「自己啓発」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年8月1日ネットレイズフィードバック数:0エンタテインメント

慶應義塾大学の学生は何を読んでいる? 人気作品ベスト5

電子書籍の書評ランキング慶應義塾大学の学生は何を読んでいる? 人気作品ベスト5の発表!調査企画第二弾! 今回は慶應義塾大学の日吉キャンパスにお邪魔して、名門大学の学生はどのような本を読んでいるのか調査しました! 慶應はいくつかキャンパスがありますが、日吉は1、2年生が学問の基礎を学ぶキャンパスです。部室棟に隣接する生協購買部にご協力をいただき、人気書籍を伺いました! 現役慶應生にもオススメコメントをいただいています! 実は編集部Wの母校、若さと活気のあふれるキャンパスに怖気づきながらも突撃!※慶

2016年4月26日日本生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

ニッセイ インターネットアンケート~2016年4月:「女性の活躍推進」について~

平 成 28年 4月 8日日本生命保険相互会社ニッセイ インターネットアンケート~4月:「女性の活躍推進」について~日本生命保険相互会社(社長:筒井義信)は、「ずっともっとサービス」のサンクスマイルメニューのひ と つ と し て、ホ ー ム ペ ー ジ( http://www.nissay.co.jp ) 内 の 「 ご契 約 者 さま 専 用 サ ー ビ ス」 に て、「女性の活躍推進」に関するアンケート調査を実施いたしました。≪調査概要≫■調査期間■実施方法■調査対象■回答者数::::平成

2016年3月9日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

“仕事に役立つ”という観点で、あなたのおすすめの一冊を教えてください。

転職希望者のホンネ調査2016年03月04日“仕事に役立つ”という観点で、あなたのおすすめの一冊を教えてください。嫌われる勇気 ―自己啓発の源流「アドラー」の教え 皆さんは最近どんな本を読みましたか?スマートフォンの普及で読書人口が減ってきているという声も聞こえてきますが、読書は新しい知識を吸収できるだけでなく、多角的な視点や理論的思考力、表現力などを養ううえでも非常に効果的な手段です。できる限り多くの本を読んで人生を豊かにしたいものです。さて、今回はワークポートをご利用の皆様に「ビジネスに

働き方と職業能力・キャリア形成―『第2回働くことと学ぶことについての調査』結果より―

働き方と職業能力・キャリア形成 ―『第2回働くことと学ぶことについての調査』結果より― 概要研究の目的非正社員が増加する中での職業能力開発・形成およびキャリア形成の実態と課題を明らかにすることを目的とする。2008年度の「第1回働くことと学ぶことについての調査」の後に非正規労働問題が深刻化し、その生活基盤の脆弱さがあらわになったことを踏まえ、第2回調査を実施し、リーマンショック後の動向および家族形成や主たる生計維持者との関係も含めて検討する。研究の方法アンケート調査(「第2回働くことと学ぶこと

2015年3月31日厚生労働省★フィードバック数:0キャリアとスキル

厚労省の調査です。

平成26年度「能力開発基本調査」

平成27年3月31日【照会先】職業能力開発局総務課基盤整備室室長稲原 俊浩(内線5960)室長補佐 近藤 有希子(内線5602)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)3377 報道関係者各位平成26年度「能力開発基本調査」の結果を公表します 〜企業がOFF−JTなどの能力開発に支出する費用は今後増加する見込み〜 厚生労働省では、このほど、平成年度「能力開発基本調査」の結果を取りまとめましたので公表します。 「能力開発基本調査」は、国内の企業・事業所と労働者の

子育てについての調査です。

子育て世帯の追跡調査(第1回:2013年)

概要研究の目的「子育て世帯の追跡調査」は、過去にJILPTのアンケート調査に協力が得られた子育て世帯を対象に、複数時点にわたって、その生活状況や保護者(主に母親)の就業実態などを調査したものである。同一世帯に対する追跡調査を行うことにより、さまざまなイベント(出産、育児休業、資格取得等)が、就業等に与える影響をより正確に計測することが可能となる。本調査の結果は、子育て世帯の今後の仕事に対する支援策のあり方を検討するための基礎資料として活用される予定である。 研究の方法アンケート調査(全国)(調

2014年5月28日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

データで語る雇用『日本の職業能力開発』

本記事では、日本を取り巻く雇用環境や日本の課題をデータとともにお伝えする。今回のテーマは日本の「職業能力開発」。機関誌「HITO」vol.03『ミドルの未来』ではインタビュー記事などで、学び直しや継続的な職業能力開発の必要性はお伝えしているが、実際にどれくらいの層が学習をしており、それは年代や業界によって差があるのか? データをもとに日本の現状を確認したい。職業訓練・自己啓発は25~34歳をピークにに下落の一途平成19年就業構造基本調査(※1)によると、「直近一年間に職業訓練・自己啓発をした」層

2014年3月31日厚生労働省★★フィードバック数:0キャリアとスキル

企業の人材育成、個人の自己啓発についての調査です。

平成25年度「能力開発基本調査」

平成26年3月31日【照会先】職業能力開発局総務課基盤整備室室長 内田 敏之 (内線5960)職業能力開発指導官 近藤 有希子 (内線5970)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)3377 報道関係者各位平成25年度「能力開発基本調査」の結果を公表します 〜企業がOFF−JTなどの能力開発に支出する費用は今後上昇する見込み〜 厚生労働省では、このほど、平成年度「能力開発基本調査」の結果を取りまとめましたので公表します。 「能力開発基本調査」は、国内の企業・

2014年2月9日産労総合研究所★フィードバック数:0キャリアとスキル

企業側の調査です。

キャリア自律時代の自己啓発援助施策に関する調査

人事・賃金・労務管理・人材開発に関する調査・研究・出版 キャリア自律時代の自己啓発援助施策に関する調査update:2014.02.07産労総合研究所(代表・平盛之)では、2002年以来11年ぶりに「自己啓発援助施策に関する調査」を実施しました。これまで以上にキャリア自律が求められる今、従業員の自己啓発について、企業がどのような援助施策を講じているのか、その実態を明らかにすることが目的です。このほど調査結果がまとまりましたので、ご報告いたします。news & topicsCopyright ©

法改正の影響、対応状況調査です。

高年齢社員や有期契約社員の法改正後の活用状況に関する調査

概要研究の目的「子育て世帯の追跡調査」は、過去にJILPTのアンケート調査に協力が得られた子育て世帯を対象に、複数時点にわたって、その生活状況や保護者(主に母親)の就業実態などを調査したものである。同一世帯に対する追跡調査を行うことにより、さまざまなイベント(出産、育児休業、資格取得等)が、就業等に与える影響をより正確に計測することが可能となる。本調査の結果は、子育て世帯の今後の仕事に対する支援策のあり方を検討するための基礎資料として活用される予定である。 研究の方法アンケート調査(全国)(調

2013年7月24日マイボイスコムフィードバック数:0キャリアとスキル

マイボイスコム 自己啓発(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ自己啓発・自己学習を「現在行っている」は2割弱、今後行いたい人は4割弱。2010年調査に比べ、行っている人、行いたい人のどちらも減少。頻度は「ほとんど毎日」「週2〜3日」「週1日程度」。1ヶ月あたりの費用平均は「〜3,000円」「〜5,000円」「〜10,000円」 自己啓発・自己学習活動実施者のうち「語学」を学習している人が最も多く、「パソコン・IT・デジタルコンテンツ」「音楽・アート」「スポーツ」などが続く 自己啓発・自己学習活動の目的

キャリアについてのまとまった調査です。

第2回働くことと学ぶことについての調査

働き方と職業能力・キャリア形成 ―『第2回働くことと学ぶことについての調査』結果より― 概要研究の目的非正社員が増加する中での職業能力開発・形成およびキャリア形成の実態と課題を明らかにすることを目的とする。2008年度の「第1回働くことと学ぶことについての調査」の後に非正規労働問題が深刻化し、その生活基盤の脆弱さがあらわになったことを踏まえ、第2回調査を実施し、リーマンショック後の動向および家族形成や主たる生計維持者との関係も含めて検討する。研究の方法アンケート調査(「第2回働くことと学ぶこと

2013年3月27日厚生労働省★★フィードバック数:17キャリアとスキル

企業の人材育成、ビジネスマンの自己啓発についての調査です。

平成24年度「能力開発基本調査」の調査

平成24年25年3月26日職業能力開発局総務課基盤整備室室長 内田敏之(5960)専門官 岸田京子(5970)(電話代表) 03(5253)1111(直通番号) 03(3595)3377 平成24年度「能力開発基本調査」の調査結果を公表〜昨年に引き続き、企業が能力開発に支出する費用は今後上昇する見込み〜 厚生労働省では、このほど、平成24年度「能力開発基本調査」の結果を取りまとめましたので公表します。「能力開発基本調査」は、国内の企業・事業所と労働者の能力開発の実態を、正社員注1、正社員以

2010年8月17日マイボイスコムフィードバック数:0キャリアとスキル

自己啓発(第3回)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ自己啓発・自己学習活動を「現在行っている」は20.9%。今後行いたいという意向は41.2%。現在行っている内容は「語学」「パソコン・IT・デジタル」がトップ2 目的で最も多いのは「自分を成長させるため。「新しい知識や技術を身につけるため」「自分の趣味を深めるため」「現在の仕事のキャリアアップのため」なども多い 学習の方法は「書籍などを利用した独学」が36.5%でトップ。「カルチャースクール」が12.1%、「通信教育」が9.8% 自己学習にか

2009年1月5日アイシェアフィードバック数:0マーケティング

ネットユーザーの生活満足度、内閣府調査に比べて低め~7割が「不満」資産・貯蓄の満足度

ネットユーザーの生活満足度、内閣府調査に比べて低め 生活環境に関する意識調査 ネットユーザーの生活満足度、内閣府調査に比べて低め~7割が「不満」資産・貯蓄の満足度6月、内閣府は国民の意識を把握するため、国民生活に関する世論調査を行った。現在の生活満足度を「所得・収入」「資産・貯蓄」「自動車、電気製品、家具などの耐久消費財」「食生活」「住生活」「自己啓発・能力向上」「レジャー・余暇生活」の7項目それぞれに聞いている。回答者の6割が50代以上の内閣府調査と、20代から40代を中心とするネットユーザー

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ