「自動化」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

「ロボットは仕事を奪うのか?」‐デジタルとの共存による「攻めの働き方改革」のススメ‐

「ロボットは仕事を奪うのか?」‐デジタルとの共存による「攻めの働き方改革」のススメ‐ 人事・チェンジマネジメント・コンサルタントコラム 「攻めの働き方改革」を支えると期待されるデジタルワークフォース日本では今、旧来型の仕事の在り方を見直すべく「働き方改革」に関する検討が各方面で活発に行われています。また働き方改革関連法案が今国会に提出される見通しで、大企業を中心に「働き方改革」実行への圧力が大いに高まるものと予想されます。働き方改革は、長時間労働の是正や賃金格差の改善などの労働に関する

2017年9月13日F5 Networksフィードバック数:0企業情報システム

F5 DevOps and NetOps Survey Report

F5ネットワークス、マルチクラウド環境ではネットワーク管理者とDevOps担当者のさらなるコラボレーションが必要になるという調査結果を発表IT機能の柔軟性、コントロール性、自動化のバランスを実現する取り組みが双方から行われていることが明らかに ※本報道資料は米国で8月1日に発表したプレスリリースの抄訳版ですF5 Networks, Inc.(NASDAQ: FFIV、以下F5)は、米国の850名を超えるネットワーク管理者とDevOps担当者を対象とし、それぞれの専門分野に対する考えとコラボレーシ

2017年8月28日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

駐車支援/自動駐車システム世界市場の調査を実施(2017年)

駐車支援/自動駐車システム世界市場の調査を実施(2017年) ~欧州を中心に駐車支援システムの搭載が進み、2020年頃自動駐車システム実用化始まる~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて駐車支援/自動駐車システムの世界市場について調査を実施した。1.調査期間:2017年3月~6月2.調査対象:自動車メーカー、カーエレクトロニクスメーカー等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<駐車支援/自動駐車システムとは>駐車支援シス

2017年3月8日Juniper Networks★フィードバック数:0マーケティング

消費者と企業が「デジタルコヒージョン」のメリットを認識していることが明らかに

提案をオンにする自動提案では、入力時に可能な一致が提案されるので検索結果を素早く絞り込むことができます。 「デジタルコヒージョン」への備えはできていますか? 近年、デジタル変革やデジタルディスラプションという言葉をよく耳にしますが、その先にある「デジタルコヒージョン」についてはご存知ですか?デジタルコヒージョンとは、予測的かつ自動化されたネットワークベースのメガサービスが、ユーザーの行動パターンに適応する時代を意味しており、より優れた意思決定や豊かな生活を人々や企業にもたら

2016年7月24日SurveymonkeyIntelligenceフィードバック数:0モバイル

Pokemon GO is now the biggest mobile game in U.S. history

SurveyMonkey とは?SurveyMonkeyは世界をリードするアンケートプラットフォームです。大切な顧客の意見を簡単に自動的に収集し、実用的な洞察をスムーズに得るためのソリューションもご用意しています。「知りたい」を実現し、ビジネスを前進させる方法を、ぜひご覧ください。 アンケート重要な顧客が考えていることをキャッチしてください。 SurveyMonkey個人やチームにはアンケートを簡単に作成し、メンバーと協力。実用的な洞察を得るためのパワフルなツールを存分にご活用ください。 Su

企業の経営幹部が「デジタル・ディスラプション」に備えていないことが明らかに

Navigation ジュニパーネットワークスのグローバル調査で、企業の経営幹部が 「デジタル・ディスラプション」に備えていないことが明らかに― NFV技術とSDN技術のメリットが実証された一方で、スキルギャップの深刻化による課題が浮上 ―ジュニパーネットワークス(本社:カリフォルニア州サニーベール、NYSE: JNPR)は本日、2,700人以上のITおよびビジネスの意思決定者を対象に実施したグローバル調査の結果を発表しました。それによると、企業は今後避けることのできない「デジタル・ディスラプシ

2016年6月19日Ipswitch Japanフィードバック数:0ビジネス

IT部門とインテリジェント・システムとの関わりについての調査

[] イプスイッチ社(日本法人:Ipswitch Japan 株式会社、東京都港区、代表者ウィリアム・アトリッジ)は2016年6月16日、同社の提供で実施された独立調査機関、Freedom Dynamics、によるインテリジェント・システムとIT部門との関わりに関する調査結果を発表しました。世界各国のIT部門が、インテリジェント・システムを使った自動化や最適化への適応を促進していることがわかりました。92%がビジネスの成功に対するインテリジェント・システムの重要性を認識している一方、ネットワーク

2016年1月4日オウチーノフィードバック数:0ライフスタイル

「家事の自動化」に関する実態調査

2015.12.25 「家事の自動化」に関する実態調査株式会社 オウチーノ様々な家電の登場によって自動化された家事は多い。最近ではロボット掃除機やネットスーパーなどを活用している人も多いだろう。しかし、まだまだ家事に一定の時間を奪われている人は多いのではないだろうか。特に家事に費やせる時間が少ない兼業主婦たちは、「家事の自動化」についてどう考えているのだろうか。住まいの相談窓口住まいのことならなんでも対面・無料で相談できる、住まい探しとリフォーム・リノベーションの相談窓口です。Copyright

2014年2月23日経済協力開発機構フィードバック数:0社会/政治

成長へ向けて Going for Growth

15 April 2019 日本の農業部門は、これまで小規模の稲作農家が主流でしたが、近年、急成長する東アジア全体でより高付加価値な農産物・食品を求める新たな市場のチャンスが生まれていることに対応し始めています。 9 May 2019 政府は、教育・訓練政策を改善する取り組みを早急に強化して、より多くの人々がデジタルトランスフォーメーションの利益を活用できるようにするとともに、不平等を拡大させ失業を増やすとされている自動化のリスクを削減しなければなりません。 25 April 2019 政

2013年12月4日経済協力開発機構★フィードバック数:0ライフスタイル

グローバルでの学習到達度調査です。

PISA2012調査

25 April 2019 政府は、経済社会的緊張を削減するべく、雇用と仕事へのアプローチを全面的に見直す必要があります。早急に対応しないと、多くの人々、特に低技能労働者が急速に変化する労働環境のなかで取り残されることになります。 15 April 2019 日本経済は現在、戦後最長の好景気にあり、雇用創出、企業投資とも堅調です。次の世代に持続可能で包摂的な成長を遺すために、政府は急速な人口高齢化と高額な政府債務という2つの相互に関連した問題を乗り越える政策を打ち出さなければなりません。

2013年11月27日経済協力開発機構★フィードバック数:0大型消費/投資

OECDのレポートです。

図表でみる年金2013

25 April 2019 政府は、経済社会的緊張を削減するべく、雇用と仕事へのアプローチを全面的に見直す必要があります。早急に対応しないと、多くの人々、特に低技能労働者が急速に変化する労働環境のなかで取り残されることになります。 15 April 2019 日本経済は現在、戦後最長の好景気にあり、雇用創出、企業投資とも堅調です。次の世代に持続可能で包摂的な成長を遺すために、政府は急速な人口高齢化と高額な政府債務という2つの相互に関連した問題を乗り越える政策を打ち出さなければなりません。

2013年11月22日OECDフィードバック数:0ライフスタイル

図表で見る医療2013年版

15 April 2019 日本の農業部門は、これまで小規模の稲作農家が主流でしたが、近年、急成長する東アジア全体でより高付加価値な農産物・食品を求める新たな市場のチャンスが生まれていることに対応し始めています。 9 May 2019 政府は、教育・訓練政策を改善する取り組みを早急に強化して、より多くの人々がデジタルトランスフォーメーションの利益を活用できるようにするとともに、不平等を拡大させ失業を増やすとされている自動化のリスクを削減しなければなりません。 25 April 2019 政

2013年7月18日経済協力開発機構フィードバック数:1キャリアとスキル

OECD雇用アウトルック2013

18 March 2019 偽造品と著作権侵害物の取引は過去数年で着実に増加しており―貿易高全体が減少したにもかかわらず―、現在では世界全体の貿易の3.3%を占めていることが、OECDとEU知的財産庁の報告書から明らかになりました。 12 March 2019 デジタル転換が進んでいますが、その範囲とスピードは国によっても、また産業部門、人、地域によって大きな差があります。政府が企業や人々、政策をデジタル社会に対処できるようにする取り組みを続けて初めて、デジタル化の恩恵が経済社会にもたらされ

2013年6月26日経済協力開発機構★フィードバック数:14ライフスタイル

グローバル調査です。

図表でみる教育2013

18 March 2019 偽造品と著作権侵害物の取引は過去数年で着実に増加しており―貿易高全体が減少したにもかかわらず―、現在では世界全体の貿易の3.3%を占めていることが、OECDとEU知的財産庁の報告書から明らかになりました。 12 March 2019 デジタル転換が進んでいますが、その範囲とスピードは国によっても、また産業部門、人、地域によって大きな差があります。政府が企業や人々、政策をデジタル社会に対処できるようにする取り組みを続けて初めて、デジタル化の恩恵が経済社会にもたらされ

2011年4月14日経済協力開発機構フィードバック数:15社会/政治

図表でみる社会2011

11 April 2019 2018年OECD諸国全体の平均的な労働者について、所得税と社会保険料がわずかに下落しました。OECDの新報告書、「賃金課税統計2019 (Taxing Wages 2019)」によると、それは一部の国々で行われた大規模な改革が原因となっています。 11 April 2019 各国政府は、中産階級世帯への支援を手厚くする必要があります。中産階級の人々は、所得が低迷して住宅費や教育費の上昇に追いつけないため、自分たちの経済的影響力とライフスタイルを維持するのに苦闘し

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ