調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 自動車メーカー

「自動車メーカー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年11月30日Emotion Techフィードバック数:0デジタル家電

マイカーに対するNPS/顧客体験調査

日経BPコンサルティングとEmotion Tech 自動車業界の「NPS×カスタマージャーニー」について共同調査を実施 「マイカーに対するNPS/顧客体験調査」よりNPSと販売台数成長率に高い相関 NPS上位3メーカー/ブランドは顧客ロイヤルティ向上には「試乗時の体験」、「購入後乗車時の体験」、NPS下位3メーカー/ブランドは「ブランドイメージ」、「店舗の環境」の改善が必要 株式会社日経BPコンサルティング(東京都港区)と株式会社Emotion Tech (エモーションテック)(東京都中央区)は

【自動車メーカー】特許資産規模ランキング、トップ3はトヨタ、ホンダ、日産

【自動車メーカー】特許資産規模ランキング、トップ3はトヨタ、ホンダ、日産 弊社はこのほど、独自に分類した「自動車メーカー」を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「自動車メーカー 特許資産規模ランキング」をまとめました。2016年4月1日から2017年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。 その結果、1位 トヨタ自動車、2位 本田技研工業、3位 日産自動車となりました。

デジタル自動車レポート2017

デジタル自動車レポート2017 - 急速に発展する「ロボコノミー」における自動車メーカーの戦略の再構築自動車業界のデジタル化に関する最新トレンドと自動車メーカーの戦略の再構築の方向性を詳細に解説2017年10月19日 - PwCネットワークの戦略コンサルティングを担うStrategy&では、このたびグローバルで発行された『デジタル自動車レポート2017』の日本語版を作成しました。 本レポートでは次のような内容をご紹介しています。モビリティ市場は2.2兆ドル規模へと成長する見通しです。2030年ま

2017年10月14日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第3回:タカタの連鎖倒産発生状況調査

2017/9/26 第3回:タカタの連鎖倒産発生状況調査再生法申請3カ月、連鎖倒産ゼロ調査結果 6月26日に民事再生法の適用を申請したエアバッグ大手のタカタ。最終的な負債総額は1兆円超が見込まれる戦後最大の製造業倒産となったが、同法申請から3カ月となる9月25日までに、取引先の連鎖倒産は1件も発生していない状況が依然続いている 主な要因は、申請直後に打ち出されたセーフティネット保証制度に加え、地元自治体や自動車メーカーによる資金繰り支援のほか、部品供給等に関わる重要な取引先に対して、タカタが従前

2017年9月13日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第2回:タカタの連鎖倒産発生状況調査

2017/8/28 第2回:タカタの連鎖倒産発生状況調査再生法申請2カ月、連鎖倒産ゼロ調査結果 6月26日に民事再生法の適用を申請したエアバッグ大手のタカタ。最終的な負債総額は1兆円超が見込まれる戦後最大の製造業倒産となったが、同法申請から2カ月となる8月25日までに、取引先の連鎖倒産は1件も発生していない状況が続いている 主な要因は、申請後すぐに打ち出されたセーフティネット保証制度に加え、地元自治体や自動車メーカーによる資金繰り支援のほか、タカタが部品供給等に関わる重要な取引先に対して、従前通

フィンテックが自動車業界に生み出す新たな収益機会: 自動車リース・保険ツールの進化で自動車販売台数の拡大に期待 フロスト&サリバン

[] フロスト&サリバンは、フィンテック(金融とテクノロジーの融合)の自動車産業における活用の見通しをまとめました。自動車業界では収益性の減少のリスクに常に直面しており、新たな収益源の確保は重要なテーマと言えます。フィンテックは、自動車販売やアフターサービスなどの従来のサービスを超えた新たな収益機会を生み出すことを可能にします。消費者におけるデジタル決済の普及に伴い、自動車メカーにとっての新たな収益源としてフィンテックサービスの導入が進むことが予測されます。自動車メーカーはフィンテック企業と提携

2017年8月10日矢野経済研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

車載用タッチパネル世界市場に関する調査を実施(2017年)

2017年08月02日 車載用タッチパネル世界市場に関する調査を実施(2017年) 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて車載用タッチパネル及びその部材の世界市場の調査を実施した。1.調査期間:2017年4月~6月2.調査対象:抵抗膜方式の車載用タッチパネルメーカー、静電容量方式の車載用タッチパネルメーカー、透明導電性フィルムメーカー、カバープラスチックメーカー、カバーガラスメーカー、コントローラーICメーカー、OCAメーカー等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail

2017年7月5日東京商工リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

【タカタ破綻】自動車メーカー各社のタカタへの引当額、1兆2,402億円(判明分)

【タカタ破綻】自動車メーカー各社のタカタへの引当額、1兆2,402億円(判明分) 公開日付:2017.06.26  6月26日、タカタ(株)(TSR企業コード:295877413、高田重久社長、東京都)が民事再生法の適用を申請し、国内自動車メーカーが相次いで適示開示している。自動車メーカーでいち早く適示開示したのは、本田技研工業(株)(TSR企業コード:291038689、東京都)。「タカタ株式会社の民事再生手続開始の申立等に伴う当社連結業績への影響について」を開示した。タカタへの引当金額は言及

2017年7月5日パテント・リザルトフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2016トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2016トップ3はトヨタ、日産、ホンダ 弊社はこのほど、独自に分類した自動車メーカーの企業を対象に、2016年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「自動車メーカー 他社牽制力ランキング2016」をまとめました。この集計により、直近の技術開発において競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。 集計の結果、2016年に最も引用された企業は、トヨタ自動車、次いで日産

2017年2月25日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

「海外勤務者が多い」トップ200社ランキング

「海外勤務者が多い」トップ200社ランキングメーカー、商社…海外で働ける企業はここだ 海外勤務者が多い企業でランキング上位に並ぶのは就活生の誰もが知る大企業だが…(撮影:木皮透庸) 就職活動で企業の「採用広報」解禁となる、3月1日がいよいよ迫ってきた。インターンシップやベンチャーなどの選考活動によって、すでに就活モードの学生もいるが、広報解禁をきっかけに、重い腰を上げる学生が毎年後を絶たないのが現状である。3月に入れば、説明会への参加やエントリーシートの提出に追われ、一気に慌ただしくなる。少

2016年11月14日矢野経済研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

車載用CFRPの世界需要予測調査を実施(2016年)

2016年11月09日 車載用CFRPの世界需要予測調査を実施(2016年) ~マルチマテリアルの進化が、クルマをもっと軽くする~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて車載用CFRPの世界需要予測調査を実施した。1.調査期間:2016年7月~10月2.調査対象:自動車メーカー、炭素繊維メーカー、成形加工メーカー、機器メーカー、研究開発機関等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<CFRPとは>CFRP(Carbon fibe

【自動車メーカー】特許資産規模ランキング、トップ3はトヨタ、ホンダ、日産

【自動車メーカー】特許資産規模ランキング2016、トップ3はトヨタ、ホンダ、日産 弊社はこのほど、独自に分類した「自動車メーカー」を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「自動車メーカー 特許資産規模ランキング」をまとめました。2015年4月1日から2016年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。 その結果、1位 トヨタ自動車、2位 本田技研工業、3位 日産自動車となり

2016年6月8日J.D. Powerフィードバック数:0社会/政治

2016年コールセンター満足度調査(業界別満足度)

このサイトはCookieを使用しています。サイトを引き続きご覧になる場合はCookieの使用を許可して下さい。詳しくは“Cookie ポリシー”をご覧下さいX 2016年コールセンター満足度調査(業界別満足度)待ち時間の短さと用件解決率の高さが業界内トップ企業の主な特徴として顕著 自動車メーカーでは迅速な解決実現への改善努力がみられた待ち時間の短さと用件解決率の高さが業界内トップ企業の主な特徴として顕著CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関である株式会社J.D.

2016年6月1日パテント・リザルトフィードバック数:0大型消費/投資

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2015トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2015トップ3はトヨタ、日産、ホンダ 弊社はこのほど、独自に分類した自動車メーカーの企業を対象に、2015年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「自動車メーカー 他社牽制力ランキング2015」をまとめました。この集計により、直近の技術開発において競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。 集計の結果、2015年に最も引用された企業は、トヨタ自動車の7,554

インフォグラフィック:2025年のクルマ

Cars今後10年間で、自動車業界は大転換期を迎えます。クルマ、自動車メーカー、消費者は大きく様変わりします。技術革新によるこの変革には4つの大きな潮流があります。2025年の車は… 環境に優しい気候変動を懸念する消費者や規制当局は、二酸化炭素の排出量を削減するよう自動車メーカーに圧力をかけています。出典: 経済産業省 運輸部門が排出する世界の温室効果ガスの割合 (%) 出典: 経済産業省 利便性世界の都市の交通渋滞は深刻化しています。 車の稼働率は5%にもかかわらず、所有コストは上昇してお

【自動車メーカー】特許資産規模ランキング、トップ3はトヨタ、ホンダ、日産

【自動車メーカー】特許資産規模ランキング2015、トップ3はトヨタ、ホンダ、日産 弊社はこのほど、独自に分類した「自動車メーカー」の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「自動車メーカー 特許資産規模ランキング」をまとめました。2014年4月1日から2015年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。 その結果、1位 トヨタ自動車、2位 本田技研工業、3位 日産自動車

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2014トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2014トップ3はトヨタ、日産、ホンダ 弊社はこのほど、独自に分類した自動車メーカーの企業を対象に、2014年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「自動車メーカー 他社牽制力ランキング2014」をまとめました(※)。この集計により、直近の技術開発において競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。 集計の結果、2014年に最も引用された企業は、トヨタ自動車の7,

2015年4月24日日本総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

現代とトヨタの分析です。

【特集 アジアの新展開と日本の選択】日韓自動車メーカーはアジアの変化にどう対応するか

【特集 アジアの新展開と日本の選択】日韓自動車メーカーはアジアの変化にどう対応するか

新たな「世界の工場」として注目を集めるメキシコ

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年11月26日新たな「世界の工場」として注目を集めるメキシコ 自動車の年間生産台数において、メキシコが2014年にブラジルを12年ぶりに上回り、中南米で最大となる見通しです。メキシコの今年10月の自動車生産台数(速報ベース)は前年同月比+15.8%の33.0万台、1~10月累計では前年同期比+8.5%の272.6万台と、単月、累計とも過去最高を記録しました。この背景として、同国が低賃金などを武器に海外自動車メーカーの進出や生産拡大

【自動車メーカー】特許資産規模ランキング、トップ3はトヨタ、ホンダ、日産

【自動車メーカー】特許資産規模ランキング2014、トップ3はトヨタ、ホンダ、日産 弊社はこのほど、独自に分類した「自動車メーカー」を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「自動車メーカー 特許資産規模ランキング2014」をまとめました。2013年4月1日から2014年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。 その結果、1位 トヨタ自動車、2位 本田技研工業、3位 日産自動

2014年8月18日ホットリンクフィードバック数:0社会/政治海外

【海外リサーチ】中国独禁法違反調査に関する新浪微博(シナウェイボー)口コミ速報

ソーシャル・ビッグデータ活用のクラウドサービス 【海外リサーチ】中国独禁法違反調査に関する新浪微博(シナウェイボー)口コミ速報 7月18日、国家発展改革員会は、中国で活動を行う外資系自動車メーカーが独占的地位を利用して部品の価格を不当に釣り上げているとして、独占禁止法違反の疑いがあるとして調査を開始することを発表しました。发改委调查多家车企垄断行为(国家発展改革委員会、複数の自動車企業に対し独禁法違反行為で調査) 中国で独禁法違反に対する調査が激しさを増しています。2014年の独禁法違

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2013トップ3はトヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2013トップ3はトヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業 弊社はこのほど、独自に分類した自動車メーカーの企業を対象に、2013年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「自動車メーカー 他社牽制力ランキング2013」をまとめました(※)。この集計により、直近の技術開発において各社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。 集計の結果、2013年に最も引用された企業は、トヨ

2014年3月31日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 自動車メーカーのイメージ(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ[18811]自動車メーカーのブランドイメージ(第3回) いずれのイメージも「トヨタ」が単独トップ。これに「ホンダ」「日産」を加えた3社が、いずれのイメージにおいてもトップ3を占めている。またトップ3に続いては「富士重工業(スバル)」が4位につけている。最も乗ってみたいメーカーでは「BMW」が4位 『信頼性・安心感がある』『品質・技術が優れている』と思う自動車メーカーでは、「トヨタ」が7割にのぼり、他を引き離す 『将来性を感じる』では「富士

【自動車メーカー】特許資産規模ランキング、トップ3はトヨタ、ホンダ、日産

【自動車メーカー】特許資産規模ランキング2013、トップ3はトヨタ、ホンダ、日産 弊社はこのほど、独自に分類した「自動車メーカー」を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「自動車メーカー 特許資産規模ランキング2013」をまとめました。2012年4月1日から2013年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。このランキングにより、件数比較では見られない、特許総合力の評価が可

2008年12月9日マイボイスコムフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電気自動車

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ今後購入してみたい自動車のトップは「ハイブリッド車」。次いで「ガソリン車」「電気自動車」と続く 電気自動車のイメージは、「環境にやさしい」「価格が高い」「電力が切れたときが不安」などが上位 自動車メーカー以外で電気自動車の開発を期待する業界は、「家電メーカー」31.3% 電気自動車の開発に積極的だと思うメーカーは、「トヨタ」45.4% 【調査対象】 「MyVoice」のアンケートモニター【調査方法】 インターネット調査(ネットリサ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ