「自動運転」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

「自動運転車」に関する意識調査

「自動運転車」に関する意識調査

「自動運転車」の利用に関する意識調査

「自動運転車」の利用に関する意識調査

2017年4月15日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

研究開発費の大きい「トップ300社」

研究開発費の大きい「トップ300社」はこれだ1位トヨタは「ケタ違い」の1兆円超! 東洋経済オンライン編集部ベテランから若手まで個性的な部員が揃う編集部。編集作業が中心だが、もちろん取材もこなします(画像はイメージです)。現在のスタッフはこちらを御覧ください。 トヨタ自動車が3月16日に発表し、販売を始めたレクサスブランドの超高級クーペ「LC500」。炭素繊維強化プラスチックなど高性能素材を採用、安全性も継続的に引き上げている(撮影:尾形文繁) 自動運転に人工知能、難病の特効薬、高性能な新素

2017年4月11日all engineer.jp★フィードバック数:0企業情報システム

「人工知能(AI)」に関するアンケート調査

人工知能(AI)の有望な活用法、製造系エンジニアはどう考える?~現時点で最も実用的なのは「自動運転」(36.3%)。「救助ロボット」に伸びしろを感じるエンジニアも多数~ポイント現時点で最も実用的なAI活用は「自動運転」(36.3%)。「スマート工場」「製品設計の支援」も2割前後が実用的と評価製造系エンジニアの2人に1人、「自動運転」に将来性を感じる 伸びしろがあるAI活用の分野は「救助ロボット」「自動運転」「病気の診断」か 人工知能を活用の製品・サービス、認知度トップ3は「ルンバ」「Google

2017年1月8日矢野経済研究所★★フィードバック数:0ビジネス

自動運転システムの世界市場に関する調査を実施(2016年)

2016年12月26日 自動運転システムの世界市場に関する調査を実施(2016年) ~2030年にレベル3の自動運転システムの搭載台数が1,700万台に拡大~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて自動運転システムの世界市場について調査を実施した。<自動運転システムとは>自動運転システムはNHTSA(米国運輸省高速道路交通安全局)が自動化のレベルを0~4までの5段階で分類している。レベル1は運転支援機能であり、現在普及の進んでいるADAS(先進運転支援システム)が該当する。車両の周辺の状況

「年末年始の長距離移動」と「エコドライブ」に関するアンケート調査

三井ダイレクト損保 | 〜年末年始の長距離ドライブの動向を三井ダイレクト損保がリサーチ〜 「年末年始の長距離移動」と「エコドライブ」に関するアンケート調査 サービスメニューユーザーメニューアクシデントメニュー ?M 〜年末年始の長距離ドライブの動向を三井ダイレクト損保がリサーチ〜 「年末年始の長距離移動」と「エコドライブ」に関するアンケート調査 2016年12月01日 年末年始の長距離移動は、年内は12月23日と24日の午前中及び12月30日の午後、年始は1月1日、2日、3日の午前中と午後に回答

2016年12月8日ソニー損害保険フィードバック数:0大型消費/投資

2016年 全国カーライフ実態調査

リサーチレポート以下の内容は掲載当時のもので、現在と異なる場合がございます。以下の内容は掲載当時のもので、 現在と異なる場合がございます。ソニー損保、「2016年 全国カーライフ実態調査」1ヵ月あたりの車の維持費は平均13,600円、過去最安水準に燃料代の負担感は一昨年より23.7ポイント減少低燃費車の普及が進んだ?実燃費の平均は5年前より4.0km/l向上初めてのマイカーの取得動機 都市部では「趣味やデートのため」地方は「生活必需品」都市部の女性は「子育てに車があると便利だから」初めてのマイカ

自動運転技術に関する調査

ホーム > ニュースリリース > 2016年度 > CCCマーケティング、CCCカーライフラボ、J.D. パワーが業務提携で合意 消費者の声とビッグデータを融合した新しいマーケティング・ソリューションを提供ニュースリリースCCCマーケティング、CCCカーライフラボ、J.D. パワーが業務提携で合意 消費者の声とビッグデータを融合した新しいマーケティング・ソリューションを提供 株式会社J.D. パワー アジア・パシフィック CCCマーケティング株式会社 株式会社CCCカーライフラボ2016年09月

2016年8月30日ニワンゴフィードバック数:0社会/政治

月例ネット世論調査2016年8月

月例ネット世論調査2016年8月2016年8月の月例ネット世論調査です。今回は8月22日21:22に実施しました。 トピックス内閣支持率 「支持する」55.4%「支持しない」17.0% 前月比の増減は「支持する」3.9ポイント増、「支持しない」3.8ポイント減 Q1いま、あなたは安倍内閣を支持しますか、支持しませんか。安倍内閣の支持率は、前月より3.9ポイント増の55.4%となり、2014年の衆院総選挙以降、最高を記録しました。一方、不支持率は、前月より3.8ポイント減の17.0%となりました

2016年5月18日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

転職求人倍率レポート(2016年4月)

転職なら、求人情報・転職サイトDODA(デューダ) 求人情報を探す エージェントサービス スカウトサービス 転職成功ガイド イベント ヘルプ転職活動の準備転職求人倍率レポート(2016年4月)全体:求人倍率は1.07倍。新年度の採用活動が始まり、求人数は17カ月連続で最高値を更新◆概要◆・2016年4月の求人倍率は、前月比-0.03ptの1.07倍。・求人数は前月比101.3%、転職希望者数は前月比104.2%。・求人数は前年同月比141.5%、転職希望者数は前年同月比167.2%。・求人数は

女性投資家の生活実態調査2016

2016年4月20日各位女性投資家の生活実態調査 201620 代・30 代女性は「経済ニュース」よりも「ネットの話題」を投資に活用女性目線の将来有望株に「Spiber」「ZMP」、20 代は「メルカリ」にも注目スパークス・アセット・マネジメント株式会社(http://www.sparx.co.jp/)(東京都品川区。代表取締役社長 阿部修平)は、女性投資家の関心や投資行動を明らかにするため、2016年3月4日~3月9日の6日間、全国の20歳以上の女性投資家(日本株式、外国株式、公社債、投資信託

2016年2月16日all engineer.jpフィードバック数:0大型消費/投資

「技術系トレンドワード」に関するアンケート調査

[株式会社メイテック] ,クラウド ビッグデータ 自動運転 IoT ドローン fabcross for エンジニア 電気・機械系 技術系トレンドワード メイテックグループ AI(人工知能)

「自動運転」調査

市場調査は、株式会社日本リサーチセンター(NRC) NRCレポート公表日 2016年2月1日日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、社長:鈴木稲博)は、1960年に設立された民間の調査研究機関です。民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。また、WIN/ギャラップ・インターナショナル・アソシエーションにおける日本唯一の代表メンバーとして加盟しており、海外調査にも豊富な経験を有しております。当社では、全国15〜79歳男女1,200人を対

2016年1月18日産業能率大学★★フィードバック数:0ビジネス

社長が選ぶ今年注目の会社2016

従業員数が10人以上の企業経営者(経営トップ)582人を対象に、2016年に注目している会社を自由記述で1社回答してもらい、その結果を「社長が選ぶ 今年注目の会社2016」としてまとめました。調査は、2015年11月13日から17日までの5日間、インターネット調査会社を通じて行いました(有効回答422)。 結果概要社長が選ぶ今年注目の会社「社長が選ぶ 注目の会社 2016」は「トヨタ自動車」(74票)となりました。環境性能に優れた燃料電池車「ミライ」の今後の動向や、自動運転車の開発に向けた期待

2015年11月6日ソニー損害保険フィードバック数:0大型消費/投資

2015年 全国カーライフ実態調査

リサーチレポート以下の内容は掲載当時のもので、現在と異なる場合がございます。以下の内容は掲載当時のもので、 現在と異なる場合がございます。ソニー損保、「2015年 全国カーライフ実態調査」車の維持費は例年より1ヵ月あたり1,000円以上安く ガソリン価格の下落が影響か「燃料代を負担に感じる」 昨年比13ポイントダウン「マイカーは軽自動車」が4割強 5年間で14ポイントの上昇普及が進むアイドリングストップ機能 自家用車の4台に1台が搭載マイカーが軽自動車の人の6割半は「次も軽自動車を購入」軽自動車

スマホとドライブに関するアンケート調査

三井ダイレクト損保 | スマホとドライブに関するアンケート調査 〜スマホとドライブの関係を調査!三井ダイレクト損保がリサーチ〜サービスメニューユーザーメニューアクシデントメニュー ?M スマホとドライブに関するアンケート調査 〜スマホとドライブの関係を調査!三井ダイレクト損保がリサーチ〜2015年08月10日 ◆ドライブでのスマートフォンの使い道61.1%が「地図検索」◆使ってみたい自動車関連アプリは「渋滞予測アプリ」が7割以上◆運転中にスマートフォンが気になる人の5割がヒヤリ・ハット経験あり

運転支援システムの現状と今後

車購入時6割以上が意識!自動ブレーキの標準装備化も加速!? 〜運転支援システムの現状と今後〜 あなたの車には運転支援システムはついていますか?最近では自動ブレーキ・自動駐車や車両検知などといった言葉をよく耳にします。運転支援システム、つまりドライバーが事故なく安全に運転できるようサポートをしてくれるシステム。日本自動車研究所の予測では、2016年には国内新車販売に占める自動ブレーキ搭載車の割合は50%に達するとされ、また各自動車メーカーでも自動ブレーキを標準装備化する動きが加速しています。 そ

2015年4月27日アスタミューゼフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「次世代自動車市場」に関するアンケート

[アスタミューゼ株式会社] ,電気自動車 未来 トヨタ自動車 次世代自動車 自動運転 アスタミューゼ astamuse 燃料電池車 アスタビジョン astavision

2015年1月6日ソニー損害保険★★フィードバック数:0大型消費/投資

若者と自動車です。

2015年 新成人のカーライフ意識調査

リサーチレポート以下の内容は掲載当時のもので、現在と異なる場合がございます。以下の内容は掲載当時のもので、 現在と異なる場合がございます。ソニー損保、「2015年 新成人のカーライフ意識調査」 新成人の運転免許保有率57%、マイカー所有率は13% “オートマ限定”免許の保有率 都市部の新成人では増加傾向が顕著 車に対するイメージを表す漢字 1位「楽」、2位「車」、3位「速」 安全運転意識の向上?「危」・「怖」が年々上昇 自動運転車が実現したら?「運転しなくていいからラク」62% 「車に興味がある

トレンド調査です。

2014年トレンドワードのうち、来年は「自動運転」「Wi-Fi」「クラウドソーシング」が兆し

2014年トレンドワードのうち、来年は「自動運転」「Wi-Fi」「クラウドソーシング」が兆し 2014年に調査した17個のサービスについて、どれほどの人が知っているか、またそのうちどのサービスが2015年の紙面を賑わせるかを知るべく、インターネットコムと NTT コムリサーチでは「2014年のトレンドワード」に関する調査を行った。 「タクシー配車アプリ」や「来店アプリ」、「バーチャル試着」に「自動運転」。つい数年前までその形すらみえなかった数多くのサービスや概念が、日々生まれ続けている。20

2014年9月30日ソニー損害保険★フィードバック数:0大型消費/投資

自動車の保有や保険についての調査です。

2014年 全国カーライフ実態調査

リサーチレポート以下の内容は掲載当時のもので、現在と異なる場合がございます。以下の内容は掲載当時のもので、 現在と異なる場合がございます。ソニー損保、「2014年 全国カーライフ実態調査」年間走行距離7,000km以下の人が6割弱4人に1人が「週末ドライバー(運転頻度は週に1〜2回以下)」 車の維持費 最も負担に感じるのは「ガソリン代・燃料代」 過去4年で20.1ポイント上昇軽自動車の人気続く「マイカーは軽自動車」4割、過去4年で11.7ポイント上昇「次に買替えたいのはガソリン自動車」3割、昨年

AI、脳型コンピュータ、知的ロボットに関する需要調査

【特別調査報告書】2014年4月発刊AI、脳型コンピュータ、知的ロボットに関する需要調査報告書完成 !●人間とロボットは共存可能、過半数の人が評価●NEXT産業革命に、エネルギー、医療、続いて、AI(人工知能)が浮上!AI、脳型コンピュータ、知的ロボットに関するアンケート調査を実施しました。今回の調査では、インターネットを利用して、10代、20代、30代、40代、50代、60代 (均等)、合計2,300人を対象に、3月24〜28日に行われました。その結果、「人間とロボットは共存してゆける」という

「インターネットを活用しやすい国」ランキング

BCG経営コンセプト「市場創造編」「構造改革編」 BCGジャパン50周年を機に、今日の事業環境で特に重要性が増しているテーマを選び、「市場創造編」「構造改革編」の2冊に分けてBCGの最新の経営手法をまとめました詳細はこちら 自動運転車は、2035 年に世界新車販売台数の25%、 3,000 万台超 (完全自動運転・部分自動運転含む) ~BCG 調査詳細はこちら 自然災害への備えからの3つの学び/ Three lessons that businesses can learn from natur

2009年12月22日日経BP★フィードバック数:0デジタル家電

BPによるプリンタに関する調査結果です。

自宅で印刷する頻度はどのくらい?

本コンテンツの無断転載、配信、共有利用を禁止します。自宅のプリンターや複合機を使って印刷する頻度を聞いた。1週間に1回以上印刷する人が約57%に達した一方、使用頻度が半年に1回以下の人も約1割いた[画像のクリックで拡大表示] 最近のプリンターや複合機は多彩な機能を搭載し、欠かせない周辺機器になっている。そこで、その使い方をネットユーザー1000人に聞いた。 印刷する頻度は、週に1回程度がトップで、2位が月に1回程度と少ない印象を受ける。しかし、中には「複数のプリンターを用途に合わせて使い分けてい

2009年1月14日産経デジタルフィードバック数:0社会/政治

【2009年 主要企業アンケート】景気見通し

総合経済情報サイト:SankeiBizホンダは8日、ハンドルやアクセル、ブレーキの操作が一切いらない完全自動運転を平成37年ごろに実用化する計画を発表した。ホンダが完全自動運転の実用化のめどを明確にしたのは初めて。【記事詳細】 フジサンケイビジネスアイから フジサンケイビジネスアイ公式ウェブサイトがスタート。ツイッター、フェイスブックを同一画面で展開するほか、オリジナルコンテンツを電子書籍化し提供するコーナーも。総合ビジネス経済紙フジサンケイビジネスアイの魅力をより身近にするサイトです。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ