「能力開発」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年8月2日JADフィードバック数:0キャリアとスキル

パラレルキャリアや副業にメリットを感じていながら、 企業では、認められていない現状が明らかに

【プレスリリース】パラレルキャリアや副業にメリットを感じていながら、企業では、認められていない現状が明らかに!! ~JAD主催セミナー『会社が推進する柔軟な働き方とパラレルキャリア』 参加者へのアンケート調査から~2017/07/25プレスリリース パラレルキャリアや副業にメリットを感じていながら、 企業では、認められていない現状が明らかに!! JAD主催セミナー『会社が推進する柔軟な働き方とパラレルキャリア』 参加者へのアンケート調査から 社会人向けの民間教育サービス機関の事業者団体である一般

2016年7月5日JADフィードバック数:0ビジネス

女性が働きやすい組織風土の壁になっているのは「褒め合う文化」の欠落?

【プレスリリース】女性が働きやすい組織風土の壁になっているのは「褒め合う文化」の欠落? ~JAD主催セミナー 参加者へのアンケート調査から~ 2016/06/28プレスリリース 女性が働きやすい組織風土の壁になっているのは「褒め合う文化」の欠落? 職場に「お互いに褒め合う文化がある」と回答した方は9.8% JAD主催セミナー 参加者へのアンケート調査から 社会人向けの民間教育サービス機関の事業者団体である一般社団法人 全国産業人能力開発団体連合会(代表:齊藤 正俊(株式会社GABA 代表取締役社

働くことと学ぶことについての調査

概要「働くことと学びについての調査」は、プロジェクト研究・サブテーマ「非正規労働者の態様に応じた能力開発施策に関する調査研究」の一環として、日本人就業者の働き方と能力開発の取り組みの実態を把握し、能力開発を十分に行える社会環境の在り方について検討資料とするために実施されました。本調査シリーズは、この調査の留置調査票の結果を2009年度以降に行う予定の分析に先駆けてとりまとめたものです。2009年度に行う分析では、面接調査票の結果とあわせて分析し、当機構から労働政策研究報告書として刊行される予定

2015年3月31日厚生労働省★フィードバック数:0キャリアとスキル

厚労省の調査です。

平成26年度「能力開発基本調査」

平成27年3月31日【照会先】職業能力開発局総務課基盤整備室室長稲原 俊浩(内線5960)室長補佐 近藤 有希子(内線5602)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)3377 報道関係者各位平成26年度「能力開発基本調査」の結果を公表します 〜企業がOFF−JTなどの能力開発に支出する費用は今後増加する見込み〜 厚生労働省では、このほど、平成年度「能力開発基本調査」の結果を取りまとめましたので公表します。 「能力開発基本調査」は、国内の企業・事業所と労働者の

日本企業における能力開発・キャリア形成

日本企業における能力開発・キャリア形成 ―既存調査研究のサーベイと試行的分析による研究課題の検討 概要労働政策研究・研修機構の調査研究プロジェクト「企業内外の能力開発・キャリア形成のあり方に関する調査研究」では、企業が能力開発・キャリア形成支援に関して、事業運営上の取組みや他の人事管理施策と関連付けながらどのような取組みを進めているか、また、企業の取組みを踏まえた職場の環境や労働者個人の活動の実態はいかなるものかといった問題意識の下に、調査研究を行うこととしている。本書では、調査研究を通じて把

2014年5月28日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

データで語る雇用『日本の職業能力開発』

データで語る雇用『日本の職業能力開発』本記事では、日本を取り巻く雇用環境や日本の課題をデータとともにお伝えする。今回のテーマは日本の「職業能力開発」。機関誌「HITO」vol.03『ミドルの未来』ではインタビュー記事などで、学び直しや継続的な職業能力開発の必要性はお伝えしているが、実際にどれくらいの層が学習をしており、それは年代や業界によって差があるのか? データをもとに日本の現状を確認したい。職業訓練・自己啓発は25~34歳をピークにに下落の一途平成19年就業構造基本調査(※1)によると、「直

2014年3月31日厚生労働省★★フィードバック数:0キャリアとスキル

企業の人材育成、個人の自己啓発についての調査です。

平成25年度「能力開発基本調査」

平成26年3月31日【照会先】職業能力開発局総務課基盤整備室室長 内田 敏之 (内線5960)職業能力開発指導官 近藤 有希子 (内線5970)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)3377 報道関係者各位平成25年度「能力開発基本調査」の結果を公表します 〜企業がOFF−JTなどの能力開発に支出する費用は今後上昇する見込み〜 厚生労働省では、このほど、平成年度「能力開発基本調査」の結果を取りまとめましたので公表します。 「能力開発基本調査」は、国内の企業・

キャリアについてのまとまった調査です。

第2回働くことと学ぶことについての調査

働き方と職業能力・キャリア形成 ―『第2回働くことと学ぶことについての調査』結果より― 概要研究の目的非正社員が増加する中での職業能力開発・形成およびキャリア形成の実態と課題を明らかにすることを目的とする。2008年度の「第1回働くことと学ぶことについての調査」の後に非正規労働問題が深刻化し、その生活基盤の脆弱さがあらわになったことを踏まえ、第2回調査を実施し、リーマンショック後の動向および家族形成や主たる生計維持者との関係も含めて検討する。研究の方法アンケート調査(「第2回働くことと学ぶこと

2013年3月27日厚生労働省★★フィードバック数:17キャリアとスキル

企業の人材育成、ビジネスマンの自己啓発についての調査です。

平成24年度「能力開発基本調査」の調査

平成24年25年3月26日職業能力開発局総務課基盤整備室室長 内田敏之(5960)専門官 岸田京子(5970)(電話代表) 03(5253)1111(直通番号) 03(3595)3377 平成24年度「能力開発基本調査」の調査結果を公表〜昨年に引き続き、企業が能力開発に支出する費用は今後上昇する見込み〜 厚生労働省では、このほど、平成24年度「能力開発基本調査」の結果を取りまとめましたので公表します。「能力開発基本調査」は、国内の企業・事業所と労働者の能力開発の実態を、正社員注1、正社員以

2012年3月29日厚生労働省★フィードバック数:12キャリアとスキル

企業の能力開発についてのまとまった調査結果です。

平成23年度「能力開発基本調査」の結果公表~「労働者全体の能力を高める」ことを重視する企業が昨年に引き続き増加~

平成24年3月28日職業能力開発局総務課基盤整備室室長 大津英喜(5960)室長補佐 佐藤 誠(5970)(電話代表) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)3377 平成23年度「能力開発基本調査」の結果公表〜「労働者全体の能力を高める」ことを重視する企業が昨年に引き続き増加〜 厚生労働省では、このほど、平成23年度「能力開発基本調査」の結果を取りまとめましたので公表します。「能力開発基本調査」は、国内の企業・事業所と労働者の能力開発の実態を、正社員注1、正社員以外注2別

2008年12月9日野村総合研究所フィードバック数:7キャリアとスキル

日本企業の役員処遇(報酬・評価・能力開発)に関するアンケート調査2008

役員退職慰労金制度を持たない企業が約6割 ~ 「日本企業の役員処遇(報酬・評価・能力開発)に関するアンケート調査2008」を実施 ~株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、社長:藤沼彰久、以下「NRI」)は、 2008年9~10月、東証一部・二部上場企業を対象に、「日本企業の役員処遇(報酬・評価・能力開発)に関するアンケート調査2008」を実施しました。このアンケート調査は、NRIが2004年度から毎年実施しているものです。その結果、役員退職慰労金制度を持たない企業が、回答企業の約6割(5

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ