「臓器移植」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年12月12日新潟県フィードバック数:0社会/政治

平成28年度 第6回県民アンケート調査

平成28年度 第6回県民アンケート調査結果 (調査目的) 県は、新潟県臓器移植推進財団と連携して、県民に対する普及啓発活動・移植医療体制整備を行い、移植医療の推進に努めています。 今回のアンケート調査では、「臓器の移植に関する法律」の施行から19年が経過し、県民に移植医療にかかる知識・理解がどの程度浸透したか、意識は変化したかなどを把握し、今後の普及啓発事業を検討する上での参考とします。 (調査期間) 平成28年8月30日(火)~9月30日(金) (調査方法) 郵送調査 (調査対象者) 県民アン

2016年1月15日名古屋市役所フィードバック数:0社会/政治

平成27年度第4回市政アンケート(調査結果)

名古屋市役所 〒460-8508 愛知県名古屋市中区三の丸三丁目1番1号 電話番号:052-961-1111(代表) 平成27年度第4回市政アンケート(調査結果) 1 調査テーマ(1)名古屋の文化芸術について本市は、名古屋ならではの個性や魅力を向上させるため、様々な取り組みを行っています。そのひとつである文化芸術について、市民の皆さまのご意見をおたずねし、新たな文化振興施策を検討するための参考とするものです。(2)臓器移植について臓器移植は、病気や事故によって臓器が機能しなくなった方に、他の方

2009年1月14日アイシェアフィードバック数:0社会/政治

もしも脳死と判定されたら「臓器を提供したい」4割~臓器を提供してもよいが「意思表示をしていない」半数以上

もしも脳死と判定されたら「臓器を提供したい」4割 臓器移植に関する意識調査 もしも脳死と判定されたら「臓器を提供したい」4割~臓器を提供してもよいが「意思表示をしていない」半数以上平成9年の「臓器の移植に関する法律」制定により、日本でも脳死を含め死亡した人の臓器提供が可能となった(但し、脳死後の臓器提供は、本人の書面による意思や家族の承認が必要)。そこで、臓器提供に対する意識について20代から40代を中心とするネットユーザー男女468名の回答を集計した。臓器移植についての関心度を聞いてみたところ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ