま。男性20・30代は「お風呂に入れる」「着替えさせる」「子供をあやす」「オムツをかえる」などが高い 子育てをする上で困っていること・不安は「出費が多い」が1位で、「収入が少ない」「精神的な負担」「肉体的な負担」などが続く 子供に習い事をさせている人は11歳以下の子供がいる人の7割弱。3歳の子供がいる人では半数強、4〜5歳以上では7〜9割 「子供を育てること

第2回 乳幼児の父親についての調査

父親の家事・育児参加、4年前と比べ進まず 育児費用・教育費用の不安も拡大第2回 乳幼児の父親についての調査 株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市)の社内シンクタンク「ベネッセ次世代育成研究所」では、2009年8月に、0歳から6歳(就学前)の乳幼児を持つ父親5,103名を対象に、父親の子育ての実態、しつけや教育、ワークライフバランスに関する意識や実態をとらえることを目的とした「第2回乳幼児の父親についての調査」を実施しました。この調査は2005年の実施につづき2回目となります。調査結果か

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ