調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 自動車販売

「自動車販売」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年1月6日日本クレジット協会フィードバック数:0大型消費/投資

ショッピングクレジット動態調査(2015年10月)

平成27年12月28日ショッピングクレジット動態調査集計結果について一般社団法人日本クレジット協会一般社団法人日本クレジット協会(会長 杉本大森 直栄)は、クレジット業界の統計資料の整備一廣)は、クレジット業界の統計資料の整一般社団法人日本クレジット協会(会長備という観点から、クレジット会社17社を対象としたショッピングクレジット分野の動態調査一般社団法人日本クレジット協会(会長 杉本 直栄)は、クレジット業界の統計資料の整という観点から、クレジット会社17社を対象としたショッピングクレジット分

2014年11月17日マークラインズフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年10月の世界新車販売台数

[マークラインズ株式会社] ,自動車販売 自動車市場予測 グローバル販売

2014年9月1日第一生命保険フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

新車販売台数(2014年8月) ~自動車販売の回復が見えてこない~

新車販売台数(2014年8月) ~自動車販売の回復が見えてこない~

2014年6月4日第一生命保険フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

新車販売台数(2014年5月) ~自動車販売の減少幅は前回増税時よりも小さい~

新車販売台数(2014年5月) ~自動車販売の減少幅は前回増税時よりも小さい~

2014年5月19日マークラインズフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年4月の世界新車販売台数

[マークラインズ株式会社] ,自動車 予測 世界自動車販売 自動車市場

自動車販売店に求めるもの、「クルマに関する知識と知恵」4割、「良い接客」3割

[株式会社オートコミュニケーションズ] ,調査結果 自動車 オニキス オートコミュニケーションズ 自動車販売 クルマに関するエピソード

2014年3月18日マークラインズフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年2月の世界自動車販売台数

[マークラインズ株式会社] ,自動車販売 世界新車販売

2014年3月12日Ipsosフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

グローバル自動車産業に関するリサーチノート

トップ>グローバル自動車産業に関するリサーチノートを発表 グローバル自動車産業に関するリサーチノートを発表2014.3 No.30ビジネス・コンサルティング部門では、エコカーとグローバル自動車産業が取り組む開発に関するリサーチノート ”Eco Cars And Key Developments Within The Global Auto Industry” を発表しました。 近年、先進国市場では、ハイブリッド車、電気自動車などのいわゆる「エコカー」の需要が増加しています。また、高齢化問題

2014年2月26日マークラインズフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年1月の世界新車販売台数は年率換算で8,710万台-グローバル新車市場トレンド

[マークラインズ株式会社] ,自動車 販売 世界 自動車販売 世界自動車販売

2013年12月27日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

2013年12月(アジア)

平成 25 年(2013 年)12 月 27 日アジア全体の景気は持ち直すなか、タイ、インドネシアは減速が持続アジア経済は 2013 年に入り足踏みが続いていたが、年後半以降は持ち直しの動きがみられる。第 3 四半期の実質 GDP 成長率をみると、中国や韓国、シンガポール、マレーシアなどで成長ペースが幾分高まった。この背景には、欧米を中心とした製造業が循環的な持ち直しに向かい、景気足踏みの主因であった輸出が緩やかながらも回復基調を辿っていることがある。アジア 11 ヵ国・地域の輸出(3 ヵ月移動

緩やかな回復基調が続く米国経済

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断海外経済金融緩 やかな回 復 基 調 が続 く米 国 経 済  木村  俊文    要旨    米国経済は、雇用環境の改善や住宅市場の持ち直しなどを背景に個人消費が底堅く推 移しているほか、生産活動や設備投資にも復調の兆しが出ており、緩やかな回復基調が続 いている。こうしたなか、FRB 議長が講演や議会証言で当面は現行の緩和策を継続する方 針を示唆したことから、QE3 の早期縮小観測はやや後退した。   経済指標は底堅い動き 最近発表され

2013年7月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【アジア新興経済レビュー】金融市場は総じて下落、実体経済は自動車販売が懸念材料

【アジア新興経済レビュー】金融市場は総じて下落、実体経済は自動車販売が懸念材料 | ニッセイ基礎研究所 【アジア新興経済レビュー】金融市場は総じて下落、実体経済は自動車販売が懸念材料 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (実体経済)6月のアジア新興国・経済の各種指標は、5月に引き続き、生産や輸出で伸び悩みが続いた。注目は、自動車販売台数が総じて不

2013年4月3日第一生命保険フィードバック数:0大型消費/投資

新車販売台数(2013年3月) ~自動車販売の増加が1-3月期の個人消費を押し上げ。先行きの改善ペースは鈍化?~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:新車販売台数(2013年3月)発表日:2013年4月1日(月)~自動車販売の増加が1-3月期の個人消費を押し上げ。先行きの改善ペースは鈍化?~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528(万台)乗用車販売台数(季調値)(%)48464442403836343230282624222018乗用車販売台数(前年比寄与度)120軽乗用車100小型乗用車80普通乗用車60乗用車40200-20

2013年3月31日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済マンスリー:2013年3月(アジア)

平成 25 年(2013 年)3 月 26 日景気は回復に向かうなか、懸念されるインド・ベトナムの出遅れアジア経済は中国・ASEAN を中心に持ち直しの動きが持続している。消費は底堅さを維持する一方、輸出は緩やかながら回復に向かっている。1-2 月の指標をみると、中国では生産・消費がやや軟調に推移したものの、投資・輸出は加速しており景気は回復基調にある。また、ASEAN の自動車販売は年明け以降も二桁増を維持しており(第 1 表)、景気は消費中心に引き続き好調である。中国・ASEAN とは対照的

中国の大気汚染についてのレポートです。

中国の大気汚染が深刻化する原因

http://www.nochuri.co.jp/今 月 の焦 点海外経済金融中 国 の大 気 汚 染 が深 刻 化 する原 因王 雷軒はじめに拡散速度が小さく、重力沈降の影響もあま2013 年 1 月、北京など中国の多くの都市り受けない。そのため、微小粒子の主な除では、深刻な大気汚染が発生した。中国は去方法である降雨などがない場合は大気中慢性的な大気汚染問題を抱えているが、今での滞留時間が長くなるため、高濃度汚染回は国土全体の約 4 分の1、総人口の約半を引き起こす要因となる。分(6 億人)が

資金供給拡大で緩やかな回復が続く中国経済~住宅価格の急上昇には要注意~

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断海外経済金融資 金 供 給 拡 大 で緩 やかな回 復 が続 く中 国 経 済∼住 宅 価 格 の急 上 昇 には要 注 意 ∼王 雷軒要旨1 月の製造業購買担当者指数(製造業 PMI)は 4 ヶ月連続で 50 を上回ったほか、自動車販売も持ち直す動きもあり、足元の景気は緩やかに回復していると見られる。また、1 月の資金供給量が予想以上に拡大したことを受けて、今後は景気回復が強まると思われる。ただし、資金供給の拡大で住宅価格が急上昇する可

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ