調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 育児休業制度

「育児休業制度」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年6月18日内閣府★フィードバック数:0社会/政治

白書です。

平成26年版 少子化社会対策白書

少子化対策平成26年版 少子化社会対策白書 全体版(PDF形式)第1部 少子化対策の現状と課題第1章 少子化の現状第1節 近年の出生率の推移出生数、出生率の推移(PDF形式:130KB)総人口の減少と人口構造の変化(PDF形式:355KB)婚姻・出産等の状況(PDF形式:288KB)結婚、出産、子育てをめぐる状況 1/2(PDF形式:333KB)|2/2(PDF形式:412KB)諸外国との国際比較(PDF形式:268KB) 第2章 少子化対策の取組(エンゼルプランと新エンゼルプラン) (次世代育

2014年5月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

企業における女性活用の変遷と今後の課題

企業における女性活用の変遷と今後の課題 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 企業における女性活用の変遷と今後の課題企業における女性活用の変遷と今後の課題 松浦 民恵基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 政府の成長戦略「日本再興戦略-JAPAN is BACK-」でも「女性の活躍推進」の重要性が強調されるなか、企業のなかにも、自社の女性活用

女性の管理職登用についての調査です。

男女正社員のキャリアと両立支援に関する調査結果(2)

男女正社員のキャリアと両立支援に関する調査結果(2) 概要女性の管理職登用を図る上での課題について、平成24年度に実施した「男女正社員のキャリアと両立支援に関する調査」の特徴を活かして女性の昇進意欲を巡る問題を含め以下の点を明らかにすることである。女性管理職や女性管理職候補者の現状を明らかにすること企業におけるポジティブ・アクションの取り組みの推進状況を把握し、推進方策を明らかにすることポジティブ・アクションなどによる女性の継続就業や役職者登用への影響(効果)を明らかにすること女性管理職比率の

2013年12月6日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

検討される育児休業給付金の拡充~男性の育児休業の取得は今度こそ拡大するか~

みずほインサイト政 策2013 年 12 月 5 日検討される育児休業給付金の拡充政策調査部主任研究員男性の育児休業の取得は今度こそ拡大するか03-3591-1328大嶋寧子yasuko.oshima@mizuho-ri.co.jp○ 男性の育児休業の取得を推進する目的から、国は育児休業給付金の拡充を検討している。背景に男性の育児への関与の拡大により、少子化への歯止めや女性の就業推進を実現する等の狙いがある○ 育児休業給付金の拡充が実現した場合、育児休業中の実質的な所得保障は拡大する。しかし、男

2012年10月5日厚生労働省★フィードバック数:33社会/政治

育児・介護休業法の改正を受けての調査です。

平成23年度育児休業制度等に関する実態把握のための調査研究事業報告書

平成23年度育児休業制度等に関する実態把握のための調査研究事業報告書(平成23年度厚生労働省委託調査)<参考資料>[1,273KB] 1 企業アンケート調査票2 労働者アンケート調査票雇用均等・児童家庭局職業家庭両立課 企画係(内線7855) PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03

2012年7月12日厚生労働省フィードバック数:32キャリアとスキル

平成23年度厚生労働省委託調査 育児休業制度等に関する実態把握のための調査研究事業報告書

平成23年度育児休業制度等に関する実態把握のための調査研究事業報告書(平成23年度厚生労働省委託調査)<参考資料>[1,273KB] 1 企業アンケート調査票2 労働者アンケート調査票雇用均等・児童家庭局職業家庭両立課 企画係(内線7855) PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03

雇用や職場環境についての調査です。

男女平等月間実態調査2012

調査結果ニュースリリース2012年6月13日報道関係各位男女平等月間実態調査2012働き続けるために必要と思う支援・環境 1位「仕事にやりがい」 6割子どもがいる女性では「配偶者の協力」 3割仕事をやめたきっかけ 1位 「職場の人間関係」 27.4%職場での不利益な取り扱いを受けて退職 4割半ば「セクハラを受けたことがある」 女性17.0%、男性2.8%「パワハラを受けたことがある」 女性21.6%、男性27.0%セクハラ・パワハラを受けて「その職場を退職した」 セクハラ20.2%、パワハラ28

男女平等月間実態調査

調査結果ニュースリリース2011年5月31日報道関係各位男女平等月間実態調査男女とも、働き続けるために必要と思う支援・環境は?1位「必要とされている、期待されているなど、仕事にやりがいが感じられる」64.4%女性30代では「子育てと仕事の両立支援制度を利用しやすい雰囲気」が3割強と高め仕事をやめたきっかけ1位 「職場の人間関係」27.3%女性では「結婚」が3割強で1位産休・育休で不利益な取り扱い受ける約1割、男女雇用機会均等法・育児介護休業法に抵触「セクシュアル・ハラスメントを受けたことがある」

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ