調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 自動車産業

「自動車産業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年4月29日経済産業研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車部品産業についてのレポートです。

取引関係のオープン化が日本の自動車部品産業の生産性に与えた影響の分析

取引関係のオープン化が日本の自動車部品産業の生産性に与えた影響の分析 池内 健太(科学技術・学術政策研究所) /深尾 京司(ファカルティフェロー) /郷古 浩道((株)豊田中央研究所) /金 榮愨(専修大学) /権 赫旭(ファカルティフェロー) 概要自動車産業では、多くの場合、取引関係のある完成車メーカーと部品メーカーとの間に、部品の仕様などをすり合わせるための密接な関係がある。一方で、近年、技術・取引関係の両面において、自動車産業には大きな変化が見られることが先行研究でしばしば指摘されて

2015年4月21日経済産業研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車産業についてのレポートです。

日本の自動車産業における完成車メーカーと一次サプライヤーの取引構造とその変化

日本の自動車産業における完成車メーカーと一次サプライヤーの取引構造とその変化概要1989年から2010年までの、国内における完成車メーカーと一次サプライヤーの取引について分析し、以下のことが分かった。・取引のオープン化は、期間を通じて少しずつ進んでいる。2000年代においてその要因となっているのは、完成車メーカーが取引先を増やしていることではなくサプライヤーが取引先を増やしていることである。 ・オープン化よりもかなり早いペースで、完成車メーカーと既存のサプライヤーの取引関係の「組み換え」が起こっ

2014年12月16日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

九州経済の現状 2014年秋

Summary of Kyushu economy2014年秋九州経済産業局九州経済の現状・目次Ⅰ.九州経済の概況1.九州の位置・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12.経済規模・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2(1)面積・人口・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2014年11月14日日本総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

【グローバル化の進展と日中韓自動車産業(7)】現代自動車のグローバル戦略が直面する問題-課題として残る米国、ASEAN戦略

【グローバル化の進展と日中韓自動車産業(7)】現代自動車のグローバル戦略が直面する問題-課題として残る米国、ASEAN戦略

2014年11月3日日本政策投資銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

業界別の設備投資動向です。

自動車産業の設備投資動向 ~2014年度設備投資計画調査から~

自動車産業の設備投資動向 ~2014年度設備投資計画調査から~

2014年8月5日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

中国電気類自動車元年のスタート

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 今年5月から7月にかけて、中国の電気類自動車産業界に関する重要方針が相次いで発表された。「中国電気類自動車百人会」の設立に続いて、中国政府は電気自動車の発展促進に関する支援策を連続3本発表した。なかでも、国務院が発表した「关于加快新能源汽车推广应用的指导意见」(新エネルギー車の応用普及を加速する指導意見(以下「指導意見」と言う))が最もインパクトがあり、関連産業界の企業の株価は一斉に上昇した。「指導意

2014年6月5日Ipsosフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

タイの自動車生産、2014年は15.7%減 (イプソス予測)

[] 2014年5月、イプソス・ビジネス・コンサルティング(以下、IBC)は最新の予測で、多くの評論家が考えている以上に、タイの自動車産業の見通しは明るいと発表した。最新の統計では、2014年4月のタイ自動車生産台数は126,730台で、対前年比で25.64%減となった。この生産の減少を考慮した上で、IBCは2014年の年間自動車の総生産台数を、2013年の249万台から15.7%減の210万台となる予測を発表した。IBCは、小型商用車(1トンクラスのピックアップトラック)は特にオーストラリア、

2014年4月4日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

素形材産業ビジョンの見直しに向けた素形材動向調査

素形材産業ビジョンの見直しに向けた素形材産業動向調査報告書平成25年2月三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社iiはじめに~ビジョン見直しの背景~平成 18 年 5 月にとりまとめられた「素形材産業ビジョン」は、サポーティングインダストリーとしての位置づけにある素形材産業が我が国ものづくりに果たす役割・位置づけを明確に打ち出すとともに、オーナー経営の中小企業が多い素形材産業に対して近代的経営の必要性や下請けに甘んじることなく海外市場へ目を向けることの重要性を説き、自前主義に閉じこもらず他社

2014年4月4日日本総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

現代の中国事業についてのレポートです。

【グローバル化の進展と日中韓自動車産業(5)】中国事業を強化する現代自動車-内陸部の需要取り込みに注力

【グローバル化の進展と日中韓自動車産業(5)】中国事業を強化する現代自動車-内陸部の需要取り込みに注力

2013年7月26日経済産業省フィードバック数:15社会/政治

平成25年4-6月期地域経済産業調査

「平成25年4-6月期地域経済産業調査」をまとめました 経済産業省はこのたび、各地方経済産業局(電力・ガス事業北陸支局、沖縄経済産業部を含む)が、各地域の経済動向を把握するために、四半期ごとに行っている地域経済産業調査の結果をとりまとめましたので公表します。【今回の調査結果のポイント】各地域の景況判断は、軽自動車やハイブリッド車の受注が好調な自動車産業を中心として、前期から継続して生産が堅調に推移し、一部に積極的な設備投資を進めようとする動きが見られることから、東北、沖縄を除く北海道、関東、東

2013年7月22日日本総研★フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス海外

現代についての分析です。

【グローバル化の進展と日中韓自動車産業4】「円安・ウォン高」と現代自動車-世界市場の影響は軽微、韓国で崩れる「圧倒的優位」

【グローバル化の進展と日中韓自動車産業4】「円安・ウォン高」と現代自動車-世界市場の影響は軽微、韓国で崩れる「圧倒的優位」

2013年4月25日経済産業省フィードバック数:1ビジネス

ブラジルへの我が国企業の展開促進にかかる調査・分析報告書

ブラジルへの我が国企業の展開促進にかかる調査・分析調査報告書2013年2月1日本調査の背景と目的•ブラジルは世界有数の経済規模を持ち、安定した経済運営を行なっているため、欧米を始め各国から市場としての注目度は高い。また、ブラジル国内では、2014年のワールドカップ、2016年のオリンピック開催を控え、更に経済発展が加速することが予想されている。そのような中で、我が国企業も収益源の多様化とリスク分散の観点からブラジル市場に進出し、一定のポジションを獲得していくことが期待される•しかしながら、我が国

2013年1月8日日本総研フィードバック数:4大型消費/投資

【グローバル化の進展と日中韓自動車産業(3)】ポスト反日デモの中国自動車市場

【グローバル化の進展と日中韓自動車産業(3)】ポスト反日デモの中国自動車市場

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ