「自己分析」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月7日BAMBOOフィードバック数:0キャリアとスキル

Bambooスマートパッドで解決?!・・・就活のカギは情報整理

いよいよ就職活動が解禁!就活時には、様々な悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?そこで20代の就活中及び就活経験者241人に「就活」に関する調査を実施しました。まずは、「就活に悩みがある(あった)」と回答した人は、70.1%という結果に。やはり、大半の人が就活自体に何かしらの悩みを抱えていました。特筆すべきは、大多数が就活のノート・メモの取り方に悩みを抱えていること。「立ったまま書きづらい」(97.6%)、「複数ノートの管理」(95.8%)、「どこに書いてあるかわからない」(90.8%)

2015年9月3日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

就活準備、十分にできた?

Vol.306先輩たちに聞きました。就活準備、十分にできた? 就活本番前に、十分に準備できたと思いますか?今年、就活を経験した大学4年生・大学院2年生に、就活本番前に、十分に準備できたかどうかを尋ねたところ、「はい」と答えたのは約3人に1人にとどまり、残りの約3人に2人は、十分に準備できなかったと考えていることがわかった。属性別に見ると、男女間、文系と理系の間には有意な違いが見られなかったが、「はい」と答えた大学4年生が30.0%なのに対して、大学院2年生は42.6%と大きな差が開き、大学院生の

2015年7月23日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度キャリア・就職支援への取り組み調査

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 マイナビ「2015年度キャリア・就職支援への取り組み調査」結果を発表株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、大学の就職支援に携わる部署を対象とした「2015年度キャリア・就職支援への取り組み調査」の結果を発表しました。なお、本調査は2010年度より実施しており、今回で6回目となります。概要は以下の通りです。=======================

2014年8月12日NTTレゾナントフィードバック数:0キャリアとスキル

会社の面接で「なぜ?」と思ってしまう変な質問ランキング

「面接」は、社会人の今後を左右する大事な局面。どんなことを聞かれるかを予想し、答え方をシミュレーションして面接に臨む人も多いのではないでしょうか。しかし、時には「そんなこと聞いてどうするの?」と首をかしげたくなる質問をされることがあります。今回は、会社の面接で聞かれて困惑した質問について、アンケートをとってみました。会社の面接で「なぜ?」と思ってしまう変な質問ランキング1位は、《あなたを動物で例えるとなんですか?》。「自分を~に例えたら」という話は、友達同士ならまだしも、いきなり面接官から問われ

2013年4月5日BroadBankフィードバック数:0キャリアとスキル

転職活動の前に行っておいて良かったこと

リリース プレス/超低価格プレスリリース配信サービス 転職成功者1000人アンケートで動向調査 【転職活動の前に行っておいて良かったこと】株式会社BroadBankのプレスリリース2013年 04月 04日2013年4月3日、株式会社BroadBank(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松本 憲二 以下BroadBank)は「転職活動の前に行っておいて良かった事」に関して、オンライン調査を行い、1056人の有効回答を得ました。【転職の前に行っておいてよかったこと】1位 資格の取得(454人)2

2012年12月27日リクルートフィードバック数:19キャリアとスキル

自己分析、何回やった?

掲載日:2012年12月27日 就活を経験した大学4年生・大学院2年生に、就活中に自己分析したかどうかを尋ねたところ、全体の約7割が「はい」と回答。大多数の学生が、自己分析をしたことがわかった。属性別に見ると、女子学生と文系学生に「自己分析した」と答える学生が多い傾向が見られた。 次に、就活中に何回ぐらい自己分析したかと尋ねたところ、「3回」「2回」「1回」の順に、2割前後で続く結果になった。平均は5.3回となった。属性別に見ると、女子学生と学部生、文系学生に、分析回数の平均値が高い傾

2012年12月20日リクルートフィードバック数:21キャリアとスキル

年末年始、どう過ごすべき?

掲載日:2012年12月20日就職活動をした年(大学3年/大学院1年次)の年末年始はどのように過ごしましたか?(複数回答) 就活を経験した大学4年生・大学院2年生に、大学3年/大学院1年生のときの年末年始の過ごし方について尋ねたところ、一番多かったのが「アルバイト」という答えで、約半数。次いで「企業研究・業界研究」「就職関連イベントへの参加」「自己分析」「学校の試験勉強など勉強全般」が3〜4割前後で続いた。「その他」では、「帰省」などの声が寄せられた。 忘年会・新年会など、人が集ま

2012年9月25日楽天リサーチ★フィードバック数:0キャリアとスキル

2013年卒の就職活動についての調査です。

就職活動に関する調査

2012年9月24日楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学)は、SNSと就職活動に関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、9月5日から6日の2日間、楽天登録モニター(約225万人)の中から、2013年卒業予定の4年生大学に通う21歳から26歳の男女計1,000人を対象に行いました。 ■ 総括日本経済団体連合会(以下 経団連)が2011年3月に一部を変更して発表した「採用選考に関する企業の倫理憲章」では、2011年より採用に関する企業の広報活動が12月から開

2012年9月20日リクルートフィードバック数:12キャリアとスキル

『やるな・・・』と感じたのはどんな人?

掲載日:2012年9月20日就活スタート時、自分以外の学生で「やるな…」と感じたのはどんな人?(複数回答) 2011年の12月、就活のスタート時点で、自分以外の学生で「やるな」と感じた人の具体的なエピソードを先輩たちに尋ねたところ、一番多かったのが「自己分析・業界研究・企業研究のやり方が上手だった」人で、全体の約3分の1に上った。次いで多かったのが、「OB・OG訪問をやっていた」で、全体の約3割に。「企業の説明会にたくさん参加していた」「筆記試験対策に早く着手していた」「エントリーが早かった」

2012年8月16日リクルートフィードバック数:13キャリアとスキル

自己分析、企業・業界研究…どんな方法がお勧め?

掲載日:2012年8月16日自己分析は、どんな方法がお勧めですか?(複数回答) 就活を経験した大学4年生・大学院2年生に、お勧めの自己分析の方法を尋ねたところ、一番多かったのが「自分の過去を振り返ってみる」で6割強、次いで「家族や友人に自分の長所・短所について尋ねてみる」が約半数、「自分自身について考えぬいてみる」と「やりたいことや好きなこと・やりたくないことを挙げてみる」が約4割で続いた。「面接・エントリーシートの練習を通じて分析する 」「とにかく自分に関する事柄をすべて書き出してみる」も3

2012年8月9日リクルートフィードバック数:19キャリアとスキル

就活、手始めに何をする?

掲載日:2012年8月9日もう一度、就活を始めたころに戻れるとしたら、就活のため何に注力しますか?(複数回答) 就活を経験した大学4年生・大学院2年生に、もう一度、就活を始めたころに戻れるとしたら、就活のため何に注力するかと尋ねたところ、全体の約6割が「企業研究」と回答。「自己分析」も、半数を超え、「業界研究」も約4割となった。「その他」では、「(SPI2など)筆記試験対策」「インターンシップ参加」「エントリーシート対策」「面接対策」といった声が寄せられた。 企業研究から始めるべきだ

2012年8月2日リクルートフィードバック数:13キャリアとスキル

自己分析、もう始めてる?

掲載日:2012年8月2日 大学3年生・大学院1年生に、自己分析を始めたかどうかを尋ねたところ、半数近くが「はい」と回答。属性別に見てみると、女子学生と文系学生に「はい」と答えた学生の割合が多い傾向が見られた。 自己分析を始めている人にうかがいます。どんなことをしましたか?(複数回答) すでに自己分析を始めている学生に、その方法について尋ねたところ、一番多かった答えが「自己診断テストを利用する」で、全体の約4分の3を占めた。次いで、「自己分析サイトを利用する」と「就職情報サイトの自己分

2011年12月1日リクルートフィードバック数:15キャリアとスキル

自己分析、企業・業界研究…どんな方法がお勧め?

掲載日:2011年12月1日 自己分析は、どんな方法がお勧めですか?(複数回答) 大学4年生・大学院2年生に、お勧めの自己分析の方法を尋ねたところ、一番多かったのが「自分の過去を振り返ってみる」で7割強、次いで「家族や友人に自分の長所・短所について尋ねてみる」「自分自身について考えぬいてみる」が約半数で並び、「やりたいことや好きなこと・やりたくないことを挙げてみる」「面接・エントリーシートの練習を通じて分析する 」「とにかく自分に関する事柄をすべて書き出してみる」も4割前後でほぼ並んだ。「そ

2011年11月10日リクルート★フィードバック数:21キャリアとスキル

就職活動のとっかかりについての調査結果です。

就活、手始めに何をする?

掲載日:2011年11月10日 もう一度、就活を始めたころに戻れるとしたら、就活のために何に注力しますか?(複数回答) 大学4年生・大学院2年生に、もう一度、就職活動を始めたころに戻れるとしたら、就活のために何に注力するかと尋ねたところ、「企業研究」「自己分析」がほぼ半数ずつで並び、「業界研究」が約4割で続いた。次に「OB・OG/社会人訪問」「SPI2などの筆記試験対策」も約4人に1人が選ぶ結果となった。「その他」では、「面接対策」などの声が寄せられた。 「企業研究」と答えた人にう

2010年11月9日エン・ジャパンフィードバック数:6キャリアとスキル

2012年度新卒採用 就職・採用活動 10月度調査報告

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパンメニュー 学生向け就職情報サイト『[en]学生の就職情報』2012年度新卒採用 就職・採用活動 10月度調査報告 エン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する学生向け就職情報サイト『[en]学生の就職情報』は、2012年3月卒業予定の学生と求人企業を対象に、『2012年度新卒採用 就職・採用活動アンケート』を実施いたしましたので、以下、概要をご報告いたします。学生は積極的にエントリーを開始

2010年10月5日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

自己分析、業界・企業研究…どんな方法がお勧め?

掲載日:2010年9月30日 自己分析は、どんな方法がお勧めですか?(複数回答) 就職活動を経験した大学4年生・大学院2年生で、「もう一度、就職活動をする年の10月に戻れるとしたら、就職活動のために何に注力するか」という問いに「自己分析」と答えた学生414人に、お勧めの方法を尋ねたところ、「自分の過去を振り返ってみる」という答えが約7割でトップに。次いで「家族や友人に自分の長所・短所について尋ねてみる」も約6割で続いた。「自分自身について考えぬいてみる」も半数を超える結果となった。「その他」で

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ