「自己資本」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年4月16日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(日銀レビュー)バーゼルIII対応資本性証券について

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 バーゼルIII対応資本性証券について2015年4月16日金融市場局 三木麻有子、金融研究所 源間康史要旨世界的な金融危機を受けて銀行の自己資本規制が強化され、従来比厳格な「バーゼルIII」の枠組みが導入される中、バーゼルIIIの下でも自己資本算入が可能な、「CoCos」や「B3T2債」と呼ばれる新しい種類の資本性証券の発行が欧州を中心に増加している。これらは、発行銀行の自己資本が一定水準を下回る場合などに、株式転換や元

欧州銀行の財務健全性向上とともに関心の高まりが期待されるCoCo債

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年9月8日欧州銀行の財務健全性向上とともに関心の高まりが期待されるCoCo債 リーマン・ショック後、金融危機の再発防止を目的として、銀行規制を一段と強化する動きが進んでいます。主要国の銀行監督当局で構成されるバーゼル銀行監督委員会が、国際業務を展開する銀行の財務健全性を維持するために示した自己資本規制等に関するルール、「バーゼルⅢ」(2013年から段階的に導入され、2019年に完全実施予定)もそのひとつです。「バーゼルⅢ」により、

2013年7月11日東洋経済新報社フィードバック数:18大型消費/投資

為替好感トップ100

ここにも円安の恩恵、為替好感トップ100自己資本を強化する「為替換算調整勘定」 首位の三井物産は資源・エネルギーなどの海外事業が巨大 円安の進行で輸出型企業を中心に業績回復の期待が集まる中、利益計上とその累積とは別の経路で、自己資本が増強される企業が増えている。そのカギは「為替換算調整勘定」の改善だ。3カ月で3兆0025億円の改善東洋経済が財務データベースを集計した結果、連結貸借対照表に計上された自己資本の内訳項目である「為替換算調整勘定」の総計は、2012年9月末(第2四半期)は▲14兆0

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ